カテゴリ:画家:戸田真樹 特集( 9 )

d0158942_2230899.jpg

“Still, Still” by Masaki Toda / 戸田 真樹

Dec.5 (wed) – Dec.16(Sun), 2012
opening reception : Dec.7 (Fri), 2012 19:00-22:00

at: CLEAR EDITION & GALLERY

////////////

Biography :

Born in 1980. Currently lives and works in Tokyo JAPAN.
Has been participating in exhibitions and events in places such as “Central East Tokyo”, Tokyo Wondersite, Magical Artroom. Also as a member of TEMPLE ATS / 20TN!, he is also known for his track and artwork contribution for the hiphop group “Origami” under the name T.CONTSU.

1980年生まれ。現在東京を拠点に活動
都内の画廊で個展を開き、Central East Tokyo、Tokyo Wonder Site、Magical ARTROOMでの展覧会にも参加。TEMPLE ATS / 20TN!のメンバーでもある戸田は作家としてヒップホップユニット「降神」のジャケットにアートワークを提供し、T.CONTSUその他多くの名義で楽曲提供やDJ活動を行う。



http://www.clearedition.jp/new/



supported by : affice
[PR]
d0158942_1330895.jpg


時間
7月29日 金曜日11:00 - 7月31日 18:00

場所
Tanaka Building 3F, Kyobashi
2-11-11 Kyobashi
Chuo-ku, Tokyo, Japan
affice (Yuki Inoue & Taku Sato) will co-host an exhibition with artist Wataru Komachi in Kyobashi, TOKYO.
Starting from the 29th of July this 3 day show will expose works by Wataru Komachi, Masaki Toda and Daisuke Fujita.

For further details regarding each artist, please refer to the link below.
http://www.affice.info/web​/2011/07/tanaka-building-3​f/

この度afficeは小町渉氏と共催で京橋にて3日間限​定の展示販売会を行います。
小町渉 / 戸田真樹 / 浮舌大輔 の3名の作品の展示販売を行います。

各作家については下記アドレスにて詳細をご確認いただけ​ます。
http://www.affice.info/web​/2011/07/tanaka-building-3​f/

—-
"Tanaka Building 3F -Show & Sell-"

term : July 29 / 30 / 31, 2011

open hours :
29th 11:00 – 21:00
30th 11:00 – 19:00
31th 11:00 -18:00

venue address:
Tanaka Bldg 3F, 2-11-11 Kyobashi, Chuo-ku, Tokyo, Japan

artists : Wataru Komachi / Masaki Toda / Daisuke Fujita

for further information please contact
info@affice.info (Yuki INOUE or Taku SATO)
[PR]
d0158942_17402760.jpg



20tn!ディレクションの(((OCOS)))展@ゼロダテ アートセンター
http://zactokyo.zero-date.com/
(((OCOS)))
http://ooooooocos.tumblr.com/

3331のゼロダテブースで20TN!presentsの展示開始!

20TN!
浮舌大輔 / Daisuke Fujita (ukiSITA) ドラムの人 / drum no hito 戸田真樹 / Masaki Toda 岡野智史 / Satoshi Okano. forestlimit.

http://kimimo.web.fc2.com/20TN.html
[PR]
d0158942_122238.jpg

MONGOIKA x ARTS インタビュー

■イントロダクション
シーンを煙に巻くかのように無数の異名を使い分け、フリーキーなビート作品を制作してきたトラ
ックメイカーにしてペインター・T.Contsu aka MONGOIKA。映像メディアへの楽曲提供から、DJや
フィールド・レコーディングまでを横断するマルチ・チャンネルな作曲家ARTS。旧友であるこの2人
が初のスプリット12インチを完成させたとの報を受けて、夕方の渋谷にてインタビューを敢行。その
一筋縄ではいかない語り口を楽しんでいただきたい。

■インタビュー
― まずは2人のなれそめなどを。
MONGOIKA(以下M):20歳ぐらいの頃、中野のtoo's barとか三軒茶屋のDUNEとかでイベントやってた
時かな。
ARTS(以下A):そうだね。
M:当時はとにかく色んな音が聴きたかったから、箱や路上で出会ったDJに片っ端から電話かけて出
てもらってて・・・ドラムンベースのイベントやってる人、23歳にして10000枚以上レコードを所有し
ているコレクター、ハウスDJやAOR・JAZZ愛好家、ブレイクコアや現代音楽のインスタレーションし
ている人とか。結構無茶苦茶だったなー。

― その中で2人が繋がった背景には、やっぱりインディーなヒップホップやブレイクビーツの流れがあ
ったんですか。
M:いわゆるアブストラクト・ヒップホップの全盛期で、良いアナログが出てた頃だしね。
DJKENSEIはもちろん、DJ SAK、DJ HIDE、NUMB、左近なんかのOpuestoの面々とか。
Hotwaxに行っては「こんなにドープなビートが出てるんだ・・・!」って思ってた。
そういう音に感化された人たちと一緒に音を出してるのが楽しかったな。
A:で、俺は友達から次元(=MONGOIKA)のことを聞いて、イベントに出向いたんだよね。
M:そうそう。良い音楽をやって楽しめる状況を作りたいんだっていう話をして、すぐに友達にな
って。
A:当時は埼玉の田舎に住んでて、周りにそういう音楽をやってる人が居なかったから・・・普通にレ
コードを持ってるだけでびっくりされる環境。宇田川町の熱を、遠く離れた埼玉で一人感じてるよう
な・・・。
M:情報がカンタンに手に入らないから、とにかくレコード屋に行ったり、ミックステープをガン聴き
してメモったりしてたよね。
A:でも高校生のとき、マンハッタンには怖くて入れなかったな(笑)。

― 約10年越しのタッグでリリースとなったわけですけど。
M:一時期そんなに会ってなかったんだけどね。
A:今回のとは全く別の、作曲の仕事に専念してたからね。土台が整うまでじっくり作りためてきたも
のを、ようやく発散しようかなと思って次元に相談したんだよね。まずは俺の方で、昔の曲も含めた
全作品の中から選曲して、その後に次元に寄り添ってもらう形になって。だから次元の中でもかなり
「若返った」色の曲が多いんじゃないかな。

― やっぱり2人の関係あっての作品になっていますよね。
M:似たようなところを通って来てるから、必然的に影響を受けてるものも近いしね。
A:そうそう。
M:ARTSが昔作ったミックステープに、Iswhat?!っていう生音ヒップホップのグループの最初の12イ
ンチを入れてたんだよね。そしたら本人からメールが来たっていうイイ話もあって(笑)。
A:ウェブに曲名を乗っけてたら「ミックステープに入れてくれたのか!」って。
M:そういう素直に「良い音楽を聴かせたい」っていう熱意を持ってる人と、同じ時期に活動してこれ
た経験はかけがえのないものだなと。
A:もう一つイイ話をしておくと、あのテープ自体が次元に影響を受けて作ったものだからね。会って

なかったら作ってない。

― 今回はアナログ・オンリーでのリリースですよね。どういう経緯でこうなったんでしょう。
A:もちろんアナログ愛っていうのは半端なくあるんだけど・・・やっぱり周りに合わせてコスト下げ
て、安いメディアで出すっていうのは考えてなかった。
M:作り手の本気とか、モノとしての存在感が伝わるのはヴァイナルかなと。今やヴァイナルどころか
CDも刷らないっていうところもあるわけだけど。
A:メディアを選ぶのもセンスの一つだから。
M:将来、100円箱とかで発見されて「面白いね」ってなってくれるのもいいよね(笑)。

― なるほど。そんなわけでこのレコードに全7曲が収められたわけですが、お気に入りのトラックにつ
いて少し語ってもらえますか。
A:俺の1曲目の「KOUSAKU」は、MPCを買って初めて作った曲なんだよね・・・今だったら絶対作
らないような曲(笑)。

― 最初からこういうノンビートでやり始めたっていうのはすごいですね。
A:当時は現代音楽にもハマってたから、こういうアバンギャルドなものを作ろうとしていて。今はも
っとアンビエントな、空気の音みたいなものに近づきたいって思ってるけどね。

― そう言えばフィールド・レコーディングを使った作品も限定特典として用意されているとか。
A:「JAPAN COMPOSITION」というタイトルで、東京の各地で録ったフィールドの音と、俺の曲を
ミックスしたテープを作ったんだよね。ヘッドフォンで歩きながら聴いてもらえれば、リアルタイム
での街の音と、フィールド・レコーディングの音と、トラックの音が重なって、異空間に飛べると思
う(笑)。

― 初回50本限定なので相当レア、ですよね。一方、MONGOIKAさんの思い入れのあるトラックをお願
いします。
M:「ELEMENT」も良いけど・・・3曲目の「MOVE ANOTHER PLACE」で某・大ネタを使ってるん
だけど分かった? TribeもIntelligent HoodrumもJay Deeも使ってるアレ・・・。

― なんと、アレでしたか(笑)。聴いてからのお楽しみですね。
M:そうだね。ネタ感をあんまり出さないように、家で気持ちよく聴ける感じにしました。
A:それ大事だよね。部屋で一人でヘッドフォンで聴いてもらってもいいし、気持ちよく楽しんでほし
い。

― ARTSさんのノンビート曲の場合、何かとブレンドしてDJプレイするのもアリですよね。
A:それはそれで嬉しいね。とにかく自由に受け取ってもらえたら。

― ところで2人とも、活動のすべてを自分たちでコントロールするポジションに居るわけですけど、そ
のインディーな制作スタイルへのこだわりの部分も話してもらえれば。
A:基本的に意地、だよね。今回のも「意地EP」みたいなもんだよ(笑)。
M:本当に「世に出したい」というものがあるなら、ソロでもコンピでも何でもいいから作り続けてい
くべきだと思うんだよね。はっきり言って1000枚、2000枚って軽く売れる音楽ではないけど、人生の
良い瞬間みたいなものを切り取って、形にして「残す」行為が一番大事だと思ってる。
A:うんうん。
M:江戸時代の庶民とか、みんな40歳とか50歳で死んでたわけでしょ。そう考えると僕らあと10年、
20年しかないよね。かといって卑屈になってもつまんないし。
A:やりたいことがあったら、借金でもなんでもしてやったらいいんだよ。これは是非とも言っておき
たいんだけど、皆それなりのリスクを負って、それでどう食うかっていうことを考えてほしいよね。

― この日本のインディー・シーンの担い手たちと関わってきて、今どんな思いを持っていますか。

M:この狭い日本で真剣にやり続けてる人たち、「残す」ことに時間を注いでいる人たちの精神に希
望を感じる。長くなっちゃうんだけど、Jar-Beat Recordのasaさんを筆頭に、TempleATSの仲間、自
主製作でヴァイナルをプレスしたりしている音楽家たち。「北風」というフリー・ペーパーを発行し
ている富樫さん、自分の身の回りのささいな事も大事に写真に収めているRyohei NoguchiやTWSR、
ZINEを作っている多くの作家たち。他にも 、フリー・イベント「Blacksheep」を開き続けている
COGEEやその仲間、赤字覚悟で野外パーティー「S.K.Y」を実行したKAZMA、mogragガレージと
いうDIYのギャラリーを運営している沖中&太田さん。幡ヶ谷に去年オープンしたイベントスペース
Forest Limit。共に色んな展示やイベントを企画した20TN!などなど・・・。

― 大事なお話でした。それでは、「ONNA EP」以降の展開にも乞うご期待ということで。

interview & text : Yuichi Ishikuro (enjeu riddim press)
2011.05 @ cafe marble
[PR]
〜失われてゆくメディアに焦点を当てたTempleATS企画2009〜

d0158942_2345502.jpg

d0158942_23454575.jpg


2009年 〜失われてゆくメディアに焦点を当てたTempleATS企画〜
〜アナログレコードよ永遠に〜

d0158942_23561933.jpg



円都家族ポストカードレコード    STREET BOM


2009年 〜失われてゆくメディアに焦点を当てたTempleATS企画〜
〜 8cm CD よ永遠に〜

円都家族/今此処  8cm CD 短冊形

d0158942_23561698.jpg



絵画:戸田真樹
[PR]
d0158942_1127673.jpg
d0158942_11281751.jpg
d0158942_11283489.jpg
d0158942_11285217.jpg
d0158942_1129550.jpg
d0158942_11292362.jpg
d0158942_11301889.jpg



Jacket Art Work by 戸田真樹

Photo by アナーキーアナライザー
[PR]
Great Artist Who I Met In Japan 00:画家:戸田真樹 /Painter : Masaki Toda 特集

6月は画家: 戸田真樹 特集です!

たった一枚の絵画で私自身の人生を大きく変えた人物でもあります。
その生き物の様に感情を動かす絵画に私を含め、多くの人々が彼の作品に魅了された事でしょう。
2011年6月は画家:戸田真樹 特集を敢行致します。
彼の絵画作品の持つ言い知れぬ魅力を存分に体感すると共に、ここでは戸田真樹の過去の作品、
そして現在の活動、そして未来の展望などに焦点を当てて
この時代稀に見る画家たる画家の謎めく正体に迫りつつ、
より多くの人へ彼の作品の凄みを伝えることができれば本望です。
私は戸田真樹氏と同じ時代を共有出来る事を心より誇りに思い、これからも尊敬の念を抱き続けます。

本日より 画家:戸田真樹 に密着した特集をはじめます!


d0158942_1713643.jpg


「戸田真樹」
1980年生まれ。ペインター 。
銀座煉瓦画廊.CET(Central East Tokyo)やTWS ( Tokyo Wonder Site ).magicalARTROOMの企画展等にて展示 。
Close Eye Recordings 代表 。templeats / 20TN! のメンバー 。降神、なのるなもない、志人のアルバムアートワークなども手がける。T.CONTSU名義でDJ.多数音源制作。
2008年 eskm ( OPIUM REC主催 )のEP - Creation from Dotsに参加
2009年 ニュージーランドに住むpeter.king氏に依頼して、MONGOIKA名義でVINYLを制作 Limited 200
2009年 creative commons企画 INTO INFINITY "eye/ear"のeyeの方にて参加。
2010年 浮舌大輔(20TN!)とのスピリットCD - CULI -をリリース
2010年 TIOVITA1- GodComplexのJacketARTWORK.MONGOIKA名義にてremixを手がける。Limited 250
2010年 Moonpalaceから内田耕造氏と画集DA DENNAを出版。
2011年 友人ARTSとのスピリットVINYL「ONNA EP」をリリース (CANADA PRESS)
2011年 awake after quakeプロジェクトに参加
2011年 afficeより漫画GIGOGIGOを出版する。Limited300 http://www.affice.info/web/

5/15~29まで用賀NANNAにて展示会『Finpany』を企画している。
http://www.moonpalace.jp/cgi-bin/exhibitions/diary.cgi

6/3~15まで下北沢communeにて個展 FU-FUを開催する。
http://www.ccommunee.com/schedule_06.html


<Masaki Toda Exhibition @下北沢commune>
d0158942_17152562.jpg


戸田真樹氏が6月3日から15日まで下北沢communeにて展示を行います。

絵、漫画、ZINEっぽいの、VINYL、CD、等を展示予定です。


Flyerデザインは浮舌大輔(20TN!)

http://www.ccommunee.com/schedule_06.html


<Masaki Toda Exhibition @ 下北沢communeパーティー情報>

6/5.6/12.6/15と3回パーティーを行いますので
宜しければ足を運びにきて下さい。



6/5 日曜日 14:00~21:00 Entrance Free

DJ

Matahari http://wagamamayaweb.com/
Dr.Pulse http://www.myspace.com/drpulse
JUN MATSU ( TIOVITA1) http://www.myspace.com/djmukaidawarwick
Soulflower_no1 http://enjeu.tumblr.com/
ESKM http://twitter.com/#!/_eskm
AO http://www.myspace.com/djaoma



6/12 日曜日 14:00~21:00 Entrance Free

20TN! http://kimimo.web.fc2.com/20TN.html
I-TAL http://italriddim.blogspot.com/
カエル先生 http://froggteacher.blog27.fc2.com/
南良平 ( Mr.Understand ) http://www.youtube.com/watch?v=35V_dIrDZKg
尾崎友直 http://www.ear-bar.com/
加藤大  http://twitter.com/#!/katodai225
NEWOLD
 

ライブ

MOROHA http://www.sokabekeiichi.com/rose/moroha.html


6/15 水曜日 19:30~ TOMO×MATTSUN×YOGURT Live at commune!

communeプレゼンツ!!


【出演】


原田茶飯事 http://harada-sahanji.com/
佐々木謙太朗(steel pan)http://www.sasakikentaro.com/
TOMO & MATTSUN & YOGURT(*CCCのシェフ二人;TOMO(曽我部恵一band)とMATTSUN、そしてDJ YOGURTさんの3ピースバンド)

entrance:¥1000 +1 drink
open : 19:30 / start:20:00

チケット予約:
件名を[6/15 SPECIAL NIGHT]とし、
本文に[お名前/人数/ご連絡先]を記入の上メールしてください。
contact.commune@gmail.com or tel 03-3466-5198
※スペースの都合上、限定20名様とさせていただきます。ご予約はお早めに。
[PR]
Tiovita1

d0158942_12554918.jpg


Inner Scienceなど秀逸なアーティストが絶賛する新鋭ユニットのデビューEP!
東京を中心に活動するMukaidaとJMからなるユニット、Tiovita1。ドープなミニマル・トラック2曲に加え、盟友MongoikaとP-Ruffによるリミックス音源を収録。
東京を中心に精力的にLiveを行い、着実に存在を広めているTiovita1が満を持して送るデビュー作。Sisの"Trompeta"を彷彿とさせるようなネタ使いからうまれるメロディをもとに展開するジャジー・ミニマルなナンバー”Himitsu Club”(A1)、特異なビートを刻み、声ネタを絶妙に散りばめジワジワと陶酔へと誘っていく"RC001"(A2)のオリジナル・ナンバー2曲に加え、盟友達がリミックス音源を提供。不穏な空気に満ち溢れた"Dedication - Mongoika remix(B1)"、カラフルなメロディに大胆な展開が冴えるブレイクビーツに仕上げた"Carbon-Oxgen-Bond - P-Ruff Remix"(B2)の計4曲を収録!ジャケットは本作でもリミックスを提供し、降神のアートワークなども手掛けるMongoikaが担当。 Tiovita1の世界感が凝縮された危険な香り漂う1枚です。

[Comment]

Inner Science
あの男が相棒とこんな音を作り込み、そして遂にこんな事態に発展!それに加えてリミキサー陣のまさか の並びにくらくらに…。えーと、わかる人もわからない人も、気にしてみていただけたら幸いです。 とにかくリリースおめでとう!

P-Ruff (Instant Dub)
Tiovita1、あらゆる要素を素手で拾い、斜め前に進んでいく音世界を構築中!

T.Contsu (Temple ATS)
窓の無いビルの中にある階段を黙々と登っていった先に見えた 屋上からの夕暮れ時の紺色と灰色の境目を眺めながら聴こえてくるTiovita1

Numb (Ekoune Sound)
かなり怪しい、怪しすぎる!怪傑だ。90年代のEightball Recとか思い出す。 頭のサックスなんかPal Joeyみたいだ。Giant StepでDJ Smashが掛けてたあの雰囲気の様だ。 ああいう感じ、ドキドキしたなぁ〜。

Saidrum (Ekoune Sound)
寄せては引いてくモヤモヤとしたサイケ感が適度に心地よく、 エロスがそこらじゅうにモクモクと立ち込めている感じで最高です。 デカダンエロスなTiovita1は葉巻がよく似合う・・・。
[PR]
Exihibition

DA DENNA - MASAKI TODA & KOZO UCHIDA

d0158942_1247492.jpg


@gallery NANNA

2010 7/2 - 7/25 15:00~22:00

MONDAY&THURSDAY CLOSE

7/2 PM20:00 ---

OPENING PARTY !!! ENTRANCE FREE

The Moon Palace Inc.
http://www.moonpalace.jp/

158-0096 SETAGAYAKU - TAMAGAWADAI 1-5-10 AKAO BUILDING 2F

TEL 03 6411 7690
FAX 03 6411 7691
[PR]
←menuへ