10月9日 @ 京都 METRO REBELDOM 31ST EDITION ~尊芯塾 × DAM (from PALESTINE)~志人出演決定

2014年10月9日 @ 京都 METRO
REBELDOM 31ST EDITION ~尊芯塾 × DAM (from PALESTINE)~

世界を揺るがしている最重要注目グループDAM (from パレスチナ)の来日公演です。
是非、京都metroでお逢いしましょう。

第1部では
尊芯塾:ワークショップ&映画上映
映画上映:『自由と壁とヒップホップ』
&トークセッションも行われる予定です。 


d0158942_19255851.jpg

d0158942_19255914.jpg


「死よ、おまえの負けだ。
芸術の全てがおまえを打ち負かした。
メソポタミアの歌が、エジプトのオベリスクが、
ファラオの墳墓が、神殿の壁画が、
おまえを敗北させた」
by. マフムード・ダルウィーシュ

MESSAGE FROM NaturalBornRebel:和


19:30〜21:30
REBELDOM 31st EDITION
〜尊芯塾 × DAM (from パレスチナ)〜
第1部
尊芯塾:ワークショップ&映画上映
映画上映:『自由と壁とヒップホップ』
&トークセッション
         
19:00 開場
19:30  映画上映 映画『自由と壁とヒップホップ』
21:00 意見交換・質疑応答
21:30 第1部 終了
MotionGallery(クラウドファウンディング・サイト)
パレスチナ史上初の HIP HOPグループ「DAM」Japan Tour 実現プロジェクト
https://motion-gallery.net/projects/dam_japan
映画『自由と壁とヒップホップ(Slingshot Hip Hop)』公式サイト
http://www.cine.co.jp/slingshots_hiphop/

音楽に国境はない!!!
以前、メトロ大學でも緊急上映され、今回緊迫したパレスチナ情勢の中、日本でも改めて注目を集めているドキュメンタリー映画『自由と壁とヒップホップ(Slingshot Hip Hop)』に出演している、史上初のパレスチナ人HIP HOPグループ 「DAM」。「パレスチナの現在<リアル>」を音楽で表現し、自分たちを分かつ様々な壁に立ち向かい続ける彼らのジャパンツアーが、日本の有志による熱意ある呼びかけによりクラウド・ファウンディングが目標金額に到達し、10月に実現する事になりました!今回、そのジャパンツアーの京都篇『REBELDOM』として、二部制でお届け!第一部は、パレスチナのヒップホップ・ムーブメントを取り上げた初めてのドキュメンタリーとして世界中に大きな波紋を投げ掛けたドキュメンタリー映画『自由と壁とヒップホップ』の上映会とトークセッションを。パレスチナの若者たちの音楽による非暴力の抵抗を描いた本作は、昨年12月の日本公開以降、過酷な環境で"今"を生きるパレスチナ人ラップミュージシャンたちが生み出す音楽の切実さ、その希望へのメッセージは、パレスチナから遠く離れた日本の観客に強烈なインパクトを残し、公開時に輸入した映画のサントラや出演ミュージシャンたちのCDはまたたく間に完売。彼らに心を掴まれた、映画ファンの期待の高まりに後押しされる形で今回遂に、映画の主役ともいえる「DAM」のジャパンツアープロジェクトが動き出した経緯がある。
まずはこの映画を観て頂きたいです。

------------------------------------------------
映画『自由と壁とヒップホップ(Slingshot Hip Hop)』ダイジェスト版

------------------------------------------------
映画『自由と壁とヒップホップ(Slingshot Hip Hop)』予告編

------------------------------------------------

<映画「自由と壁とヒップホップ」寄せられた応援コメント>

三宅洋平/(仮)ALBATRUS -----------
ある日、イスラエルのロケット弾が突然やってきて、近所のアパートを粉みじんにする。 そういう荒さんだ日常の中で、パレスチナの若者たちに90年代の米国ヒップホップが強烈に作用したのはよくわかる。 そして彼らは今、アラビア語でラップし始めた。元来、持ち合わせる中東のリズムとメロディ。そして、本家・米国の黒人たちが置かれていたよりも遥かに過酷かもしれない社会環境。どうにもこれは、いま世界で一番ヒップホップなのは中東ラップなんじゃないのか!?。センスいいし、新しい。 最後のほうで、俺は号泣した。「ライブができる」ってことのありがたみに、胸ぐらを引っ掴まれた。ボンヤリと、ただ音楽やってる、全ての寝ぼけたアーティストたちに見てほしい。

桑原茂一/CLUBKING主宰 -----------
「自由と壁とヒップホップ」を浴びて涙が止まらなくなりました。
音楽が好きで好きで救われてここまで生きて来た私にはこの映画の音楽の役割はあまりにも切なかった。 なにもかもが良かった。頼む、見てくれ、見てくれるだけでいいんだ。

いとうせいこう/作家・クリエイター -----------
イスラエル占領下で分離させられ、爆撃され、移動も出来ない中で政治的メッセージをライムするパレスチナ人ラッパーたち。
多くの人が観ることで彼らの身を守れる。そして他人事じゃない。
(Twitterより)

チャックD/ラッパー(パブリック・エナミー)--------------------------
ヒップホップとラップの最高にパワフルで、最高に愛すべきカルチャーがここにある

¥2,000 inc.1drink
※第1部&第2部 通し券 ¥3,000 inc.1drink
--------------------------------------------------------------
※前売りメール予約→ticket@metro.ne.jpで受け付けています。
 前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。前売料金で入場頂けます。
[PR]
by sibitt | 2014-09-16 19:24 | 志人 LIVE情報 | Comments(0)
←menuへ