YAMAAN "12 Seasonal Music" 特設ページ
d0158942_1543324.jpg


Art Work by Nobuaki Yamanaka

YAMAAN「12 Seasonal Music」


●アーティスト名
    YAMAAN
●アルバムタイトル名
   「12 Seasonal Music」

●参加アーティスト:なのるなもない(降神)、CHIYORI、Nobuaki Yamanaka

●発売日:2011年 1月6日

●定価: 2415円(税込)

●品番:TATS-012


Track List

1. Dawn
2. Tabisuru Omoide feat. なのるなもない
3. Sprout
4. Blossom chorus by CHIYORI
5. Grassland
6. Rain
7 .Lightning
8. Sea
9 .Higurashi
10.Fallen Leaves
11.Recollection
12.Light Snow




TempleATSから音楽家YAMAANの1stアルバムが登場!
日本の12ヶ月の季節の情景を12曲で表現した音楽絵巻。

YAMAANはまるで大編成のバンドアンサンブルが演奏している様な楽曲から、ブレイクビーツ、テクノ、レゲエ、アンビエントまで、世界中の様々なジャンルを横断するような楽曲を一人で作り上げる鬼才。
映像作品制作や写真撮影まで手がける彼の作品は、実に映像的かつメロディアスで、息をのむような色彩豊かな美しさに満ちている。

これまでにトラックメイカーとして、なのるなもないの「Shermanship」、CHIYORI「CALL ME」、JUSWANNA「旅は道連れ世は情け」、など数々のクラシックスを生み出してきた。
インスト音楽家としても、RIOW ARAI、Jemapur、等国内の気鋭のビートメイカーが集結したVA『Beat Architecture』(Easel)にも参加するなど、高く評価されてきた。


YAMAAN名義での1stアルバムとなる今作では、彼の幅広い音楽性を駆使して、日本の12ヶ月の美しい情景を12曲で描き出すコンセプトアルバムを完成させた。
それぞれの季節ならではの音、6月にはダビーに響き渡る雨粒の音や、8月には波や花火の音が楽曲に盛り込まれ、より具体的に季節の風景を伝えてくれる。


雪が静かに降り積もる様な冷たく美しい2月の曲「旅する思い出」ではなのるなもないのエモーショナルなラップが、これから始まる音の長い旅路へと誘い、
桜が舞い散る4月の曲「Blossom」では生命力に満ちあふれたCHIYORIのコーラスがこだまする。

そして、画家Nobuaki Yamanakaによる12枚の絵画を収録したアートブックレットを封入!
作品に更なる広がりと深みを与えてくれている。

ドラマチックに多彩な展開をして行く12曲は、
聴くものの想像力を刺激し、架空の映画の様な一年間の旅を体験させてくれるだろう。
2011年はこのアルバムと共に過ごしてみてはいかかだろうか!



YAMAAN Blog
http://yamaan.exblog.jp/

Nobuaki Yamanaka
http://www.g-station.co.jp/library/forest/0003/

なのるなもない
http://www.templeats.com/artists/artist-nano.html

CHIYORI
http://www.maryjoy.net/artists/chiyori.html


<コメント>
「映像的」と言われる音楽は、おしなべて絵葉書のように既に固定化された美しい風景のイメージをなぞるだけで、
どうも僕の脳味噌の奥を一ミリも動かしてはくれない。それはようするに体験ではなく、確認でしかないからだ。

このYAMAANのアルバム『12 Seasonal Music』は確かに「映像的」ではあるのだけれど、
その「映像的」という言葉からはどうにもこうにもハミ出して来てしまう「気配」のようなモノが、
ディレイやリバーブの奥で静かに、そして狂おしく鳴り響いているのが視える。

既知と未知とが重なり合った光景、どこにもないもうひとつの場所。360°ぐるりと見渡せるような澄んだ音像の中、
刻々と変化して行く様々な感情のグラデーションを描き出した12のトラック。

白石隆之


YAMAAN  「SEA」 PV




「SEA」from YAMAAN's 1stAlbum「12 Seasonal Music」.

「12 Seasonal Music」 is a sale schedule in January, 2011.

PV Directed by YAMAAN

http://www.myspace.com/yamaanmusic

http://www.templeats.com/

http://yamaan.exblog.jp/
[PR]
Triune Gods"Seven Days Six Nights" 特設ページとYAMAAN "12 Seasonal Music" 特設ページ
TempleATSのweb siteにUPされました!

d0158942_1384427.jpg


Art work by Hiro Kurata

Hiro Kurata is a Japanese artist who works and resides in Brooklyn, NY. He has a dual cultural background of being born in Osaka Japan, and being raised in Tokyo and Chicago. His main focus throughout his work is in creating a scene of an allegorical mythologies using a descriptive folk art method with motif of baseball figures and equipments.
"My continuous theme has been baseball figures and bats because I see them as a reminder of strength and gentleness. These two supposedly opposite elements is the key to my art. I want to create a new crisscross between sports and art, especially by using the elements of baseball. By placing a recognized symbol in a new format, we can created a whole new story."


倉田裕也(くらたひろ)はNYを拠点に活動しているアーティストです。
彼のペインティグには主に野球関連の作品が多く見られ、新しい型の寓喩的な神話や民衆芸術をテーマに製作している。
『10年以上に渡って野球というテーマに関する製作活動をしてきました。スラッガーの持つ野球バットは私にとって力強さの象徴であると同時に優しさの象徴であり、この二面性に私自身が忘れがちな大切なメッセージが秘められている様に思うからです。野球というテーマを用いスポーツとアートをより絡めていきたい。既に認識されて来た題材を新しい環境に置く事によって新しい物語を作る事ができます。』



Triune Gods"Seven Days Six Nights" 特設ページ

http://templeats.com/triune.html


Triune Gods"Seven Days Six Nights" のリリースは、
Granma Music Entertainmentからのリリースです!

僕をBleuBirdやScott Da Rossという素晴らしいアーティストに出会わせて下さった、
これまた素晴らしい方々がやっていらっしゃるレーベルです。
作品のお問い合わせなどはGranma Music Entertainmentへお願い致します!


Granma Music Entertainment






To Be Continued...
[PR]
TriuneGods debut album "SevenDays SixNights" 2011.1.19 on earth

d0158942_2425230.jpg


TriuneGodsの情報が遂に解禁!!
www.templeats.comwww.triunegods.com、当blog、その他媒体などで随時更新予定。
7週間連続の情報公開が12月より行われます。 


●アーティスト名
   Triune Gods / トライウンゴッズ

●アルバムタイトル名
   Seven Days Six Nights / セブンデイズ シックスナイツ

●発売日:2011年 1月19日

●定価: 1980円(税込)

●品番 : GME009


志人from降神(TempleATS/日本)、Bleubird (Endemik /アメリカ)、Scott Da Ros (Endemik /カナダ)から成るグループ
Triune Gods(トライウンゴッズ)-2008年のBleubird来日ツアーで3人は出会いを果たす。
お互いの音楽のファンになった彼らは唯のコラボレーションではないグループを出来ないかと考え始める。
そして2010年、彼らはカナダ モントリオールで再会した。Triune Gods (三位一体の神)となる為に。

デビューアルバム「Seven Days Six Nights」は、
彼ら三人がモントリオールで音楽制作を行った濃密な7日間を記録したまさに序章となる作品である。
神秘的な大自然の静寂をイメージさせるScottのビート上でBleubird、志人が雪深い大地の中を踏み出す様にラップする①で幕が開き、豊かな森の喜び、嘆きを歌う②、ストリクトリーな雰囲気のビートとラップで有無を言わさない迫力を持つ④、英語と日本語がタイトに絡み合い不思議なグルーヴを生み出している⑤など新しい音楽観と確かな技術に裏打ちされた楽曲群は常にリスナーの想像力を刺激する。やがてラストの開放感溢れる⑦を聴き終えた後、あなたは本作をまた最初に巻き戻すと同時に彼らの次の作品を期待してしまうだろう!
アートワークを手掛けたのは独特の世界観で世界中の注目を集めるNYブルックリン在住の画家HIRO KURATA。まさにTriune Godsの音楽性を象徴したジャケットを作り上げた。彼が手掛けた12ページブックレットにも注目!歌詞付き。

review by Granmma Music Entertainment

●アーティストプロフィール

d0158942_2465389.jpg


Triune Gods(トライウンゴッズ) www.triunegods.com
志人(TempleATS/日本)、Bleubird (Endemik /アメリカ)、Scott Da Ros (Endemik /カナダ)の才気溢れる3者が海を越えて集結した。時に詩人とも評される志人とBleubirdが様々な感情を英語と日本語で表現し、その言葉をScottの繊細で深いビートがイマジネイティブに支える。それぞれが個別に活躍していた2000年代を経て2010年代-彼らは”三位一体の神”として動き出す。

志人from 降神(sibitt/シビット)
www.templeats.com

降神のMC。降神非行期. 玉兎なるオルターエゴ(別人格)を持つ。時には歌う変幻自在のフロウを持ち、従来の日本語のHIPHOP観を覆す唯一無二の存在であり、ジャンルの壁を超 え音楽空間を彷徨う旅人。内なる宇宙からとめどなく溢れ出す言葉は、聴く者の脳裏に映像を浮かび上がらせ、まるで一つの映画を見ているかのよ うな感覚へ誘う。また演劇的とも評されるライブは、見る者の感情を心の奥底から導き出し、音楽の新たな世界へ連れて行く。国境を越えたリス ナーがじわじわと増えてきている降神のアルバムや、数々の客演を経て、2005年ファーストソロアルバム『 Heaven's 恋文 ~ヘブンズ・レンブン~』を発表。その後、DJ DOLBEE、画家戸田真樹とのタッグにより「失われて行くメディアに焦点を当てた企画」を提唱し、ポストカードレコード、8cmCD、など様々な形態で のリリースを重ねている。志人×DJ DOLBEE×ANIMATION(岡田昭憲)の作品「夢境~Mukyo~」がNHKでその内容を取り上げられるなど活動の幅を広げている。

Bleubird(ブルーバード)
http://bleubird.org/

アメリカ生まれ。Endemik Music所属。世界を旅するラップアーティスト。
2003年の1st「sloppy doctor」で世界中に衝撃を与えた。彼のスタイルはまさに自由、色々なアーティストと曲を作り、作品ごとに違った顔を見せる。2007年にはDJ Bakuによるリミックスを収録した12インチをリリースしその後2008年に来日。熱いライブパフォーマンスでリスナーを虜にした。昨年はベルリンのオーディオテックJayropeとのユニットPrinzenalleeでストーリーテリングの妙味を見せている。現在は改造し音響設備を整えたキャンピングカーを走らせ北米各地でライブして回るまさしくDIYなスタイルで活動中。

Scott Da Ros (スコット ダ ロス)
http://endemikmusic.com

カナダ生まれ。Endemik Musicの創設者でありトラックメーカー。
2005年に多数のMCを招いて発表されたアルバム「One Kind of Dead End」は彼の特徴であるディープでアーティスティックなサウンドが前面に押し出された傑作となった。近年ではその独特な作風が様々なアーティストに支持され、ビート提供も行っている。日本ではKaigen21Meisoの1stアルバム内の「時計仕掛けの蓮」を手掛けた。

HIRO KURATA (ヒロ クラタ) 画家
http://www.shiloku.com/

TriuneGodsのアートワークを担当して下さいました。 
志人が非常に尊敬する画家:Hiro Kurataが手掛けたジャケットアートワーク、
12ページに渡るブックレットも素晴らしいものとなっております。


Hiro Kurata is a Japanese artist who works and resides in Brooklyn, NY. He has a dual cultural background of being born in Osaka Japan, and being raised in Tokyo and Chicago. His main focus throughout his work is in creating a scene of an allegorical mythologies using a descriptive folk art method with motif of baseball figures and equipments.
"My continuous theme has been baseball figures and bats because I see them as a reminder of strength and gentleness. These two supposedly opposite elements is the key to my art. I want to create a new crisscross between sports and art, especially by using the elements of baseball. By placing a recognized symbol in a new format, we can created a whole new story."


倉田裕也(くらたひろ)
はNYを拠点に活動しているアーティストです。
彼のペインティグには主に野球関連の作品が多く見られ、
新しい型の寓喩的な神話や民衆芸術をテーマに製作している。
『10年以上に渡って野球というテーマに関する製作活動をしてきました。スラッガーの持つ野球バットは私にとって力強さの象徴であると同時に優しさの象徴であり、この二面性に私自身が忘れがちな大切なメッセージが秘められている様に思うからです。野球というテーマを用いスポーツとアートをより絡めていきたい。既に認識されて来た題材を新しい環境に置く事によって新しい物語を作る事ができます。』
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
TriuneGodsの情報が遂に解禁!!
www.templeats.com、www.triunegods.com、当blog、その他媒体などで随時更新予定。
7週間連続の情報公開が12月より行われます。 


TriuneGods "Seven Days Six Nights" 詳細(PDF)は下記よりダウンロード出来ます。

TriuneGods "Seven Days Six Nights" 詳細(PDF):トラックリスト等が記載

http://firestorage.jp/download/57b9d372f6d73fcaf9f5a36809aed8749dad796f


To Be Continued
[PR]
11/21(日) 後10:00〜10:59(全国放送)  NHK 3チャンネル   

「あなたの夢は なに?」いま閉塞感さえ漂う日本で、若者たちは何を思い、どんな「夢」を紡ごうとしているのだろうか?10月末まで名古屋で開かれていた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」では、美術館だけでなく、雑居ビルに会場がつくられ、若きクリエイターたちが展示をした。その一つ、不況で空き室が多い長者町繊維街のビルの地下。ここで3人のアニメーターがこれまでの作品を上映しながら、会期中にも新作をつくる、「夢」をテーマにした上映会を行った。夢は「最高だと思える作品をつくること」東京の大学院に通う有吉達宏さん(25)は絵を描いているときにしか生きている実感がもてない。「世界的に有名な映像作家になるのが夢」と語る、倉田愛実さん(25)は、京都で平日は事務の仕事をしながら作品をつくった。映像作家として生きる決意をした名古屋の岡田昭憲さん(31)は、フリーターとして工場で働いた日々の思いを作品に込めた。「夢」のために自分の心の奥底をじっと見つめて作品を制作し、それぞれが関わりながら臨んだ、手作りの上映会。会期中に1万6千人が足を運んだ。かれらの成長とその「夢」がうんだ小さな希望を見つめる。

d0158942_22234287.jpg

写真:会場は不況で空き室になったビルの地下 3人の若いアニメーターが作品を発表した

d0158942_22205979.jpg

写真:有吉達宏さん
d0158942_22214798.jpg

写真:倉田愛実さん
d0158942_22221294.jpg

写真:岡田昭憲さん


"愛知トリエンナーレ、NHK中部放送にて上映されていた〜夢の波紋〜に参加している三人の若きクリエーターを追ったドキュメンタリー。NHK西川ディレクター自らがカメラを持ち縦横無尽に駆け回り時代を共にするエネルギーに満ちた作家達の姿を捉えたドキュメンタリーです。
志人も、DJ DOLBEEと共に音楽提供致しました。
又、トリエンナーレ会場でのライブ映像なども収録されている様です。

I don`t watch TV but..."

message by sibitt
[PR]
d0158942_1182167.jpg

2004年より26回開催している主催イベント“スイカ夜話”でジャンルを超えたアーティストらと共演、セッションを繰り返してきたSUIKA。アットホームでリピーターも多いこのイベントの世界観を封入した5thアルバム『スイカ夜話』には降神、サイプレス上野、STERUSS、Romancrew、イルリメ、リクオ、サト(ビバ☆シェリー)らが参加。多彩過ぎるゲストを、ヒップホップ愛あふれるサウンドに見事にまとめ上げた全13曲(ゲスト新録7曲、単独オリジナル曲6曲)収録、60分を超える大作に仕上がった。中でも2MCが揃っての録音が数年ぶりという降神との約15分にも及ぶ大作「タマキハル with 降神」は話題を呼ぶこと必至。ヒップホップだけでなく、ハウスからクラシックまでボーダーレスに活躍するリーダー・タケウチカズタケが全曲サウンドプロデュースし、生演奏とサンプリングによる、しなやかなで骨太のトラックに、2MC+1詩人+ゲストによる色鮮やかな言葉の世界が躍るSUIKAワールドを展開。前作に続き、アートワークは『オーディオヴィジュアル』がヒット中の詩人・小林大吾が手がけ、SUIKAの持ち味を最大限に引き出した特製紙パッケージ&ブックレット仕様となっている。

http://www.suikaweb.com/suikayawa/
[PR]
YAMAAN.ナノルナモナイ.CHIYORI 12inchAnalog「Tabisuru Omoide EP」2011.11.06 Release!


YAMAAN.ナノルナモナイ.CHIYORI 「Tabisuru Omoide EP」Trailer




TempleATS  
http://www.templeats.com/

---------------------------------------- -------
Tabisuru Omoide EP
1. 旅する思い出
 Lyrics by ナノルナモナイ  Produced by YAMAAN
Vocal Recording by Tyme./Mas

2. Sprout
Produced by YAMAAN

3.Blossom
Chorus by CHIYORI Produced by YAMAAN

4. 旅する思い出 instrumental
Produced by YAMAAN


Art works by Nobuaki Yamanaka

Mastered by INNER SCIENCE
Edited by Azumi Yamagishi
[PR]




TABOO1 feat.志人 「禁断の惑星」 Produced by DJ KENSEI

[PR]
d0158942_234194.jpg


nanorunamonai. KOR-ONE.sibitt.GO
[PR]
d0158942_1115455.jpg

10/24(日)@代官山UNIT
SUIKA presents スイカ夜話〜第16夜
HOST: SUIKA
GUEST:環ROY/降神
open 16:30 / start 17:00 adv.¥3,000 / door¥3,800 (drink別)
特典付チケットWEB通販 http://www.suikaweb.com
店頭:渋谷Flying Books
●「生スイカのおすそ分け」(SUIKAWEB/フライングブックスのみの予約特典)
今回のライブ音源が後日、登録したE-mailに送られてくるよ!
●謹製!夜話缶バッジ

ヒップホップバンドSUIKAがワイワイお送りしています「スイカ夜話」も今回で16回。
前回のGAGLE/鎮座ドープネスに続き、今回もゲストに降神と環ROYを迎え代官山UNITにて開催!
ヒップホップだけどそれだけじゃない、言葉を越えて心の底に届けたい何か、
その日限りのバンドセッション、夜話独特のライブを楽しみに来てください!

P:116-469
L:75415
【一般発売(ぴあ、ローソン、e+)】9/1(WED) on sale

☆スイカ夜話がアルバムになります!
スイカ最新アルバム「スイカ夜話」
Romancrew、STERUSS、イルリメ、降神、サイプレス上野、サト (ビバ☆シェリー)、リクオ参加!
[PR]
京都CLUB METRO 20周年おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

d0158942_01304.gif


僭越ながらお祝いのコメントを寄せさせて頂きました。

CLUB METRO 20周年 お祝いコメント
http://www.metro.ne.jp/20th/comment/index.html


鴨川に煌めく優しい月明かりに導かれ、
沸き起こる情熱の灯火を頼りに和音を求め彷徨い歩く旅人達の行き着く懐
行きて帰らぬ川の流れの如く移り変わりの激しい町並みとは裏腹に
20年もの間、静かに森羅万象を見つめて、周囲に惑わされる事無く確りと、
まるでGeneral Sherman treeの様にそこに御座す
それは、CLUB METRO  
私自身がこの時代に生まれて来た事を心より光栄に思う所存であり所縁である懐

此の度は20周年誠におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。 
 
志人/sibitt (TempleATS/ 降神/Triune Gods)
[PR]
d0158942_1454161.jpg


YAMAAN. ナノルナモナイ. CHIYORI
「Tabisuru Omoide EP」

TempleATSから音楽家YAMAANの12inchレコードがナノルナモナイとCHIYORIを客演に迎えてリリースされる!この作品はYAMAANの1st Album「12Seasonal Music」(2011年1月発売予定)からのシングルカットとなる。 ナノルナモナイとYAMAANのクラシックス「Shermanship」以来の共作となる「旅する思い出」では、澄み切ったアンビエントの様な美しいピアノの旋律と左右に飛び散る様なビートの上を、ナノルナモナイの旅情溢れる穏やかな詩が浮遊する前半部から一転して、冷たく激しいドラムの上で悲しい記憶と現実に押しつぶされそうになる感情を吐露する後半部へとドラマチックに展開する旅の様な一曲。
「CALL ME」など、ソウルフルな名曲達を共に生み出して来たCHIYORIをコーラスに迎えた「Blossom」は、4月の花々が舞い散る情景をイメージした楽曲で、琴やシンセサイザーがカラフルなアンサンブルを奏でる上を、CHIYORIの生命力溢れる神々しい声がこだまする、色彩感に溢れた一曲。
「Sprout」は、YAMAANのインスト音楽家としての才能が堪能出来るハードでオリエンタルな雰囲気のダブ。街の雑踏の様な音から始まり、ディレイのかかったシタールが飛び回るサイケデリックな後半部へ、徐々に深い宇宙へと飛び立って行く様な強烈な一曲。

ジャケットのアートワークには画家Nobuaki Yamanakaが2枚の素晴らしい絵画を提供している。


Nobuaki Yamanaka
http://www.g-station.co.jp/library/forest/0003/

ナノルナモナイ
http://www.templeats.com/artists/artist-nano.html

CHIYORI
http://www.maryjoy.net/artists/chiyori.html

YAMAAN
http://profile.myspace.com/yamaanmusic


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

発売予定日:11月6日

予約開始日:10月6日(水曜日)より

現在の予約受付店舗

TempleATS  
http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi

TROOP RECORDS
http://www.trooprecords.net/?pid=23873051

Jah-Beat Record
http://jbr.shop-pro.jp/?pid=23879519

尚、本作品は数量限定生産のためお早めにご予約下さいませ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Tabisuru Omoide EP

1. 旅する思い出
 Lyrics by ナノルナモナイ  Produced by YAMAAN
Vocal Recording by Tyme./Mas

2. Sprout
Produced by YAMAAN

3.Blossom
Chorus by CHIYORI Produced by YAMAAN

4. 旅する思い出 instrumental
Produced by YAMAAN


Art works by Nobuaki Yamanaka

Mastered by INNER SCIENCE
Edited by Azumi Yamagishi


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記URLの「レコード」ページより予約を開始しております。

予約ページURL:http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi

※本作品は数量限定生産の為、お早めにご予約下さいませ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<TempleATS on line shopでご購入の方には素敵な下記特典をお付け致します。>

YAMAAN AMBIENT MIXCD-R 「SILENT MIX Vol.1」


予約ページURL:http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi
[PR]
d0158942_14265922.jpg


i-Tunes Music Store Link : 
http://itunes.apple.com/jp/album/id393465316



MSC 最後の刺客、リアルヒップホップ伝道師TAB001。
10/20発売のアルバム『LIFE STYLE MASTA』より
iTunes限定の先行シングル『禁断の惑星』feat 志人 produced by DJ KENSEIが10/6解禁!

志人(降神/TempleATS)をゲストに、プロデューサーにDJ KENSEIを迎えた話題作!!
[PR]
NHK総合TV(中部)「アート空間 FIVE」

内容/アートアニメーションと音楽の出会いをテーマにした作品を放送

詳細:(放送日の訂正: 9/25でした!)
http://www.nhk.or.jp/nagoya/program/bangumi/sonota_20100925_1.html

「夢境」岡田昭憲×志人×DJ DOLBEE
「ある心の旅」有吉達宏×大表史明×釣心会
「春風列車」倉田愛実×奥田聡子

【放送予定】
[総合]
9月25日(土)前0:45〜前1:05(金曜深夜)
前0:45〜前0:50 プレマップ「メイキング オブ アート空間FIVE」
前0:50〜前0:55【作品1】「夢境」
前0:55〜前1:00【作品2】「ある心の旅」
前1:00〜前1:05【作品3】「春風列車」


あいちトリエンナーレ2010(~10/31)
長者町会場「FIVE dreams」でも9月下旬より上の3作品を上映します。
場所/名古屋市中区錦二丁目7-8 長者町にある「幸ビル 中愛株式会社」地下
時間/11:00~17:30 日曜、祝日休み


d0158942_193648.jpg

[PR]
One Earth ‘10 -Vison

タイムテーブル発表!!
http://www.tateyamasun69festival.com/?page_id=2391

志人は26日 16:00~17:00 の1時間のライブSETです。

※今回のONE EARTH のイベント趣旨が「シフトエナジー」という事で、
 本来志人はDJSETでのライブを行っておりますが、
 今回は完全に肉声のみを使ったボイスパフォーマンスを予定しております。

  会場の状況によってはマイクを一部使わせて頂きますが、
  これも一つの文明との衝突ではなく「融合」とお考え頂ければと思います。 
  それでも基本的に肉声でLIVEします!!

d0158942_6275599.jpg



the message from ;ONE EARTH FAMILY ↓

第3回目のTATEYAMA SUN 69FESTIVAL (ONE EARTH) 今年も開催する事ができる事大変嬉しく思います。多くの関わって頂いている皆様方に心より感謝致します。ありがとうございます。

多くの恵みをいただいている立山連峰、母なる地球、そしていつもエネルギーを送ってくれる太陽や月、山からもたらされる水や大地そこから生まれる生命や作物すべてに感謝して過ごす地球感謝祭。

今年のテーマは<シフトエナジー>生きて行く上で欠かせないエネルギーを持続可能な自然エネルギーにシフトしていくことを提案し、お祭り開催中もすべて自然エネルギーによって開催いたします。人も植物も宇宙のサイクルで活かされています。夜は静かに森と共存し広大な大自然のなかで、キャンプをして過ごすことで、エネルギーや生物多様性の大切さを感じられる空間をつくれたらと思います。また繋がりや、広がりを感じられるコミュニケーションの場になればと思います。

素晴らしい音楽やトークなど盛りだくさんの ONE EARTH 大人も子供もみなさんでお越し下さい。ご来場お待ちしております。
キャンプだ~まつりだ~立山だ~!!

ONE EARTH FAMILY 一同


【タイトル】: TATEYAMA SUN 69 FESTIVAL『one earth』

テーマ < Shift Energy >

【開催期間】:2010年9月23日(木)日秋分の日(お彼岸)~26日(日)
【会  場】:富山県 富山市 立山山麓家族旅行村

【参加料金】 賛同金として1日でも4日間でも3690円より

(中学生以下、69歳以上は、お志でお願いいたします。)

☆特典付き先行受付3690円

*(各協力店で受付いたします、ワンアースステッカーをプレゼント)

販売店は順次UPして行きます。

*イープラスでも購入頂けます。http://bit.ly/dh1yIb

(全国のファミリーマート、セブンーイレブンで受け取れます)

当日受付にてワンアースステッカーをプレゼント。

【後  援】: 富山県 富山市 大山観光協会 (予定)

【主  催】:『ONE EARTH』実行委員会
web :http://www.tateyamasun69festival.com/
mail : info@tateyamasun69festival.com
939−8015
富山県富山市中川原314−10
tel&fax. 076−420−6085

植物のエネルギーやグリーン電力で開催します。

大地に生きる人々は古来より“水は大地と人をつなぐ血液” “火にはスピリット(魂)が宿る”と考えてきました。ONE EARTHでは、現代の都市生活でおろそかにしてしまった火と水に対して、最大限リスペクトし(敬い)資源を大切にし、循環させるとともに、循環可能なエネルギ-の自立を目指しています。

1.今は捨てられている「資源」の廃食油から作られた、バイオディーゼル燃料(BDF)を使用。自転車発電によるライヴ実験。ソラーパネルによるサウンドシステムを使用し、夜はラジオ配信いたします。

2.ステージ、アースマーケット、会場内の照明など、イベントで使用する電力は、エナジーグリーン(http://energygreen.co.jp)を通じて、長野県飯田市の太陽光発電所の電気を使用し、自然エネルギー事業者を直接支援します。

3.無駄水をやめ、きれいな排水を流すよう、最大限配慮します。

4.身近な”食”の選択をオーガニックなものへシフトし、体に、地球に未来に繋げる消費や自給を目指す。

5.キャンプ術を学び野外生活の実践や楽しみ方を体現する場。また未来を担う子供たちが自と共存できるように楽しみながら学ぶ場をもうける。ワークショップ、クラフトショップ、フリーマーケット 音楽ライブ、講演、映画上映など。


お問い合わせ: 

『ONE EARTH』実行委員会事務局

web : http://www.tateyamasun69festival.com/

mail : info@tateyamasun69festival.com

939−8015
富山県富山市中川原314−10

tel & fax 076-420-6085

d0158942_11123531.jpg


車の場合/BY CAR
立山山麓のらいちょうバレースキー場の隣です。立山駅を目指して下さい。
●各都市から
北陸自動車道立山I.C.〜立山国立公園方面へ〜立山山麓家族旅行村(立山駅を目指して下さい)
岐阜、名古屋方面からは東海北陸道開通により短縮してます。小矢部砺波JCT〜北陸自動車道・立山I.C.〜立山国立公園方面へ〜立山山麓家族旅行村
●国道の場合
岐阜、高山方面からは国道41号線で、大沢野から少しの下大久保3区北交差点を右折35号を25分位で突き当たり下田を右折、あとは立山駅を目指し立山大橋で右折〜立山山麓家族旅行村

電車の場合/BY TRAIN
JR富山駅下車、富山地方鉄道に乗換〜立山駅〜タクシー10分〜立山山麓家族旅行村

空港からの場合/BY TRAIN
富山空港からバスで富山地方鉄道〜立山駅〜タクシー10分〜立山山麓家族旅行村
[PR]
SUIKA WEB CM exclusive



SUIKA+降神 reflected-reflection session(2009)



HIPHOP Band「SUIKA」主催の人気イベント
"スイカ夜話"開催決定!
ゲストには降神、環ROY!
また一夜限りの素敵な化学反応が起こったsessionが繰り広げられる!

2010年10月24日(日)
SUIKA presents「スイカ夜話~第16夜」@代官山 UNIT
open16:30 / start17:00
HOST:SUIKA
GUEST:降神、環ROY
adv.3,000/ door 3,800

特典付き前売チケット詳細はコチラ
http://www.suikaweb.com/ticket-yawa16...
[PR]
d0158942_553974.jpg


MSCのラッパーでありグラフィティライターとしても活動するTAB001が、初のソロアルバム「LIFE STYLE MASTA」を10月20日にリリースする。

この作品には漢、PRIMAL、O2といったMSCのメンバーや、JUSWANNA、山仁といったLibra Record所属アーティスト、そしてNORIKIYO(SD JUNKSTA)、SILVER BUCK、キエるマキュウ、志人(降神)といった多くのゲストが参加。

親交の深いOlive Oilが3曲のプロデュースを手がけたほか、1stミックステープから10年来の付き合いを続けるDJ BAKU、そしてDJ KENSEI、MAKI the MAGIC、ILLICIT TSUBOI、I-DeA、DJ MASH、DJ PERRO a.k.a. DOGG(MIC JACK PRODUCTION)、Hard Tackle_33 & Hard Tackle_66がトラックを制作している。

本作はCD-EXTRAとなっており、収録曲のビデオクリップが視聴可能。インストバージョンのCDが付属した2枚組仕様でリリースされる。

なお現在、このアルバムからの先行シングル第1弾として、DJ BAKUプロデュースの楽曲「ILL BROS feat. MC 漢」がiTunes Store限定で配信されている。

収録曲

01. LIFE STYLE MASTA
  prod.Olive Oil
02. AM5時から男の底力
  prod.Olive Oil
03. ILLBROS feat.MC漢
  prod.DJ BAKU
04. マジなネットワーク feat.JUSWANNA
  prod.DJ MASH
05. BORN to BONE feat.山仁
  prod.HT_66
06. Fight The Power feat.SIDERIDE
  prod.DJ DOGG aka PERRO
07. BITCH BASTA
  prod.HT_66
08. It so Good feat.NORIKIYO
  prod.I-DeA
09. 闘狂禁忌 feat.SILVER BUCK
  prod.HT_33
10. Grand Masta Bater feat.キエるマキュウ
  prod.ILLICIT TSUBOI
11. City Dreamer
  prod.Olive Oil
12. 禁断の惑星 feat.志人
  prod.DJ KENSEI
13. Rockin a Pocket
  prod.MAKI THE MAGIC
14. OUTRO
  prod.DJ琥珀


http://natalie.mu/music/news/37731
[PR]

スガダイロー 七夜連続七番勝負!!!!
http://velvetsun.jp/7days/

d0158942_1221451.jpg

d0158942_123412.jpg


21世紀の日本でただ一人現存するバリバリのフリージャズピアニスト・スガダイローが、日本を代表する七組の強面達とガチンコ即興対決。ピアニスト生命を賭けて「炎の打鍵七番勝負」に挑む。
熱く、厚く、暑苦しく、目眩がするほどのエネルギーが弾け飛び散ります。絶対にお見逃し無く。

9月3日(金)vs 志人
9月4日(土)vs 松下敦(ZAZEN BOYS)
9月5日(日)vs U-zhaan
9月6日(月)vs 山本達久
9月7日(火)vs 本田珠也
9月8日(水)vs 七尾旅人
9月9日(木)vs The Sun calls Stars
オータコージ(ソカバン)+伊藤大助(clammbon)


会場:荻窪velvetsun
チャージ:各日 ¥2000
開場:19:30 開演:20:00

ご予約:tron@velvetsun.jp
ご予約公演名には日付を入れて下さい。
複数日ご予約希望の場合は本文に全ての日付と公演名を入れて下さい。

荻窪velvetsun http://velvetsun.jp
twitter : http://twitter.com/velvet_sun
スガダイロー http://sugadairo.com
twitter : http://twitter.com/sugadairo


主催:vinylsoyuz [BOYCOTT RHYTHM MACHINE Project] /
VELVET SUN
協力:BLACK AND GOLD / COOL FOOL / KORG
[PR]
what is freeebird?
d0158942_491737.jpg

http://bleubird.org/
d0158942_4114516.jpg

NOT WHAT BUT WHY

Bringing the road to you with a mix of interviews, shows, collaborations, projects, a series of 7” records, and whatever comes up…

Somewhere along the line it dawned on me that I have been spending the last ten years of my life honing a very specific set of skills that don’t add up to anything easily celebrated. Besides the accumulated experience itself, I didn’t have much to show for it aside from some records on the wall, a plethora of contacts scribbled on little pieces of paper, assorted foreign spare change and my golden memories.

I don’t DJ Hypercolor dance parties on south beach or sell out back to back nights at the Bowery ball room, but over the years I have developed a very personal relationship with an extensive web of clubs, bars, houses, shops and whatever else throughout the 50 states. I’ve played, recorded, passed out, left my mark, been amazed, or learned something all along.

I can tell you what the cat’s name was at the Empty Bottle in Chicago, or how to get to rubber gloves from Denton General, but what good is that in the “real world.” Every kid just wants to make his parents proud, and although my parents acknowledge that I’ve done some pretty amazing things, but as is their job, they wonder “what kind of a career does this qualify me for?”

And that’s the point: I have never stopped learning – how to roam, how to live on the road, how to utilize public spaces or navigate trouble. These are my skills and this new venture is what I’ve been groomed for. It’s the only thing.

In my ten years of travel I have seen some amazing places, met some unforgettable characters, heard some unbelievable stories, and made some life-long friends. There’s an incredible network in this country that needs to be brought to light.

I got tired of blowing through town for a day and not being able to really spend quality time anywhere – or earnestly trying to re-tell the stories to friends and family at home who couldn’t quite get it because they weren’t there. I can recall countless times sitting alone on a train thinking I wish there was somebody here to experience this with me. So I sought to change the way I tour.

If people can’t come with me on my adventures, then why not bring the adventure to them? YouTube is our generation’s MTV: everything brought to you instantly, as it happens. Magical moments are captured on film and shared with the world. I want to rediscover America in all its splendor – to create something in the vein of Anthony Bourdain and Dave Attell, but that pertains more to my world: a world where names like 2MEX and M. Sayyid hold water, and bands like Deerhoof and TV on the Radio are king. So I’m making a show that not only showcases the people and places that I already know, but also seeks out the unknown – exciting, strange and beautiful.

Thanks to my friends at Grimm Image records I am free to roam the open road. Everybody dreams of it but most don’t get the opportunity. I lived abroad for three years and now I’m back to live the American dream, from the Rockies to the Walmarts: a freebird – a nod to my southern roots. Throw in an extra “e” for good measure and you have me, armed with dual flips and a suped-up born free motor coach, headed full bore towards the action. Freeebird. Now it’s time to take this show on the road, and bring the road on home.

(This sentences from bleubird`s web: http://bleubird.org/)




"TriuneGods" 無心でリリックを書く二人:  sibitt and bleubird @Scott Da Ross studio

d0158942_4102161.jpg

[PR]
ele-king Powerd by DOMMUNE | エレキングにて―Horns of a Dilemma EP―のレビュー記事が掲載されました!

志人 ジレンマの角 EP ―Horns of a Dilemma EP― 志人から聴こえるアナーキズム

文:二木信

http://www.dommune.com/ele-king/features/article/001230/





d0158942_13303283.jpg



今日はこれからバンド練習! 高円寺でセッションしてくる!
[PR]
あいちトリエンナーレ2010 / Aichi Triennale 2010にて
志人×DJ DOLBEEl×ANIMATION (岡田昭憲監督作品)が上映されます。
戸田真樹氏の絵画も展示予定です。

d0158942_14324096.gif


開催概要

正式名称 :あいちトリエンナーレ2010 / Aichi Triennale 2010

テーマ :都市の祝祭 Arts and Cities

開催時期 :

2010年(平成22年) 8月21日(土) - 10月31日(日)[72日間]
会場等

愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、長者町会場、納屋橋会場
※その他、名古屋城、オアシス21、中央広小路ビル、七ツ寺共同スタジオなど

主 催

あいちトリエンナーレ実行委員会、愛知芸術文化センター、名古屋市美術館





d0158942_1433740.jpg

岡田昭憲
Akinori Okada
1979年愛知県生まれ、在住。若者にみる現代の不条理をテーマに、人形や粘土、淡い水彩、影絵を用いてメルヘンの世界を描いたり、社会を諷刺したりするアニメーションを制作している。多彩な手法で自在に物語を紡ぎ出す「イメージの魔術師」と自らを称す。

映像プログラム「映像の第二世紀に向けて」
展示・公演場所

長者町会場
(中愛ビル)
期 間

2010年08月21日 ~ 2010年10月31日
[PR]


「SEA」from YAMAAN's 1stAlbum「12 Seasonal Music」.

「12 Seasonal Music」 is a sale schedule in January, 2011.

PV Directed by YAMAAN

http://www.myspace.com/yamaanmusic

http://www.templeats.com/

http://yamaan.exblog.jp/


Message from YAMAAN :

こんにちは。
2011年1月に発売予定のYAMAAN 1st Album 「12 Seasonal Music」から「SEA」という曲の先行PVが
完成しました。8月をテーマにした曲です。是非ご鑑賞下さい。

今年の11月にはナノルナモナイとCHIYORIを迎えたアナログレコードEPの発売も予定しています。
お楽しみに!
[PR]
スガダイロー7days×志人(降神) 

d0158942_1434193.jpg


スガ ダイロー (pf)
1974年生まれ鎌倉育ち。学生時代は生物学者を目指すも其の道から挫折、ピアノに転向する。 洗足学園ジャズコースの実技試験にて山下洋輔をアッと驚かし、栄えある一期生として入学。
その後バークリー音楽大学に4年間留学し、帰国後は「渋さ知らズ」や「鈴木勲OMA SOUND」でも活躍。 坂田明・小山彰太などとも共演を重ねている、間違いなく21世紀の日本でただ一人のバリバリのフリージャズピアニストである。
2006年にはDVD『BOYCOTT RHYTHM MACHINE Ⅱ』(Lastrum)に参加、NATSUMENのギタリスト、A×S×Eとの壮絶なセッションで話題を集める。 若手主体のコンセプチュアル・フリーアヴァンギャルド・バンド「REAL BLUE」リーダー。その他にも「ok.hp」「リトルブルー」を率いて活動。
2008年、6月加藤真一とのデュオ・アルバム『ジャズ・テロリズム』(Roving Spirits)をリリース、ジャズ・ファンの間で好評を博す。8月には、満を持して初のリーダーアルバム『スガダイローの肖像』をリリース、ジャズ界に留まらず、コアな音楽ファンの間で物議を醸す。 2009年2月には、デュオのライブ盤『ジャズ・テロリズム《豪快篇》』(Roving Spirits)をリリース。2月には、渋谷wombにてNATSUMEN、JOY HEIGHTSと共演。 あらゆる顔をもつ彼のプレイは、目の肥えたJAZZファンをも唸らせ、日本全国に熱狂的なコアファンが増殖中。 ライブ終演後は体中あちこちから流血するというそのフリー極まりないプレイスタイルから『ハマの狂鍵』の異名を持つ。




詳細は後日発表します!









今週はこれ観に行こうかな!

d0158942_14351155.jpg

[PR]
”GOD COMPLEX” TIOVITA1 (特典MIXCD付き、完全限定入荷)

d0158942_112181.jpg


TempleATS on line shopにて特典MIXCD付きで完全限定入荷中。
http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi?id=1&kid=0


Jacket artwork by 戸田真樹

”注視という言葉がなんとも相応しい、ジャケットアートワーク、そして内容ともにまさに釘付けになる見逃せない存在感。
凍結するアンダーグラウンドシーンに神出鬼没な一石を投じたTIOVITA1の勇姿をご堪能あれ.名盤確定。” comment by アナーキーアナライザー
[PR]
普段あまりクラブ活動をしないのですが、DJ KENSEIさんのPLAYを聞きに、
そしてDJ EYE さんの音楽に出会いに渋谷 CLUB asiaへ足を運んでみた!!

d0158942_8121881.jpg



  I met DJ KENSEI and DJ EYE and DJ K-BOOGIE and DJ SEEN and FK(元GUINESS RECORD)

DATE: Friday 7月30日
TIME: 23:00
PRICE: DOOR:3500yen/1d with flyer:3000yen/1d
GENRE: Techno / House / Dub / Dubstep
ARTISTS: EYE, DJ NOBU, DJ KENSEI, RAMA, CASHY, IORI, Knock, NALLOWBED feat. VJ Yuki Hasegawa.
[PR]
d0158942_12281046.jpg

[PR]
『DA DENNA』 戸田真樹 & 内田耕造

展示とともに彼らのアートワークスを1冊の本にまとめた画集
『DA DENNA』は現在TempleATS on line shopにて発売中。

TempleATS on line shop page:
http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi

d0158942_18423186.jpg

d0158942_18434344.jpg


<戸田真樹>
1980年生まれ。ペインター 。
銀座煉瓦画廊.CETやTWS.MagicalARTROOMの企画展等にて展示 。
Close Eye Recordings 代表 。templeats / 20TN! のメンバー。T.CONTSU名義でDJ.多数音源制作。MONGOIKA名義で2009年ニュージーランドに住むpeter.king氏に依頼して、VINYLを 200枚制作/2010年TIOVITA1-GodComplexのremixを手がける。

http://www.myspace.com/mongoika


<内田耕造>
1976年京都府生まれ。2002年、イラストレーション誌の誌上コンペ「ザ・チョイス」の年度末優秀賞を受賞。
「STUDIO VOICE」「BRUTUS」「relax」「SPROUT」に作品掲載。
2004年5月、HIROMI YOSHIIギャラリーにて市原研太郎キュレーションのグループ展に参加。
現在、グループ展やライブペイントを精力的に活動中。
[PR]
BLACK SHEEP vol.20
2010.7.10(sat)@KOENJI DOM
d0158942_21278.jpg


【SPECIAL GUEST】
◆DJ SAGARAXX(COFFEE&CIGARETTS BAND)
◆HIP HOP DJ★SUDA
◆志人(降神)+DJ DOLBEE

and BLACK SHEEP DJ'S
[PR]

d0158942_121959.gif


フリーマガジン 『北風 -東北のアート情報誌-』 vol.4

志人の詩 「うたいましょう」 が掲載されました。

戸田画伯の絵画も掲載されております。 

下記URLにて記事が閲覧出来るようになっております。
http://offcenter.shop-pro.jp/


offcenter dialogue web:
http://www.offcenterdialogue.com/home/
[PR]
DJ KENSEI×TABU(MSC)×sibitt(templeats) "Prohibition Planet" recording

I`ve recorded "Prohibition Planet" .

This track produced by DJ KENSEI

lyrics by TABOO1 , sibitt

This song will collect new album of TABOO1(MSC)=「LIFE STYLE MASTER」


d0158942_1254415.jpg


and In these days TABOO1 released DVD !!

TABOO1 http://www.tabooone.com/

LIBRA record http://www.libra-ltd.net/

d0158942_12542249.jpg


[PR]
SUIKA×ORIGAMI recording @ KAZUTAKE TAKEUCHI`s STUDIO

I`ve recorded my part @ KAZUTAKE TAKEUCHI`s STUDIO

This song will be 13~14min , so long! but everyone`s part are so fantastic and beautiful.
It seems that I read picture books.

I hope this song will be classic!


KAZUTAKE TAKEUCHI web
http://www.kaztake.com/
[PR]
←menuへ