カテゴリ:志人 LIVE情報( 169 )

d0158942_19531436.jpg

スガダイロートリオの2014秋のツアーが決定!福岡では初の夜イベントです!
今年も降神の志人を客演に向かえての開催です。

さらに長崎から話題のGORGE(ゴルジェ)クイーンことYuko Lotus、福岡発のレーベル[ Y.O.M ]からのリリースも決定しているHinakotakada、ピアニストSoejima TakumaとドラマーFuwaによるライブ、DISCPSKかあAnammastrAなどが参加!

【スガダイロー トリオ西南ツアー2014 福岡】
10/25(土) 21:00 open
会場:BLACK OUT今泉

予約3000円(+1D)、開場開演21:00

スガダイロートリオ/
志人

yuko lotus
hinako takada
soejima takuma
AnammastrA

映像 :茶ノ間映像研究所
音響 SHOCK CITY 大牟田


予約は;
Facebookのイベントページで参加ボタンを押すか
 discpsk@gmail.com
にお名前、人数、確認用にお電話番号をお送りください。
[PR]
d0158942_19494737.jpg

2014年10月24日(金)
スガダイロートリオ × 志人
秋の西南ツアー2014

鹿児島の巻

-出演-
スガダイロー(Pf)
東保光(B)
服部マサツグ(Ds)
×
志人(降神,TriuneGods,TempleATS)


-場所-
Live HEAVEN(CAPARVO 3F)
鹿児島県鹿児島市東千石町3-41 キャパルボ 3F

-時間-
開場 19:30
開演 20:00

-料金-
前売 3,000円(1ドリンクオーダー)
当日 4,000円(1ドリンクオーダー)

【チケット取り扱い店】
明日の地図
http://www5.synapse.ne.jp/ashitanotizu/

TIMELESS
http://timeless099.com/

SR Factory
http://www.kagoshima-sr.jp/

【各種プレイガイド】
チケットぴあ
597-434(Pコード)
http://md-ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1437343

ローソンチケット
88632(Lコード)
http://l-tike.com/d1/AA02G01F1.do?DBNID=1&ALCD=1&LCD=88632

e+
http://eplus.jp/sys/T1U14P002134784P0050001

【お問い合わせ】

OTOWA
wago.creation@gmail.com



同じ時と空間で分かつ共時性

是非とも、ライヴと云う生命体の中にて

2014.10.24

新月の夜の狭間、皆々様と旅できたなら

そんな想ひで御座います。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。



2014.9.29 吉日

OTOWA
[PR]
http://www.moving-kyoto.jp/
京都に引き続き 千葉県 柏 キネマ旬報シアターにて MOVING Live 0 in Kashiwa 開催です。
映像作家 宮永亮氏 ×志人 出演致します。


MOVING Live 0 in Kashiwa
日時:2014年10月19日(日)18:00 open 18:30 start
会場:キネマ旬報シアター(千葉県柏市末広町1-1)
※ 会場までのアクセスはキネマ旬報シアター WEBサイトをご参照ください。
※ 会場内は終日禁煙となります。
出演:柴田剛 + 池永正二[あらかじめ決められた恋人たちへ]※、宮永亮 + 志人※、
山城大督 + swimm※、浦崎力 + てあしくちびる※
※ ミュージシャンとして参加。
ご予約:イベント名(MOVING Live 0 in Kashiwaを必ず明記してください)、氏名、電話番号、参加人数を記載のうえ
info[@]moving-kyoto.jp宛にメールをお送りください。
お問合せ:info[@]moving-kyoto.jp
主催:MOVING 実行委員会
協力:アートラインかしわ・VISIONS 2014、みずのき美術館
コミッションワーク
れぞれのフィールドで無二の存在感を放つ映像作家とミュージシャンが、分野を越えてコラボレーションする“MOVING Live 0”

“MOVING Live 0”はヴィジュアル×サウンドをコンセプトとしたライブパフォーマンス・プログラム。
映画『おそいひと』『堀川中立売』などを監督し、『Back』『Fly』など、あら恋のMVを手掛けてきた映画監督の柴田剛とコラボレーションするのは、あら恋のフロントマン池永正二。旧知の仲であり、今やそれぞれのシーンを代表する存在となった2人による、満を持してのライブ初共演(今回のための撮り下ろし映像もあり)。主に美術分野において近年目覚しい活躍を見せる映像作家 宮永亮と、ソロの他、降神、TriuneGodsなどとしても活動する、孤高の表現者志人による初コラボレーションも必見。時に敬虔さすら感じさせる詩と音楽に、イメージを幾重にも重層することで、どのようなナラティブ(物語)が立ち上がるのか。
音楽ユニットswimmとコラボレーションする山城大督は、ライブ形式でのパフォーマンス自体が初。映像というメディアそのものを批評するような作風で注目を集める彼らしく、コラボレーションのフォーマットからアイデアを膨らませる予定。日本語ラップ表現の異端てあしくちびるは、今回の京都公演が関西初ライブとなる。弦楽器と言葉のみで生み出される彼らの音楽に映像で生命を与えるのは、『てあしくちびる/ペリ』をはじめ、MV制作を中心に活動する気鋭の映像作家 浦崎力。なお、会場は映画館という、レアなロケーション。映像、音楽、芸術に興味がある方から、現代における映像表現の動向に注目している方まで、二度と見られないスペシャル・プログラムをお見逃しなく。
※本公演は“アートラインかしわ・VISIONS 2014”の関連企画です。
d0158942_18585536.png

d0158942_1942741.jpg


今年で2年目を迎える映像プロジェクトVISIONSは、
昨年に引き続き、都市空間と映像文化の新しい関係性の構築をテーマとして柏の街を舞台に展開します。
柏駅周辺のデジタルサイネージ、二番街商店街、京北ホールなど、
柏駅周辺の様々な場所で、写真も含めた映像作品を上映・展示します。
また今年は本展開催に合わせて連携プログラム「MOVING Live 0」が開催されます。
街を回遊しながら、世界的に活躍するアーティストからデビューしたばかりの若手まで、
多様な映像作品を街中で上映・展示する貴重な機会となります。

本展タイトルの「リプレイ(再演、再生などの意)」は、
私たちの生活を取り巻く環境や状況が持ち合わせている〈一回性〉と〈反復性〉、
そしてそれらが入り交じる消費や娯楽、あるいは儀礼や信仰をめぐる現代社会のシステムそのものを表象する言葉でもあります。
また街を舞台に展開することで、本来、映像が持っている場所性やアーカイヴ性の問題も同時に立ち現れてきます。
アートラインかしわ映像プロジェクト
VISIONS 2014
映像のリプレイ
会期=2014年10月1日[水]―11月3日[月・祝]
場所=JR柏駅周辺(南口デジタルサイネージ、二番街商店街、二番街デジタルサイネージ、京北ホール)
出展作家
宮永 亮
MOVING|柴田 剛、土屋貴史、トーチカ、平川祐樹、水野勝規、村川拓也
表 良樹、坂西未郁

プロデューサー=秦 明生
ディレクター=島田浩太朗| キュレーター、美術批評

主催=商店街振興組合 柏二番街商店会 協力=JOBAN アートラインかしわ実行委員会、MOVING実行委員会
   東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
入場料=無料 問い合わせ=JOBAN アートラインかしわ実行委員会 TEL=04-7167-4455(平日10:00―17:00) VISIONS 2014 事務局=visions.kashiwa@gmail.com
宮永亮

宮永亮はビデオカメラで捉えた複数の実写映像を幾重にも重層させることで想像的世界と現実世界を緩やかにつなぎ、時に走馬灯のような、時空を超えた幻想的な世界をつくりだす。そのような虚と実の入り交じるイメージの宇宙は、今日的な映像表現のひとつの可能性を提示するとともに、高度情報化によって想像的世界が現実世界をすっぽりと包み込んでしまった現代社会に対し警鐘を鳴らす。今回、宮永は柏を舞台にした新作を発表。フラッグを用いた写真の展示も。アーティストトーク(日時=2014年10月18日[土]14:30-16:00、場所=京北ホール)では作家のこれまでの活動を振り返る。
-
MOVING Theatre&Talk

MOVINGは、京都を拠点に開催されてきたアーティスト主導型の映像芸術祭(2012年に第1回を開催。次回は2015年2月6日[金]―2月22日[日]開催予定)。映像をとりまく環境の変化と、映像にしか出来ない表現に着目しつつ、若手を中心に国内最先鋭の映像作家を招聘し、映像表現の可能性を検証/追求することを目指している。VISIONS 2014では、MOVINGの活動をスクリーニングとトークで紹介。また、VISIONSの連携プログラムとして「MOVING Live 0」の柏公演(日時=2014年10月19日[日]18:30開演、場所=キネマ旬報シアター)を開催。
→ http://www.moving-kyoto.jp/
出展作家=柴田 剛、土屋貴史、トーチカ、平川祐樹、水野勝規、村川拓也
アーティストトーク(日時=2014年10月18日[土]18:30-20:00、場所=京北ホール)=水野勝規(MOVING実行委員長)、中本真生(MOVINGディレクター)
-
若手映像アーティスト発掘・育成プロジェクト

注目の若手作家(表 良樹、坂西未郁)による柏(二番街商店街)を舞台にした新作をスクリーニングとトークで紹介。
京北ホール 上映プログラム
ショート|5作品、40分:
水野勝規《blue chord》2012 6分13秒
平川祐樹《Some days, some hours, some minutes ago or later》2012 3分40秒
トーチカ《maze》2012 2分9秒
土屋貴史《flux》2013 5分30秒
柴田剛《ɪntὰksɪkéɪʃən》2013 21分49秒
ドキュメンタリー|1作品、65分
村川拓也《沖へ》2011-2012 65分
-
[10月17日(金)]
18:00-18:40 MOVING(ショート|5作品、40分)
18:40-18:50 若手作品(10分)
19:00-20:00 若手 アーティストトーク(60分)
-
[10月18日(土)]
12:00-12:10 若手作品(10分)
12:10-13:15 MOVING(ドキュメンタリー|1作品、65分)
13:30-14:10 MOVING(ショート|5作品、40分)
14:30-16:00 宮永亮 アーティストトーク(90分)
16:10-16:20 若手作品
16:20-17:25 MOVING(ドキュメンタリー|1作品、65分)
17:35-18:15 MOVING(ショート|5作品、40分)
18:30-20:00 MOVING(水野、中本)アーティストトーク(90分)
20:00- 懇親会(参加費制)
-
[10月19日(日)]
12:00-12:10 若手作品(10分)
12:10-12:50 MOVING(ショート|5作品、40分)
13:00-14:05 MOVING(ドキュメンタリー|1作品、65分)
14:20-14:30 若手作品
14:30-15:10 MOVING(ショート|5作品、40分)
15:20-16:25 MOVING(ドキュメンタリー|1作品、65分)
16:40-16:50 若手作品
16:50-17:35 MOVING(ショート|5作品、40分)
-
-
連携プログラム:MOVING Live 0 in Kashiwa
日時:2014年10月19日(日)18:00 open 18:30 start
会場:キネマ旬報シアター(千葉県柏市末広町1-1)
※ 会場までのアクセスはキネマ旬報シアター WEBサイトをご参照ください。
※ 会場内は終日禁煙となります。
出演:柴田剛 + 池永正二[あらかじめ決められた恋人たちへ]※、宮永亮 + 志人※、
山城大督 + swimm※、浦崎力 + てあしくちびる※
※ ミュージシャンとして参加。
ご予約:イベント名(MOVING Live 0 in Kashiwaを必ず明記してください)、氏名、電話番号、参加人数を記載のうえ
info[@]moving-kyoto.jp宛にメールをお送りください。
お問合せ:info[@]moving-kyoto.jp
主催:MOVING 実行委員会
協力:アートラインかしわ・VISIONS 2014、みずのき美術館
コミッションワーク
-
宮永 亮 MIYANAGA Akira
1985年北海道生まれ、京都市立芸術大学大学院修了。平成23年度京都市芸術文化特別奨励者。ビデオカメラでとらえられた実写映像のレイヤーを、幾重にも重層させる手法を用い制作を行っている。モンタージュの様に素材の順時的羅列によるストーリーの提示ではなく、時間軸に対しレイヤー構造という異なる方向を持つ軸を持ち込み、新たに合成されるナラティブの枝を作品内に現出させようとする。それはまた時間芸術における非時間性の模索でもある。主に現代美術領域で、ビデオアート、ビデオ・インスタレーション、スチル作品等を発表。主な個展に『scales』(2012、児玉画廊[京都])、グループ展に『MOTアニュアル2014 フラグメント―未完のはじまり』(2014、東京都現代美術館[東京])がある。
http://miyanagaakira.tumblr.com/
-
-
特集:MOVING
-
柴田 剛 SHIBATA Go
1975年生まれ。映画監督。MVや映像作品も発表している。平成22年度愛知芸術文化センター・オリジナル映像作品の制作作家に選出され『ギ・あいうえ お ス ―ずばぬけたかえうた―』を制作。Modern Freaks.Inc 所属。TOY FILM PROJECT(玩具映画及び映画復元プロジェクト)に参加。主な監督作品に『おそいひと』(2005年 ハワイ国際映画祭にてDream Digital Award受賞、第5回 東京フィルメックス コンペティション部門出品)、『堀川中立売』(2009年 ドイツ・フランクフルト日本映画祭[NIPPON CONNECTION 2011]にてNIPPON VISIONS AWARD[最優秀賞]受賞、第 10 回東京フィルメックス コンペティション部門出品)がある。
http://www.shibatago.com/
-
土屋 貴史 TSUCHIYA Takafumi/TAKCOM
映像作家、ディレクター。
様々なクライアントークを手がける傍ら、音楽と結びついた実験的な作品制作や、即興によるライブビジュアルの提供やA/Vライブなども精力的に行う。その作品は常に複数の領域を越境した表現に焦点を当てており、これまで数十ヶ国のアートフェスティバルやギャラリーへの参加/作品招待等を通して国内外から高い評価を得ている。
http://www.takafumitsuchiya.com
-
トーチカ TOCHKA
ナガタタケシとモンノカヅエによる1998年より活動を始めたクリエイティブユニット。共に1978年生まれ。様々な手法 を用い、商業フィルム、現代美術など、業種の垣根を超えて活動を行う。どのような制作においても「実験的精神」を掲げ、試行錯誤の中から、ハッピーアクシ デント(偶発的な幸運な出来事)を誘う。オタワアニメーション映画祭特別賞受賞、文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞、仏クレルモンフェラン短編映画祭グラン プリ受賞、仏アヌシー国際アニメーション映画祭ノミネートなど、世界中で高い評価を受ける。主な個展に「ラク描キセヨ!~クリエイティヴユニット トーチカの軌跡~」(2012、川崎市市民ミュージアム[神奈川])がある。
http://tochka.jp/
-
平川 祐樹 HIRAKAWA Youki
1983年名古屋市生まれ、2011年よりドイツを拠点に活動、現在クンストラーハウス・ベタニエン滞在作家。モノや場所に宿る痕跡を映像や写真で採集し、即物的に呈示するアーティスト。近年の主な個展に『Event Horizon』(2014、Standing Pine[愛知])、『眠りにつくまで』(2013、美濃加茂市民ミュージアム[岐阜])、グループ展に『札幌国際芸術祭2014』、『あいちトリエンナーレ2013』、『Stranger』(2013、国立台湾美術館)、『Now&After』(2013、モスクワ近代美術館)などがある。平成25年度ポーラ美術振興財団在外研修員。
http://www.youkihirakawa.jp
-
水野 勝規 MIZUNO Katsunori
1982年三重県生まれ。身近な場所や実在する広大な自然へ行き、目に留まった風景を撮影。その素材の特性を生かした見せ方やテーマ性などを導き、映像作品やインスタレーションといった形で作品を発表している。それによって映像独自の特性(物質、柔軟性、時間など)と表現の可能性を広く追求している。主な個展に愛知県美術館テーマ展「水野勝規|ライトスケープ」(2011、愛知県美術館、展示室6[愛知])、グループ展に「ここも そこも どこかのここで」(2012、松本市美術館[長野])、上映に「イメージフォーラム・フェスティバル2013 ニューフィルム・ジャパン部門」(2013、パークタワーホール[東京]他4都市を巡回)がある。
http://www.andart.jp/artist/mizuno_katsunori/
-
村川 拓也 MURAKAWA Takuya
演出家、映像作家。1982年生まれ。2005年、京都造形芸術大学卒業。2005年、地点(演出:三浦基)に演出助手として所属。2009年、演出家としての活動を開始するため地点から独立。ドキュメンタリーやフィールドワークなどの手法を用い、独自の方法論で演劇を立ち上げる。舞台芸術以外にドキュメンタリー映画の制作も行う。
主な演出作品に『ツァイトゲーバー』(2014年 Hebbel am Ufer参加[ベルリン]、フェスティバル/トーキョー2011 公募プログラム参加[東京])、『言葉』(フェスティバル/トーキョー2012 主催演目)、監督作品にドキュメンタリー映画『沖へ』(MOVING 2012参加)がある。
http://murakawatakuya.blogspot.jp/
-
MOVING ディレクター
中本 真生 NAKAMOTO Masaki
1983年生まれ。愛媛県新居浜市出身、京都在住。UNGLOBAL STUDIO KYOTO代表。
企画プロデューサー、アート・ディレクター、編集者、ライター、美術作家。
京都のアーティストを紹介するサイト”&ART”の主宰、アーティストが分野を横断して競演するパフォーマンス・プログラム”&ART EVENT”の企画、美術作家として大原美術館にて個展『AM倉敷Vol.6 Structure of no thingness』を行うなど、様々な形で文化芸術に関わりながら活動する。
&ART http://andart.jp/
-
-
若手作家
-
表 良樹 OMOTE Yoshiki
1992年大阪生まれ。2014年京都造形芸術大学卒業。現在東京芸術大学先端芸術科修士課程在籍。空間と時間の関係に感心をもち、それをテーマに作品制作を行っている。作品制作を「人為によって空間に新たな時間を与える行為」と捉え、映像や立体作品、インスタレーションなど幅広いメディアを通して作品を制作する。「2014年度 京都造形芸術大学卒業制作展」では西日本を旅しながら出会った人の身体の輪郭線を同心円状に広げていき、「庭」に見立てた壮大なスケールのアースワーク『NEW HORIZON』を発表。
-
坂西 未郁 SAKANISHI Miiku
1992年東京生まれ。2010年より京都造形芸術大学映画学科に入学し、映画製作を始める。そこで映像の持つ些細な描写と日常の些細な瞬間に興味を持ち、自分の作品を作る。主な監督作品に短編映画『夜のこと』(2013年度 京都造形芸術大学 映画学科 卒業制作)、短編映画『すこしのあいだ』(INTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE Award 2013 国内部門映像部門最優秀賞受賞)がある。
http://moving-kyoto.jp/artist/#SAKANISHI
-
-
VISIONS プロデューサー
秦 明生 SHIN Akio
-
VISIONS ディレクター
島田 浩太朗 SHIMADA Kotaro
キュレーター、美術批評。1978年兵庫県神戸市生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科芸術学専攻修了。専門は近現代美術。美術手帖などに寄稿。2013年から映像プロジェクトVISIONSディレクターを務める。
Copyright 2014. All right Reserved.
[PR]
d0158942_1854489.jpg

START 18:00 / CLOSE 25:00
adv 3,000 / door 3,500 (all without drink)

【CAST】
-Live-
志人・スガダイロー
スガダイロー トリオ
DOWNSHOT RIG(田我流+KILLER-BONG)
降神(TempleATS)
COSMICBATH(Milkiest Record)
THE SHADOW TRIBE

-DJs-
MONGOIKA(TempleATS/ Close Eye Recordings/20TN!)
Kanemah(かるでらdisco)
6(React)
fumiya(F'n'F,seed)

-珈琲-
喫茶文九(hinemos)

-ticket info-
L-CODE : 58392
P-CODE : 238-438
Club Clapper:06-6213-6331

supported by CLAPPER 8th Anniversary & yomosgara
[PR]
2014年10月9日 @ 京都 METRO
REBELDOM 31ST EDITION ~尊芯塾 × DAM (from PALESTINE)~

世界を揺るがしている最重要注目グループDAM (from パレスチナ)の来日公演です。
是非、京都metroでお逢いしましょう。

第1部では
尊芯塾:ワークショップ&映画上映
映画上映:『自由と壁とヒップホップ』
&トークセッションも行われる予定です。 


d0158942_19255851.jpg

d0158942_19255914.jpg


「死よ、おまえの負けだ。
芸術の全てがおまえを打ち負かした。
メソポタミアの歌が、エジプトのオベリスクが、
ファラオの墳墓が、神殿の壁画が、
おまえを敗北させた」
by. マフムード・ダルウィーシュ

MESSAGE FROM NaturalBornRebel:和


19:30〜21:30
REBELDOM 31st EDITION
〜尊芯塾 × DAM (from パレスチナ)〜
第1部
尊芯塾:ワークショップ&映画上映
映画上映:『自由と壁とヒップホップ』
&トークセッション
         
19:00 開場
19:30  映画上映 映画『自由と壁とヒップホップ』
21:00 意見交換・質疑応答
21:30 第1部 終了
MotionGallery(クラウドファウンディング・サイト)
パレスチナ史上初の HIP HOPグループ「DAM」Japan Tour 実現プロジェクト
https://motion-gallery.net/projects/dam_japan
映画『自由と壁とヒップホップ(Slingshot Hip Hop)』公式サイト
http://www.cine.co.jp/slingshots_hiphop/

音楽に国境はない!!!
以前、メトロ大學でも緊急上映され、今回緊迫したパレスチナ情勢の中、日本でも改めて注目を集めているドキュメンタリー映画『自由と壁とヒップホップ(Slingshot Hip Hop)』に出演している、史上初のパレスチナ人HIP HOPグループ 「DAM」。「パレスチナの現在<リアル>」を音楽で表現し、自分たちを分かつ様々な壁に立ち向かい続ける彼らのジャパンツアーが、日本の有志による熱意ある呼びかけによりクラウド・ファウンディングが目標金額に到達し、10月に実現する事になりました!今回、そのジャパンツアーの京都篇『REBELDOM』として、二部制でお届け!第一部は、パレスチナのヒップホップ・ムーブメントを取り上げた初めてのドキュメンタリーとして世界中に大きな波紋を投げ掛けたドキュメンタリー映画『自由と壁とヒップホップ』の上映会とトークセッションを。パレスチナの若者たちの音楽による非暴力の抵抗を描いた本作は、昨年12月の日本公開以降、過酷な環境で"今"を生きるパレスチナ人ラップミュージシャンたちが生み出す音楽の切実さ、その希望へのメッセージは、パレスチナから遠く離れた日本の観客に強烈なインパクトを残し、公開時に輸入した映画のサントラや出演ミュージシャンたちのCDはまたたく間に完売。彼らに心を掴まれた、映画ファンの期待の高まりに後押しされる形で今回遂に、映画の主役ともいえる「DAM」のジャパンツアープロジェクトが動き出した経緯がある。
まずはこの映画を観て頂きたいです。

------------------------------------------------
映画『自由と壁とヒップホップ(Slingshot Hip Hop)』ダイジェスト版

------------------------------------------------
映画『自由と壁とヒップホップ(Slingshot Hip Hop)』予告編

------------------------------------------------

<映画「自由と壁とヒップホップ」寄せられた応援コメント>

三宅洋平/(仮)ALBATRUS -----------
ある日、イスラエルのロケット弾が突然やってきて、近所のアパートを粉みじんにする。 そういう荒さんだ日常の中で、パレスチナの若者たちに90年代の米国ヒップホップが強烈に作用したのはよくわかる。 そして彼らは今、アラビア語でラップし始めた。元来、持ち合わせる中東のリズムとメロディ。そして、本家・米国の黒人たちが置かれていたよりも遥かに過酷かもしれない社会環境。どうにもこれは、いま世界で一番ヒップホップなのは中東ラップなんじゃないのか!?。センスいいし、新しい。 最後のほうで、俺は号泣した。「ライブができる」ってことのありがたみに、胸ぐらを引っ掴まれた。ボンヤリと、ただ音楽やってる、全ての寝ぼけたアーティストたちに見てほしい。

桑原茂一/CLUBKING主宰 -----------
「自由と壁とヒップホップ」を浴びて涙が止まらなくなりました。
音楽が好きで好きで救われてここまで生きて来た私にはこの映画の音楽の役割はあまりにも切なかった。 なにもかもが良かった。頼む、見てくれ、見てくれるだけでいいんだ。

いとうせいこう/作家・クリエイター -----------
イスラエル占領下で分離させられ、爆撃され、移動も出来ない中で政治的メッセージをライムするパレスチナ人ラッパーたち。
多くの人が観ることで彼らの身を守れる。そして他人事じゃない。
(Twitterより)

チャックD/ラッパー(パブリック・エナミー)--------------------------
ヒップホップとラップの最高にパワフルで、最高に愛すべきカルチャーがここにある

¥2,000 inc.1drink
※第1部&第2部 通し券 ¥3,000 inc.1drink
--------------------------------------------------------------
※前売りメール予約→ticket@metro.ne.jpで受け付けています。
 前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。前売料金で入場頂けます。
[PR]
9/27,28.29  志人三夜連続公演 feat.志人「三つ巴」 @荻窪ベルベットサン
d0158942_19184513.jpg


d0158942_23243464.png



9/27 Sat

三夜公演 feat.志人「三つ巴」
bootlegacys(山出幹夫・外間正巳) feat.志人


OPEN19:30START20:00CHARGE¥2500(w/1drink)
bootlegacys-ブートレガシーズ-日本のエレクトロニックミュージックレーベル Flyrecの構成員として出会った2人。数々のバンドで精力的に活動を続けるトランペッター 外間正巳と、DJ Mr.Plamo(ミスタ・プラモ)山出幹夫によるユニット。綿密な構成の上に、エモーショナルなトランペットとアグレッシブなスクラッチ、ジャグリングが融合するフィジカルな即興と、強固なファンクネスを内包し抑制されたサウンドが、奇妙でポップなグルーヴをつくり出す。今回はFlyrecからリリースしたmas(外間が在籍)で共作共演も果たしている「降神」のMC志人をfeat.してのセッションになります。乞うご期待!

【出演】
bootlegacys(山出幹夫 Turntable・外間正巳 Trumpet)
feat.志人(降神、Triune Gods)


9/28 sun
三夜公演 feat.志人「三つ巴」
Kinetic(千葉広樹・服部正嗣) feat.志人
SPゲスト:K-BOMB(BLACK SMOKER RECORDS)


OPEN19:30START20:00CHARGE¥2500(w/1drink)
「エレクトロニクスのシャーレの中で分析・抽出・培養されたジャズの成分が、現在系のリズムの上で改めて粘菌的に結び付けられる。黒い実験工房のジャズ・マテリアリズム。」と大谷能生からコメントをもらっているKinetic。縦横無尽に交差する無機質な「電子音」「ウッドベース」「ドラム」が有機的に絡み合って構築されるサウンドスケープは、ムダを削ぎ落としたリズム隊が織り成すインタープレイの極地。東京発、新主流派的電子音響JAZZと謳う彼らと志人はどのような共演をするのか!と言ってみるが、間違いなく志人とKineticは相性抜群なので、絶対に見逃せない!プラス!K-BOMB(BLACK SMOKER RECORDS.)の出演も決定したので、もう1000%絶対に見逃せない!!


9/29 Mon

三夜公演 feat.志人「三つ巴」
スガダイロー・レオナ feat.志人


OPEN19:30START20:00CHARGE¥3000(w/1drink)
2010年スガダイロー七番勝負で「志人」と「スガダイロー」が結びついた場所、ベルベットサン。志人の三夜公演を開催するにあたり外せない組合せだが、DUO演奏だけに留まらず、新しい提案をさせて頂くということでタップ界の異端児であり、実力派でもある「レオナ」と「スガダイロー」のDUOを母体にfeat.志人というセッションを体験して頂きたいと思います!レオナのタップは本当に凄いですよ!ベルベットサン発、核弾頭セッションをお見逃しなく!

【出演】スガダイロー(p)、レオナ(tap) feat.志人(降神、Triune Gods)
[PR]

ホムページへ:http://josenjihenvol2.wix.com/josenjinohen
d0158942_20235235.jpg

d0158942_20234268.jpg


会場は 
尾道 浄泉寺
〒722-0044 広島県尾道市西久保町2-2


今年の メインアクト は

Shing02
×
DJ SPIN MASTER A-1

降神
×
Tyme.

 
オープニング アクト 
雅楽 430hz × 志人(降神)


本堂にて

開演 19時
終演 22時

入場料
前売り   3500円 ワンドリンク付き
当日    4000円 ワンドリンク付き
高校生以下 1500円 ワンドリンク付き


同時開催

サカジャムベース〜番外編〜

敷地内 会館にて

開場 14時 
入場 無料
     
出演
MAKIBAOU,Rep Ambitious&Friends                         
サカジャムベースとは         
2013年6月始動。
広島『尾道』発信のORIGINAL Party!!!! サカの街『尾道』でReggae,Hip-Hop,さまざまなStylishな音楽が心地よく甘いジャムのように混ざるBass(低音)のきいたBase(遊び場)
https://www.facebook.com/sakajam2013?fref=ts

お昼寝DJ ブース有り

境内にて
フード ドリンク ブース有り

ご予約 お問い合わせ は
josenji_hen_vol2@excite.co.jp


ご予約は メールのみ。
お寺への お問い合わせは 不可。

駐車場はありません。
最寄りの 駐車場を ご利用ください。
[PR]
d0158942_17593035.jpg

d0158942_175926100.jpg


【詳細】
志人・スガダイロートリオ
“秋の西南ツアー” in OSAKA

supported by CLAPPER 8th Anniversary & yomosgara
2014.10.17 Fri START 18:00 / CLOSE 25:00
@Club Clapper(http://www.clapper.jp/)
adv 3,000 / door 3,500 (all without drink)

[CAST]

-Live-
志人・スガダイロー トリオ
降神(TempleATS)
DOWNSHOT RIG | 田我流+KILLER-BONG
COSMICBATH(Milkiest Record)
THE SHADOW TRIBE(核路)

-DJs-
MONGOIKA (TempleATS / Close Eye Recordings / 20TN!)
Kanemah (かるでらdisco)
6 (React)
fumiya (F'n'F,seed)

-珈琲-
喫茶文九 (hinemos)

-ticket info-
L-CODE:58392
P-CODE:238-438
e+
Club Clapper:06-6213-6331

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
d0158942_205841100.jpg


d0158942_1751217.jpg

出演
柴田剛 + 池永正二[あらかじめ決められた恋人たちへ]※、宮永亮 + 志人※、
山城大督 + swimm※、浦崎力 + てあしくちびる※
※ ミュージシャンとして参加。

日時
2014年9月6日(土) 14:30open 15:00start
会場
五條會舘(京都市下京区西高瀬川筋五条下る平居町61)
※ 京阪本線「清水五条駅」より徒歩約5分、バス停「河原町五条」(市バス/京阪バス)より徒歩約5分です。
※ 最寄り駅、バス停からのアクセスはGoogle Mapをご参照ください。
※ 会場内は終日禁煙となります。
※ 駐輪場・駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
通常料金
前売 3,300 円/当日 3,800円
学割
学生の方は500円OFFでご入場いただけます。
※ 学割をご利用になる場合は、予約時に学生であることをお伝えいただき、当日は学生証をご持参ください。
※ 学割がご本人様のみの適用となります。
※ 早割との併用も可能です。
ご予約
イベント名(京都公演か柏公演かを必ず明記してください)、氏名、電話番号、
参加人数を記載のうえinfo@moving-kyoto.jp宛にメールをお送りください。
お問合せ
info@moving-kyoto.jp
主催
MOVING 実行委員会
それぞれのフィールドで無二の存在感を放つ映像作家とミュージシャンが、
分野を越えてコラボレーションする“MOVING Live 0”

“MOVING Live 0”はヴィジュアル×サウンドをコンセプトとしたライブパフォーマンス・プログラム。
映画『おそいひと』『堀川中立売』などを監督し、『Back』『Fly』など、あら恋のMVを手掛けてきた映画監督の柴田剛とコラボレーションするのは、あら恋のフロントマン池永正二。旧知の仲であり、今やそれぞれのシーンを代表する存在となった2人による、満を持してのライブ初共演(今回のための撮り下ろし映像もあり)。
主に美術分野において近年目覚しい活躍を見せる映像作家 宮永亮と、ソロの他、降神、TriuneGodsなどとしても活動する、孤高の表現者志人による初コラボレーションも必見。時に敬虔さすら感じさせる詩と音楽に、イメージを幾重にも重層することで、どのようなナラティブ(物語)が立ち上がるのか。
音楽ユニットswimmとコラボレーションする山城大督は、ライブ形式でのパフォーマンス自体が初。映像というメディアそのものを批評するような作風で注目を集める彼らしく、コラボレーションのフォーマットからアイデアを膨らませる予定。
日本語ラップ表現の異端てあしくちびるは、今回の京都公演が関西初ライブとなる。弦楽器と言葉のみで生み出される彼らの音楽に映像で生命を与えるのは、『てあしくちびる/ペリ』をはじめ、MV制作を中心に活動する気鋭の映像作家 浦崎力。
なお、会場は旧歌舞練場、映画館という、いずれもレアなロケーション。映像、音楽、芸術に興味がある方から、現代における映像表現の動向に注目している方まで、二度と見られないスペシャル・プログラムをお見逃しなく。

http://www.moving-kyoto.jp/program/

[PR]
本日開催予定でしたitoma10th 台風接近の影響により延期となりました。お越し頂けるご予定だった方、ご予約頂いていた皆様には大変申し訳ございませんが、皆様のご無事を何よりもお祈り申し上げます。又、いつも素晴らしい企画をお考え頂き、御誘い頂いているザッキーさんには心から感謝を致すと共に、この日の為にご協力頂いた方々へ本当に感謝しております。
ザッキーさんの独自のセンスが光るitoma、皆の無事を考え苦渋の決断を考えに考えてくれたザッキー、本当にありがとう。これからのitomaも目が離せないですね。

10/13(mon.祝) 暇-itoma- 10th 【Versus】
d0158942_19185643.jpg


itoma10回目、 あからさまな異ジャンル競演の回、 絶対におもろいもんが産まれる!
と、確信アリな組み合わせ。 如何かな?


at. UrBANGUILD 19:00~ adv. 2300+1drink door.2500+1drink

志人(語部) × 渥美幸裕(六弦)
袋坂ヤスオ(体)    × ヌマバラ山ポール(異音)    + 佐藤啓(異人)

音 音 映像
Sonsengochabacco(絵・映像)     + Yusuke Yamaoka/knoten(音)    + Tsubasa Eguchi/exECDYSIS(音)

DJ 裏目に出た
deco : Ryota Shimazu
[PR]
←menuへ