3/12.13 KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2016 SPRING 林慎一郎×松本雄吉×志人×内橋和久『PORTAL』

d0158942_23295228.jpg




2016年3月12日(土)~ 3月13日(日)


KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2016 SPRING
松本雄吉×林慎一郎『PORTAL』


維新派の松本雄吉 × 劇作家・林慎一郎。その声を担う役者として、異才・志人が舞台に

1970年の維新派設立から大阪を拠点に活動し続けてきた松本雄吉。野外劇の雄として知られる松本ですが、近年は劇場における作品も増えており、寺山修司『レミング』、中上健次『十九歳のジェイコブ』など、演出家として話題作への参加もたえません。そして今回、満を持してのKYOTO EXPERIMENT初登場となります。

松本の演出に対峙する脚本は、関西の若手劇作家の登竜門として知られるOMS戯曲賞で大賞、特別賞を受賞している林慎一郎が担います。大阪の“衛星都市”である豊中に暮らす林が脚本を書き下ろす「PORTAL」とは、壁に穴を開けて空間を飛び越えるパズルゲームのこと。同じく世界中で大人気の、実際の町を舞台にした拡張現実陣取りゲーム「ingress」にも想を得ながら、衛星都市の現代神話をつくりあげます。大都市との間にある風景のグラデーションの中で、都市に向けられたまなざしをミクロにもマクロにも入れ替えながら、音と身体で地図を描く試みです。

関西の演劇界のさらなる活性化を目指して、京都・大阪で作品をシェアするという今回のプロジェクト。主役をダブルキャストとして、京都公演では志人が務めることが決定しています。ヒップホップユニット・降神のMCにして、時に詩人とも評される志人の比類のない声が、林×松本の劇空間に響きわたります。


http://rohmtheatrekyoto.jp/program/2308/

[PR]
by sibitt | 2016-02-05 23:30 | 志人 LIVE情報 | Comments(0)
←menuへ