Japan Cinema さんよりTriuneGodsのインタビューが掲載されております。
JapanCinema,Nickさん有り難うございます。

Creative Spotlight: Episode #340 – Triune Gods
d0158942_2137542.jpg

http://japancinema.net/2014/06/17/creative-spotlight-episode-340-triune-gods/
[PR]
d0158942_21311318.jpg

http://anteism.com/

d0158942_21353559.jpg

OuterSpace Galleryhttp://outerspace-gallery.myshopify.com/ in Victoria, CA on June 20th.

以下、HIRO KURATAさんより

I am releasing my second book from a Canadian publisher Anteismhttp://anteism.com/ this weekend.
It is 54 pages /full color and editions of 50. More info here.

Conjunction to the book launch, I am showing some of my work at the OuterSpace Galleryhttp://outerspace-gallery.myshopify.com/ in Victoria, CA on June 20th.
[PR]
演出家・俳優セミナー2014 
『演劇大学in 福岡』

日程:7月26日,27日

会場:福岡市民会館

講師:志人

大変光栄な事に、福岡文化芸術振興財団,日本演出者協会さんよりお誘いを頂きまして、
僭越ながら7/26.27 二日間に渡り『演劇大学』にて講師をつとめさせて頂く事になりました。
会場は福岡市民会館です。

福岡、近郊の皆様、受講募集定員は限定人数制ではございますが
ご興味のある方は是非ご応募頂けましたらと思います。
(志人より)

d0158942_21134921.png


新しい時代を担う全国各地の若手演出家の養成のためのプログラムとして、2001年より、年に9回程度開催しています。
第一線で活躍する演出家や、海外の演出家を招いて日本各地を回り、短期集中的にセミナーやワークショップを開催し、地方での演劇振興を図ります。
第一線の演出技術に触れたいと言うベテラン演出家や、演出家を志している学生などを対象に、俳優やスタッフの指導を含む演出技術を研究するセミナーを開催します。
第一線で活躍している演出家を講師に迎え、演出家同士が、お互いの思考や方法について、意見を交換する場所でもあり、演出家の養成にとって、最も意義のある事だと考えています。

実績地域:札幌、岡山、鳥取、名古屋、横浜、愛媛、愛知、下関、熊本、岐阜 盛岡・・・他

演出家養成セミナー『演劇大学』(演出家・俳優養成セミナー)

全国各地で行っている、作品創り、ワークショップ、講義、シンポジウム、ディスカッションなど様々な形態の演出家・俳優を養成するセミナーです。参加者も講座によって初心者からシニア世代まで多岐にわたります。
開催地は、各地からの要望や協会内の企画によりきまります。
d0158942_21353467.jpg



「自分のことばをラップにしよう」
日程:7月26日13:00~27日20:00
講師:志人from降神 sibitt/シビット
対象:高校生以上で全日程参加できる方
参加費:3,000円(保険料含む)
会場:福岡市民会館


d0158942_2114134.png

d0158942_21135695.jpg



公式ホームページ:
http://jda.jp/seminar01.html
FACE BOOK ページ:
https://www.facebook.com/jda.fukuoka
[PR]
志人×DJ DOLBEE 「明晰夢」の「今此処」や「円都家族」、「夢境」などで共作させて頂いた岡田昭憲さんや、
あいちトリエンナーレ2010の「FIVE DREAMS」にて上映を行った有吉さん、倉田さん達による三人展が目黒区 ギャラリー ohhh!!!にて6/14~22迄開催されるそうです。

素晴らしい作家さん達ですので、是非体感して頂きたく想います。

d0158942_2157150.jpg

d0158942_21571628.jpg


<会期> 2014年6月14日(土)〜6月22日(日) 13:00〜19:00
<場所> GALLERY ohhh!!! 〒153-0051東京都目黒区上目黒1-7-6#3
<上映> 13:00~ アニメーション原画や思想画、人形展示 明るい室内でのループ上映 入場無料  
     17:30〜 室内を暗くしての作品本上映 鑑賞料500円
[PR]
本日より! TempleATS STOREにて
TriuneGods "「≠ Three cornered world」"の12inch アナログレコード,JAPAN TOURグッズDeadStock大放出中です!

ご注文はこちらから
URL : http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi?id=6&kid=0


<TriuneGods "「≠ Three cornered world」"12inch アナログ極限定入荷/JAPAN TOUR 2014  ツアーグッズDeadStock大放出中です>

ご注文はこちらから
URL : http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi?id=6&kid=0
d0158942_017315.jpg

d0158942_0171389.jpg

d0158942_0191395.jpg

d0158942_0194344.jpg

d0158942_0204969.jpg

d0158942_0171458.jpg

d0158942_0235452.png

d0158942_017851.jpg

d0158942_017387.jpg




TempleATS STORE
ご注文はこちらから
URL : http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi?id=6&kid=0




TempleATS SHOP 担当より
[PR]
TriuneGodsThesisSahib
JAPAN TOURを支えて下さった皆様本当に本当にありがとうございました。
心より感謝の念を申し上げます。
d0158942_2344961.jpg



改めて各地のリポートや、
ご挨拶をさせて頂ければと思います。

ツアーを支えて下さった皆々様に心より感謝を込めて ありがとうございました!!

ツアーリポートは近日公開予定です。

d0158942_22495452.jpg


書ききれぬ
Special Thanks
貴方様、HiroKurata氏、Masaki Toda氏、雨包さん、大矢さん、大石さん、亀川さん、岩谷さん、前中さん、芳賀さん、en one Tokyo stuffの皆様、forestlimitのナパームくん、HOOD,柳澤さん,まさとくん、DJYEWくん、小諸Pokyスタッフの皆様、出演者の皆様、新潟SabbySicPoetry. 佐藤さん、出演者の皆様、岐阜ants. 小森くん、山本マン、デリシャスサウンド、中野さん、ragslowうらさん、出演者の皆様、威力ちゃん、スタッフの皆様、オカザエモン、エンヤサン、姫路fabSpace、最高音響ひろさん、わっさくん、ヒロフミくん、ツジくん、スタッフの皆様、京都アバンギルド、ザッキーさん、仙石さん、黒子さん、CANAさん、アキラくん、出演者の皆様、大阪Conpass、ヒネモスの皆々様、Mongoika. ちよりちゃん、やまーん、なのるなもない、Tymeさん、コズミックバス、出演者の皆様、文久珈琲、静岡フリーキーショウ、ライティング太平ちゃん、ちゅうじくん、豆尖さんおめでとう!、ストックくん、ラキタくん、出演者の皆様、東京SuperDeluxe、ノイズ中村くん、スタッフの皆様、OMSBさん、大谷さん、お手伝い頂いた全ての方々へ、
そして
各地お越し頂きました全ての皆様、未だ出逢っていない皆様も、ヘッドホンの中や、色々な場所で再開出来たら嬉しいです。

本当にありがとうございまさした!!心より感謝の念を申し上げます。

改めてまた連絡させて頂きます。

皆様、本当に本当に
ありがとうございました。



続く
[PR]
Triune Godsの Three Cornered Worldがフランスの Electrophone の"Son de la semaine (album of the week)" に選ばれています! ありがとうございます。
http://emission-electrophone.fr/
d0158942_2247664.jpg


http://emission-electrophone.fr/
[PR]
ドイツ デュッセルドルフの Zolin sagt
による TriuneGods ≠-three-cornered-world のレビューが掲載されました。
有り難うございます。
http://zolinsagt.de/2014/05/review-triune-gods-≠-three-cornered-world
Album review from Zolin sagt
d0158942_22212814.jpg



d0158942_2222854.jpg


Experimentelle Musik hat es nie besonders leicht gehabt. Das hässliche Entlein der Genre-Familie versammelt hin und wieder Menschen um sich, die dessen vielfältiges Angebot nicht als Hörerlebnis, sondern eher als Hörergebnis ihres eigenen Katalogs betrachten und jedem Album, das sie pauschal einfach nicht verstanden haben, einen unrealistisch hohen experimentellen Wert zusprechen und es gleichzeitig in Grund und Boden schimpfen. Verständnis funktioniert eben nicht ohne die Bereitschaft dazu, und gerade in der Musik gilt es, sich mehrmals mit der Materie auseinanderzusetzen, um nach und nach sein Verständnis dafür zu weiten oder sein Unverständnis zu akzeptieren. Doch ist dieses Prinzip auch bei ≠ Three Cornered World, dem neuen Album der multilingualen Triune Gods, anwendbar? Schließlich wird hier ein wesentlicher Bestandteil der textlichen Präsenz auf Japanisch geboten, was manchen Hörern auch nach dem zweiten Durchgang nicht verständlicher klingen dürfte. Kann man dieses waghalsige Projekt auch genießen, wenn man die Sprachbarriere in sich trägt? Die Antwort darauf lautet glücklicherweise ‘Hai’.

Ein Grund dafür liegt in der Konstellation dieses Projekts, das den pazifischen Ozean zu umarmen scheint; der amerikanische MC bleubird und der kanadische Beattüftler Scott da Ros halten nämlich mit Erfolg das Gegengewicht zu den mantra-artigen Parts des japanischen MC’s, sibitt. Auf dem Blatt klingt das wie ein Fall für den google-Übersetzer, doch in der Praxis ergänzen sich die beiden Sprachen besser als angenommen. No Gods / 皆神 ist ein gutes Beispiel für das Prinzip; auf einem Beat, der wie der von Chemical Brothers komponierte Soundtrack für die diabolischsten Traumsequenzen aus Paprika klingt, zerlegt bleubird zunächst alles Heilige und jede Gottheit, die bei drei nicht über den Wolken ist, um sibitt die Ehre des Wiederaufbaus zu lassen – und hier beginnt die schizophrene Schönheit des Ganzen. Die zahlreichen und fließenden Silben des Japaners lassen zwar schon durch ihre enorme Sprachdichte erahnen, dass ihre Botschaft größer als das Medium ist; wem sich der Text über das Supra-Mentale, das ihn mit dem Himmel, seinen Vögeln und dem Weltraum über ihnen verbindet, eröffnet, wird die Dualität des Titels klar, da der japanische Part dessen in etwa als „Alle(s) Götter“ übersetzt werden kann. Doch wem sich der Sinn nicht erschließt, wird auf dieselbe Ebene katapultiert, da die zuvor erwähnte Sprachdichte auf einem so präzisen und allumfassenden Flow geboten wird, dass dem Zuhörer das hoch gesteckte Thema akustisch visualisiert wird.

Schon Stacks on Stacks on Stacks on Stacks und Flight of the Fearless markieren jedoch einen Punkt, an dem das Konzept auf den Prüfstand gestellt wird. Klar, die leicht jazzigen Konstrukte von Scott da Ros mit ihren hallenden, hypnotisierenden Facetten tragen die textliche Präsenz von Triune Gods erfolgreich, doch sie scheinen auch nur dafür gemacht zu sein; die Beats sind bisher eher ein Mittel zum Zweck und werden das Zuhörerinteresse nicht langfristig wecken – zumindest scheint es so zunächst. Auch die Qualität des Storytelling von bleubird ist unbestritten, doch seine manchmal monotone Stimme erfindet das Rad auch nicht immer neu. Und die düsteren Themen, die poetischen Motive dazu und ihr Fluss eröffnen sich leider nur dem japanischen Ohr oder dem wohlwollenden Zuhörer, der sich wie die Triune Gods nicht von solchen Kleinigkeiten wie Rassen, Sprachen oder Landesgrenzen beeindrucken lässt. Ist man als einfacher Zuhörer bereit, so viel eigenes Input zu geben? Ab Kaonashi würde es sich für ihn wieder lohnen, da bleubird einen Zahn zulegt und auf einem diabolischen Beat, der wie ein Lounge-Jazz-Track für Satan’s Grillparty mit dem Godfather höchstpersönlich klingt, die Energie vom massiven Intro gekonnt weiterträgt. Und überhaupt: Ab diesem Track werden alle Teilnehmer deutlich energischer und nachdrücklicher. Causing Terror, das Highlight des Albums, fährt mit der neu gefundenen Energie fort und begleitet den Zuhörer mit gehackten Vocal-Samples a lá Pavarotti im Mixer zu einer gospelartigen, energiegeladenen Hook, die uns daran erinnert, dass Freunde wahre Schätze sind. 生首 ist ein komplett japanisches Statement über Respektlosigkeit und ihre Bestrafung, wie es in Die sieben Samurai hätte zitiert werden können; der blutrünstige, jedoch sehr elegant gehaltene Text marschiert auf einem reggae-ähnlichen Beat, der mit Werken von Guts denselben Geist teilen könnte.

Man könnte nun Tracks wie Good Time Charley, 3 3 3 oder 鉛筆殺戮, die auf kompromissloseren experimentellen Beats mit elektronischerem Flair geritten kommen, auf dieselbe Art und Weise wie oben analysieren, doch am Ende zählt die Kombination aller drei Komponenten. Und die ist zum Großteil des Albums sehr gut gelungen. Der hohe Anspruch, den dieses Album an seine Zuhörer hat, wird trotz seiner kurzen, schleppenden Phase zu Beginn mehr als gerecht belohnt, falls man sich nicht zu sehr auf die nicht verstandenen Inhalte fokussiert. Aufgrund der Tatsache, dass hinter der Analyse dieses Albums ein Kopf mit japanisch verwöhnten Ohren steckt, ist eine objektive Bewertung, die die Texte unverstanden bearbeitet, sehr schwer. Das Album ist eben – wer hätte es erwartet? – ein Experiment, das mit seiner liberalen Sprachpolitik zu bestechen weiß, es jedoch nicht nur darauf ankommen lässt. Dem nicht-japanischen Zuhörer sei geraten, sich beim ersten Hördurchgang auf kleine Details, die ihm auf Anhieb gefallen, zu fokussieren, um beim zweiten, distanzierteren Durchgang deren Effekt auf das Gesamtpaket zu betrachten. Versuche zu verstehen, welchen Pfad Triune Gods mit dir einschlagen wollen, und du wirst bemerken, dass sie ihn schon so gut wie möglich gepflastert haben.

1. No Gods / 皆神
2. Stacks on Stacks on Stacks on Stacks
3. The flight of the fearless
4. Jitensha Punk
5. Kaonashi
6. Causing Terror
7. 生首
8. Good time Charley
9. 鉛筆殺戮
10. Kanoesaru X La Lechuza
11. 3 3 3

Zolin sagt: 8.5 von 10

http://zolinsagt.de/2014/05/review-triune-gods-≠-three-cornered-world
[PR]
HOWANIMALMOVE X CANORUM Presents『宇宙旅行 α』
d0158942_13272861.jpg


[日時]2014年6月15日 (日) Open18:00 / Start18:30

[出演]
志人x服部正嗣(降神、スガダイロートリオ)
    馬喰町バンド
    CleanOfCore
    CANORUM with. MST

[会場]TSUTAYA O-nest

 Shibuya O-nest
2-3-6F,Maruyama-Cho, 渋谷区 155-0044

[チケット]前売り¥2500 / 当日¥2800 (+1drink)
      チケットぴあ (Pコード:230-461)
      ローソンチケット (Lコード:77080)
      e+ (http://eplus.jp/sys/main.jsp)

      4/15より発売開始

[問合せ]TSUTAYA O-nest
      03-3462-4420
     HOWANIMALMOVE
      www.howanimalmove.com
[PR]
■5/27(火) @荻窪 Velvet Sun

【スガダイロー(pf)・レオナDUO】

Guest 志人(降神)

d0158942_21542685.jpg


d0158942_21553528.jpg



Open 19:30/Start 20:00/¥3000 1D付
[PR]
d0158942_1258172.jpg


5/23(金) @渋谷 サラヴァ東京
【御乱心さんが いっぱい】
レオナ (tap dance)
纐纈雅代 (sax)
志人 (spoken word)
高橋保行 (effect,trombone)
田嶋真佐雄 (contrabass)
田ノ岡三郎 (accordion)
宮原panda裕子 (vocal)

Open 19:00/Start 20:00
予約 3000円/当日 3500円(共に1drink付)
予約 サラヴァ東京HP 予約フォーム
http://l-amusee.com/saravah/reservation/postmail.html
もしくは reona_tap@live.jp 迄
[PR]
TriuneGods ThesisSahib Sound Check.
d0158942_0253980.jpg

d0158942_0254085.jpg



明日からJAPAN TOUR スタートです。
4/27 原宿Gallrey COMMONにて、戸田真樹,HiroKurata,Jameskirkpatrickの三者の展示も行われます。
d0158942_0281178.jpg


夕方からはTriuneGods ThesisSahibのライブも行われます。 入場無料です。
皆様とお逢い出来るのを楽しみにしています!
次回の東京公演は5/10六本木SuperDeluxです。

See U Sooooon!

From TriuneGods
[PR]
完全に遊び倒した一曲。 お楽しみ下さい。   Enjoy!!

Triune Gods - JITENSHA PUNK [Official]
d0158942_073417.jpg





本日発表のTriuneGodsの新作「≠three cornered world」から
一撃必殺の問題曲「JITENSHA PUNK」のMV公開です!!

「JI TE N SHA P U N K DA!!!!!!!!!」
d0158942_064071.jpg


From Album "≠ Three Cornered World" now available

http://www.triunegods.com/
http://www.granmamusic.com/
http://www.doradorovitch.fr/
***************************
d0158942_0806.jpg


Triune Gods are....
bleubird (USA), Scott Da Ros (Canada), sibitt/志人 (Japan).

"Jitensha Punk"
Lyrics :sibitt/志人, bleubird
Beat :Scott Da Ros

"Jitensha Punk" VIDEO
69'nersFILM
http://69ners.com/movie/
Director : shou yamamoto
CGdirector : hideaki hashimoto
Back Ground Drawings : satsuki yoshino
Producer : hideyuki haga


今回映像制作に携わって下さったのは、佐賀県の映像製作チーム69'nersFILMさん達です。
昨年はCIEMAさんにてインタビューやワークショックを開催頂いた際にも大変にお世話になった方々です。
TriuneGods属するGranmaMusicEntertainmentの本拠地佐賀県の"縁"によって世界へと69'nersFILMさん達の映像が発信です!! お楽しみ下さい!


アニメーション製作:69'nersFILM http://69ners.com/movie/
ディレクター:山本翔
CGディレクター:橋本英明
背景協力:芳野さつき
プロデューサー:芳賀英行

d0158942_064024.jpg






watch out!!!!!
[PR]
d0158942_2345237.jpg

ナタリーさんにてTriuneGodsの新作情報を扱って頂きました!
ありがとうございます!
いよいよTriune Godsの2ndアルバム「≠three cornered world」(スリーコーナードワールド)が4月23日 明日、発表です!!

日付が変わった瞬間から何とアルバムから早くもMusicVideoが公開です!!


http://natalie.mu/music/news/114922
[PR]
d0158942_16594923.jpg


”まじめなあそび -Serious Fun-” 企画  ~画家 Thesis Sahib(James Kirkpatrick) 初来日特別記念Tシャツ~単品注文 及び、TriuneGods NEW ALBUM “≠ Three Cornered World”特典付き!+"まじめなあそび -Serious Fun-" 企画 ~画家 Thesis Sahib(James Kirkpatrick)初来日特別記念Tシャツ~セット販売共にTempleATS STOREにてSOLD OUTのお知らせです。

此の度は沢山のご注文誠に有り難うございました。
まじめなあそび -Serious Fun-” 企画  ~画家 Thesis Sahib(James Kirkpatrick) 初来日特別記念Tシャツの方はLIVE会場にて若干ではございますが、ストックを放出致します。

まじめなあそび -Serious Fun-” 企画  ~画家 Thesis Sahib(James Kirkpatrick) 初来日特別記念Tシャツの売り上げは画家 Thesis Sahib(James Kirkpatrick) の渡航費やJAPAN TOUR、及びEXHIBITIONの費用にあてられます。 皆様の支えによって画家 Thesis Sahib(James Kirkpatrick) を無事日本へ迎え入れる準備が整いました。 本当に心より感謝の念を申し上げます。


※重要なお知らせ: 4/22以降のご注文に関しまして。
尚、引き続きTriuneGods NEW ALBUM
“≠ Three Cornered World”4月23日発売 特典付き!のCDに関しましてはTempleATS STOREにてご注文を受け付けておりますが、4/22以降のCDご注文に関しましては担当者がTour同行の為、大変ご迷惑を御掛けたしますが、5/14発送予定でございます。
大変お待たせ致しまして申し訳ございませんが、何卒宜しくお願い致します。


ツアー終了後、ツアーGoodsのDead StockやJames氏の作品、TriuneGodsの12inchなど限定数ではございますがお取り扱い予定でございます。 ツアー終了後随時情報をご報告致します。

いつも本当に有り難うございます。 心より感謝の念を申し上げます。

TempleATS STORE担当より

TempleATS STORE URL: http://templeats.com/scb/shop/shop.cgi
[PR]
TRIUNE GODS( 志人、BLEUBIRD、SCOTT DA ROS)の2ndアルバム
"≠Three Cornered World" 発表まで 後5日です。


[PR]
Granma Music Entertainment and VELVETSUN PRODUCTS presents

≠≠TRIUNE GODS 3CW TOUR 2014 in JAPAN FINAL≠≠

d0158942_20111314.jpg


【出演】
TRIUNE GODS (志人、bleubird、Scott Da Ros)
Thesis Sahib a.k.a James Kirkpatrick
なのるなもない
OMSB(SIMI LAB) x Yosio*o(JZDMS)(大谷能生)

【日時】 5月10日 (土)
【会場】 六本木 SuperDeluxe(https://www.super-deluxe.com/)
【料金】 前売/ご予約¥3,000(+1D)、当日¥3,500(+1D)
【開場】 19:00(予定)
【主催】 Granma Music Entertainment / VELVETSUN PRODUCTS
【販売】 当イベントページにて受付 又は E-mailにて triunegods.tourfinalアットgmail.com まで

イベント詳細https://www.super-deluxe.com/room/3655/

予約/お問い合わせ
当イベントページでもご予約受け付けております。ご予約の旨とご来場人数等のコメントをお願い致します。
E-mailにてご予約も可能です。
contact at granmamusic.com(atを@に書き換えて下さい)
velvetsunproducts at gmail.com(atを@に書き換えて下さい)

≠≠Triune Gods Profile
志人(TempleATS/JAPAN)、bleubird (Endemik /USA)、Scott Da Ros (Endemik /CANADA)の才気溢れる3人が海を越えて集結した。世界的にも稀に見る国籍の違う2MC&1ビートメイカーのラップグループ。Scott Da Rosの映画的なビートの上で、志人は日本人ならではの言葉遣いや節回しで歌い、bleubirdはキャリアの長さを裏付ける変幻自在のスタイルで歌う。それぞれが高いスキルの持ち主だと認められておりその絡み合う様は圧巻の一言。未だかつて無い音楽を作り続けている。各人が内に秘める強力な「コア」を持っているからこそ、深く複雑に絡み合うことが出来るのだ。
人種、言語、国境の壁など彼らには存在しない、ここ日本にとどまらず世界へ向けてその歩みを進めている。

≠≠Thesis Sahib aka James Kirkpatrick Profile
カナダ・オンタリオ出身のThesis Sahib/James Kirkpatrickは90年代からアンダーグラウンドHIPHOPのムーブメントにその身を捧げてきた。時にライムを自由自在に操る進化的なMCとして、また時にカオスとユーモアがカラフルに混ざり合った強烈な世界観を表現する芸術家として。枠に収まる事のないその活動はアンチコンからリリースされたAliasのアルバム「The Other Side of The Looking Glass」に代表されるアートワークや数々の個展、志人のソロ「発酵人間」収録の「一物全体」で披露される火を吹くような高速フロー。さらにマスクを被りゲームボーイを使った異色のライブパフォーマンスで知る事ができる。

≠≠なのるなもない
ラッパー、スポークンワーズアーティスト
その声は深く、いくつもの色を持つ。時に耳元で語りかけるように近く、どこかへ行ってしまいそうな程に遠い。誰もが感じていながらも言葉にできない....そんな思いを言語化した詩が、リズミカルにメロディアスに流れていく。
それは意味となり、イメージとなり、音楽となり、垣根を超えてどこまでも飛んでいく。
2005 1st solo album "melhentrips"を発表(REMIX HIPHOPディスク賞受賞)
2008 フジロックフェスティバル出演
2013 秋 2nd solo album "アカシャの唇" 発売

≠≠OMSB
Mr. "All Bad" Jordan a.k.a. OMSB SIMI LABでMC/Producer/無職/特攻隊長(ブッコミ)として活動。
2012年10月26日、ソロアーティストとしてのファーストアルバム「Mr. "All Bad" Jordan」を発表。
その後、菊地成孔率いるぺぺ・トルメント・アスカラール、Jazz Dommunistersのアルバム、ライヴに参加している。
それでもまだ納得せず、フリーダウンロード企画でBeat Tapeを多数発表。
そして自慢じゃないが言わずもがなのレジェンド、Large Professorとのセッションも実現している事を老後も言い続けるであろう。
最初からクライマックス!!

≠≠Yosio*o(JZDMS) a.k.a 大谷能生
音楽家/批評家。主な使用楽器はサックスとエレクトロニク。相対性理論と映画『乱暴と待機』主題歌を制作。最近の作品はマキシシングル『乱暴と待機』(相対性理論と大谷能生)、アルバム『みずうみのかもめ』(『長短調(または眺め身近目)』OST)、『アフロ・ディズニー2』(菊地成孔との共著)など。
[PR]
Sail Ho!!

Triune Gods 3CW JAPAN TOUR
with Thesis sahib aka James Kirkpatrick
なのるなもない[アカシャの唇]
豆尖[DIO]

音源発売記念祝宴
Presented by 響

d0158942_205197.jpg




2014年5月9日 金曜日
at Freakyshow
開場 20:00 開演 21:00
前売り 2,500円 / 当日 3,000円
※1ドリンク代500円を入場時に頂きます。

MC総勢7人が贈る盛宴
~ 田を耕し 苗を植え 込めた祈りは 響きとなる ~

LIVE:
Triune Gods -志人, bleubird, Scott Da Ros-
なのるなもない -降神/TempleATS-
豆尖 -ZionSoldier/ワヲン- with *+Ω+*
Thesis sahib -James Kirkpatrick-
STOCK -ZionSoldier-

DJ: UKY
Arts & Painting: HISA
Lighting: Taiheichang


Freakyshow:
静岡市葵区両替町2-4-9
フィエスタ両替町 5階
054-273-5588
http://freakyshow.net/

information:
hibiki8info@gmail.com
http://hibiki22.blogspot.jp/


TRIUNE GODS:

志人(TempleATS/ 日本)、bleubird (Endemik / アメリカ)、Scott Da Ros (Endemik / カナダ) の才気溢れる3人が海を越えて集結した。

2011年の1stアルバム「Seven Days Six Nights」や同年に行われたジャパンツアーで鮮烈な印象を残した彼ら“三位一体の神”は母国で独自の活動に戻る。
Triune Godsの二つの角を “詩”で担う志人、bleubirdはそれぞれタイプの異なる“静と動”のソロアルバムをリリース。また様々な客演やライブをこなし、そのパフォーマンス は輝きを増している。
もう一つの角を“音”で作り上げるScottDaRosは地元のポエトリーアーティストをプロデュースし、アルバムをリリース。持ち味である“映画的”な ビートをさらに深く追求した。

日本、アメリカ、カナダでそれぞれ3人が自らにしか出来ない表現を磨き続けた2年間を経て、再びTriune Godsの幕が上がる。他に類を見ない極めて刺激的なサウンドと英語と日本語が紡ぐ詩世界。四角四面の決まりきった常識を削りとるTRIUNE GODSの世界へようこそ!

http://www.triunegods.com/



なのるなもない:

ラッパー、スポークンワーズアーティスト
その声は深く、いくつもの色を持つ。時に耳元で語りかけるように近く、どこかへ行ってしまいそうな程に遠い。誰もが感じていながらも言葉にできない….そんな思いを言語化した詩が、リズミカルにメロディアスに流れていく。それは意味となり、イメージとなり、音楽となり、垣根を超えてどこまでも飛んでいく。

2005 1st solo album “melhentrips”を発表(REMIX HIPHOPディスク賞受賞)
2008 フジロックフェスティバル出演
2013 秋 2nd solo album “アカシャの唇” 発売



豆尖:

豆汁と尖閣。
1人のDJを介し、各々の活動を経て2009年に結成する。
静岡のrap集団zionsoldierに属する、HIPHOPを出自とする2MC with DJ。
それぞれが、消化しきれない思いと対峙するリリックを衝突させ交差することで、互いに昇華したその幻想的な概念を感情と声と言葉とで具現化している。

特定のDJとTrackmakerを持たない2人は、様々な表現者とのセッションへ貪欲に踏み込むことでDrum'n'bass, Jungle, Digital-hardcore, Noise, Ambient, Rock, JamBandなど、ボーダレスな音楽交流を試みるライブを重ねてきた独自進化形。
自分たちの居場所を探すように、欠落した何かを穴埋めするように、無二のコンビネーションを築いている。



Thesis Sahib:

カナダ・オンタリオ出身のThesis Sahib aka James Kirkpatrickは90年代からアンダーグラウンドHIPHOPのムーブメントにその身を捧げてきた。
時にライムを自由自在に操る進化的なMCとして、また時にカオスとユーモアがカラフルに混ざり合った強烈な世界観を表現する芸術家として。

枠に収まる事のないその活動はアンチコンからリリースされたAliasのアルバム「The Other Side of The Looking Glass」に代表されるアートワークや数々の個展、
志人のソロ「発酵人間」収録の「一物全体」で披露される火を吹くような高速フロー。さらにマスクを被りゲームボーイを使った異色のライブパフォーマンスで知る事ができる。

特に2010年に発表された画集「BEFORE THE END」は芸術家James Kirkpatrickとして立体作品の写真が60ページに渡り収録され、さらにラッパーThesis Sahibとして7inchカラーバイナルと16曲のデジタルアルバムが同時封入された渾身の作品で、チップチューンを想像させるポップなビートにThesisのフローが見事に融合し、リスナーを没入させる究極の快楽とも呼べる音楽が詰め込まれている。
また同じ2010年にTriune GodsのbleubirdとのグループLes Swashbuckling Napoleonseでは、AesopRockやLow End Theoryとも縁のあるEdisonをトラックメーカーに迎え、
アルバム「FUCK」を発表。ひたすらにスキルを追求した問答無用のラップアルバムとなった。

カナダで出会った志人がその芸術性に惚れ込み、その存在を世にもっと知られるべきと語った異才 -Thesis Sahib aka James Kirkpatrick- が遂に来日!
あなたの目と耳で彼の持つ独自のセンスを直に感じて欲しい。

http://www.jameskirkpatrick.org/

[PR]
Triune Gods Japan Tour in OSAKA supported by yomosgara

d0158942_23523269.jpg

d0158942_23531824.jpg



2014.5.6 (TUE) @CONPASS(http://www.conpass.jp)
START:18:00 CLOSE:24:00
ADV/2500 DOOR/3000(all without drink)


【Act】
Triune Gods(http://www.triunegods.com)
Thesis Sahib(http://www.jameskirkpatrick.org/artist/)
なのるなもない(http://www.templeats.com)
CHIYORI(http://chiyori.exblog.jp)
COSMICBATH


【DJs】

YAMAAN(http://www.templeats.com)
MONGOIKA(http://www.templeats.com)
KOM
Kanemah


【Coffee】
喫茶文九(http://bunkyu17.seesaa.net/category/20810642-1.html)



ローソンチケット
0570-084-005
http://l-tike.com/
Lコード 51938


e+
http://eplus.jp/
[PR]
5/5(mon./祝)
【暇-itoma 8th-TRIUNE GODS 3CW TOUR 2014 in JAPAN】
FaceBook イベントpage:https://www.facebook.com/events/273258979508795/
d0158942_19511171.jpg

d0158942_19513386.jpg

d0158942_19492580.jpg


at.京都木屋町UrBANGUILD
http://www.urbanguild.net/event/events.html

OPEN / START 19:00

adv.2300 yen + 1drink / door.2500 yen + 1drink

〈LIVE〉
TRIUNE GODS
http://www.triunegods.com/
・志人(降神 TempleATS/JAPAN)
・bluebird(Endemik / USA)
・Scott Da Ros(Endemik / CANADA)

Thesis Sahib aka James Kirkpatrick
http://jameskirkpatrick.org/artist/

AKI-RA sunrise

hirofumi the innocense

山本びんた

ヌウメン

〈DANCE〉
黒子沙菜恵×宮嶋哉行

坂井加奈(SOUP)

〈DJ〉
DJ TSUJI
kaze

〈time painting/visual〉
仙石彬人

--------------------------------------------

Triune Gods Profile
志人(TempleATS/JAPAN)、bleubird (Endemik /USA)、Scott Da Ros (Endemik /CANADA)の才気溢れる3人が海を越えて集結した。 2011年の1stアルバム「Seven Days Six Nights」や同年に行われたジャパンツアーで鮮烈な印象を残した彼ら“三位一体の神”は母国で独自の活動に戻る。 Triune Godsの二つの角を“詩”で担う志人、bleubirdはそれぞれタイプの異なる“静と動”のソロアルバムをリリース。また様々な客演やライブをこなし、そのパフォーマンスは輝きを増している。 もう一つの角を“音”で作り上げるScottDaRosは地元のポエトリーアーティストをプロデュースし、アルバムをリリース。持ち味である“映画的”なビートをさらに深く追求した。
日本、アメリカ、カナダでそれぞれ3人が自らにしか出来ない表現を磨き続けた2年間を経て、再びTriune Godsの幕が上がる。他に類を見ない極めて刺激的なサウンドと英語と日本語が紡ぐ詩世界。四角四面の決まりきった常識を削りとるTRIUNE GODSの世界へようこそ!

Three feathers come together ? sibitt (Poet) from Japan, bleubird (MC) from USA, and Scott Da Ros (beatmaker/producer) from Canada. These are three very different musical entities from three different worlds, who when formed together become a very powerful triad of creative authenticity. Triune Gods are a rare, multilingual, and experimental hip hop group.
In 2008, bleubird and Scott met sibitt on tour in Japan. Already fans of each other's music, they clicked immediately, and at that moment the plan to collaborate was set into motion. In 2010 they finally met again for a week in Montreal to record their debut album Seven Days Six Nights. It was then that they became Triune Gods.
sibitt has one of his musical roots in Hip Hop but that alone cannot describe his style. He’s swallowed many various music genres and converted them into blood relatives of his own. As well versed in traditional Japanese music as he is in rap music and free jazz, his melodic singing/rapping is an unknown domain for many people, yet it is delivered with such skill and beauty that listeners of any language can feel its emotion and importance.
bleubird is at home in collaboration - deep rooted in Southern rap but constantly reaching into new realms. Striving for a style that is a contained chaos of many influences he is able to bend and adapt to any situation whether it be singing, party rocking, or mysterious dark material. A veteran of the stage and a spirited performer, his presence is a hurricane of pure enjoyment, and his writing teeters on a fence of poetry and gangster rap.
Scott Da Ros is a seeker. He does not depend on the fashion or style of music around him. He pursues the sound of his own ideal with a simple heart. Deep and creative, you can feel his cinematic soundscapes rise and fall, each with the intricacies of an epic novel, one in which the protagonist is the DRUMS! Scott is the backbone of Triune Gods, a ‘producer’ in the truest sense. His master vision guides the creative energy of the group into a focused direction, and his ear is responsible for the unique sound-world they inhabit.
Together their musical output has many sides: playful, intense, tragic and beyond. With their second studio album, ≠ Three Cornered World, they were more accustomed to the process of working together - thus able to explore further into unknown and exciting territories.


-
Thesis Sahib aka James Kirkpatrick Profile

AnticonのAliasの12inch ジャケットThe Other Side Of The Looking Glassのデザインを手掛けるなど、平面、立体、ボム、Sculpture/Installation,Sound Sculptures等で枠に収まり切らない活動で世界中で注目されている画家 Thesis Sahib(James Kirkpatrick)氏が同時に初来日する事が決定致しました!!
Thesis Sahib(James Kirkpatrick)の素晴らしいARTの数々を日本の方にも知ってもらいたい、実際に観て、触れて、感じてもらいたいという想いから、TriuneGodsの全国ツアーに画家Thesis Sahib(James Kirkpatrick)が同行する事になりました!!!




at.京都木屋町UrBANGUILD
http://www.urbanguild.net/event/events.html

OPEN / START 19:00

adv.2300 yen + 1drink / door.2500 yen + 1drink
[PR]
5/4 (sat・holiday) TriuneGods JAPAN TOUR"拡声~kakusey~"@姫路Fab Space
d0158942_1542916.jpg

d0158942_1543385.jpg



d0158942_1945558.jpg

d0158942_19453392.jpg




詳細は後日発表致します。

お問い合わせ: 
KYOEI-BLD B1F 68 UOMACHI
HIMEJI-SHI HYOGO-KEN
670-0905 JAPAN
TEL : 079-222-2882
info@club-fab.com
[PR]
d0158942_1937522.jpg


FACE BOOK イベントページ:

https://www.facebook.com/events/687109058016315/


SPACE OUT
at Live Lounge vio

2014. 05. 03 (SAT)
OPEN : 22:00
CHARGE : ADV 2500円 DOOR 3000円

space out Inc. web
http://space-out.net/info/?p=729


///////ACT///////
■ Triune Gods

http://triunegods.com/jp/
http://www.hmv.co.jp/news/article/1101110131/

■ Thesis Sahib

https://soundcloud.com/thesis-sahib

■ Justin Van Der Volgen

https://soundcloud.com/justin-van-der-volgen

■ エンヤサン with オカザえもん

http://subenoana.net/archives/4355

■ DJ威力

http://www.newtone-records.com/index2.php?id=n_t0065066

■ DJ ASAI (DAWN)
■ URA(SPACE OUT)
[PR]
"Triune Gods JAPAN TOUR"岐阜公演@ants
FACE BOOK イベントPAGE: https://www.facebook.com/events/296405873847266/
d0158942_1928411.jpg


【LIVE】
Tirune Gods(志人/bleubird/Scott Da Ros)
Thesis sahib
Free Dial Foundation
凸凹→

【DJ】
Dopemoris(delicious sand)
abodam(newtrino)
shobbieconz(MdM)
Shin(teeepeee)
USHIMARU(delicious sand)

【BAR SPACE】
RYOTA
isacho
rorre
NAMIX
CON
AZU

【開場/開演】22:00〜
【前売】¥2,500【当日】¥3,000
(入場時別途ドリンク代500円必要)
【問】058-213-7228(柳ヶ瀬アンツ)
[PR]
<<TRIUNE GODS 3CW TOUR 2014 in JAPAN 新潟公演>>
d0158942_19242039.jpg

2014/4/29.(火曜日/祝日)
at.golden pigs yellow(3F)
Open:20:00/Close:25:00
price:2500+1D

LIVE:
Triune Gods[志人from降神,Bleubird,ScottDaRos]
Thesis Sahib aka James Kirkpatrick
My Best Friend Goblin...(was $10)[Nejel Mongrel+Authentic]
SONARR
Sleep Walker Krow
pal<mogenrot set>

DJ:
jacob
DJ HARAKIRI
Nue The Hermit

当イベントは、会場の広さとの関係で、入場が規制される場合がございます。
あらかじめ、入場の予約が、お薦めです。
入場予約は、以下のメールアドレスまで、
お名前、電話番号、人数を記載の上、メール下さい。
ssp@shabbysicpoetry.jp
折り返し、メールの方、送らせて頂きます。

Triune Gods Profile:
志人(TempleATS/ 日本)、bleubird (Endemik / アメリカ)、Scott Da Ros (Endemik / カナダ) の才気溢れる3人が海を越えて集結した。 2011年の1stアルバム「Seven Days Six Nights」や同年に行われたジャパンツアーで鮮烈な印象を残した彼ら“三位一体の神”は母国で独自の活動に戻る。 Triune Godsの二つの角を “詩”で担う志人、bleubirdはそれぞれタイプの異なる“静と動”のソロアルバムをリリース。また様々な客演やライブをこなし、そのパフォーマンスは輝きを増している。 もう一つの角を“音”で作り上げるScottDaRosは地元のポエトリーアーティストをプロデュースし、アルバムをリリース。持ち味である“映画的”なビートをさらに深く追求した。
日本、アメリカ、カナダでそれぞれ3人が自らにしか出来ない表現を磨き続けた2年間を経て、再びTriune Godsの幕が上がる。他に類を見ない極めて刺激的なサウンドと英語と日本語が紡ぐ詩世界。四角四面の決まりきった常識を削りとるTRIUNE GODSの世界へようこそ!
http://www.triunegods.com


Thesis Sahib aka James Kirkpatrick Profile:
カナダ・オンタリオ出身のThesis Sahib aka James Kirkpatrickは90年代からアンダーグラウンドHIPHOPのムーブメントにその身を捧げてきた。
時にライムを自由自在に操る進化的なMCとして、また時にカオスとユーモアがカラフルに混ざり合った強烈な世界観を表現する芸術家として。
枠に収まる事のないその活動はアンチコンからリリースされたAliasのアルバム「The Other Side of The Looking Glass」に代表されるアートワークや数々の個展、志人のソロ「発酵人間」収録の「一物全体」で披露される火を吹くような高速フロー。さらにマスクを被りゲームボーイを使った異色のライブパフォーマンスで知る事ができる。
特に2010年に発表された画集「BEFORE THE END」は芸術家James Kirkpatrickとして立体作品の写真が60ページに渡り収録され、さらにラッパーThesis Sahibとして7inchカラーバイナルと16曲のデジタルアルバムが同時封入された渾身の作品で、チップチューンを想像させるポップなビートにThesisのフローが見事に融合し、リスナーを没入させる究極の快楽とも呼べる音楽が詰め込まれている。また同じ2010年にTriune GodsのbleubirdとのグループLes Swashbuckling Napoleonseでは、AesopRockやLow End Theoryとも縁のあるEdisonをトラックメーカーに迎え、アルバム「FUCK」を発表。ひたすらにスキルを追求した問答無用のラップアルバムとなった。
カナダで出会った志人がその芸術性に惚れ込み、その存在を世にもっと知られるべきと語った異才 -Thesis Sahib aka James Kirkpatrick- が遂に来日!あなたの目と耳で彼の持つ独自のセンスを直に感じて欲しい。
http://www.jameskirkpatrick.org
[PR]
Triune Gods
≠ 3CW Japan Tour2014
in Nagano [PORKY 小諸]

d0158942_1913227.jpg


2014.4.28(mon)
open 20:30〜 close 25:30
チケット/置チケット ¥2000 [別途ドリンク¥500]
当日 ¥2500 [別途ドリンク¥500]

▼LIVE
Triune Gods
Thesis Sahib a.k.a. James Kirkpatrick

▼DJ
深志 [地下鉄crew]
CHIHARU
SAME
TOMO
YEW

▼会場
PORKY(ポーキー)
長野県小諸市山浦939-5
0267-23-0639
info@porky.jp

▼INFO
PORKY : 0267-23-0639
笑太 : 0267-65-7340
八峰 : 0267-62-2900
HOOD : 0267-62-0329
[PR]
4/27にTriuneGodsJAPAN TOURのオープニングとしまして、
東京は原宿にありますGALLERY COMMONさんにて
Hiro Kurata、James Kirkpatrick、戸田真樹 Special Exhibition @Gallery
Common +Triune Gods / Thesis Sahib Special Liveを開催する事になりました!
入場無料ですので、是非遊びに来て下さいませ。
夕方頃からTriune Gods / Thesis Sahib Special Liveも行います!

d0158942_1694952.jpg

-------------------------
Hiro Kurata、James Kirkpatrick、戸田真樹 Special Exhibition @Gallery
Common +Triune Gods / Thesis Sahib Special Live

日時 : 4/27(日). Open13:00~19:00
会場 : Gallery Common  www.gallerycommon.com/
料金 : 無料
Live : Triune Gods, Thesis Sahib.
Art Exhibition : Hiro Kurata, James Kirkpatrick, 戸田真樹
DJ : 戸田真樹

4月23日に2ndアルバム"≠ Three Cornered World"を発売するTRIUNE GODS
(志人・bleubird・Scott Da Ros)が早くも4月27日より日本ツアーをスタートさせます!

3年ぶりとなる本ツアーには特別ゲストにアルバムにも参加したアンダーグラウンドHIPHOPシーンで活躍するカナダのラッパーThesis Sahibも初来日でツアーに同行!
記念となるオープニングパーティーはGallery Commonで開催です!

さらにTriune Godsが敬愛する偉大な3人の芸術家 -
Hiro Kurata、JamesKirkpatrick、戸田真樹 - による3人展も同時に行います!
Triune Godsと仲間達が生み出す音楽,アートの想像力溢れるパーティー。
Triune Godsのジャケット原画もバッチリ展示されますよ!

入場は無料です!ぜひ遊びに来て下さい!
[PR]
d0158942_1650525.jpg


Finally I've got this dope UFO!!

とうとう手元にこの未確認飛行物体が到着した!!

我々TriuneGodsはスペースムーンスノウキャッツ研究所にて10日間で11極の惑星探索に成功した。
誠に狂ったパンクな10日間であった。

Art works by Hiro Kurata

http://www.shiloku.com/

[PR]
尊敬する画家:Hiro Kurata氏が4/18よりhpgrpギャラリー トウキョウにて展示をなさるそうです。
日本での展示、待っていました。とても楽しみです。

そして4/27 原宿 Gallery COMMONにて なんと、
戸田真樹氏、Hiro Kurata氏、James Kirkpatrick氏の特別展示が行われますよ!
詳細は近日発表です。

d0158942_17174665.jpg


米オレゴン州ポートランドのアーティスト、エージェー・フォシック(AJ Fosik)と東京で活躍するアーティスト12名のコラボレーション展が、東京・表参道のhpgrpギャラリー トウキョウ(GALLERY TOKYO)にて4月18日より開催される。

http://hpgrpgallery.com/tokyo/


本展は、フォシックから送られた未塗装かつ分解可能な作品を、東京で暮らすアーティスト12名がそれぞれ自由にカスタマイズし、彫刻作品として完成させるプロジェクト。参加アーティストは荻野竜一(Ryuichi Ogino)、イマワン(Imaone)、ヒロ クラタ(Hiro Kurata)、ヨシ(Yoshi)47、薄黒(Usugrow)、ショウヘイ(Shohei)、澁谷忠臣(Tadaomi Shibuya)、マッドサキ(Madsaki)、苦虫ツヨシ(Nigamushi)、カズ(Kaz)、マーク(Mhak)、高木耕一郎(Koichiro Takagi)。フォシックもコラボ展に合わせて来日し、初日19時より参加自由のレセプションパーティーが開催される。

エージェー・フォシックは、ミシガン州デトロイトの工業地帯で育ち、1990年代後半にパーソンズ・スクール・オブ・カレッジに通うために移住したニューヨークで「ロットガットコレクティブ(Rot Gut Collective)」を結成。ストリートアートシーンで注目を集めるが、看板作品作りで学んだ木工に目を向け、ノコギリと拾った木材で数千の小さな部品を切断し、精巧で邪悪な表情をした獣を制作。2005年からはアメリカ大陸を横断し、アメリカ各地のみならずベルリン、サンパウロ、ロンドン、ミラノでの個展も成功。サムスンUSAやワーナーブラザーズなどの企業ともコラボを行っている。


【イベント情報】
「AJ Fosik Beast from a Foreign Land 東京の12人のアーティストとAJ Fosikのコラボレーション」展
会場:hpgrp GALLERY TOKYO
住所:東京都渋谷区神宮前5-1-15 CHビルB1階
会期:4月18日から5月11日
時間:11:00から19:30
休館日:月曜日



http://hpgrpgallery.com/tokyo/

[PR]
JAPAN can`t wait to meet James Kirkpatrick`s Great ART!!
Please check his interview.
London Fuse did a recent interview with Thesis Sahib (James Kirkpatrick)
d0158942_17101462.jpg

http://londonfuse.ca/blog/why-its-okay-be-mutant-james-kirkpatrick
[PR]
VELVETSUN PRODUCTS presents
「rabbitoo / national anthem of unknown country」1st Album Release Party」(SONG X LIVE 014)

d0158942_21462966.jpg



【出演】
 rabbitoo(市野元彦、藤原大輔、千葉広樹、田中徳崇、佐藤浩一)
 スガダイロートリオ(スガダイロー、東保 光、服部マサツグ)
 降神(志人、なのるなもない)

【 DJ 】
 やけのはら
 Yoshio*o (JZDMS) a.k.a. 大谷能生


【日時】 4月16日 (水)
【会場】 渋谷クラブクアトロ(http://www.club-quattro.com/shibuya/
【料金】 前売¥3,500(+1D)、当日¥4,000(+1D)
【開場】 19:00
【開演】 19:30
【主催】 株式会社ソングエクス・ジャズ、VELVETSUN PRODUCTS
【販売】 チケットぴあ:0570-02-9999 (Pコード:226-245) ・ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:72881) ・e+:http://eplus.jp・クラブクアトロ店頭
[PR]
←menuへ