<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

10月1日 土曜日



「海へ vol.3」 



志人 LIVE

UG(Guitar Wolf)

Dj Synthesizer

BONSTAR

大塚ケニー謙一郎(曽我部恵一バンド)

SEKI

NEWOLD

karinga

acaraje

陽子

尾崎友直

土木

UB☆GO(beat horse) LIVE



http://www.ear-bar.com/  EARにて nocharge all1drink500yen

21:00~5:00
[PR]
d0158942_942166.jpg


DATE: Friday 9月30日
TIME: 23:00 ~ LATE
PRICE: DOOR¥2500/1D WF¥1500/1D
GENRE: INDEPEDENT HIPHOP
来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。
club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。
尚、男性の方のビーチサンダルはご入場をお断りさせていただきます。

渋谷円山町HIPHOPシーンに新機軸を予感させるイベント
「"INNOVATION"(新機軸、革新の意)」は、2011年9月30日(金)に一周年を迎えます!
各々が表現する音楽、言葉、絵を信じ、「流行に屈せず、己の芯を磨き上げる」という信念のもと新ジャンル"INDEPENDENT HIPHOP"を提唱してきました。
スペシャルゲストライブには、なんと!「 降神 」が登場!!
なのるなもない、志人、onimasを中心としたユニット、その唯一無二の存在感は「 降神:origami 」というジャンルを作り上げ、HIPHOP内外問わず、多くの音楽家や芸術家を魅了している。
演劇的と称されるライブは従来のHIPHOPのライブとは一線を画し、日本語表現の新たな方向性を指し示す。
ライブには「夢音:muon」無限に広がる湖に幻想を描くI.K.Bの鼓動。
そこを縫うように泳ぎ言葉踊り狂うZION-K.無から有へ。二つが不器用に混ざり合った時、時空を超えた言葉が現世へ舞い降り、聴く者を異次元へと誘う!
ライブペイントには、画家「 Keisuke Haruyama」煙の如く、縦横無尽に筆を走らせ、日常の空気をアブストラクトに美しく切り取る。
今回、ライブペイントの他に、ラウンジスペースにて特別展示開催!
INNOVATION DJ陣が、真黒の音楽世界へご案内。脳内世界一周ご体感あれ!
ご来場者(100名様)に、各DJによる「 INNOVATION ORIGINAL MIX」をプレゼント!祝!「INNOVATION "1st Anniversary" 」乞う御期待!

■ SPECIAL GUEST LIVE:降神

■ DJ:
I.K.B
G-Boy
FUJISAWA BRONX
Gramma
BISCCO

■ LIVE:夢音(ZION-K&I.K.B)

■ Live Paint:Keisuke Haruyama

■ Design:KANI/FUJISAWA BRONX
[PR]
d0158942_20274338.jpg


「LA♥JPN♥LA 」は、2011年3月11日に起きた東北震災の犠牲者を支援するために 一致団結したロサンジェルスと日本のアーティストを フィーチャーしたチャリ ティ・コ ンピレーション。Disques Corde協力のもと、LA在住のライター兼DJのハシムBがキュレーションをしたこのコンピレーションの第三弾は、シリーズの最終章であり ながら、インディ・ロック、ハウス、テクノ、ダウンテンポ、フォーク、ドローンなど最もエクレクティックな内容となっている。

Vol.1とVol.2と同様、LAビート・シーンとLow End Theoryを代表するアーティストが数々参加。Daedelus(Ninja Tune, Brainfeeder)はアップテンポでメランコリックなトラックを, Computer Jay(デイム・ファンク率いるバンド、マスター・ブラスター のメンバー)はローファイでありながらアグレッシブなビート、Monopoly (Brainfeeder)はフューチャーリスティックでシネマティックなトラック, チェロ奏者でもあるアスーラ (Non-Projects)は実験的エレクトロ, カセット・サンプリングを得意とするマシューデイ ヴィッド (Brainfeeder, Leaving Records)はディープでノイジーなビート, そして画家でもあるティーブス (Brainfeeder)は流麗で美しいトラックを提供。

ngomaの演奏 をクラウトロックを 連想させるトラックにリミックスしたDJ Duct、「和」 の世界観をもつビートを提供したYamaan, ジャ ズ・ギターを全面に出したインスト・ヒップホップを提供したNut's(diyTokion), Rush Hourからのテクノ・トラックとは違う哀愁感あふれるアップテンポ・ナンバーを提供したHaruki Matsuo, テルミン奏者とチェロ奏者がフィーチャーされた深 淵なトラックを提供したdaisuke tanabe、ジャ ジーなビートを提供したMONOm.i.c., 黒 いファンク臭漂うビートを提供したsauce81, ダ ウンテンポな4つ打ちトラックを提供したSATOな どが、日本のビート・シーンの勢いを見せつける。

LAの実験的でトライバルなビートを生み出すNguzunguzu、サンプリングとインスト・ヒップホップの伝統を継承し続けるDday One、アンチコン所属のシンガー兼トラック メイカー、Hyperdubからのリリースで知 られており、ゲームボーイからビンテージ・シンセを駆使するビートメイカーのQuarta 330など、エクスペリメンタルなアーティストも多数参加。

ヨーロッパで活動を続けRaster Nortonからのリリースも控えるラップトップ・アーティストAOKI Takamasaや、来日中 に作ったテクノ・チューンを提供したJohn Tejada、Dublab所属の若手ハウス・プロデューサーのSuzanne Kraft、心地よいヨレたグルーヴ満 載のダンス・チューンを提供したFujimoto Tetsuro、そして壮絶なアフロ・ハウスを提供したマーク・デ・クラウヴ・ロウイなど、ダンスフロア向けの曲も必聴だ。

LAの 新しいインディ・ロック・シーンを代表するGangi、Dublab所属のアレハンドロ・コーエン率いるシンセ・ポップ・グループ Pharaohs、カル ロス・ニーニョ率いるスピリチュアル・ジャズ・バンドBuild An Ark、LAのニュー・フォーク・シーンを代表するJulia Holter、日本の新世代フォークを代表するakane del mar、そしてフィナーレに相応しい美しくもピースフルなドローンを提供した日系人アーティストMia Doi Toddもコンピレーションのハイライトだ。

このコンピレーションの第一の目的は東北震災の犠牲者を長期的にサポートす ることだが、L.A.と日本から登場している新世代のアーティストを 紹介し、国 境を越えた音楽的交流に脚光を当てた内容の作品でもある。

このコンピレーションの売り上げは全て日本赤十字社とCivic Forceに寄付さ れる。

日本赤十字社:
http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html

Civic Force:
http://civic-force.org/


More Info:
http://lalovesjapan.bandcamp.com/
http://lalovesjapan.tumblr.com/

-------------------------
1. much more effort - Gangi

2. Three Beat Magic - MONOm.i.c.

3. Seiju's Poem - Antonionian

4. Still - SATO

5. bikini - Nguzunguzu

6. listen to me - sauce81

7. Visa Stamp - computer jay

8. nagagutsu - quarta 330

9. Crescendo - Daedelus

10. Tantra Sky - Pharaohs

11. SF11 - AOKI takamasa

12. the change of a season - John Tejada

13. Erora - Suzanne Kraft

14. Kobe Highway - Fujimoto Tetsuro

15. The Calling - MdCL featuring Olatunde

16. Voodoo Eyes Are Shut (DJ Duct Edit) - ngoma

17. With Grace - Monopoly

18. Mammal Milk - Asura

19. Sunlight - Haruki Matsuo

20. Tako Taco - Butchy Fuego

21. SW - rigly chang

22. Pantherwings - Matthewdavid

23. Towards The Roar - Dday One

24. Blossom - Yamaan

25. nova - Nut's(diyTokion)

26. Tomorrow - Teebs

27. with U 2 - Azzy

28. Love Songs - Build An Ark

29. dress reformer - daisuke tanabe feat May Roosevelt & Gillian Wood

30. Have You in My Wilderness (original) - Julia Holter

31. alas - akane del mar

32. Brown Eyes - Mia Doi Todd & Jesse Peterson


compiled and produced by: Hashim Bharoocha

mastered by Azzurro
[PR]
d0158942_0162852.jpg

TriuneGods来日ツアー記念Tシャツ   
~画家:Hiro Kurata デザイン〜予約開始



※9月28日より予約開始致します。   発売日は10月26日予定です。
http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi?No=58

TriuneGods いよいよ来日ツアーまで2ヶ月となりました!!

TriuneGods来日ツアー記念として Hiro KurataデザインのT-シャツが登場。

発売日/発送日:10月26日
価格:3,500円
COLOR: Forest Green w/ white print( silk screen)
SIZE: S, M, L, XL

サイズ : 身丈 / 身幅 / 袖丈 /
S : 70 / 46 / 21
M : 73 / 51 / 22
L : 76 / 56 / 22
XL : 79 / 61 / 23

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

志人参加音源:Napszyklat - Kultur Shock 予約開始

d0158942_015395.jpg



※9月28日より予約開始致します。   発売日は10月26日予定です。
予約ページ:http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi?No=59


オルタナティヴHIPHOPへの終り無き旅を続けるポーランドの3人組Napszyklat。
彼らのセカンドアルバム「Kultur Shock」が完成した。

東西ヨーロッパにおける文化の衝突、そしてその狭間に生まれうる不安、怒りを形にしたビート達はカオス、
メロディアス、ノイジーなど多面的でハイクオリティ。
序盤の ”②Miejsce” ”⑤Bujaka”などの不穏かつアジテーショナルなサウンドを経て、
後半の “⑪Opuublikuj to!” “⑫Malolat” “⑬Olomuniec” の流れは
ユーモラスかつポップな音使いすら見せる。

ゲストにDj BAKUとスプリットEPをリリースしたアメリカ人MC Dälek (表題曲ともなった ”⑥Kultur Shock” でのギターが渋く鳴り響くバンギンなビート上で静かに立ち上がる彼のラップはドープの一言)
“⑦2+3” 電子音楽の渦の中でハーモニーを披露するチェコのアヴァンポップデュオ DVA。
そして日本からは志人(Temple ATS)がこのアルバムのラストとなる “⑮ボノボの創造” で参加。
微生物EPにも収録された本曲で、この作品の中で揺り動かされた感情は美しい着地を見せる。
その時はっきりとNapszyklatが色々な思いを込めてこの「Kultur Shock」を完成させたという事がわかるだろう。

ポーランドのハードコアなデザインセンスで知られる芸術家Tom Frostが手がけたジャケットにも注目
(ジャケの中にはボノボがしっかりと陣取っている!)

review by Granma Music Entertainment

特典付き:   特典は同じくTom Frostが手がけたポスター付き。

d0158942_148070.jpg




Napszyklat - Kultur Shock

1. Widok
2. Miejsce
3. Koniec Asfaltu
4. Tak Milujeme Svet
5. Bujaka/ZBRKLKU
6. Kultur Shock
7. 2+3
8. Na Obcym
9. Tak To Robimy
10. Tu
11. Opublikuj To!
12. Małolat
13.Olomuniec
14. Szantyloop
15. ボノボの創造 feat 志人 / ポーランド語題 Postzwierzyniec

発売日/発送日:10月26日
価格:1,890円

-------------SHOP担当より お知らせ----------------------------------

※上記2作品は9月28日(水曜日)より予約開始致します。
※発送日は10月26日(水曜日)を予定しております。
※志人参加音源 Napszyklat - Kultur Shock も同時予約開始。
発売日も同日10月26日(水曜日)を予定しております。

※T-シャツ、Napszyklat - Kultur Shock を同時にご注文のお客様は5000円以上のお買い上げとなりますので送料が無料となります。

※予約作品と同時に出荷可能作品をご注文の方は同時にご注文頂いた作品も10月26日に発送させて頂きます旨ご了承下さいませ。

TempleATS SHOP page: http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi
[PR]
d0158942_14193741.png


d0158942_14205128.jpg


Les Swashbuckling Napoleons (bleubird&Thesis Sahib) - Fuck!  
(TempleATS on line shopにて 本日水曜日より発売 少数限定入荷)

TempleATS on line shop URL:
http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi
※本作品は来週水曜日発送日より出荷可能です。    
9月28日予約開始各品と同時にご注文の方へは予約作品発売予定日10月26日に同時に発送致します。

d0158942_1421033.jpg



Les Swashbuckling Napoleons (bleubird&Thesis Sahib) - Fuck!  
track listing
01. Lions at Sea
02. Just So You Know
03. Paper Boat
04. LOL What the Hell
05. Kenning Around
06. One Lovely Bastard
07. Warwick Crossed the Bee
08. In Just Us
09. About Yourself
10. Here's to the Health
11. Napoleons Creed
12. In Just Us (OMID remix)

スキルフルなフロウで人気を博すMC ブルーバードと、ライターでもあるカナダのベテラン セーシス・サヒード、さらにはサンフランシスコのペイパービークル所属のエディソンによる3人組 "レ・スワッシュバックリング・ナポレオンズ" のフルアルバム全12曲!! ペイパービークルでも独特の世界観を見せつけたエディソンによる極上のビート群に、名手ブルーバードと、クセのあるウネリ系のラップを披露するセーシスが熱くスピット!! タカタカタカと詰め込みラップを聴かせる両者の技巧ぶりはもちろんのこと、ベースが太く、エレクトリックでかなりタイトなビート群を提供したエディソンも、今作でマーケット内に名前を売る事に成功することでしょう、今後伸びてくるであろう逸材です。11曲目にはバーブル、ネイラ、ケー・ジ・アイ、2メックス、イグジステレオ、ライフレックスオール、ナバーへ、そしてエディソンもラップで参加したポッセ・カットが登場、この曲はヤバいです!! 最終曲ではオミッドのリミックスも収録と、LAファンのハートもがっちりキャッチ。今年下半期ベストリリース入り確定の強力リリース!! 捨て曲無しの爆裂アルバム、ラップもビートも最高級の逸品!! スタッフ激推薦盤!!
by wenod


A “swashbuckler” was “one who makes a noise by striking his own or his opponent’s shield with his sword … a swaggering bravo or ruffian.” Picture a cool stud of the late 15th or early 16th century wearing a sword and buckler (small shield often with a spike in the middle) on his belt and clanking the two together as he swaggers around town: “Clankity-clank; I’m a tough guy.”
Forged in the steel fires of an Ontario/Florida rap-workman’s union, Thesis Sahib and bleubird met by chance in 1990 on a Caribbean cruise rewarded to them and their families when they each became regional Nintendo Power Glove champions. It was during this cruise that the two fourteen years old drunks were thrown together randomly to perform Kris Kross’s “Jump Jump” at a youth karaoke contest. The two quickly formed a bond on stage when they began rapping KRS ONE and TOO Short lyrics over the hot Kris Kross beat. They spent the rest of the tom cruise together making frequent visits to the all you can eat ice cream bar, getting kicked out of the casino, club, and captain’s lodge, and free-styling mutiny on the open seas. It was over ten years later when the two met by chance once again in Halifax in 2001. By this time they had each developed into conquerors of musical and artistic barriers in their own right. Nomadic travelers on the constant move, they set out to make an album in 2003, doing some recordings in Orlando, Toronto, and Michigan – whenever they happened to be in the same place at the same time. Their efforts met with tragedy when, oddly, all hard drives they used crashed. The two song 7” (2003) and the bonus song on bleubird’s “Sloppy Doctor” release were all that survived.
To break the curse they decided the only way to complete a full album was to come together on neutral ground and write and record an entire new album in one shot. Their spirits bolstered by the newly appointed beat-mason Edison of Paper Vehicle, they came to the Grimm Image studio at the Inland Empire and completed the entire album in seven days. Once again the old curse struck! All the vocal files were mysteriously erased weeks after their completion. “FUCK!” they thought, “we must break the cycle!“ A month later, determined not to be beaten, they dropped everything to fly back out again and re-record. “FUCK!” was completed again, this time better and more cohesive, backed up in triplets and transported home safely in a metal case handcuffed to bird’s wrist.
The culmination of all this energetic, thoughtful, thematic and often humorous word play, along with imaginative production by Edison, is a short jaunt through the fast-paced ever-changing colorful world of Les Swashbuckling Napoleons. The final product was mixed by Vid Cousins, the mad scientist engineer of Monkey Puzzle Sound Studios, and mastered by commander masterer J. Lapointe for your pure sonic enjoyment. Clankity-clank.
”Seeing James in Hammer pants was like dancing with a magic Canadian rap beaver”
– bluebird
”Jacques reminded me of Bif from Back to the Future but with a stupider haircut”
– Thesis Sahib
The CD will be temporarily available through me for a limited time before it ships to select stores around the world.



http://ugsmag.com/2010/11/les-swashbuckling-napoleons-bleubird-thesis-sahib-edison-fuck/


Fuck!, the debut album from Les Swashbuckling Napoleons is finally out. You may remember their 7-inch from back in ’03, but several hard drive crashes and seven years later the album is now here with Bleubird & Thesis Sahib being joined by their newly appointed beat-mason Edison of Papervehicle. Out now on Grimm Image records.


Les Swashbuckling Napoleons  (Thesis Sahib+bleubird+edison)




<Thesis Sahibとはどんな人物か!? /TriuneGods 来日特集:bleubirdとは 一体どんな人物か!?  pt1>

■Thesis Sahibとはどんな人物か!? 
PT1
http://sibitt.exblog.jp/14644611/

PT2
http://sibitt.exblog.jp/14646112/


■TriuneGods 来日特集:bleubirdとは 一体どんな人物か!?  pt1
http://sibitt.exblog.jp/14646775/

■TriuneGods 来日特集:bleubirdとは 一体どんな人物か!?  pt2 Comming soon!

----------------------TempleATS on line shop 9月26日 予約開始作品↓----------------------------------
※下記作品は9月26日(水曜日) 予約開始の作品です。 
    発売予定日は10月26日予定でございます。

■TriuneGods 来日記念  Hiro Kurata デザイン T-シャツ 予約開始   ※詳細は次の記事へ

発売日:10月26日(水曜日)発売予定

予約開始日:9月28日(水曜日)

■志人参加音源 :Napszyklat "Kultur Shock (2011 Qulturap)" ※詳細は次の記事へ


発売日:10月26日(水曜日)発売予定

予約開始日:9月28日(水曜日)
[PR]
d0158942_2353739.jpg


d0158942_2273698.jpg



http://bleubird.org/


"現在、米国のunderground MCの中で一番異彩を放ち、
シーンの中でひと際輝いている彼は物凄い行動力と創作意欲の持ち主だ。
又、彼と行動を共にした者や、彼の音楽に魅了された者は、
まるで体中に潜む微生物の働きかけにより、
思いがけない自分の持っている才能や未体験の領域へ心を運ばせる。  

つまりは潜在意識を開花させる  シャーマンあるいはメディスンマンの様である。

どんなリズムでも乗りこなし、何処に居ようと己の踊り方を忘れていない。

彼のRAPを聞いてみて欲しい。  
脳みその毛細血管がプッツリ切れてしまいそうな瞬間が各小節に現れる時があるが、
そんな瞬間に、彼のRAPを聴く者は  自分という意識や自我を失う。  

無くす、亡くす、手放す、事が美しくも思えるのだ。

悪い言い方に聞こえるかも知れないが、 目の前で 僕らの代わりに死んでくれるのだ。  

そして聞いている僕らは   意気を、息を  吹き返すのだ。

つまり蘇る。 

そして彼はまた  何度も何度も生まれ変わり  巡り巡りて   今此処に 現れる。

時に彼のRAPはRAPでは無く マントラの様に聞こえる事もあろう。

つまり言語を越えている瞬間を持つ。  

人類共通の懐かしさをも感じる歌心もある。

彼の動物に対する愛情は、
博士のその異常な愛情とは正反対の愛であり。
人が忘れかけていた等しい命への関心を、
それぞれ尊い命を同じ目線で見て対話する事の大切さを教えてくれる。

誰が偉い訳でもなく、    全ての生きとし生けるものが  等しく 尊いのだと。

彼と出会えた事を心より誇りに思う。 "      志人

d0158942_23173445.jpg


bleubird & 志人         再会の乾杯@モントリオール  カフェオリンピコ







彼の魅力に更に迫ります。     続く
[PR]
Thesis Sahib/jameskirkpatrick
http://jameskirkpatrick.org/artist/


d0158942_17232036.jpg

d0158942_17232333.jpg



http://jameskirkpatrick.org/artist/index.php?/thesissahib/before-the-end-book-and-album/


jameskirkpatrick 氏は、なんとTriuneGodsのジャケットを手がけたHiro Kurata氏とも、
以前アメリカで同じエキシビションにて展示を経験していたらしいです。
それを聞いた時は驚きました。James氏はTriuneGodsのHiroKurataの絵を見て、
同じエキシビションで見たのを気付き、すぐにNYのブルックリンにあるHiro Kurata氏のアトリエを訪ねたそうです。 両者共に世界で注目される画家。 繋がるべくして繋がった様です。

私達は今、密かにjames氏を日本に呼んでツアーや展示などの企画が出来る様に考えております。

日本の皆様にもjamesの音楽とアートの素晴らしさを是非体感して頂きたいです。


d0158942_21362265.jpg


sibitt&james with Freebird      



Thesis Sahib/jameskirkpatrickが案内する自宅兼アトリエ風景&インタビュー by bleubird
同時撮影 by sibitt

[PR]
Thesis Sahib/jameskirkpatrick とはどんな人物か!?

http://www.jameskirkpatrick.org/artist/
d0158942_1624783.jpg

(↑ 写真は全て彼が手がけた作品の数々。  写真に映りきらないけれどもっともっとあります。
   右下のポスターは志人とbleubird、Thesisがロンドンで出演した時のポスター。)

d0158942_16121887.jpg

d0158942_16121248.jpg



志人がMontreal EP(仮題)の制作の為2011年7月モントリオールからロンドン(オンタリオ)に渡り、
兼ねてから出会いたいと願っていたjameskirkpatrick。
ロンドン滞在期間中、生活を共にしていた画家でもありMCでもあるJAMES。
オンタリオのHIPHOP史を支えるMCでもありカナダのみならず世界から注目を浴びる天才画家
"Thesis Sahib/jameskirkpatrick" とは一体何者なのか?
本記事は彼の良い知れぬ魅力に迫ります。


"JAMESEは毎朝僕に自然栽培の野菜とフルーツをジューサーにかけたシェイクを作ってくれた。
彼の家の屋上にはコンポストがあって、コンポストで土を作り、その土で色々な植物を育てていたよ。
彼のアトリエには巨大な立体や所狭しと置かれたキャンバス、家そのものが芸術だった。
気が合うし、いつも会話には笑いが絶えなかった。  とにかく優しい人間だ。
だけどひとたびマイクを握るとオンタリオの英雄そのもの。 
そして「絵画」について語る時は真剣そのもの。
でもB級を通り越してC級映画を一緒に見ている時は少年の様な眼差しだった。

早くも会いたいよ。  JAMESのギャグがやっと分かって来た頃にお別れだったからさ。

また一緒に旅をしよう。     " 志人


LondonFUSE: James Kirkpatrick (aka Thesis Sahib) Interview


We sat down with creative mastermind James Kirkpatrick (aka Thesis Sahib) in his studio loft to talk about his recent album/book release. We also talked about some of the work he's done in the past, his travels around Canada, and took a behind the scenes glance at some of his musical equipment and art projects. Also, be sure to check out James' (aka Thesis Sahib's) myspace as well as his art website.

If you're interested in James' book, Before the End, you can be snag it online here:

jameskirkpatrick.org/​artist/​index.php?/​thesissahib/​before-the-end-book-and-album/​

Featuring:
James Kirkpatrick Aka Thesis Sahib

With Host:
Savanah Sewell

Intro by Kyle Mowat

Music by Thesis Sahib

Filmed by:
Chris Hachey
Thomas Cermak

Edited by:
Chris Martin
Thomas Cermak
Chris Hachey

Sound by:
Chris Martin
Thomas Cermak

Titles by:
Lucas Stenning


NoClone TV - JAMES KIRKPATRICK_THESIS SAHIB


d0158942_1713266.jpg

d0158942_1712963.jpg



彼が出したart bookです。  7インチのカラーバイナルとダウンロードカードが付いて来ます。
ダウンロードカードがとても素敵で、なんとカードの中に種が入っていて、カードも水に溶ける紙で出来ています。ダウンロードし終わった後には土に埋めて水をやれば芽が出て来ます!!
ナイスアイディア!!




Thesis Sahib at Babylon



一つの記事にはおさまりきらない彼の魅力はまた次の記事に続きます。
[PR]
d0158942_1242097.jpg


夜間飛行

2011.09.16.FRI
OPEN 22:00

当日 \2,000 フライヤー持参 \1,500

■Special Guest:

【志人】

■DJ:
REBEL MUSICAL
DJ MASA a.k.a.ROUTE12 (NORTH SMOKE ING)
DJ moco (Pioneer Route)
DJ 北島
DJ EKKA
ぴーち

MORROWZONE(札幌市中央区南7条西2丁目 EXE PLAZA BLD.B1F)

d0158942_12414486.jpg



※日時変更です。 9/18日午前中にLIVEを行います!↓

■飛生芸術祭(母体の飛生芸術祭のHP)
http://fes.tobiu.com/
■チケット販売先
http://fes.tobiu.com/tobiucamp.php#t_8
■アクセス(初めての方は、当日の道案内が出来かねる可能性が高いので事前にチェックお願いします)
http://fes.tobiu.com/content.php?date=2011_08_09_23_00_42&c=ACCESS
■注意事項
http://fes.tobiu.com/tobiucamp.php#t_9
■会場MAP
http://fes.tobiu.com/tobiucamp.php#t_5


画家:戸田真樹氏と急遽出演決定致しました。

http://fes.tobiu.com/

道内お住まいの方、お時間ありましたらお会いしましょう!
[PR]
 筆名:吉本素直名義で
「カムトナル」「広島長崎 命は儚い 原爆ドームの千羽鶴に告ぐ」 「就労」「断行捨行離行」を寄稿致しました。

d0158942_019142.jpg



全ページ表示/ダウンロードはこちらから→ http://yukikoxxx.com/yaoyorozu_9.pdf
[PR]
←menuへ