<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

詩種ツアー会場のみで販売されていたGOODSがTempleATS SHOP及び、
志人・スガダイローオフィシャルサイトのみで購入が可能になりました。
d0158942_23385514.jpg

「詩種」に収録されている白猿と赤鼻天狗の物語が一冊の本になりました。
志人・スガダイロー/詩種ツアーグッズ
「白猿と赤鼻天狗ブックレット300冊限定」糸の色を全10種類ご用意致しました。
制作にご協力頂きました方々へ心より感謝の念を申し上げます。

少数限定入荷致しました。   

注文画面URL: http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi?id=3&kid=0

■価格:1000円 

■発送日:12月5日 水曜日より 

※糸の色は誠に申し訳ございませんが選ぶ事は出来ません。
 何色の糸の冊子が届くかは御楽しみにしておいて下さいませ。

本作品のみで読むことができる書き下ろしの"あとがき"入り。

原作:志人

画:川村亘平斎
http://yehoc.exblog.jp/i13/

d0158942_23381622.jpg


志人・スガダイロー 染め手拭い  少数限定入荷致しました。
染めは注染(ちゅうせん)染料は天然染料を使い、使えば使うほど馴染んでくるとても良いてぬぐいです。
志人・スガダイローツアーグッズとして制作したものを今回枚数限定販売致します。
枚数に達し次第売り切れとなりますので、ご了承くださいませ。

注文画面URL: http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi?id=4&kid=0

■価格:1000円 

■発送日:12月5日 水曜日より 

デザイン: 川村亘平斎

川村亘平斎
03年よりインドネシア政府奨学金を得てインドネシア/バリ島に留学。 朝崎郁恵(奄美唄者)UA,永積タカシ(ハナレグミ)、原田郁子(クラムボン)、YOSHIMI(BOREDOMS/OOIOO),「CUDAMANI(バリガムラン)」など数多くのアーティストとの共演や、「TAIKUHJIKANG」「ウロツテノヤ子」「OLAibi」「ALAYAVIJANA」等のBANDに参加,FUJIROCK FES,奄美日食音楽祭,SENCE OF WONDER他国内外のFESに出演する等、インドネシアの青銅打楽器「ガムラン」を中心とした音楽活動をはじめ、影絵、イラストや絵本/漫画の制作など多方面に活躍する芸術家。 近年の活動では、TAIKUH JIKANG VACANTワンマンライブで音楽と影絵とVJの融合を見事に果たし、ショーンレノン等から絶賛される。  またフェスティバルトーキョー2011 飴屋法水演出「じ め ん」(出演・ガムラン指導)、 アニメーション映画「蛍火の杜へ」(音楽参加)、バリドキュメンタリー映画「タクスゥ〜魂の踊り子」(絵・音楽監修)、 劇団ひまわり「モモ」(影絵演出・製作)、にしすがも創造舎「青い鳥」(影絵演出)他、 バリのヴォイスアンサンブル「ケチャッ」や影絵のワークショップ、自身の町内会の子供達にガムラン演奏を指導し夏祭りで演奏する等、 社会と関わり続ける『芸能』を目指している。 2011 6/26 自身のソロユニット「TAIKUH JIKANG」1ST ALBUM「滞空時間」をリリース。 自身の描いた漫画[川村亘平斎漫画」も注目を集めている。


TempleATS SHOP URL
http://templeats.com/scb/shop/


■発送日:12月5日 水曜日より 発送可能でございます。


TempleATS SHOP担当より
[PR]
d0158942_2230899.jpg

“Still, Still” by Masaki Toda / 戸田 真樹

Dec.5 (wed) – Dec.16(Sun), 2012
opening reception : Dec.7 (Fri), 2012 19:00-22:00

at: CLEAR EDITION & GALLERY

////////////

Biography :

Born in 1980. Currently lives and works in Tokyo JAPAN.
Has been participating in exhibitions and events in places such as “Central East Tokyo”, Tokyo Wondersite, Magical Artroom. Also as a member of TEMPLE ATS / 20TN!, he is also known for his track and artwork contribution for the hiphop group “Origami” under the name T.CONTSU.

1980年生まれ。現在東京を拠点に活動
都内の画廊で個展を開き、Central East Tokyo、Tokyo Wonder Site、Magical ARTROOMでの展覧会にも参加。TEMPLE ATS / 20TN!のメンバーでもある戸田は作家としてヒップホップユニット「降神」のジャケットにアートワークを提供し、T.CONTSUその他多くの名義で楽曲提供やDJ活動を行う。



http://www.clearedition.jp/new/



supported by : affice
[PR]
d0158942_2242141.jpg

Photo By Shok

●11/25(日) 長野佐久市 なんだ館
OPEN / START:20:00 / 20:30
前売 / 当日:¥2,500/¥3,000
長野県佐久市岩村田2329-1
0267-88-5010

車でお越しの方へ
国道141号線を臼田方面に向かっていただき、
ヤマダ電機様、カワチ薬局様が向かい合わせになっている交差点「信州短大入り口」を左手に曲がっていただきますと、TOTO佐久平ショールーム様、うっかり八兵衛様の間に「なんだ館」がございます。
深緑色の、五角形の建物が目印です。

※正面入口は、建物の裏側にございます。
電車でお越しの方へ

佐久平駅より徒歩15〜20分程かかります。
住所

385-0022
長野県佐久市岩村田2329-1




d0158942_2295780.jpg


●11/26(月) 静岡 ライブハウスケルン
OPEN / START:19:00 / 20:00
前売 / 当日:¥3,000 / ¥3,500
静岡県富士市依田橋町8-28
TEL(0545)52-0468
【アクセス】

●車
旧国道1号を静岡から沼津に向かって来て、
富士警察署東のパチンコマルハンさんと
ラウンド1(ボーリング場)の間の道を北に入って、突き当たりを右折して、
最初の信号を越してすぐです。
駐車場25台

●バス
吉原中央駅から、吉原駅方面・沼津方面のバスに乗り、「左富士」下車すぐ。

●電車
JR吉原駅下車。タクシーで5分弱です。
<問:hibiki8info@gmail.com>


今回のツアーをご協力頂きました方々に心より感謝の念を申し上げます。

それでは現地にてお待ちしております。
d0158942_22171639.jpg

[PR]
d0158942_1773940.jpg


https://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_334.html


CAYが定期的にお届けする『村祭り企画』!イベントタイトルは、『○』!!第1回目の今回は、他に類を見ない存在感を放つ,BOREDOMSのYOSHIMI率いる『OOIOO』、アイヌの伝統歌「ウポポ」の再生と伝承を続ける『MAREWREW(マレウレウ)』、変幻自在のフロウで聴く者を詩的な物語へといざなう「志人(降神/Triune Gods)」と圧倒的な技巧に裏打ちされた、爆発的かつ理知的なプレイで一音ごとに破壊と創造を繰り返すフリージャズピアニスト「スガダイロー」の話題の『志人・スガダイロー』!!
都会のど真ん中で行われる『村祭り』で皆で○になって遊びましょう。
◆イベント概要◆
日程: 2012.12.09
会場:CAY
時間:Open / Start 15:00
料金:前売 ¥3,200 当日 ¥3,700
席種:自由席または立見
会場:CAY(スパイラルB1F)
   〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 ACCESS MAP
出演:LIVE: OOIOO with Gamelan
      MAREWREW(マレウレウ)
      志人・スガダイロー
      and more..!!

ご予約:≪電話予約≫CAY TEL:03-3498-5790
    ≪メール予約≫下記のフォームからお申し込みください。


お問い合わせ先:CAY TEL: 03-3498-5790


d0158942_17525131.jpg

・OOIOO with Gamelan
独特のウェーブを作り求めるバンド。YOSHIMI(BOREDOMS)を中心メンバーに、1995年より活動。
常に他に類を見ないカラーと存在感で、音楽を続ける。
OOIOO:AI(DRUMS,VOCAL)/YOSHIMI(VOCAL, GUITAR, KEY. & T.P.)/AYA(BASS, VOCAL)/KAYAN(GUITAR, VOCAL)
濱元智行(gamelan)/川村亘平斎(Kengdang sunda,gamelan)
d0158942_1753460.jpg

・MAREWREW(マレウレウ) 
アイヌの伝統歌「ウポポ」の再生と伝承をテーマに活動する女性ヴォーカルグループ。さまざまなリズムパターンで構成される、天然トランスな感覚が特徴の輪唱など、アイヌROOTSのウポポを忠実に再現する貴重なアーティスト。
2010年、初のミニアルバム「MAREWREW」を発表。2011年に自主公演企画「マレウレウ祭り~目指せ100万人のウポポ大合唱!~」をスタートさせ、これまでUA、サカキ・マンゴー、SPECIAL OTHERS、キセル、オオルタイチ+ウタモ、木津茂理、細野晴臣を迎えた公演が話題に。2012年8月には、待望のフルアルバム「もっといて、ひっそりね。」(プロデュース:OKI)をリリース。NHK(Eテレ)の人気子供番組「にほんごであそぼ」への出演、ワールドミュージックの世界的な祭典Womad(UK)への出演をはじめとするヨーロッパツアーなど、国内のみならず海外でもその活動が注目されている。
d0158942_17532089.jpg

・志人・スガダイロー
澱みなく溢れ出るリリックで森羅万象を描き、変幻自在のフロウで聴く者を詩的な物語へといざなう志人。
圧倒的な技巧に裏打ちされた、爆発的かつ理知的なプレイで一音ごとに破壊と創造を繰り返すフリージャズピアニスト・スガダイロー。
HIPHOPとJAZZ、それぞれのフィールドで異彩を放つ二つの才能が出会い、そして生み出された新たな世界とは――。ジャンルの壁を軽々と飛び越え、前人未到の境地に達した奇跡のダブルネーム!
2010年秋、スガダイローが7組のアーティストと即興対決を繰り広げた〈七夜連続七番勝負〉。その初戦の相手となったのが、志人だった。まったくの初対面同士が競い合い、お互いを高め合う驚異的なパフォーマンス。その様子はYouTubeでも公開(『2010年9月3日 スガダイロー vs 志人(降神)』)され、いまなお伝説的なライブとして語られている。
志人は激闘の末の刹那「生まれたよ」との言葉を残したが、それはまさに新しい音楽創造のカタチを見出した瞬間だった。衝撃の邂逅から2年、両者の強烈な才気と個性が、大いなる物語を紡ぐ。
[PR]
←menuへ