<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

d0158942_12434919.jpg


『詩は歌であり、歌は詩である。』 上念 司(経済評論家)

中学生の頃、授業中に聴かされたマーチン・ルーサー・キングの演説は、退屈な英語の授業を吹き飛ばすパワーを持っていた。彼の演説はまるで歌だ。魂から発せられる言葉が、生命のリズムを刻む。「I have a dream!」以外はほとんど聞き取れないバカな中学生でも、そのパワーには圧倒される。そして、何かとてつもない使命を帯びてこの世に降り立ったことを悟るのだ。詩=歌のパワーによって、人は多くを語らずともその「背後の物語」を相手に悟らせることができる。詩は歌であり、歌は詩である。そんな歌を聴かなくなって久しい。
都会の喧騒を離れ、山野斜面に暮らす詩人は、限界集落で細々と自給自足生活を楽しむ。それは単なる“ラッパー”を超えた、新しい語り部のスタイル。フリースタイルから独自の進化を遂げたその詩と歌声は、聴く者すべてを山と森の深淵へといざなう。もののけたちが語り、あのなつかしい昭和の家族がよみがえるその瞬間、私たちは忘れかけていた何かを取り戻す。そして、自然に体が動き出す。
海辺に住む天才ピアニストは、都会で夜な夜な奇怪な音を奏でる。その強すぎる戦闘能力は、あまたのミュージシャンを「病院送り」にしてきた。まるで剣豪宮本武蔵や全盛期のエメリヤーエンコ・フョードルのように、今や対戦相手として名乗り出るつわものは誰ひとりとしていない。その音はまるで気象現象だ。高気圧から低気圧、時として台風や吹雪となり、圧倒的なパワーで聴衆に押し寄せる。「自然の脅威」を前にすれば、もはや聴衆になすすべはない。但し、あの詩人を除いては、、、
折しも、この世は「B層音楽」に支配され、はびこるフェイク野郎が幅利かす無間地獄。歯に衣着せぬ物言いは、有言無言の圧力で袋叩きにした惨い記録。聴く人のための音楽はいつしか音楽そのものを袋小路に追いやった。聴くに堪えない「産業音楽」に支配されたこの国に希望は本当にあるのか?毒を薬と言い換え、薬を毒と言い換える。騙された人は偽物を本物だと信じて疑わない。これは、ただ単に音楽に限定される話ではない。私たちが住む、この地球という星の問題でもあるのだ。
はてしない絶望を断ち切る希望のコラボ、志人・スガダイロー。この二つの才能がぶつかり、引き合い、生まれた奇跡のアルバム『詩種』。言葉から音楽が生まれ、音楽から言葉が生まれる。その瞬間を目撃せよ。音楽に新しい体験を求める人は須らく自ら求めて聴くべし!

上念 司(ジョウネン ツカサ)
1969年東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業(在学中は創立1901年の弁論部・辞達学会に所属)。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年より、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任。2010年、米国イェール大学経の浜田宏一教授に師事し、薫陶を受ける。デフレ脱却国民会議事務局長。
[PR]
d0158942_12382593.jpg


『一瞬の一生、たまゆらの露』 岡部えつ(作家)

 一枚の音楽メディアであり、一冊の書物であり、またひとつのペーパーアートでもあるこの2,500円の代物を、わたしは密かに『檜原村叙事詩』と呼んで愛でている。なぜならば、多くの韻律を孕んだ濃密な言葉群によって語られる諧謔と教訓と皮肉に満ちたこの物語は、白猿という魅力的なキャラクターの英雄譚であり、また獣に姿を借りた土着の神々の神話であるからだ。

 メインとなるストーリーは、傲慢だがどこか憎めない山の神、赤鼻天狗と、人を食ったような白猿との知恵くらべである。互いに不可能なものを要求し合ったこの大勝負を巡って村は大騒ぎ、鉄火場と変じた居酒屋では獣たちが喧々囂々たる大立ち回りを演じ、やがて赤鼻天狗の怒りが世界を転覆させてしまう。そうしてわたしたちは、天地が逆転した闇の中でもただ一人泰然自若とした白猿が啓示し、村の嫌われ者であるイタチが悟る、ある真実へと導かれていく。
 この血湧き肉踊る物語が、ラップというより声明(しょうみょう)に近い荘重さと滑らかさを持った志人氏の語りと、時に水流となってたゆたい、時に風となって吹き荒れ、物語世界を変幻自在に躍動させるスガダイロー氏の音楽との、息をも継がせぬくんずほぐれつで展開していくのである。
 そしてもうひとつ、この大スペクタクルをサンドイッチのように挟みこむ、なんとも甘美なストーリーがある。恋に悩む心優しいテンと、それを見守る泰山木(たいさんぼく)とのエピソードだ。
 プロローグ、泣き腫らしたテンの目に、泰山木は朝露の目薬をさしてやる。そうしてその根元でテンがまどろむ間に、レンゲショウマの咲き乱れる夏地で、赤鼻天狗と白猿の騒動が始まるのだ。
 混乱した世界が元通りになったあとのエピローグ、再びこのテンと泰山木との穏やかなシーンに戻ってきたとき、わたしたちは初めて、わたしたちが手に汗握る大冒険をしていた間、テンがずっとそこで眠っていたことを知る。
 村の一方で天地がひっくり返っている間も、おそらくテンは何も知らず、何も気づかず、泰山木の柔らかな木陰に包まれて眠っていたのだろう。そうして全てが終わったあとで泰山木がしたことは、眠っているテンの口に露のしずくを垂らして、そっと起こしてやることだった。
 次の瞬間、目覚めたテンが放つひと言で『詩種』の物語は唐突に終焉する。わたしたちはそのひと言ににやりとし、そのあとハッと思い至るのだ。
 もしやあの壮大な冒険物語は、全てこの心優しいテンの一炊の夢だったのではあるまいか。はたまた、何もかもを見透かした泰山木がテンに見せた幻影だったもやもしれぬ。
 してやられた。

 この一枚に触れて以来、わたしの頭の中には檜原村が生まれてしまった。耳を澄ませば楽しげな音楽が聴こえ、そちらに目をやると、レンゲショウマが風に撫でられさわさわと揺れる合間に、イタチの尻尾がするりと逃げていくのが見える。その去りしなに「ほっとけよう」と言葉を残して。
 この物語を一緒に旅した人は、同じようにそれぞれの檜原村を持つことだろう。これは、そんな幸福な体験をもたらしてくれる作品である。

<プロフィール>
作家。第三回幽怪談文学賞受賞後、2009年『枯骨の恋』でデビュー。
2011年、Dystopia Sessionや東保光+アナベルとのユニットで、朗読活動を開始。
ブログ=『常習女』http://joshuonna.exblog.jp/
ツイッター=@etsuokabe
[PR]
【NIRVANA × PANORAMA】
d0158942_19135710.png

d0158942_19141084.png


2012.9.14.(fri)@KLUB COUNTER ACTION(札幌市中央区南2条西1丁目広和ビル2階)
open 19:00 / start 19:30
adv.¥1500 / door.¥2000(別途1ドリンク500円)

LIVE act
志人 from 降神 / LARGE IRON(MIC JACK PRODUCTION) / MC SODA(TRIBE ROCK)
桃源郷effect / bloadcast terror / ALICE PACK

DJ
DEE / MAASA
[PR]
志人・スガダイロー "詩種" 特設サイト → http://www.sugadairo.com/vsp-0003/

d0158942_19194072.jpg


OPEN/START
18:30 / 19:30
ADV./DOOR
¥3,300 / ¥3,500(税込/ドリンク代別)
LINE UP
志人 / スガダイロー / 東保光 / 服部マサツグ
TICKET
一般発売:7/31(火)
チケットぴあ[P:178-104]/ ローソンチケット[L:77565]/ e+
等で予約開始しております。

INFO
velvetsunproducts@gmail.com

それぞれのフィールドで異彩を放つ二つの才能が出会い、そして生み出された新たな世界とは――。
ジャンルの壁を軽々と飛び越え、前人未到の境地に達した奇跡のダブルネーム・アルバムが完成!
その一夜限りの完全再現ライブが渋谷WWWにて行われる!
http://www-shibuya.jp/schedule/1209/002642.html


2010年秋、スガダイローが7組のアーティストと即興対決を繰り広げた〈七夜連続七番勝負〉。その初戦の相手となったのが、志人だった。まったくの初対面同士が競い合い、お互いを高め合う驚異的なパフォーマンス。その様子はYouTubeでも公開(『2010年9月3日 スガダイロー vs 志人(降神)』)され、いまなお伝説的なライブとして語られている。 志人は激闘の末の刹那「生まれたよ」との言葉を残したが、それはまさに新しい音楽創造のカタチを見出した瞬間だった。
衝撃の邂逅から2年、両者の強烈な才気と個性が、大いなる物語を紡ぐ。
ときにわらべ歌のように優しく懐かしく響き、ときに力強く神懸かり的なスピードで駆け抜けていく志人の詩(うた)。
小川のせせらぎがいつしか激流となり、やがて大河のうねりを生むかのように展開していくスガダイローの即興演奏。



二人が織りなす物語からは、豊かな自然に彩られた古きよき日本の情景が浮かび上がってくる。
ともに外来音楽であるHIPHOPとJAZZを、自らの中で消化し、独自のスタイルを確立した彼らだからこそなし得た業。真にオリジナルで創造的な音楽がここにある。


志人・スガダイロー "詩種" 特設サイト → http://www.sugadairo.com/vsp-0003/


志人×スガダイロー、ダブルネーム・アルバム『詩種』発売! 9月には一夜限りのアルバム再現ライヴを開催

CD-JOURNAL NEWS
http://www.cdjournal.com/main/news/-/46335

P-VINE NEWS
http://p-vine.jp/news/3578

YAHOO NEWS
target="_blank">

ナタリー NEWS

http://natalie.mu/music/news/73808

MUSIC OPENERS NEWS
http://openers.jp/culture/tips_music/news_sugadairo_201208.html
[PR]
d0158942_1951944.jpg

オフィシャルWEBサイト target="_blank">http://www.magicalcamp.com/

d0158942_1859596.png

d0158942_190511.jpg

飛生の森づくりプロジェクト:
http://www.tobiu.com/mori


進化する森と旧校舎の創作舞台。
d0158942_19029.jpg



アイヌ民族の重要な聖地のひとつとされる北海道白老町の中、人口50名に満たない飛生(とびう)地区で開催されたTOBIU CAMP。 アーティストのアトリエとして創作活動が続く小さな旧校舎、その周囲の森を私たちはゼロから切り開きました。
5年計画で進む森づくり。

まるで創作舞台に迷い込んでしまったかのような、マジカルで不思議な時間、空間。
近隣には幾つもの天然温泉が沸きCAMPしながら温泉でもゆったりできる白老町。
キャンプが苦手な方は、近隣に味のある温泉宿も幾つもございます。

アイヌ民族伝承のウポポ(歌)を来場者全員で火を囲い合唱したり、地元の味覚を楽しめたり、 満点の星を眺めたり、遠くで鹿が鳴いていたり...。

世界の何処にも無い、この土地でしか成し得ない、音楽とアート、多様な表現がキャスティングされた独創的なCAMPです。 このストーリーを体感しに、ぜひ大切な人とテントを持ってお越しください。

札幌方面や新千歳空港からのアクセス環境も良く、北海道旅行中に[TOBIU CAMP]をスケジューリングすることもお薦めです。 今年の開催は2012年9月15日(土)~16(日)となっています。

皆様と一緒に、森の不思議な時間を体感できることを、私たちスタッフも心より楽しみにしています。
森の舞台でお会いしましょう。

TOBIUCAMP実行委員スタッフ一同より


イベントタイトル TOBIU CAMP 2012(トビウ・キャンプ 2012)
開催日 2012年9月15日(土) ~ 16日(日) オールナイト / キャンプ・イン
開場/開演 9月15日 開場12:00 開演13:00 , 9月16日 閉場 14:00(予定)
会場 飛生アートコミュニティー(北海道白老郡白老町字竹浦)
オフィシャルWEBサイト http://www.magicalcamp.com/
入場チケット 詳しくはこちら
注意事項

整備されたキャンプ場ではありません。テントや懐中電灯、防寒具をご持参ください。(トイレ・手洗い場はございます)
20歳未満の方は保護者同伴または保護者の同意書が必要となります。
アーティストのキャンセルや変更等に伴う払い戻しはありません。予めご了承ください。
雨天決行となります(天災等除く)。途中中止の為の払い戻しはいたしません。予めご了承ください。

一般お問合せ先 「トビウキャンプ」事務局
総合案内 magical-info@magicalcamp.com
主催 TOBIU CAMP実行委員会
企画制作 TOBIU CAMP実行委員会
[PR]
d0158942_1848291.jpg


歩いて行ける無人島で野外フェス!
詳細は 「あわのネ 2012」 ホームページへ!
http://www.awanone.com/


「あわのネ MAP」
d0158942_18452368.jpg


d0158942_18525570.png


d0158942_18525262.png

●電車ご利用の場合

☆東京駅からのご案内
びゅーさざなみ利用 東京-館山(1時間55分)乗車券 2,210円 指定 1,880円
総武線(千葉乗り換え) 東京-(総武線)-千葉-(内房線)-館山(2時間50分程度)乗車券 2,210円
京葉線(蘇我乗り換え) 東京-(京葉線)-蘇我-(内房線)-館山(2時間50分程度)乗車券 2,210円

●JR館山駅から沖ノ島までの行き方
○館山駅からは無料送迎バスを用意してあります。イベント開催時間の前後 1時間はつねに巡回しておりますので利用してください。
乗り場はJR館山駅西口となりますのでお間違えのないようにお願い致します。



●高速バス・自動車ご利用の場合
高速バス「なのはな号」 ⇒時刻表はこちら
東京 (京浜道路/館山自動車道 約1時間) ・・・木更津JCT ・・・富津館山道路経由/富津IC 約1時間20分) ・・・館山 川崎 (東京アクアライン/館山自動車道 約30分) ・・・木更津JCT ・・・富津館山道路経由/富津IC 約1時間20分) ・・・館山 ※国土交通省道路局|一般道千葉県・渋滞情報 駐車場は沖ノ島に向かう途中に無料のものがあります。満車の場合もありますが、どちらにせよスタッフが誘導いたしますので指示に従ってください。
●フェリーご利用の場合
・久里浜(神奈川側)<=約35分=>浜金谷(千葉側) JR浜金谷駅まで徒歩約10分 浜金谷ー(R127:45分)-館山 ※35分、海を見ながら休憩しながらの移動におすすめ。 かなや丸(2,932トン)/しらはま丸(2,614トン)/くりはま丸(2,356トン)
※運行時間/料金 久里浜発(6時20分~19時05分)浜金谷発(6時30分~19時20分) 大人(500円:片道)/子供(250円:片道) 自動車(3,880円:5m未満片道)/1m毎の料金設定
※東京湾フェリー問い合わせ先 営業部 横浜市(045-671-7381)久里浜支店 横須賀市(0468-35-8855)金谷支店 富津市(0439-69-2111)

「あわのネ」について
d0158942_18445691.jpg


安房郡で行うイベントという意味の『あわ』。そして『ネ』には3つの意味があります。
【根】地域に根ざしたイベント。イベントを開催する土地をより良くする。
【音】音楽のイベント。音のように楽しくて広がるイベント。
【子】安房の子どもの未来がより良くなるイベント。

そんなイベントを目指して26歳地元っ子を中心に企画しております。

2010年から始まったあわのネも今年で3年目となります。
地元に若者の楽しめる場や活動を広める場が全くなく、ないならば自分達で作ってしまおう!と思い立ち始まったあわのネ。
少しずつ少しずつ成長してやっと地元をにぎわすイベントになってきました。
もっともっと地方から!!田舎から!!若者から!!日本を元気に していきたい!!田舎だからできる事がもっとあるはずです。 このイベントがその一部であり火付け役になれるのであれば本当に幸い です。

言うなればこのイベントは2日間だけ歩いていける無人島に出現する 、僕ら若者が望む楽しい未来図のようなものかもしれません。
何年かかるかわかりませんが、多くのきっかけを作りながらじんわりと安房から日本を面白くしていけるよう頑張ります。

d0158942_18535229.jpg

[PR]
2012.8.25(sat.)~26(sun.)
Open Air Party 響 -hibiki-

d0158942_1839109.jpg

d0158942_18353020.jpg



会場:朝霧 富士山YMCA
静岡県 富士宮市 原 1423
0544-54-1151

時間:
8/25(sat.) 14:00〜22:00
8/26(sun.) 8:00〜20:00
(土曜日の夜~日曜日の朝はゲートが閉まっていますので入退場は出来ません。)

入場料金:
前売り 4,000円
当日 5,500円
中学生以下無料

テント(当日受付): 1,500円/1張り
駐車料金(当日受付): 1,000円/1台
(再入場時も再度駐車料金を頂きます)
駐輪(オートバイ、自転車): 無料

昨年末にアクースモニウムによる立体音響芸術祭を開催した響-hibiki-が贈るopen air party in 朝霧 富士山YMCA。
富士山や富士宮市街、駿河湾から伊豆半島までを一望できる最高のロケーション、そして限りなく近いダイヤモンド富士も眺められる日程での開催でございます。



出演:
Cutsigh (AUDIO ACTIVE)
marron aka dubmarronics
志人 (降神)
Jemapur (Saluut / Phaseworks / JKD Collective)
CLLT (Saluut)
吉原太郎+中楯純
Ray Of Sunshine+柴田鑑+佐々木優樹+中司和芳
7D mangoes
ユ~タン王国
虹尾ワタル
iKnows
豆尖 with *+Ω+*
Yuuki
Yuko, Kaori, Anna (bellydance)
DJ UKY

富士高天原のお話: d×D


空間:
Stage works: 杉山工務店
Sound design: space vision
Decoration: Grasshoppers
Live Painting: HISA×TAKERU IWAZAKI
Candle: フジキャンドル 蝋飾人 灯火
Lighting: Grasshopper Lighting Syndicate


出店:
Foods Drinks: 土一揆, てんカフェ
Draft Beer: Kitchen Drunkers
Slow Smoking Area: maquimaska
青空書店: 古書ノストス
Massage: ハナモツヤクノキ, 逸見療整院
Healing: aum


Workshop:
まーみんのYOGA
ユ~タン王国の万華鏡づくり

ご来場案内
open air party 響-hibiki- @富士山YMCAへのご来場案内


この度は関心を持って頂いたことに感謝すると同時に、皆さまと気持ちの良い時間を共有できるよう、幾つかの注意事項や入場料金等、物販の出店や宿泊施設の利用、お知らせを記載させて頂きました。
シャワー等もありますので、快適に過ごして頂くためにも、お客様はもとより関係者の方も一読ください。



注意事項:

・本公演は野外イベントとなっております。
・荒天候や天災などの場合には中止となる可能性がございます。
・防寒具や雨具などをお持ちください。朝晩は初冬辺りの冷え込みになることが予想されます。
・夜は真っ暗になりますので各自懐中電灯などをご用意ください。
・虫除けや朝露対策、日射病や熱中症対策などもお忘れなく。
・会場内外で発生した事故・怪我・盗難・ゴミ等はすべて自己責任でお願いします。
・テントやタープの設置エリアは、ステージ周辺や出店エリア、建物周辺、駐車場および通路以外であれば大丈夫です。至る所に芝生が広がっております。
・直火は絶対に禁止です。
・次の人も気持ち良く使えるようにして頂ければ、トイレやシャワーBBQ台をご使用頂けます。BBQ台をご利用の際は各自燃料を用意してください。
・近隣住民の睡眠を配慮しますので、夜中は自然の音をお楽しみください。



入場について:

・前売り入場料金は4,000円、当日の入場料金は5,500円です。
・前売り入場券は、お振込み確認後IDナンバーを発行します。入場時に、お名前とIDナンバーを受付でお伝えください。
・お問い合わせは hibiki8info@gmail.com お申込みは8/21(火曜日)、お振込は8/22(水曜日)までにお願いします。期日が過ぎたものは無効とさせて頂きます。
・出演者のキャンセルや中止など、あらゆる場合において、前売り入場券の払い戻しは一切致しません。
・オートバイや自転車の駐輪は無料です。
・お車でお越しの場合は1台1,000円です。再入場時も同額のお支払いを受付にてお願い致します。
・テントは1張り1,500円です。
・8/25 22時~8/26 8時までは入場ゲートが閉まっています。この時間の入退場は出来ませんので、あらかじめご承知ください。



物販に関する出店について:

・飲食店の出店は出来ませんが、物販の出店は募集しております。入場料金や駐車場料金、テント代を各々お支払い頂ければ出店料は無料です。その際は、受付周辺にてお客様の誘導のお手伝いをして頂こうと考えております。お申込みは8/21(火曜日)までに hibiki8info@gmail.com へ、お振込は8/22(水曜日)までにお願い致します。



宿泊施設のご案内:

・会場内には宿泊施設も完備しております。別途お支払い頂ければご利用頂けます。
しかし部屋数には限り(各数部屋)がありますので、先着順とさせて頂きます。
詳しくは施設のHP http://www.yokohamaymca.org/branch/ymca_fujisan.html をご覧頂き、注意事項(チェックイン、チェックアウト等)や料金を確認して、hibiki8info@gmail.com までご予約ください。
こちらも同様にお申込みは8/21(火曜日)まで、お振込は8/22(水曜日)までとさせて頂きます。



お知らせ:

・会場付近には富士王朝時代の古代遺跡や磐座などがあります。
当会場は富士高天原の中心地であったと伝承されています。
それに加えて、当日早朝は当会場より、限りなく近いダイヤモンド富士(3776m地点の剣ヶ峰から南側よりの朝日)を眺められる可能性があります。
偶然が運んだ記念すべきまつりと成りえますので、皆さまのご協力をよろしくお願い致します。




富士山YMCA
静岡県 富士宮市 原 1423
0544-54-1151
http://www.yokohamaymca.org/branch/ymca_fujisan.html

響実行委員会
hibiki8info@gmail.com
http://hibiki22.blogspot.jp
http://hibiki.spacevision.biz
[PR]
←menuへ