<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

d0158942_2322573.jpg


YAMAAN/BLOSSOM From 「12 Seasonal Music」
GOLD PANDA REMIX
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
Remixed by Gold Panda
Art Work by Nobuaki Yamanaka
Chorus by CHIYORI
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

YAMAAN Sound Cloud (for listen)
http://soundcloud.com/yamaan

Megaupload (for free download)
http://www.megaupload.com/?d=O0UUZN4U

「12 Seasonal Music」収録曲の「Blossom 」をGold PandaがRemixしてくれました。
最高なRemix曲に仕上がってるので是非聞いてみて下さい!!
Sound Cloudで試聴して、Megauploadでフリーダウンロードする事が出来ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
GOLD PANDA
d0158942_2325358.jpg



BBCサウンド・オブ2010やピッチフォークのリーダーズ・ポールなど、世界各国で2010年期待の新人に選出されたUKのプロデューサー/リミキサー、ゴールド・パンダ。名門インディ・レーベル、ウィチタ(ブロック・パーティー、シミアン・モバイル・ディスコ、ザ・クリブス他)がマネージメントとして手掛けるアーティストで、2010年の4月には過去の楽曲を集めた日本オリジナル編集のアルバム『コンパニオン』をリリースし、シミアン・モバイ ル・ディスコのオープニングとして来日公演も実施。2010年10月にはジェイムス・ショー(シミアン・モバイル・ディスコ)をミキサーに迎えたデビュー・アルバム『ラッキー・シャイナー』をリリース。同月の朝霧JAMへの出演も果たした。アルバムは各国で大きな評価を得、英『ガーディアン』誌の “Guardian First Album Award”(新人賞)も獲得。

Hailing from Chelmsford, Essex, Gold Panda spent the early part of last year building a reputation as remixer du jour for the likes of Little Boots, Telepathe, Bloc Party, Simian Mobile Disco, Health and The Field, before releasing three EPs of his own material in the summer to huge critical acclaim from the likes of Pitchfork, Dazed and Confused, The Guardian, NME and beyond. Live performances soon followed and his invigorated head hunched style quickly won further fans as well as establishing him as an artist who could play live rather than just prod at an expensive laptop.

The journey to his current illuminated standings has been long and intermittently strange. Having spent downtime behind the counters of various establishments of ill repute – finding out that record stores and adult stores are no less seedier than each other. GP consolidated the rest of his hours creating archives of electronic music; each track different from the other, incorporating multitudes of styles and disparate influences and obscure samples and base material.

With his raved-about remixes that quickly found the interested of various labels, blogs and tastemakers interest in his own material was inevitable and Gold Panda began culling his back-archive of material for a series of low key releases. The first was ‘Miyamae’, a 12” on Various, followed by the ‘Quitters Raga’ 7” on Make Mine, and the third, ‘Before’ was released digitally and on 250 limited CDs via Puregroove. The releases were heavily influenced from a year spent living in Japan, as well as B movies on vhs video, minimal techno and hip hop. An avowed lover of Japanese culture and it’s lifestyle, Gold Panda spend two years at the renowned School of Oriental and Asian Studies (SOAS) learning to read and write Japanese.

Now having essentially cleared the decks (bar the 100+ tracks that may one day creep into the open as he sees fit), 2010 will see Gold Panda releasing his debut album and pushing on and consolidating his quickly burgeoning reputation as one of the brightest names in the electronic scene.
[PR]
d0158942_17304269.jpg


TriuneGodsのアートワークを担当して下さった私が非常に尊敬する画家:Hiro Kurata氏との対談型インタビューが RED one PRESSスペシャルコンテンツにて公開されました!

志人 from Triune Gods × Hiro Kurata
http://red1press.com/?p=8495

RED one PRESSスペシャルコンテンツ。
今回は、1月19日にヒップホップユニット『Triune Gods』のメンバーとしてGranma Musicからニューアルバム「SEVEN DAYS SIX NIGHTS」をリリースしたばかりのMC、志人さんへのインタビューを行った。しかもなんと今回は、同アルバムのカバーアートワークを担当したNYブルックリンで活動するアーティストHiro Kurataがインタビュアーとして参加。
今回アートワークを担当したHiro Kurataの、志人さん本人への興味が深かったことからこの企画が行われた。


Hiro Kurata Special intervew!!
d0158942_17325917.jpg


Hiro Kurata Special intervew!!http://red1press.com/?p=4933

Hiro Kurata: http://www.shiloku.com/
[PR]
SPECTACLE in the farm / WOMB ADVENTURE'10 special DAX
 -Space Shower Digital Archives X-
番組内でスガダイロー七夜連続七番勝負    スガダイロー vs 志人  が放送される予定です!

d0158942_23151011.jpg


■SPECTACLE in the farm
スガダイロー+ バスケットボールプレイヤー、Tenniscoats × 康本雅子、にせんねんもんだい、スチャダラパー、快快(faifai) 那須音頭(オオルタイチ/作曲・出演康本雅子/振付)、サンガツ、阿部海太郎  Guest:武田カオリ、珍しいキノコ舞踊団(衣装:シアタープロダクツ)、原田郁子×ウィスット・ポンニミット、坂本美雨 Guest:中島ノブユキ、ビューティフルハミングバード、ハジメテン etc…

■WOMB ADVENTURE'10
RICHIE HAWTIN presents PLASTIKMAN LIVE 、CARL CRAIG 、CROOKERS、GAISER、RONI SIZE、PACO OSUNA  etc…

■スガダイロー七夜連続七番勝負
スガダイロー vs 志人、スガダイロー vs 松下敦(ZAZEN BOYS)

※オンエアアーティストは、諸事情により変更になる場合があります。


http://www.spaceshowertv.com/program/special/spectacle.html

[PR]
[DAX] - SPACE SHOWER Digital Archives X
d0158942_2334610.jpg



降神 LIVE @ KAIKOO
"Dreaming"  lyrics by sibitt produced by onimas
(降神 「望〜月を亡くした王様〜」収録曲)
http://www.dax.tv/?item=5492
[PR]
3/5 志人LIVE @土浦 CLUB GOLD
3/6 降神LIVE@六本木SUPER DX
3/13 志人LIVE@ 東高円寺 二万電圧



3/6 降神 LIVE@六本木SUPER DX

d0158942_15454733.jpg



開場 ... 18:30
開演 ... 19:00
料金 ... 予約2000円 / 当日2500円 (ドリンク別)
図工

Mr.Understand 1st Album Release Party
Live: Mr.Understand、降神、FRATTEN×トンチ、Kijima Sound System / Painting Live: DOOPEL×DJ威力、DJ: DJぷりぷり/ VJ: 20TN!× 土屋萌児 / 誰も知らない全く新しいNeo-Popの誕生, Mr.Understandのサウンドは、Mr.Understandです。約2年の間に制作された曲の中から練りに練られた6曲を抜粋し満を持しての 1stミニアルバム。時にトラウマ的に中毒性を持ち、時に摩訶不思議なみんなのうたの曲のように、さらには聴く角度によって空間によって且つそに状況によって、変幻自在に輪郭を変える万華鏡のような他に類を見ない独創性溢れる楽曲たち。しかしどこまでもポップ。10年代を代表するNeo-popの幕開け、これは事件です!!3月6日にアルバム「図工」を記念し、一夜限りのスペシャルな出演者が集い、魅惑の芸術世界がこの日、六本木で開催決定!!


------------------------------------------------------------------------------------------
3/13 志人LIVE@ 東高円寺 二万電圧

d0158942_1546939.jpg


2011年3月13日 日曜日
Alan Smithee's MAD Universe Presents
[発狂した宇宙 vol.3 -IKARUS EP release party-]
@東高円寺 二万電圧 http://den-atsu.com
OPEN/START 18:00/18:30
ADV/DOOR ¥2000/¥2300

■出演
志人(from 降神)
http://sibitt.exblog.jp/

GROUNDCOVER.
http://grndcvr.fc2web.com/

skillkills(ex.GeGeGeGeQuartet)
http://skillkills.web.fc2.com

アニス&ラカンカ(mmm + 見汐麻衣from埋火)
http://www.myspace.com/mmmmeguho
http://uzumibi.jp/

Alan Smithee's MAD Universe
http://www.alansmithee-m-universe.com

■BGM by Cojo
http://enjyaqu.main.jp/
------------------------------------------------------------------------------

3/5 志人LIVE @土浦 CLUB GOLD

d0158942_15452183.jpg



2011.03.05(SAT)

CLUTCH RECORDS presents CLUTCH
at 土浦 CLUB GOLD http://goldizm.com/index.html

SHOWS 24:00 START
DOOR:2000yen

GUEST LIVE
ILLBROS(TABOO1,漢)
志人

LIVE
GOCCI&DJ MASH

DJ
MASH
CARTMAN
MOND
BEHARD
[PR]
本日はお日柄もよく、地元「中井駅」周辺を散歩しました。 
すると、「染めの小道」なる催し物がやっていました。
http://somenokomichi.com/index.html

強風に煽られながらはためく川のギャラリーにしばし見とれておりました。
5月には確か鯉のぼりが川上を泳いでいた様な。
普段見慣れた町もこの3日間だけは異風景が見られるかも知れません。
ご近所の方は散歩してみましょう! 新たな新宿が垣間見えるかも知れませんね。

d0158942_239443.jpg





江戸文化が醸成した染色の技術。昭和初期〜30年代まで、東京の神田川・妙正寺川流域には300軒を超える染色関連業が集積し、京都・金沢に並ぶ三大産地として知られていました。いまでも「落合・中井」界隈には、その技術を受け継ぎ、新しい染色を提案する職人・作家たちが集まります。また水と緑に恵まれた谷戸の環境は、林芙美子や赤塚不二夫といった多くの文化人や芸術家を引きつけてきました。「染の小道」は、落合・中井を「染めの街」として再び日本や世界へ発信すること、そして、地域が大切にしてきた価値や環境を多くの方々に直接体験していただき、地元の活性化につなげることを目的とした、住民主体のイベントです。2009年から開催し3回目となる今回は初の試みとして、妙正寺川の川面に反物を張る「川のギャラリー」、商店街50店舗の軒先に、作家が製作した「のれん」を展示する「道のギャラリー」を展開。3日にわたり染め物が中井の街を彩ります。

Japanese dyeing skills were greatly developed within the culture during the Edo period. From the early Showa period to 1950’s, the basin of the Kanda River and the Myoshoji River was known as a focal point of dyeing business, filled with more than 300 dyeing small factories, comparable to that of Kyoto and Kanazawa. Even today in the area around Ochiai and Nakai near Shinjuku, a number of artisans and creators come and see each other to inherit or share the skills from their preceding generations and propose new dyeing techniques. The area’s richness in water and green has also attracted many artists and highly educated people such as Hayashi Fumiko and Akatsuka Fujio. (翻訳協力:JAPAN TWO)
d0158942_2392216.jpg
d0158942_2394083.jpg
d0158942_2395195.jpg
d0158942_2310170.jpg

[PR]
d0158942_20591350.jpg

d0158942_20594094.jpg

d0158942_210077.jpg


「12 Seasonal Music」でアートワークを担当なさっていたNobuaki Yamanaka氏の展覧会が
水戸市の藝文ギャラリーにて開催中です。

Nobuaki Yamanaka 「An Anonym」

会場:常陽藝文センター1F 藝文ギャラリー(入場無料)
〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1丁目5番18号 常陽郷土会館内
TEL 029-231-6611 FAX 029-224-8789

前期:平成23年  2月 2日(水)~  2月27日(日)
後期:平成23年  3月 2日(水)~  3月30日(日)
(毎週月曜日休館)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
YAMAAN blogより
[PR]
志人の次のリリースはCANADAのJeunesse Cosmiqueレーベルから。 
2月中発表予定です。(日本の方ごめんなさい。日本版は現在制作中)

私とChi(ラオス人)彼、 Catherine(カナダ人)彼女 と出会ったのは、カナダのモントリオールの
4234 St. LaurentにあるDivan Orangeというライブハウスで私とbleubirdがライブをした時でした。
Jeunesse Cosmiqueはこの国境を越えたカップルがやっているレーベルです。

すぐに私のMyspaceを見つけて下さった二人は、早速コラボレーションの話をしてくれました。

TriuneGodsの"SevenDaysSixNights"を録り終えた最終日
私はこの謎めいたカップルと食事に行きました。
お互いの国の話をしたり、音楽の話をしたり、
ChiとCatherineはカナダに住んでいますが、日常会話はフランス語です。

複雑な歴史背景の中、愛し合う二人の姿を見て私は勇気づけられました。
(かつてラオスはフランスの植民地だったのです。)

私は彼らにいくつかのフランス語を教えてもらいました。 

その中でも僕らにとって非常に印象に残った言葉を曲名にしました。

それは   La pleine lune  〜ラ プレーヌ リュヌ〜

日本語では"満月"という意味です。

私達が出会ったのは それはそれは綺麗な満月の夜でした。


d0158942_3313715.jpg

[PR]



The third promotional video released Feb 5, 2011 that previews music from the debut album “Seven Days Six Nights”.

Created by shortfacedbear.
Shot in Montreal by Scott Da Ros.

Thanks Scott &Bear!!!
[PR]
←menuへ