演劇大学の参加申し込みの締め切りが完了致しました。沢山の受講希望誠に有り難うございます。

d0158942_0293119.jpg


演出家・俳優セミナー2014 
『演劇大学in 福岡』
日程:7月26日,27日
会場:福岡市民会館
講師:志人

募集人数に達しました為、
演劇大学の参加申し込みの締め切りが完了致しました。
沢山の受講希望誠に有り難うございました。

以下、志人より

講義受講者の皆様へ 

此の度は数ある講義の中、私の講義をご選択頂き、受講をご希望頂きまして心より感謝の念を申し上げます。本講義は、あくまで「教える事は学ぶ事」、「学ぶ事は教える事」という姿勢でございますので、私自身も受講者と同じ目線で「学び」の姿勢を崩さずに挑みたいと思っております。表現というものは、私の中での解釈と致しましては、「やらされてやる」ものではなく、「自ずから然る(しかる)」ものであると考えておりますので、あらかじめ決められた縛りや、こうでなくてはならないという決まりも本講義には在りませんので、どうか気兼ねなくリラックスして臨んで頂けましたら幸いに存じます。人は生まれながらにして表現者であると私は想います。その中で、何か一生涯をかけて表現というものに磨きをかけたい、表現の触れ幅を増やしてみたい、そう御思いの方々でしたら私と同じ境遇でございます。本講義を通じて、自分でも今まで気が付かなかった潜在的な表現方法に触れ、また新たな道の開拓となる事が出来ましたら幸いに存じます。
本講義を受講するにあたり、幾つか思い巡らせておいて頂きたい事項が在りましたが、課題の様なものや、宿題を課せられる事がいまいち好きになれない私でございまして、当日まで言わば白紙の状態でその身一つで会場へお越し頂きたいと思います。いくつかの問いかけがなされた場合でも、必ず答えを用意する必要は在りません。用意の無い方が面白い答えが見つかったりするものです。「無言の論破」というのも一つの表現です。答えは一つではありません。そして私達は答えの無い答えを探す様な一つの旅へ繰り出そうとしているのです。その部分ではワクワクする好奇心と冒険心を御持ち下さいませ。それらは既に貴方達全ての人々に元来宿っている心でありましょう。

 当日いくつかレジュメや参考となるテキストを配布予定でございますが、結局の所、机上の空論から離れた処にある目前の白紙と鉛筆、空っぽの脳味噌と空白の心に如何なるものを描けるかと言う部分に重きを置いておりますので、当日まで皆様どうかご健康であります様ご自愛下さいませ。

当日皆様にご用意頂きたいもの

■ 筆記用具

■ お好きなノート メモ用紙等 

■ 受講者の皆様が普段自分が表現している活動、もの、作品(詩や唄、踊り、絵画、作文、日記等)がありましたら御持ち寄り下さいませ。 講義中に受講者自身の表現の時間も設けたいと考えております。勿論強制では在りません。人に観てもらいたい、聴いてもらいたい、聴かせてみたい。そのようなものが在りましたら、皆に伝えてみませんか? 勿論何も無くても大丈夫です。

それでは皆様とお逢い出来ますのを心より楽しみにしております。

                         感謝

              二千十四年 七月吉日 志人
[PR]
by sibitt | 2014-07-11 00:30 | 志人 LIVE情報 | Comments(0)
←menuへ