TempleATS records 2015 自主制作 第二弾 〜Masaki Toda "室内SOUND" 愛蔵版CD〜 予約開始です。

TempleATS records 2015 自主制作 第二弾 
〜Masaki Toda "室内SOUND" 愛蔵版CD〜 12/24発表予定  

d0158942_2314355.jpg

2015.12/24 発表予定
本日11/18より予約を開始致します。


TempleATS on line shop 予約ページ:http://templeats.com/scb/shop/

アンビエントミュージックの真骨頂であり幻の名盤〜Masaki Toda "室内sound" 愛蔵版CD〜
画家 戸田真樹の絵画を18ページフルカラーで封入した愛蔵版CDがいよいよ発表。
本作品は戸田真樹氏が画家として、そして作曲家としてその才能を遺憾なく発揮した幻の名作である。


TempleATSの諸作品,降神,なのるなもない,志人等のアートワークでは毎作品に強烈な世界観を呈し、
画家であり、作家、作曲家としても知られる戸田真樹の多岐に渡る表現は近年、芸術家の全く新しい概念を構築していると言っても過言ではない。
その一枚の絵画からのエネルギーは良い知れぬ念を孕み、観る者の心深くに語りかけ、画の見方、ものの見方や捉え方を変えて行く。
本作品は戸田真樹氏が画家として、そして作曲家としてその才能を遺憾なく発揮した幻の名作である。

Toda Masaki "室内sound"は、その製作時期は古く、CD-Rとして本人が知人に配布していたのみに留まっていた幻の中の幻の名盤である。TempleATSのクリエーター陣や作家達をはじめ、"室内sound"を耳にした人々はそのサウンドがいかに素晴らしいものか、何故発表しないのかという議論となるほどであり、アンビエントミュージックの中でも本楽曲達はひときわ異彩を放ち、水面下ではかなり発表が待たれていた作品である。
つまりは世に残すべき作品というものはこの様な作品をいうのではなかろうか、そう思わせる程に本作品は秀逸な楽曲達で溢れている。

アカシックレコードを再生するかの様なアナログノイズの質感も非常に心地よく、作業中、就寝前、睡眠中、料理中、食事中、子供の寝かしつけ、など、どのようなシチュエーションで流れていても不思議とフィットする柔軟な優しさを持つ。
又、室内にとどまらず、草原や山中、海岸沿いなどの野外で聴いても、たちまち母体の胎内に包まれたかの様な心地でふと眼を閉じてしまう楽曲達である。
収録曲の中には18分を越える楽曲もあるが、その長さがものの数分、数十秒に感じる様な時もあり、時間軸を歪ませる程の不思議なアルバムである。
一日中このアルバムをループして聴いていられる、そのような音楽は本当に珍しい。
本作品は画家 戸田真樹の絵画を18ページフルカラーで封入しており絵画作品としても戸田真樹の世界観に浸る事が出来る内容となっている。
一生に一枚の宝物、そんな作品の発表です。


<戸田真樹 Masaki Toda>

1980年東京都生まれ。
銀座煉瓦画廊、Clear Gallery、Commune等で個展を開き、Central East Tokyo、Tokyo Wonder Site、Magical ARTROOMでの展覧会にも参加。
templeats / 20TN!のメンバーでもある。
MONGOIKA名義で数枚のレコードをリリースしている。http://www.discogs.com/artist /Mongoika



■定価:2500円 (税別)

■発売予定日: 12/24

■オーダー開始日: 11/ 16

■自主盤  TempleATS 2015

■品番:TATS-016



all tracks produced by Masaki Toda
all art works by Masaki Toda

d0158942_2335128.jpg



■Masaki Toda "室内sound" 愛蔵版CD track list :

1. 始まり 3:46
2.なだらかな丘 6:37
3. ライト 4:47
4.理想夢 4:39
5.スペース 7:55
6. 前世 Part.2 18:18
7. mid piano 3:15

Total 49:16

<Masaki Toda 氏による 曲解説>

1.始まり  

人が睡眠に入っていくその直前から直後への時間をイメージした
導入曲です。


2.なだらかな丘

まだ、あまり人の手が加わっていない自然林の中を散策する人が経験する心の感情を
音にしてみました。


3.ライト

遠くの方で、ゆっくりと点滅する灯をぼんやりと眺めているイメージです。


4. 理想夢

年に数回見れるか見れないか、という理想的な夢の中で鳴っている音楽のイメージ。


5.スペース

数日間、自宅の部屋で昼夜鳴らし続けた音。まさに室内SOUNDです。


6.前世 part2

志人 - Heaven’s恋文 の中に収録されていた曲『前世』の続編。

7.mid piano

普遍的な美しさを持つピアノの音源を使用した、どこか別れを彷彿とさせる曲です。


最後に、
我々が愛蔵版CDと称したのは、そのCDの包装や装丁が豪華であるという意味ではなく、「表面的にではなく、本当の意味で多くの人々に愛されてゆくであろう作品を世に残したい」という意を込めて、「愛蔵版」と称する事にしました。
手に取って、耳にして下さった方々の人生の色々な場面で Masaki Toda"室内sound" が流れてゆく事を想像すると、「いよいよこの時が来たか」と様々な感情が入り交じり、感涙に咽びうち震えています。
並々ならぬ想いが込められた作品が多くの人の元に届く事を心待ちにしています。


TempleATSより 



TempleATS on line shop 予約ページ:http://templeats.com/scb/shop/
[PR]
by sibitt | 2015-11-18 23:06 | TempleATS SHOP NEWS | Comments(0)
←menuへ