<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


怪談/奇談 マツゑツタヱ
語部:志人 回師:次元

本企画の第一部では志人による実体験を元にした怪談/奇談を語る斬新な試みが予定されている。
語部としての志人の新たな部分が引き出されるきっかけとなるのが、
此の地「松江」である。
語部の背景となる摩訶不思議な音像を司るのは、降神や志人のアートワークでもその良い知れぬ世界観を表現する画家、
戸田真樹こと「回師:次元」が担当する。
小泉八雲の縁の地、「松江」にて現代の語部と回師による特別企画、「怪談/奇談 マツゑツタヱ」を皮切りに、
志人の語り部としての表現活動が改めて歩み始める。

本企画第二部では志人によるライブパフォーマンスも予定されている。

此の謎めいた一日に足を踏み入れてみては如何だろうか?
当日イベント会場NUでは、
志人による書き下ろしの読物や次元による秘蔵音源なども置かれる予定である。


d0158942_17555746.jpg
d0158942_17570047.jpg

怪談/奇談 マツゑツタヱ
語部:志人 回師:次元

「神々のまち」出雲と「妖怪のまち」境港の間に位置する、「怪談のまち」松江。
オープン・マインドの精神で越境を重ね、明治日本の自然と人々の音と声に耳を澄ました作家・
小泉八雲が魅了されたこの地で、現代を越境する二人の表現者が新たな言葉と音の世界を
拓く。
舞台は、夕日の景色で知られる宍道湖に架かり、今でも人柱伝説が残る松江大橋の袂。
演者は、木こりであり詩人の志人と、画家でありDJ/トラックメイカーの次元。
境界の象徴たる橋を望みながら、言葉と音の職人が奇怪な時空間を創り上げる。
今回のイベントは二部構成。第一部では奇妙奇天烈な怪談を含めた語りが披露され、高密
度のDJタイムを挟んだ後、第二部では圧巻のライブパフォーマンスが繰り広げられる。
見る者と聴く者の感情と感覚と思考を揺さぶり続ける二人の表現は、松江の水辺の夕闇で
人々に記憶されることになるだろう。


【日時】
 2017年10月15日(日曜日)
 開場 17:00
 開演 17:30
 閉演 20:00頃(予定)

【会場】
 NU 〒690-0061 松江市白潟本町10番地園山ビル2F

【人数制限】
 30名程度 ※予約が多かった場合、当日入場できない場合がございます。
       直前にお越しの際は、メールにてご連絡下さい。

【料金】
 2500円+1ドリンク

【予約方法】
 メールにて、①名前 ②電話番号 ③人数 をご明記の上、ご予約をお願い致します。
 当日、ご本人様確認の上、現金でお支払い頂きます。
 matsue1015@gmail.com

【お問い合わせ】
 会場に関するお問い合わせ
  NU 050-7126- 8083 http://nurecords.jp
 イベントに関するお問い合わせ
  matsue1015@gmail.com

【twitter にて随時企画情報更新中です】
@matsue1015


NU
d0158942_17530808.jpg
■会場紹介
みなさんは松江大橋の南詰の老舗ジャズバー「ぽえむ」をご存知でしょうか。穏やかな松
江らしい眺望が人気のスポットでしたが2015年末に惜しまれつつ閉店、さらに建物のみな
らずその地域一帯は(大橋川拡幅工事が計画通りに進めば)2018年春頃より取り壊しがは
じまります。
ただ、ここで感傷的な気分に浸るつもりはありません。街の景色はその時代時代の役割に
よって形を変えながら新しく生まれ変わっていくものです。
そこで、余命2年のこの場所を「いつかはなくなる場所」のひとつと捉え、今ある景色と
、これから先の景色が交差する媒体として利用できないかと、この”NU”をスタートさせる
ことにしました。毎月、様々なジャンルの音楽イベントの他、毎週土曜日にはBar営業も
開始しましたので、ぜひ一度足をお運びください!(2年以内に、、)
また、音楽ライブやイベント、打ち上げや二次会などでの利用など、さまざまな使い方を
随時募集しています。
“NU”─ あれ?そういえば10年ほど前の松江京店界隈に、この名を冠したレコードショップ
があったようななかったような、、
ともあれ、短い期間ではありますが松江のNUスポットとなれば幸いです。
(NUウェブサイトより)



《志人による「語り部」表現の側面》

下記、リンクにて 古事変奏第三番『三猿富士踊』にて行われた 志人による「庚申講」についての語りがご覧頂けます。

古事変奏第三番『三猿富士踊』(2/3) kojihenso no.3 the Fuji-dance of three monkies #2


志人による「庚申講」についての語りの一部

https://youtu.be/cDwQlyq1MzY?t=155


2:36辺り〜はじまります



●歌・語り
志人(語り、歌)
田中悠美子(三味線)
福原千鶴 (鼓、締太鼓)
































[PR]
d0158942_17224667.jpg


d0158942_17242239.jpg

タイトル:Museum × Theater: ミューシアvol.3 よみがえる戦国の宴
内容:益田藤兼・元祥父子が毛利元就をもてなした「祝い膳」を「益田家文書」を元に再現した料理と、
   石見の戦国時代を主題として新作した音楽パフォーマンスを味わう催し。
日時:平成29年10月14日(土)
 第1部「戦国益田の祝い膳を味わう」=17:30~
 第2部「海山のあいだ~石見益田氏の祈り~」=18:30~
会場:グラントワ 大ホールホワイエ
出演:古事変奏プロジェクトfeat.志人
入場料:3,500円〈料理付・40名限定〉/2,000円〈第2部のみ・飲み物付〉


島根県芸術文化センター 「グラントワ」
〒698-0022 島根県益田市有明町5-15[地図
TEL(グラントワ代表): 0856-31-1860 FAX: 0856-31-1884
TEL(総合案内カウンター(チケット対応窓口)): 0856-31-1871
E-mail: zaidan@grandtoit.jp


文化庁

地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業


d0158942_17274743.png


















[PR]
d0158942_13082808.jpg

Gilles Peterson played sibitt×Masatsugu Hattori 「Kamutonaru/カムトナル」on bbc radio 6.
You can listen archives in this page:

around 34:00〜


ジャイルス・ピーターソン氏のラジオ番組 BBC radio6にて志人×服部正嗣「カムトナル(志人×スガダイロー「詩種」収録曲)がPlayされました。

こちらよりアーカイブが聞けます。

6 Music's Hip Hop Hooray: 12 hours of Hip Hop & Music from its family treeGilles PetersonAs part of 6 Music's Hip Hop Hooray,
Gilles digs out classics sessions and interviews with The Roots, Madlib, Mos Def, J Dilla and loads more! Plus, Mr Thing in the mix.

34:00〜辺りです。




ジャイルス・ピーターソン(Gilles Peterson、1964年9月28日 - )はフランス・カーン生まれ、ロンドン出身の、大きな影響力のあるディスクジョッキーにしてレコードレーベルオーナー。アシッド・ジャズと呼ばれるジャンルのキーパーソンである。ジャイルスは自身のレーベル「アシッド・ジャズ」(Acid Jazz)や「トーキン・ラウド」(Talkin' Loud)を通じ、1990年代の多くの有名なアーティストたちの経歴の一部として関わってきた。またラジオDJとしてもよく知られており、かつてはロンドンのダンス・ミュージック専門局 Kiss FM で番組を持ち、その後1998年にはBBCの若者向けの "BBC Radio 1" に抜擢された。その音楽の選択は幅広いことで知られており、ダブやレゲエからジャズ、ニュージャズ、ドラムンベースそしてヒップホップにいたるまでの音楽を番組でかけている







[PR]
d0158942_18494529.jpg


R.H.P / V.A CD (予約作品8/23発売予定)

※本作品は予約作品です。
作品発送は8/27を予定しております。


TempleATS STORE 予約ページ:

http://templeats.net/store/2017/08/04/r-h-p-v-a-cd-(予約作品823発売予定)/




【ダイジェスト】
https://soundcloud.com/mongoika/rhp-va
■Track List
01.光彩陸離 / DJ DOLBEE
02.#204 / SUE
03.月明 / dj ao
04.St. Sweet Screen / I-TAL
05.cosmos bressing / dr.pulse
06.I feel / MONGOIKA
07.1234 / SUE
08.海馬 / DJ DOLBEE
09.目眩 / dj ao
10.First Track / MONGOIKA
11.Le Monde EDENA / dr.pulse
以下、商品の情報となります。
—————————————
■TITLE : R.H.P
■アーティスト:V.A
■format:CD
■型番:CERCD-001
■定価:1800円(Tax out)
■発売日:2017年8/23(水)
※オーダー締め切り:8/16(水)
■Label:CLOSE EYE RECORDINGS
■Track List
01.光彩陸離 / DJ DOLBEE
02.#204 / SUE
03.月明 / dj ao
04.St. Sweet Screen / I-TAL
05.cosmos bressing / dr.pulse
06.I feel / MONGOIKA
07.1234 / SUE
08.海馬 / DJ DOLBEE
09.目眩 / dj ao
10.First Track / MONGOIKA
11.Le Monde EDENA / dr.pulse
—————————————

—————————————
R.H.P / V.A
数年前アナログリリースされ密かに評価されている作品が
各アーティストの追加曲を含め新たにCDでリリース!!
6人の日本人BeatMakerによるInstrumental HIP HOPコンピレーション。
志人とのコラボレーションでも記憶に新しい、DJ DOLBEE、MONGOIKA(a.k.a ONTODA)や
北の最重要レーベルill dance music. からSUEらが参加。
アートワークは降神や志人のジャケットも手掛ける画家 戸田真樹。
=============================
DJ DOLBEE
サンフランシスコのレコードショップ “ZEBRA RECORDS” に勤務する傍らでクラブDJをスタート。
1997年以降、立て続けにミックステープをリリースし、帰国と同時に本格的にビートメイキングも開始しており、
ビクターエンターテイメントから発売された”CATACOMBS”(1999年)、”響現”(2000年) へ参加。ADD(A-Twice & DJ DOLBEE) “ROCKET SCIENCE”(2001年)、
その後は降神(志人, なのるなもない)との交流から志人とのコンビネーションで “円都家族EP”(2009年), “ジレンマの角EP”(2010年) といった作品をリリース。
なのるなもないのセカンドアルバム “アカシャの唇”(2013) にも参加している。代表的な作品を並べたが、その他にも数多くのトラック制作をこなしている。
直近では2014年に LAZY WOMAN MUSICより1stソロアルバム “STILL UNDERGROUND” を発表。
2015年に再び志人とのアルバム “明晰夢~Lucid Dreams~” を、2016年には “杣道ep” をリリース。
2017年には LAZY WOMAN MUSICより2ndソロアルバム “TOKYO CINEMA” をリリース。
=============================
SUE
1995年より活動を続け、鳴り音にこだわり直球・変化球を使い分ける、流しのサウンドエンジニア。
また、READER AND SUEとしての活動のほか、ジャンルを問わず様々なアーティストの作品にビートメイカーとしても参加。
おおらか、のんびり、素朴、偏向的でストイック、ウルトラアンダーグラウンド、海の幸、山の幸がミックスされた街、札幌在住。ill dance music.所属。
=============================
dj ao
家族、仲間、HIP HOP、音楽、映画、鼬や猫をはじめとする動物や植物との時間を大切に生きているDJ / Beat Maker。
毎日1本の映画を鑑賞できる余裕のある生活を目指して日々活動中
=============================
ITL
熊本出身。2000年代よりDJ活動と並行して「DJ BAKU vs 灰野敬二」などのオーガナイズも行う。
2008年、渡欧を機にITL名義で楽曲制作を開始。以降、RAP BRAINS立ち上げ、iri、Y.I.M、RHYDAといったアーティストへの
アレンジ・トラック提供などの活動を行っている。近年は、THUMP(VICE)への楽曲提供やTRAXMANのREMIXアルバムにも参加。
直近の作品は、ブラジル・アフリカの現行ダンスミュージックに強く影響を受けたEP「Roughtegh EP」
=============================
dr.pulse
愛知県出身神奈川県在住のビートメーカー。大学卒業後購入したMPC2000XLでビートを組み始める。
自身のDJ活動、ソロライブ活動、ビートメイキングと平行して、ある解散したジャムバンドでギター、
サンプラーを、中華ダブバンド「泰山に遊ぶ」ではサンプラー、パーカッションを、
ゲットーベーストリオ「DEEP THROAT X」ではサンプラー、ギターを担当してきた。いずれも現在は脱退。
エンジニアとしては「ガリノイズ」のアルバムのマスタリングを手がける。
ビートメーカーとしてはこれまでに「あるぱちかぶと」「やけのはら」「DOTAMA」などにビートを提供。
結婚前後の数年間は仕事と家庭に忙殺され音楽活動を半ば休止していたが、現在のんびりと再始動中。
=============================
MONGOIKA
幼少期に親から買ってもらったラジカセの影響で様々な音を知る事になる。
10代前半、CASIOのキーボードを手に入れMTRの存在も知らない頃工夫して多重録音を試みる。
20歳の頃、路上でサンプリングマシーンMPC2000を売っている人と出会いinstrumentalを作り始める。
ちなみにR.H.Pに収録されているFirst TrackはそのMPC2000で初めて作った曲です。
—————————————

[PR]
←menuへ