人気ブログランキング |
月刊 MANMAN ではなく、デイリー MANMANになりました。 失礼致しました。
d0158942_22441152.jpg
さて、MANMAN ですが、マスタリングエンジニア Takahiro Yamaguchiさん (愛称 山さん)をお迎えして、
とてもとても素敵な仕上がりになっております。
感謝感激雨霰です。
山さんとは、「詩種」志人×スガダイローのレコーディング/Mixing エンジニア、CHIYORIさんとの「家の庭」のレコーディング/Mixing/Masteringエンジニア、
(Chiyoriちゃん、CHIYORI with LOSTRAINS 1st ALBUM「Five Waves」発表御芽出度う!) 
「映世観-うつせみ-」や「FATWOOD」のマスタリングで大変お世話になっておりまして、心から信頼を寄せるエンジニア、音の職人さんです。

山さんの仕上げてくれたMANMAN収録曲-「Lost Mind」- 、久々に音楽で涙が、、込み上げてきました。
ううう、、、うわぁぁ となりました。
自分たちで作った曲なのですが、あまりにも思い入れが強く、大切にしすぎた曲でありまして、
かれこれ詩を書き始めてから完成まで10年くらいかかっています。。
再スタートがゆっくりでしたので。
曲に向かっていなかった沈黙の期間が内8年くらい。。
筆が走り出したのは一昨年冬。
恋人たちはクリスマスムード、街はライトアップモードの中、
なかなか治らない病をおしながら録音したのを覚えています。
高音が出なくて、何度もチャレンジし直したり、
10年前の思いのまま、筆は執着無き終着点へ。
「Lost Mind」
皆様の心へ届きます様に。


さて、
本日は「職人さん」というキーワードが出てきましたので、
よしもとは、昔、〇〇○の職人だった。 と言えるとしたら。

それは、

「トンボ取り 名人」でした。

あっ。 職人ではなかったですね。

d0158942_20392284.png
こちらの写真、右手にトンボ、左手にトンボ、口にもトンボを咥えております。。
虫取り網は使わずに、トンボが羽を休めて、二段階目に サッととる。
そして、空に逃して、再び飛んでいくのを見るのが好きでした。



本日のデイリーMANMAN
おしまいに、
d0158942_21080450.jpg
今日は、長男と「ムクロジ」で石鹸を作って、シャボン玉遊びをしました。
「ムクロジ」という木の実は「魔法の実」という内容の絵本に夢中になっていた息子達が、
「魔法の実どこにあるの?」というので、
「庭にあるよ」と答え、拾えるだけ拾って、
バケツに入れて、爪の先で傷つけて、水を加えると、、
あら不思議、アワアワがぷくぷく出てきます。

これを昔の人は「洗濯石鹸」代わりにしたり、
「ムクロジのシャボン玉溶液売りのおじさん」が行商に来たり、
という事があったそうです。
皆さんも、ムクロジだけでなく、サイカチの実やトチの実でも「魔法の実」になりますよ。
アワアワを作って、シャボン玉遊びをしたり、汚れた長靴など洗ってみると面白いくらいに綺麗になりますよ。
手もね。綺麗になりますよ。





See U !







「MANMAN/MANMAN」 
 おとの人:440 うたの人:志人 

9/9 coming sooon!!

ご予約受付中です。




MANMAN 月間ということで、 Where`s sibitt? にて "デイリー MANMAN" 始めました。 

しばしの間お付き合い頂けましたら幸いです。

「MANMAN/MANMAN」では、聴いて下さった方々が、子供の頃に戻れるような...
そんなイメージで制作しました。



志人(よしもと)の子供の頃を振り返る写真をいくつか投稿してゆきたいと思います。


d0158942_12235077.png

多分、4歳くらいだと思います。  この頃から木こりになりたかったのでしょうか。
祖父母が戦後、手造りで建てた家の開墾を手伝っていた記憶があります。


d0158942_12313359.png
七輪をボロボロな団扇でパタパタしながら何を作っているんでしょう。憶えていませんが、
奥の大きなタライがかかっている場所は、五右衛門風呂でした。 
風呂窯に落し蓋を沈めながら湯船に入り、焚き口付近の窯のへりはチンチンに熱くて、絶対に背中をつけてはいけませんでした。

火傷しながら薪を焚べて、水からお湯を沸かすことの難しさを体感していました。



d0158942_12380333.png


MANMAN は、こんな感じで聴いてもらえたら嬉しいです。

d0158942_12381617.png

See U !







「MANMAN/MANMAN」 
 おとの人:440 うたの人:志人 

9/9 coming sooon!!

ご予約受付中です。








志人と440の覆面グループ「MANMAN」
永年の想いを詰め込んだアルバム発表に先駆け、
不朽の名曲を収録した先行シングルを9月9日にリリース!!

初回限定盤 limited 1000枚press 紙ジャケット仕様/全曲歌詞カード付き

本日より予約開始しております。
d0158942_23284106.jpg

d0158942_04102962.jpg


d0158942_04191858.png




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

d0158942_04102962.jpg

※現在ジャケットはイメージ画像となっております。 
最終的なデザインが出来上がり次第、更新して参ります。



◼︎ タイトル :「MANMAN/MANMAN」  

◼︎ フォーマット: CD シングル

◼︎ 初回限定盤: limited 1000 press / 紙ジャケット仕様/全曲歌詞カード付き  
  ※初回盤完売以降は通常盤となります。


◼︎「MANMAN/MANMAN」 シングル 収録曲:


01: 君と一緒     収録分数: 7:40

02: 心にいつも平和を抱いて 〜No More War 〜 原曲リマスター 収録分数 6:20

03: Lost Mind   収録分数:5:09


作詩:志人
作曲:440


◼︎発売日: 2019年 9月9日予定

◼︎価格:2000円 (税別)

◼︎予約開始日: 8/14 〜 

◼︎品番:TATS-028

◼︎Label: TempleATS

◼︎購入特典付き: ANATATOME 特典ポストカード付き

TempleATS site内ANATATOME特設ページにて
"MANMAN スペシャルインタビュー"を読むことが出来るANATATOMEへの招待状。
特設ページへのURL/PASSWARDが記入されたポストカードが購入特典として付属致します。



TempleATS STORE ページにて予約開始しております!




※TempleATS STORE 休業期間につきまして: 2019年10/1〜10/29まで オンラインストアの営業が休業となります。

2019年10/1〜10/29までSTORE担当者が海外派遣中の為、TempleATS STOREの営業が一時停止致します。
この期間内、誠に申し訳御座いませんがSTOREページからは全ての作品をご注文頂けなくなりますのでご注意下さいませ。
STOREの通常営業再開は11/1〜を予定しております。 
「MANMAN」新作も9/30までで一時完売となり、次回発送は11/1からとなりますのでご了承下さいませ。

TempleATS STORE担当より



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


Love letter from MANMAN


d0158942_04102962.jpg




Letter from 志人

d0158942_04394705.png

- 「MANMAN」は、よっさん(440)と私がずっと温めてきたグループであり、大切にしてきた、大切にしすぎて陽の目を見なかった作品たちです。 
 私の作品を聴いて下さっている方々には、どこかで聴いたことのあるフレーズが含まれている曲や、全く聴いたことがないであろう新曲も収録されています。
新曲? いや、僕らにとっては10年以上前から作り始めていたはずなんだけどな。。
 あの曲もこれが元祖。本家本元ルーツなのです。
たくさん笑って、たくさん泣いて、作りました。
まぁ、よっさんの前では時を忘れていつも笑ってたかな。。
沢山のうたが産まれました。
 よっさんとでしか出来なかったこと、MANMANでやっています。
 そしてずっとやりたかったこと、永年の夢を一つ形にしてみました。 
まずはシングルですが、特に想い入れの強い曲達を集めてみました。
来年にはアルバムを出したいなと思っています。いつも計画性無く絵描く性格なMANMANですが、
よっさん、作ってみようよ。
お互い、いつどうなるかなんて分からないからさ。
この曲、いつから作り始めたっけ? もう疾うの昔。忘れてしまったよ。
それでもずっと追い続けていました。
僕らなりの歩幅で。

宜しければ聴いてみてやってください。  --- 志人



Letter from 440


d0158942_06503029.png

- 「MANMAN」と書くのか、もしくは「まんまん」なのか、、
「MANMAN」そのものに意味はないが、志人とは昔からなぜかその言葉のイメージを共有している。
アーティスト名に捕らわれず、自由な作品、二人が好きな作品み出していくのが「MANMAN」なのである。

今回発表する3曲は元々ずっと昔に作り上げたトラック達だが、うやく今、世の中に発表するにあたり、再び命を吹き込み進化して蘇った楽曲である。

志人はすでに様々な作風の作品を残しているが、「MANMAN」における彼の歌声はまた新たな一面を魅せてくれた。

僕らはやっと一歩目を踏み出したところ。時代に流されずこれからも「MANMAN」らしく歩んでいきたい

そんな「MANMAN」の代表曲が、老若男女世代を問わず多くの方に届くことを願っています。 --- 440




MANMAN解説とMANMANへ寄せる想い  
text by 着火ライター 穴あきアナライザー

MANMANとは  
トラックメーカー:440 & うたの人:志人 による覆面グループである。 
d0158942_04171754.png

440と志人は学生時代に大隈講堂前で出会った。志人も又、なのるなもないと大隈講堂前で出会った。
学生時代の志人となのるなもないは、その浮ついた存在故にあまり親しくしてくる者も少なく、周囲からは文字通り煙たがれるような存在であった。
しかし440はその煙たい存在を面白がり、なのるなもないと志人を繋ぎ、後に降神が結成された。
440は降神兜、なのるなもないは降神鶴、志人は降神非行期と名乗り、『降神』として初めての人前でのライブを経験する。
以降、440は降神のバックDJとして数え切れないほど彼らのステージを支え続けていた。
降神、そして志人としての活動の源流を支えたのは紛れもなく440の存在が大きい。

d0158942_06573319.png
大隈講堂前 1969


そんな440がDJとしてではなく、トラックメーカーとして曲を作り出したのはかなり昔の事になる。
440が志人へ提供した楽曲では「心にいつも平和を抱いて〜No More War〜」が『微生物EP』2011年(現在廃盤作品)に収録されていた。
本曲も未だ尚、多くの人を魅了し、何年経っても色褪せることなく我々の心へ深く響き続けている。
本人たち曰く、2009〜2010年、今から約10年前「心にいつも平和を抱いて〜No More War〜」を制作当時、440&志人で「MANMAN」という謎の響きを持った合言葉が度々交わされる様になり、いつしか「MANMAN」は二人の中で定着していったのだそうだ。 
その頃に440と志人は「いつかMANMANで作品を作ろう。」と心に決めていたのだという。
しかし彼らの歩幅は鈍足で、ついつい蛇行してしまい、作品たる作品を世に残せずに歳月を重ねるばかりであった。

再び彼らが本腰を入れてMANMANへ息を吹き込み出したのは一昨年、志人が440からここ数年間で作り溜めた音源集を渡されてからである。
志人はその440の音源を聴き、まるで夢の続きを見る様にのめり込んでいった。
それは、完結を迎えずに二人の心の中だけで置き去りにされてきたMANMANの過去の埋蔵した音源から生まれ変わった楽曲であったり、今までの音楽人生の軌跡を辿る様な素晴らしい楽曲群であった。
その後、彼らは非常にマイペースながら制作を進め、MANMANは記憶喪失した過去をなぞるだけではなく、懐かしき未来に今を吹き込み、
MANMANでしかこの世に産み落とせなかった後世に残る名曲の数々を記録していった。

「MANMAN」フルアルバムに先駆けて、その名曲集のシングルカット「MANMAN/MANMAN」がやっとの事陽の目を見る日がやって来た。
このシングルに収録されている楽曲達は確実に私達がこの地球を去った後でも愛され続ける音楽だ。

440のトラックメーカーとしての素晴らしさ、音源から滲み出る440の人間性の寛容さを、そして440でしか引き出せなかった志人の"うた心"を存分に堪能出来る内容となっている。MANMANが作る曲はどうしてこれほどまでに心へ浸透して来るのだろう? 音楽を心から楽しんで作っている二人の姿が目に浮かぶのだ。
そして鈍足な夢追い人だからこそ描くことが出来る世界観が心を締め付けられる程に愛おしく、とてつもなく美しい。
表現の、そして"うた"の生まれる瞬間を搔き集めた様な初期衝動に溢れた「MANMAN」ならではの楽曲達は、とても優しく、限りなく壮大で、私たちが忘れかけた子供心を取り戻す助け舟をそっと渡してくれる

志人の"うた"においては、過去の作品群の中でも群を抜いてクラシック(名曲)と呼ばれる曲の連発であり、
日本の、そして世界の音楽史の中でもタイムレスに響き続けるであろう不朽の名作と言っても過言ではないだろう。

今ひとたび、440と志人の巡り合わせにありがとう!と、そして「MANMAN」の門出におめでとう!を心から。   

 -------- text by 着火ライター: 穴あきアナライザー


-----------------------------------------------------------------------------------------------------


TempleATS STORE ページにて「MANMAN/MANMAN」予約開始しております!




※TempleATS STORE 休業期間につきまして: 2019年10/1〜10/29まで オンラインストアの営業が休業となります。

2019年10/1〜10/29までSTORE担当者が海外派遣中の為、TempleATS STOREの営業が一時停止致します。
この期間内、誠に申し訳御座いませんがSTOREページからは全ての作品をご注文頂けなくなりますのでご注意下さいませ。
STOREの通常営業再開は11/1〜を予定しております。 
「MANMAN」新作も9/30までで一時完売となり、次回発送は11/1からとなりますのでご了承下さいませ。

TempleATS STORE担当より

d0158942_04102962.jpg




「MANMAN/MANMAN」  9/9 Coming Sooooon!



d0158942_23284106.jpg































MANMAN = 440 & 志人  Coming sooooon!!

MANMANとは  
トラックメーカー:440 & うたの人:志人 による覆面グループである。 

d0158942_04102962.jpg






「MANMAN」 9/9 Coming Soooon!


440と志人からなる覆面グループ「MANMAN」!!
「MANMAN」アルバムに先駆けて、シングルをリリースします!

440と志人の永年の想いが詰まった不朽の名作がマスタリング終了間近です。



- 「MANMAN」は、よっさん(440=よしお)と私がずっと温めてきたグループであり、大切にしてきた、大切にしすぎて陽の目を見なかった作品たちです。 
 私の作品を聴いて下さっている方々には、どこかで聴いたことのあるフレーズが含まれている曲や、全く聴いたことがないであろう新曲も収録されています。
新曲? いや、僕らにとっては10年以上前から作り始めていたはずなんだけどな。。
 あの曲もこれが元祖。本家本元ルーツなのです。
たくさん笑って、たくさん泣いて、作りました。
まぁ、よっさんの前では時を忘れていつも笑ってたかな。。
沢山のうたが産まれました。
 よっさんとでしか出来なかったこと、MANMANでやっています。
 そしてずっとやりたかったこと、永年の夢を一つ形にしてみました。 
まずはシングルですが、特に想い入れの強い曲達を集めてみました。
来年にはアルバムを出したいなと思っています。いつも計画性無く絵描く性格なMANMANですが、
よっさん、作ってみようよ。
お互い、いつどうなるかなんて分からないからさ。
この曲、いつから作り始めたっけ? もう疾うの昔。忘れてしまったよ。
それでもずっと追い続けていました。
僕らなりの歩幅で。

宜しければ聴いてみてやってください。  --- 志人




これから随時情報を公開して参ります。




























Kyoto experiment 2016 「POTAL」作:林慎一郎 演出:維新派 松本雄吉 で林慎一郎氏作品に出演した志人が

林慎一郎氏作・演出の新作演劇「ジャンクション」の関連ワークショップ#02

"客人(まろうど)オンザロード〜The Stranger’s lyricism 〜 ​"  にて

ファシリテーターを務めます。


d0158942_19255451.png



d0158942_19163713.jpg

8/10  
Workshop #02 @大阪府立 江之子島文化芸術創造センター[enoco]  
"客人(まろうど)オンザロード〜The Stranger’s lyricism 〜 ​"  

ファシリテーター:志人

アシスタント:林慎一郎・金子仁司(kondaba

詳細は:https://taikutsu.wixsite.com/junction


内のWorkShopの項目にて

2019/11/21-24 江之子島文化芸術創造センターに行います新作公演、 極東退屈道場#010「ジャンクション」。

公演に先駆けて、8/3(土)と8/10(土)の2回に渡って​「ジャンクション」創作のための関連ワークショップを開催します。

今回作品の舞台となる江之子島は、かつて大阪の玄関口でした。
その江之子島の現在の風景を訪れる人々の言葉からを語り起こす試みです。
2回目には「PORTAL」(2016/演出:松本雄吉)で林作品に出演し、その唯一無二の世界観で言葉を紡ぐ詩人、志人(sibitt)を迎え、語る言葉を“詩”に練り上げてみます。

〈「ジャンクション」公演サイト〉
https://taikutsu.wixsite.com/junction

詳細は、お申し込みは上記サイト「WORKSHOP」をご覧ください。ご興味ある方は是非ご参加ください!

======


Workshop #01(ワークショップフェスティバル・ドアーズ13th 参加)

『あなたの見た風景をセリフにする「道案内」演劇』

ファシリテーター:林慎一郎
​アシスタント:金子仁司(kondaba)

道すがら、いつも見ている風景や感じていることを言葉にしてみましょう。
それを「同行者」に伝えながら、演じてみましょう。
現代を生きる人たちの「道行(みちゆき)」を作る試みです。

日時:2019/8/3(土)15:30−17:00(1.5H)
​定員:20名
​参加費:500円
対象:高校生以上
会場:江之子島文化芸術創造センター/enoco 4階
​持ち物:動きやすい服装、筆記用具
共催:大阪府立江之子島文化芸術創造センター〈enoco〉

※以下のワークショップフェスティバル・ドアーズページよりお申し込みください。
https://www.iwf.jp/13osaka/item_826.html

=====
Workshop #02
 
『客人(まろうど)オンザロード
〜The Stranger’s lyricism-ザ・ストレンジャーズ・リリシズム-〜』


ファシリテーター:志人
​アシスタント:林慎一郎・金子仁司(kondaba)

その土地の地理的情報に関して詳しくない"客人(まろうど)/ストレンジャー"がどの様にその土地の道案内をするのか?
更にはその道案内に独自のリリシズムを見出し、それを声に出した時にどの様な響きとなるのか?道案内を自作の詩にしてみましょう。



日時:2019/8/10(土)14:00−17:00(3H)
​定員:10名
​参加費:500円
対象:高校生以上
会場:江之子島文化芸術創造センター/enoco 4階
​持ち物:動きやすい服装、筆記用具
​共催:大阪府立江之子島文化芸術創造センター〈enoco〉

​※1回目を受講の上、参加していただくのが望ましいです。 ただし、どうしても2回目のみの受講しか難しい方は一度お問い合わせください。


お申し込みはこちら
https://taikutsu.wixsite.com/…/ev…/jankushon-kanrenws-zeroni




作品紹介

ジャンクション

Junction
2019.11.21-24
​@enoco
d0158942_19163713.jpg

大阪はかつて海だった。川が運ぶ土砂が数々の島をつくり難波八十島と呼ばれ、今でも島の名のつく地名が多い。そのうちの一つ、江之子島。安治川と木津川が交わり、かつては大阪の玄関口/中心地として大阪府庁があり江之子島政府と称された。今は上空を阿波座ジャンクションと呼ばれ西日本を代表するインダストリアルデザインがとぐろを巻き、その下を地下鉄中央線が地上へ顔を出すと、埋め立てで作られた人工島を目指す。本作品はこの地に建つ江之子島文化創造センターで上演する。数少ない戦前期のモダニズム建築だ。様々な交通の結節点/ジャンクションである立地にならい、観客は館内の4つの空間を別々にツアーしながら物語の終着を目指す。観客は市内をくぐり抜け海へ向かう者、川を上りやってきた者、上空を車で走る者として回遊する。別々の物語を体験したツアーは、この館を七年に渡り居住権を主張し占拠していた者の物語に終着する。かつての大阪の入り口から、観客は現在の大阪を多面的に透かし見る体験する。

作・演出

林慎一郎


日時

2019年11月21日(木)〜24日(日)

11月21日(木) 19:00

11月22日(金) 14:00 / 19:00

11月23日(土) 14:00 / 18:00

11月24日(日) 14:00

料金

一般前売:3200円

一般当日:3500円

ペア:5500円

ユース割引(22歳以下):2000円

​2回目以降の観劇:0円

まもなく発売




大阪府立 江之子島文化芸術創造センター[enoco]


〒550-0006 大阪府大阪市西区江之子島2丁目1−34

06-6441-8050

http://www.enokojima-art.jp

​休館日:月曜日






TempleATS STORE INFO:
d0158942_13200815.jpg

“Outdoor Jam“ Mixed by KOR-ONE  
(コルクコースター、トラックリスト付)8月上旬発売予定 
TempleATS STOREにて予約開始しています。

※本作品は7月31日発売予約作品となっておりましたが、発売元より報告が御座いまして、

8月7日発売と変更になりました。

既にご予約頂いていらっしゃるお客様へは大変ご迷惑をお掛け致しますが、8月7日に発送予定となっております。




d0158942_13203201.jpg
d0158942_13203220.jpg


“Outdoor Jam“

Mixed by KOR-ONE


8月上旬発売予定


価格: 1800円(税別)(コルクコースター、トラックリスト付)

Wind Noise Records 2019

―――――

コルクコースター付きアウトドアミックスCDKOR-ONEと葛西敏彦の共作も収録!



昨年12月に1st アルバムwind noiseをリリースしたことも記憶に新しいKOR-ONEが、レゲエミックスCD"STRICTLY ROCKERS”以来、久々となるミックスCDをリリースする。


今作は、野外BBQをイメージして制作された、ジャムバンドテイストでダビーな音楽をジャンル問わず縦横無尽に繋いでいく一枚で、

70年代のサイケなレアグルーヴから、ワールドミュージックやジャズを経由したブレイクビーツや生バンド音源、

KOR-ONEのスクラッチによってリミックスバージョンのように聞こえるダブ・ビーツ、ドープなジャズファンクのリエディット、

さらにはダブが印象的なテクノ/ハウスなどがミックスされ、ラストにはKOR-ONEとエンジニアの葛西敏彦の共作曲であり、初公開となる”Night Horse"が収録されている。


“Night Horse”は、IKEのカッティングギターとMegumiによるポエトリーリーディング、KOR-ONEのビートとシンセ、葛西敏彦の空間処理が一体となったダブ・ディスコで、

ミックスの最後に相応しいジャムだ。


イラスト含めアートワークはblack sheepsin©️

マスタリングは葛西敏彦。


セットで付いてくるコルクコースターにグラスやマグカップを置いて、開放感とともにお試しあれ。



<コメント>

KOR-ONE『Outdoor Jam』の越境し回帰していくグルーヴが素晴らしい。さすが、約20年のDJのキャリアは伊達じゃない。

90年代中盤にヒップホップDJ(そしてビートメイカー)としてキャリアをスタートしたこの男は、レア・グルーヴを探究する一方で、

00年代中盤以降は獰猛で貪欲でチャーミングなパーティ・フリークが集うクレイジー&ファニーな現場で身体感覚を変容させ、DJの腕を磨き、そして数年前に南の島へ飛んだ、、、

そんなKOR-ONEが「Outdoor Jam」=“屋外の即興”と名付けたMIXを久々に野に放つ。興奮せざるを得ない。

これは、ディグと踊り場の経験に裏打ちされた選曲、確かな技術(カット・イン、ロング・ミックス、スクラッチ)、そして音の旅に対するピュアな好奇心の鮮やかな結晶だ。

一例を挙げよう。

アフロ・レゲエからディスコ・ラップへ鋭いスクラッチをかましてカット・イン、そしてオールド・スクール・ヒップホップの躍動的なラテン・パーカッションに導かれるように、

そのラテン性を糸口にハワイアン・フュージョンへつなぎ、再びアフロに回帰してくる中盤付近の円環運動は、

われわれがソファに座って液晶画面の世界に向かい合うことをもはや許してはくれないのだ。

Do The Outdoor Jam!!


二木信



<KOR-ONEプロフィール>

TempleATSのビートメイカー。

2000年頃より活動し、志人、なのるなもない、chiyoriにトラック提供、その後はMPC奏者/beatmakerとしてMemoryStormでアルバムをリリース、同時期に降神のライブDJでも各地を廻る。

2012年から沖縄に居を移し、2018年に待望の1stアルバム”WIND NOISE”を発表した。


http://twitter.com/KOR_ONE

http://soundcloud.com/kor-one

http://templeats.net/artists/kor-one




“Outdoor Jam“ Mixed by KOR-ONE  
(コルクコースター、トラックリスト付)8月上旬発売予定 
TempleATS STOREにて予約開始しています。

※本作品は7月31日発売予約作品となっておりましたが、発売元より報告が御座いまして、

8月7日発売と変更になりました。

既にご予約頂いていらっしゃるお客様へは大変ご迷惑をお掛け致しますが、8月7日に発送予定となっております。




【"FATWOOD" TerraVerde alias sibitt お取り扱い店舗様情報】
d0158942_09484208.jpg
【"FATWOOD" TerraVerde alias sibitt お取り扱い店舗様情報】 順不同/敬称略

◼︎WENOD様

FATWOOD 【CD】単品注文
https://www.wenod.com/?pid=143220746

CD+Tシャツ BLUE JEAN SET
https://www.wenod.com/?pid=143221125

CD+Tシャツ GREY SET
https://www.wenod.com/?pid=143221429



◼︎DISK UNION様 

https://diskunion.net/portal/ct/detail/1007933292


お取り扱い頂いている各店店舗内にてお取り扱い中です。

◼︎Shabby sic ポエトリー様

http://shop.shabbysicpoetry.jp/?mode=srh&cid=&keyword=Terra+Verde


◼︎TROOP RECORDS様

http://trooprecords.net/?pid=143219109


◼︎JET SET

https://www.jetsetrecords.net/i/412005627709/


◼︎ほんとレコード様

京都府京都市上京区丸太町通河原町西入信富町325−2吉成ビル 4F

店舗内にてお取り扱い中です。


◼︎ワンループレコード様

新潟県長岡市坂之上町2丁目3−2 2F

店舗内にてお取り扱い中です。

◼︎CASTLE RECORDS 様

FATWOOD 【CD】単品注文
http://www.castle-records.net/products/detail.php?product_id=9701


◼︎ロータリー松葉様

〒501-2105 岐阜県山県市高富1201−3

店舗内にてお取り扱い中



◼︎TOWER RECORD 限定店舗様

・タワーレコード渋谷店様

・タワーレコード新宿店様

・タワーレコード札幌ピヴォ店様

・タワーレコード福岡パルコ店様

・タワーレコード横浜ビブレ店様

・タワーレコード名古屋パルコ店様

・タワーレコード広島店様

・タワーレコード京都店様

・タワーレコード神戸店様

・タワーレコード難波店様

・タワーレコード梅田NU茶屋町店様

・タワーレコードオンライン様


にてお取り扱い中です。



お取り扱い店舗様情報は随時更新致します。



TempleATS STORE でも現在お取り扱い中です。

















志人が変名「TerraVerde」名義による全編英詩の壮大な物語 "FATWOOD" TerraVerde alias sibitt
2019年6月24日発表。

同時発売のTerraVerde "Inverted Tree 逆さまの樹"Tシャツは完売致しました。

尚、お取り扱い店舗様では若干在庫が御座います。
詳細は各お取り扱い店舗様へお問い合わせ下さいます様宜しくお願い致します。

------TempleATS STORE 担当より


d0158942_11570938.jpg



d0158942_11564626.jpg


d0158942_12020222.jpg




d0158942_12045743.jpeg


志人が変名「TerraVerde」名義による全編英詩の壮大な物語 "FATWOOD" TerraVerde alias sibitt
2019年6月24日発表。
TempleATS STOREをはじめ、流通店舗様にて予約開始しています。

FATWOODジャケット告知用.jpg


TempleATS STORE 予約ページ:



志人の変名「TerraVerde」名義となる"洋題 "FATWOOD" 邦題 "ファットウッド " 初回盤限定生産CDが完成。

現在に至るまで、日本語の表現に重きを置いて詩作活動を行ってきた志人であるが、
TerraVerde(志人の別名議)では英語と若干のフランス語により全編の詩が構成されているという言語表現の新たな可能性を秘めた音源である。
今作は志人自身初となる全編英詩による壮大な物語"FATWOOD"を根幹とし、
"FATWOOD"第一章/第二章/最終章の三編のバックトラックは志人自らがピアノ演奏や土笛演奏に独自のプラグイン処理を施したサウンドプロデュースも手懸けている。
2018年に志人/玉兎名義で発表された「映世観-うつせみ-」にてその世界観を支えたdj aoが今作でも「"Cardiac Pacemaker/ 心臓ペースメーカー"」「 "Mon Amie -Me We-/ 友 -虹を捜す者達-" 」にてtrackをプロデュースし、志人(Terra Verde)の英詩に彩りを施し、聴者を未曾有の体験へと誘う。

本アルバムにはSpecial Episodes として志人/玉兎名義での日本語詩の新曲「懐胎/解体」や志人自身の演奏によるピアノ楽曲も収録されている。
初回限定盤CDには全曲の歌詞と志人自身による解釈の英詩の日本語翻訳が追記された歌詞カード16Pが封入されている。
同時発売で"Inverted Tree-逆立ちの樹-" Tシャツ(限定生産)Design by TerraVerde alias sibitt も予約開始。

” 向こう見ずな冒険心に火を焚べる天然の着火剤「FATWOOD/ファットウッド」
挑戦する事を怖れるな 体感せよ 
これは耳で聴く 脳で読む 心に沁みる壮大な映画であり 
ひとひらの人生の体験である "

FATWOODジャケット告知用web.jpg





TempleATS STORE 予約ページ:

◼︎"FATWOOD" Terra Verde alias sibitt 作品レビュー by 穴あきアナライザー

今作は志人の表現活動の中ではじめての全編英詩の楽曲群で構成されていると聞いて、私は驚きを隠せなかった。
彼にいったい何があったのか? 日本語表現の極みまで探求していると思われる志人が何故に他言語での表現に挑んだのか?
そこら辺は特典ポストカードに封入されている"Anatatome 特設"TerraVerde alias sibitt"インタビューページで本人を直撃インタビューしているのでお楽しみ頂きたい。

本作品を聴かせて頂き、Terra Verdeの詩世界に触れる事で、日本語では出来なかった詩の内容や、より壮大なテーマに踏み入ったTerra Verdeの思惑を英語が堪能ではない私でも少なからず理解出来たと思っている。それは英詩の意味を理解する以前に、TerraVerdeの念の様なものを感じ取ったという方が正しい様な気がする。
同時に今作は、バイリンガルやネイティブスピーカーでは逆に困難な、ある種のストレンジャーが醸し出す独特な英語の言い回しや発音、発声方法にも新たな可能性を見出している一作であると思わされた。又、日本語と英語を両方使い巧みにRAPするバイリンガルラップとは完全に異なり、Terra Verdeの作品においては99%が英詩で構成され、1%の日本語詩は、わずか「真言」と「まんまる」というフレーズのみ使用されている。TerraVerdeにおいても、志人においてもその表現の根底に必ず共通してある部分としては、"マコトのコトバを唱える"と言う部分なのではなかろうか?
又、時という概念や自我をも超越した"FATWOOD"は現実世界での出来事なのか、はたまた夢の中での物語なのか、定かではない遥か雲を掴むようなストーリーであり、
Terra Verdeはまさに今作で我々にありありとその雲を掴んで見せてくれるのだ。

かつてはバックパッカーでアジア放浪に明け暮れた老婆心を持つ旅人であり、その身一つで廃れたコミューンのトレーラーハウスを転々としたり、redwoodやフンボルトベイで野宿を経験していた志人が旅の道中で「Heaven`s恋文」や「アヤワスカEP」を世に産み落とし、より深い精神世界へと潜り込んだ果てに生まれた「発酵人間」があり、その先には旧友とアブストラクトの境地に再び立ち、近年数々の作品を世に残してきた。
"FATWOOD"はその志人の果てしなき表現への探究心が辿り着いた一つの着床点であり、志人の表現の旅路の新たな門出を想わせる。

見よこのゴアギルを想わせるかの様なトランシーなアートワークを! 志人がこの様なデザインを起用するとは驚愕である。 
いいや、これは志人ではなく、紛れもなく彼の中で生き続けてきた"Terra Verde" の作品なのだ。

いつだって我々はSTAND BY MEの様なTreehouseの隠れ家が欲しくて、グーニーズの様な仲間に憧れて、大人になんかなりたくなくて、子供のまま、ハンモックに揺られていたいのだ。
子供心と夢見心、それを失いたくはないはずだ。 いつか観た青春のワンシーンが未だ尚私の脳裏には深く刻み込まれている。
亀の甲より年の功は勿論の事ではあるが、永遠に若くいること、それは?

その永遠の問いかけに対して

"Keep learning ,Soul Searching =Forever Young"とTerraVerdeは諭す。


作品の内容全てを公開する事は出来ないが、まずこのCDに付属している歌詞カード16pを読むにあたり、膨大な文字量に目が眩む。
やはり志人であろうとTerraVerdeであろうと、一曲一曲に込められた言語情報量が凄まじい事に気付かされる。
本人曰く、「英語から先に来た詩なので、先に英詩を描き、後に和訳しました。」ー とのことである。
なるほど、この壮大な世界観の構築に日本語が先にあったわけでは無い事にも驚かされる。
これは歌詞カードを読めば分かる事であるが、1ページ両開き左側に英詩、右側に日本対訳が書かれている。
対訳に関しても、志人自信が手懸け、非常に味のある対訳となっている。
英詩を読み、対訳を読み、読解を深める。そんな楽しみ方も出来るのがとても嬉しい。
英文法的には、もし赤ペン先生が居たら添削で十分に引っかかってしまう部分も多々ある。
しかし、英詩ならではの言葉の響きや日本語では成し得なかったであろう直接的表現の数々やブロークンポエットに引き込まれ、
いつしか"FATWOOD"は、ただの一編の物語ではなく"壮大な詩"なのであるという事に気付かされる。
「英語としてはおかしい部分が多々あると思います。しかし意味よりも想いが先にあり、体験こそが重要だと思い挑みました。」ー と作者は語る。
間違いを怖れずに挑戦している姿に強い勇気を感じずにはいられない。
そうなのだ、本作は向こう見ずな挑戦と冒険に満ち満ちた人生の醍醐味を我々に思い出させてくれる作品なのである。

アルバムの内容は英詩の壮大なストーリー" FATWOOD/ファットウッド "がアルバム全体の根幹を支え、
時にアナザーワールドへ導かれるようにしてdj aoのBeatミュージックとTerraVerdeの独特な英詩フローと様々な声色が縦横無尽に旅を誘う。
しかし、その世界も根幹の"FAT WOOD/ファットウッド"に飲み込まれ、包み込まれる様にして物語の重要な一場面として絶妙な異次元空間のガイダンス的な役割を構築している。

主人公は誰なのか? 私なのか? 沼地で出会った麻縄を手にした髭もじゃの老人との出会い、 ハイペリオンツリーの木登り体験、
精巣の中の子供の声、樹の声、、母の声、父の声、、、何者でも無い遥かな声、、、

本作品は登場人物の豊かな個性を存分に引き出したTerraVerdeの様々な声色も楽しめる事が出来る。

Special Episodes として志人/玉兎名義とdj aoの新曲「懐胎 解体」(日本語楽曲)や志人自身のピアノ演奏曲も収録されている。
日本語の楽曲は志人節の炸裂した「懐胎/解体」では、命を"頂く"という事は如何なることなのか?を獣達の死を目撃する当事者として切実に物語っているパートにも志人の死生観が現れている。
実生活と人生の体験から生まれた詩の数々と、「いただきます」「こ馳走様でした」と人は命に感謝し、弔い、"生きること"のすぐ傍にある"死すること"を噛み締める。
命を咀嚼する事を我々は今一度本曲を聴いて考えさせられる内容となっている。dj aoの楽曲のアカシックレコードを再生するかの様な美しい楽曲にも心を奪われる。

作品を聴き終えて、今作は志人自身が元来やってみたかった世界観の一つの完成系なのではなかろうかと思えた。
サウンドプロデュースも自らが行うことで、より作者自身の心を読み取ることが可能となり、そのサウンドもジャンル分けし辛い領域に在る。
ますますこの志人と言う表現者の底知れなさを感じずにはいられなくなった。


因みにタイトルの"FAT WOOD/ファットウッド"とは、太い木と言う意味の他、
枯れた松の木の松脂(松ヤニ)を多く含んでいる部分のことで、松脂の油分でよく燃え、天然の着火剤として知られるそうだ。
「本編ファットウッドの物語の中で"松脂の如く凝縮された生き方の哲学"が語られているので、タイトルをこう名付けた」TerraVerdeは語る。
そして、枯れても尚、ファットウッドは腐ることが無いという。
樹々が生きているうちに経験した事が凝縮されているのかも知れない。
それは我々人類にどの様な哲学を齎してくれるのであろうか?

ではお楽しみ頂きたい。

” 向こう見ずな冒険心に火を焚べる天然の着火剤「FATWOOD/ファットウッド」
挑戦する事を怖れるな 体感せよ 
これは耳で聴く 脳で読む 心に沁みる壮大な映画であり 
ひとひらの人生の体験である "

 
                               -------- "FAT WOOD/ファットウッド" レビュー by 穴あきアナライザー

"FatWood" Terra Verde alias sibitt  初回盤CD

◼︎限定生産CD 初回盤 在庫がなくなり次第完売、初回盤お取り扱い終了致します。

◼︎価格:2,300円(税別)

◼︎特典ポストカード付き


収録内容:

"FATWOOD" TerraVerde alias sibitt

1. FATWOOD CHAPTER "Moon Shine" / ファッドウッド 第一章 "月光 / 密造酒"    全編英詩

Story by TerraVerde
Sound Effect / Earthen Flute by sibitt


2. "Cardiac Pacemaker   / 心臓ペースメーカー"   全編英詩

lyrics by TerraVerde
produced by dj ao

3. FATWOOD CHAPTER - "Standing like curious fellow at Billabong " / ファッドウッド 第二章 "干潟に立つ狂兎"   全編英詩

Story by TerraVerde
produced /sound effect by sibitt


4."Mon Amie- ME WE- / 友 -虹を捜すものたち-"    全編英詩

lyrics by TerraVerde
produced by dj ao


5. FATWOOD THE FINAL CHAPTER - "The memories in the womb " / ファッドウッド 最終章 "胎内記憶"   全編英詩

Story by TerraVerde
produced /piano/sound effect by sibitt

6."THE LAST HEART BEAT ECHO / -最期の鼓動-  "

produced /piano/sound effect by sibitt


- Special Episodes -

7."懐胎 解体"   日本語歌詞

lyrics by 志人/玉兎 
produced by dj ao

8. "The memories in the womb "  Piano Instrumental

produced /piano/sound effect by sibitt



Vocal recorded at KURA

Piano recorded at TATAMIZASHIKI

Japanese translation by broken words stranger alias sibitt

track1,3,5,6,8 mixed by sibitt

track2,4,7 mixed by Takahiro Yamaguchi

collage art by Terra Verde
"THE LAST HEART BEAT ECHO" ,"懐胎/解体" Art works by Amako

Additional Layout by Daiki Kato

All track Mastered by Takahiro Yamaguchi





◼︎16P フルカラー歌詞カード/日本語対訳付





同時発売:TerraVerde "Fad Wood" Goods
"Inverted Tree-逆立ちの樹-" Tシャツ (限定生産)
Design by TerraVerde alias sibitt

d0158942_20470758.jpg
d0158942_20471100.jpg

◉Tシャツ単体注文定価:3500円     

◉"FatWood" Terraverde alias sibitt CD+ Tシャツ SET販売価格: 5,500円

d0158942_00072834.jpg


d0158942_00065398.jpg







サイズ: Mサイズのみ

身丈:71cm
身幅:50cm
桁丈:45cm


※こちらのTシャツはMサイズのみのお取り扱いとなります。 他のサイズのお取り扱いは現在御座いません。
 イメージと致しましては、通常のMサイズよりもややゆったりとしたサイズ感で、普通のTシャツのLサイズを着用される方でも問題なく着こなせるサイズです。
 普通のTシャツでMサイズを着用される方でもダボダボの大きすぎるというサイズでは御座いません。 小さすぎないMサイズという感じです。
 女性の方はSサイズはご用意がないのですが、腕部分を捲り上げたり、裾をズボン等に入れれば大きすぎず着こなせるのではと思います。  -- Goods 担当より



ボディカラー: BlueJean / Grey 2種類 (完売)
デザインプリントカラー: White print


d0158942_20474652.jpg
d0158942_20474179.jpg
Design by Terra Verde alias sibitt


Tシャツボディ仕様:

Comfort Colorsの生地を使用。

ABOUT:Comfort Colors

1975年、バーモント州の片田舎で産声を上げたComfort Colors®は創業当時からTシャツの生地感と色合いにこだわりを持ち続けるブランドです。
オープエンドのざっくりとしたTシャツが主流であった当時のアメリカではめずらしくリングスパンコットンを使用したソフトな質感と、独自に磨いた染め技術で、
Comfort Colors®は他に類を見ない色鮮やかな着心地のよい後染めTシャツを世に送り出してきました。
Comfort Colors®のTシャツは着心地と色合いを追求するために、なんと50回ものウォッシュ加工を経て完成されるのです。
そんなユニークなアメリカンTシャツブランドとしての地位を確立して約40年、Comfort Colors®

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Comfort ColorsTシャツ注意書き:

Comfort ColorsのTシャツは着心地と色合いを追求するために、50回のウォッシュ加工を経て作られる後染めTシャツです。
そのため若干の生地のよれ、ほつれ、染具合の個体差が生じることがございますが商品自体に問題はございません。
他種のTシャツボディと比べて、とても味のある質感です。
通常のTシャツよりもかなり手の込んだウォッシュ加工と後染め加工の制作工程を経ているため、
若干の生地のよれ、ほつれに関しましては返品対象外でございますので、ご理解頂けますと幸いです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




"FATWOOD" Terra Verde alias sibitt   2019年6月24日発表予定

TempleATS STORE 予約ページ:http://templeats.net/store/

志人 blog  Where`s sibitt? : https://sibitt.exblog.jp/






TempleATS STORE 予約ページ:



志人が変名「TerraVerde」名義による全編英詩の壮大な物語 "FATWOOD" TerraVerde alias sibitt
2019年6月24日発表予定。
TempleATS STOREをはじめ、流通店舗様にて予約開始しています。

FATWOODジャケット告知用.jpg


TempleATS STORE 予約ページ:



志人の変名「TerraVerde」名義となる"洋題 "FATWOOD" 邦題 "ファットウッド " 初回盤限定生産CDが完成。

現在に至るまで、日本語の表現に重きを置いて詩作活動を行ってきた志人であるが、
TerraVerde(志人の別名議)では英語と若干のフランス語により全編の詩が構成されているという言語表現の新たな可能性を秘めた音源である。
今作は志人自身初となる全編英詩による壮大な物語"FATWOOD"を根幹とし、
"FATWOOD"第一章/第二章/最終章の三編のバックトラックは志人自らがピアノ演奏や土笛演奏に独自のプラグイン処理を施したサウンドプロデュースも手懸けている。
2018年に志人/玉兎名義で発表された「映世観-うつせみ-」にてその世界観を支えたdj aoが今作でも「"Cardiac Pacemaker/ 心臓ペースメーカー"」「 "Mon Amie -Me We-/ 友 -虹を捜す者達-" 」にてtrackをプロデュースし、志人(Terra Verde)の英詩に彩りを施し、聴者を未曾有の体験へと誘う。

本アルバムにはSpecial Episodes として志人/玉兎名義での日本語詩の新曲「懐胎/解体」や志人自身の演奏によるピアノ楽曲も収録されている。
初回限定盤CDには全曲の歌詞と志人自身による解釈の英詩の日本語翻訳が追記された歌詞カード16Pが封入されている。
同時発売で"Inverted Tree-逆立ちの樹-" Tシャツ(限定生産)Design by TerraVerde alias sibitt も予約開始。

” 向こう見ずな冒険心に火を焚べる天然の着火剤「FATWOOD/ファットウッド」
挑戦する事を怖れるな 体感せよ 
これは耳で聴く 脳で読む 心に沁みる壮大な映画であり 
ひとひらの人生の体験である "

FATWOODジャケット告知用web.jpg





TempleATS STORE 予約ページ:

◼︎"FATWOOD" Terra Verde alias sibitt 作品レビュー by 穴あきアナライザー

今作は志人の表現活動の中ではじめての全編英詩の楽曲群で構成されていると聞いて、私は驚きを隠せなかった。
彼にいったい何があったのか? 日本語表現の極みまで探求していると思われる志人が何故に他言語での表現に挑んだのか?
そこら辺は特典ポストカードに封入されている"Anatatome 特設"TerraVerde alias sibitt"インタビューページで本人を直撃インタビューしているのでお楽しみ頂きたい。

本作品を聴かせて頂き、Terra Verdeの詩世界に触れる事で、日本語では出来なかった詩の内容や、より壮大なテーマに踏み入ったTerra Verdeの思惑を英語が堪能ではない私でも少なからず理解出来たと思っている。それは英詩の意味を理解する以前に、TerraVerdeの念の様なものを感じ取ったという方が正しい様な気がする。
同時に今作は、バイリンガルやネイティブスピーカーでは逆に困難な、ある種のストレンジャーが醸し出す独特な英語の言い回しや発音、発声方法にも新たな可能性を見出している一作であると思わされた。又、日本語と英語を両方使い巧みにRAPするバイリンガルラップとは完全に異なり、Terra Verdeの作品においては99%が英詩で構成され、1%の日本語詩は、わずか「真言」と「まんまる」というフレーズのみ使用されている。TerraVerdeにおいても、志人においてもその表現の根底に必ず共通してある部分としては、"マコトのコトバを唱える"と言う部分なのではなかろうか?
又、時という概念や自我をも超越した"FATWOOD"は現実世界での出来事なのか、はたまた夢の中での物語なのか、定かではない遥か雲を掴むようなストーリーであり、
Terra Verdeはまさに今作で我々にありありとその雲を掴んで見せてくれるのだ。

かつてはバックパッカーでアジア放浪に明け暮れた老婆心を持つ旅人であり、その身一つで廃れたコミューンのトレーラーハウスを転々としたり、redwoodやフンボルトベイで野宿を経験していた志人が旅の道中で「Heaven`s恋文」や「アヤワスカEP」を世に産み落とし、より深い精神世界へと潜り込んだ果てに生まれた「発酵人間」があり、その先には旧友とアブストラクトの境地に再び立ち、近年数々の作品を世に残してきた。
"FATWOOD"はその志人の果てしなき表現への探究心が辿り着いた一つの着床点であり、志人の表現の旅路の新たな門出を想わせる。

見よこのゴアギルを想わせるかの様なトランシーなアートワークを! 志人がこの様なデザインを起用するとは驚愕である。 
いいや、これは志人ではなく、紛れもなく彼の中で生き続けてきた"Terra Verde" の作品なのだ。

いつだって我々はSTAND BY MEの様なTreehouseの隠れ家が欲しくて、グーニーズの様な仲間に憧れて、大人になんかなりたくなくて、子供のまま、ハンモックに揺られていたいのだ。
子供心と夢見心、それを失いたくはないはずだ。 いつか観た青春のワンシーンが未だ尚私の脳裏には深く刻み込まれている。
亀の甲より年の功は勿論の事ではあるが、永遠に若くいること、それは?

その永遠の問いかけに対して

"Keep learning ,Soul Searching =Forever Young"とTerraVerdeは諭す。


作品の内容全てを公開する事は出来ないが、まずこのCDに付属している歌詞カード16pを読むにあたり、膨大な文字量に目が眩む。
やはり志人であろうとTerraVerdeであろうと、一曲一曲に込められた言語情報量が凄まじい事に気付かされる。
本人曰く、「英語から先に来た詩なので、先に英詩を描き、後に和訳しました。」ー とのことである。
なるほど、この壮大な世界観の構築に日本語が先にあったわけでは無い事にも驚かされる。
これは歌詞カードを読めば分かる事であるが、1ページ両開き左側に英詩、右側に日本対訳が書かれている。
対訳に関しても、志人自信が手懸け、非常に味のある対訳となっている。
英詩を読み、対訳を読み、読解を深める。そんな楽しみ方も出来るのがとても嬉しい。
英文法的には、もし赤ペン先生が居たら添削で十分に引っかかってしまう部分も多々ある。
しかし、英詩ならではの言葉の響きや日本語では成し得なかったであろう直接的表現の数々やブロークンポエットに引き込まれ、
いつしか"FATWOOD"は、ただの一編の物語ではなく"壮大な詩"なのであるという事に気付かされる。
「英語としてはおかしい部分が多々あると思います。しかし意味よりも想いが先にあり、体験こそが重要だと思い挑みました。」ー と作者は語る。
間違いを怖れずに挑戦している姿に強い勇気を感じずにはいられない。
そうなのだ、本作は向こう見ずな挑戦と冒険に満ち満ちた人生の醍醐味を我々に思い出させてくれる作品なのである。

アルバムの内容は英詩の壮大なストーリー" FATWOOD/ファットウッド "がアルバム全体の根幹を支え、
時にアナザーワールドへ導かれるようにしてdj aoのBeatミュージックとTerraVerdeの独特な英詩フローと様々な声色が縦横無尽に旅を誘う。
しかし、その世界も根幹の"FAT WOOD/ファットウッド"に飲み込まれ、包み込まれる様にして物語の重要な一場面として絶妙な異次元空間のガイダンス的な役割を構築している。

主人公は誰なのか? 私なのか? 沼地で出会った麻縄を手にした髭もじゃの老人との出会い、 ハイペリオンツリーの木登り体験、
精巣の中の子供の声、樹の声、、母の声、父の声、、、何者でも無い遥かな声、、、

本作品は登場人物の豊かな個性を存分に引き出したTerraVerdeの様々な声色も楽しめる事が出来る。

Special Episodes として志人/玉兎名義とdj aoの新曲「懐胎 解体」(日本語楽曲)や志人自身のピアノ演奏曲も収録されている。
日本語の楽曲は志人節の炸裂した「懐胎/解体」では、命を"頂く"という事は如何なることなのか?を獣達の死を目撃する当事者として切実に物語っているパートにも志人の死生観が現れている。
実生活と人生の体験から生まれた詩の数々と、「いただきます」「こ馳走様でした」と人は命に感謝し、弔い、"生きること"のすぐ傍にある"死すること"を噛み締める。
命を咀嚼する事を我々は今一度本曲を聴いて考えさせられる内容となっている。dj aoの楽曲のアカシックレコードを再生するかの様な美しい楽曲にも心を奪われる。

作品を聴き終えて、今作は志人自身が元来やってみたかった世界観の一つの完成系なのではなかろうかと思えた。
サウンドプロデュースも自らが行うことで、より作者自身の心を読み取ることが可能となり、そのサウンドもジャンル分けし辛い領域に在る。
ますますこの志人と言う表現者の底知れなさを感じずにはいられなくなった。


因みにタイトルの"FAT WOOD/ファットウッド"とは、太い木と言う意味の他、
枯れた松の木の松脂(松ヤニ)を多く含んでいる部分のことで、松脂の油分でよく燃え、天然の着火剤として知られるそうだ。
「本編ファットウッドの物語の中で"松脂の如く凝縮された生き方の哲学"が語られているので、タイトルをこう名付けた」TerraVerdeは語る。
そして、枯れても尚、ファットウッドは腐ることが無いという。
樹々が生きているうちに経験した事が凝縮されているのかも知れない。
それは我々人類にどの様な哲学を齎してくれるのであろうか?

ではお楽しみ頂きたい。

” 向こう見ずな冒険心に火を焚べる天然の着火剤「FATWOOD/ファットウッド」
挑戦する事を怖れるな 体感せよ 
これは耳で聴く 脳で読む 心に沁みる壮大な映画であり 
ひとひらの人生の体験である "

 
                               -------- "FAT WOOD/ファットウッド" レビュー by 穴あきアナライザー

"FatWood" Terra Verde alias sibitt  初回盤CD

◼︎限定生産CD 初回盤 在庫がなくなり次第完売、初回盤お取り扱い終了致します。

◼︎価格:2,300円(税別)

◼︎特典ポストカード付き


収録内容:

"FATWOOD" TerraVerde alias sibitt

1. FATWOOD CHAPTER "Moon Shine" / ファッドウッド 第一章 "月光 / 密造酒"    全編英詩

Story by TerraVerde
Sound Effect / Earthen Flute by sibitt


2. "Cardiac Pacemaker   / 心臓ペースメーカー"   全編英詩

lyrics by TerraVerde
produced by dj ao

3. FATWOOD CHAPTER - "Standing like curious fellow at Billabong " / ファッドウッド 第二章 "干潟に立つ狂兎"   全編英詩

Story by TerraVerde
produced /sound effect by sibitt


4."Mon Amie- ME WE- / 友 -虹を捜すものたち-"    全編英詩

lyrics by TerraVerde
produced by dj ao


5. FATWOOD THE FINAL CHAPTER - "The memories in the womb " / ファッドウッド 最終章 "胎内記憶"   全編英詩

Story by TerraVerde
produced /piano/sound effect by sibitt

6."THE LAST HEART BEAT ECHO / -最期の鼓動-  "

produced /piano/sound effect by sibitt


- Special Episodes -

7."懐胎 解体"   日本語歌詞

lyrics by 志人/玉兎 
produced by dj ao

8. "The memories in the womb "  Piano Instrumental

produced /piano/sound effect by sibitt



Vocal recorded at KURA

Piano recorded at TATAMIZASHIKI

Japanese translation by broken words stranger alias sibitt

track1,3,5,6,8 mixed by sibitt

track2,4,7 mixed by Takahiro Yamaguchi

collage art by Terra Verde
"THE LAST HEART BEAT ECHO" ,"懐胎/解体" Art works by Amako

Additional Layout by Daiki Kato

All track Mastered by Takahiro Yamaguchi





◼︎16P フルカラー歌詞カード/日本語対訳付





同時発売:TerraVerde "Fad Wood" Goods
"Inverted Tree-逆立ちの樹-" Tシャツ (限定生産)
Design by TerraVerde alias sibitt

d0158942_20470758.jpg
d0158942_20471100.jpg

◉Tシャツ単体注文定価:3500円     

◉"FatWood" Terraverde alias sibitt CD+ Tシャツ SET販売価格: 5,500円

d0158942_00072834.jpg


d0158942_00065398.jpg







サイズ: Mサイズのみ

身丈:71cm
身幅:50cm
桁丈:45cm


※こちらのTシャツはMサイズのみのお取り扱いとなります。 他のサイズのお取り扱いは現在御座いません。
 イメージと致しましては、通常のMサイズよりもややゆったりとしたサイズ感で、普通のTシャツのLサイズを着用される方でも問題なく着こなせるサイズです。
 普通のTシャツでMサイズを着用される方でもダボダボの大きすぎるというサイズでは御座いません。 小さすぎないMサイズという感じです。
 女性の方はSサイズはご用意がないのですが、腕部分を捲り上げたり、裾をズボン等に入れれば大きすぎず着こなせるのではと思います。  -- Goods 担当より



ボディカラー: BlueJean / Grey 2種類
デザインプリントカラー: White print


d0158942_20474652.jpg
d0158942_20474179.jpg
Design by Terra Verde alias sibitt


Tシャツボディ仕様:

Comfort Colorsの生地を使用。

ABOUT:Comfort Colors

1975年、バーモント州の片田舎で産声を上げたComfort Colors®は創業当時からTシャツの生地感と色合いにこだわりを持ち続けるブランドです。
オープエンドのざっくりとしたTシャツが主流であった当時のアメリカではめずらしくリングスパンコットンを使用したソフトな質感と、独自に磨いた染め技術で、
Comfort Colors®は他に類を見ない色鮮やかな着心地のよい後染めTシャツを世に送り出してきました。
Comfort Colors®のTシャツは着心地と色合いを追求するために、なんと50回ものウォッシュ加工を経て完成されるのです。
そんなユニークなアメリカンTシャツブランドとしての地位を確立して約40年、Comfort Colors®

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Comfort ColorsTシャツ注意書き:

Comfort ColorsのTシャツは着心地と色合いを追求するために、50回のウォッシュ加工を経て作られる後染めTシャツです。
そのため若干の生地のよれ、ほつれ、染具合の個体差が生じることがございますが商品自体に問題はございません。
他種のTシャツボディと比べて、とても味のある質感です。
通常のTシャツよりもかなり手の込んだウォッシュ加工と後染め加工の制作工程を経ているため、
若干の生地のよれ、ほつれに関しましては返品対象外でございますので、ご理解頂けますと幸いです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




"FATWOOD" Terra Verde alias sibitt   2019年6月24日発表予定

TempleATS STORE 予約ページ:http://templeats.net/store/

志人 blog  Where`s sibitt? : https://sibitt.exblog.jp/






TempleATS STORE 予約ページ:










"FATWOOD" Terra Verde alias sibitt   2019年6月24日発表予定
d0158942_00060236.jpg
d0158942_01154341.jpg
d0158942_03540125.jpg


本日よりTempleATS STOREにて予約開始しております。

予約ページ:

















d0158942_00060236.jpg




志人の変名「TerraVerde」名義となる"洋題 "FATWOOD" 邦題 "ファットウッド " 限定生産CDが完成。

現在に至るまで、日本語の表現に重きを置いて詩作活動を行ってきた志人であるが、
TerraVerde(志人の別名議)では英語と若干のフランス語により全編の詩が構成されているという言語表現の新たな可能性を秘めた音源である。
今作は志人自身初となる全編英詩による壮大な物語"FATWOOD"を根幹とし、
"FATWOOD"第一章/第二章/最終章の三編のバックトラックは志人自らがピアノ演奏や土笛演奏に独自のプラグイン処理を施したサウンドプロデュースも手懸けている。
2018年に志人/玉兎名義で発表された「映世観-うつせみ-」にてその世界観を支えたdj aoが今作でも「"Cardiac Pacemaker/ 心臓ペースメーカー"」「 "Mon Amie -Me We-/ 友 -虹を捜す者達-" 」にてtrackをプロデュースし、志人(Terra Verde)の英詩に彩りを施し、聴者を未曾有の体験へと誘う。

本アルバムにはSpecial Episodes として志人/玉兎名義での日本語詩の新曲「懐胎/解体」や志人自身の演奏によるピアノ楽曲も収録されている。
限定生産のCDには全曲の歌詞と志人自身による解釈の英詩の日本語翻訳が追記された歌詞カード16Pが封入されている。

” 向こう見ずな冒険心に火を焚べる天然の着火剤「FATWOOD/ファットウッド」
挑戦する事を怖れるな 体感せよ 
これは耳で聴く 脳で読む 心に沁みる壮大な映画であり 
ひとひらの人生の体験である "

d0158942_19443197.jpg


◼︎
"FATWOOD" Terra Verde alias sibitt 作品レビュー by 穴あきアナライザー

今作は志人の表現活動の中ではじめての全編英詩の楽曲群で構成されていると聞いて、私は驚きを隠せなかった。
彼にいったい何があったのか? 日本語表現の極みまで探求していると思われる志人が何故に他言語での表現に挑んだのか?
そこら辺は特典ポストカードに封入されている"Anatatome 特設"TerraVerde alias sibitt"インタビューページで本人を直撃インタビューしているのでお楽しみ頂きたい。

本作品を聴かせて頂き、Terra Verdeの詩世界に触れる事で、日本語では出来なかった詩の内容や、より壮大なテーマに踏み入ったTerra Verdeの思惑を英語が堪能ではない私でも少なからず理解出来たと思っている。それは英詩の意味を理解する以前に、TerraVerdeの念の様なものを感じ取ったという方が正しい様な気がする。
同時に今作は、バイリンガルやネイティブスピーカーでは逆に困難な、ある種のストレンジャーが醸し出す独特な英語の言い回しや発音、発声方法にも新たな可能性を見出している一作であると思わされた。又、日本語と英語を両方使い巧みにRAPするバイリンガルラップとは完全に異なり、Terra Verdeの作品においては99%が英詩で構成され、1%の日本語詩は、わずか「真言」と「まんまる」というフレーズのみ使用されている。TerraVerdeにおいても、志人においてもその表現の根底に必ず共通してある部分としては、"マコトのコトバを唱える"と言う部分なのではなかろうか?
又、時という概念や自我をも超越した"FATWOOD"は現実世界での出来事なのか、はたまた夢の中での物語なのか、定かではない遥か雲を掴むようなストーリーであり、
Terra Verdeはまさに今作で我々にありありとその雲を掴んで見せてくれるのだ。

かつてはバックパッカーでアジア放浪に明け暮れた老婆心を持つ旅人であり、その身一つで廃れたコミューンのトレーラーハウスを転々としたり、redwoodやフンボルトベイで野宿を経験していた志人が旅の道中で「Heaven`s恋文」や「アヤワスカEP」を世に産み落とし、より深い精神世界へと潜り込んだ果てに生まれた「発酵人間」があり、その先には旧友とアブストラクトの境地に再び立ち、近年数々の作品を世に残してきた。
"FATWOOD"はその志人の果てしなき表現への探究心が辿り着いた一つの着床点であり、志人の表現の旅路の新たな門出を想わせる。

見よこのゴアギルを想わせるかの様なトランシーなアートワークを! 志人がこの様なデザインを起用するとは驚愕である。 
いいや、これは志人ではなく、紛れもなく彼の中で生き続けてきた"Terra Verde" の作品なのだ。

いつだって我々はSTAND BY MEの様なTreehouseの隠れ家が欲しくて、グーニーズの様な仲間に憧れて、大人になんかなりたくなくて、子供のまま、ハンモックに揺られていたいのだ。子供心と夢見心、それを失いたくはないはずだ。 いつか観た青春のワンシーンが未だ尚私の脳裏には深く刻み込まれている。
亀の甲より年の功は勿論の事ではあるが、永遠に若くいること、それは?

その永遠の問いかけに対して

"Keep learning ,Soul Searching =Forever Young"とTerraVerdeは諭す。


作品の内容全てを公開する事は出来ないが、まずこのCDに付属している歌詞カード16pを読むにあたり、膨大な文字量に目が眩む。
やはり志人であろうとTerraVerdeであろうと、一曲一曲に込められた言語情報量が凄まじい事に気付かされる。
本人曰く、「英語から先に来た詩なので、先に英詩を描き、後に和訳しました。」ー とのことである。
なるほど、この壮大な世界観の構築に日本語が先にあったわけでは無い事にも驚かされる。
これは歌詞カードを読めば分かる事であるが、1ページ両開き左側に英詩、右側に日本対訳が書かれている。
対訳に関しても、志人自信が手懸け、非常に味のある対訳となっている。
英詩を読み、対訳を読み、読解を深める。そんな楽しみ方も出来るのがとても嬉しい。
英文法的には、もし赤ペン先生が居たら添削で十分に引っかかってしまう部分も多々ある。
しかし、英詩ならではの言葉の響きや日本語では成し得なかったであろう直接的表現の数々やブロークンポエットに引き込まれ、
いつしか"FATWOOD"は、ただの一編の物語ではなく"壮大な詩"なのであるという事に気付かされる。
「英語としてはおかしい部分が多々あると思います。しかし意味よりも想いが先にあり、体験こそが重要だと思い挑みました。」ー と作者は語る。
間違いを怖れずに挑戦している姿に強い勇気を感じずにはいられない。
そうなのだ、本作は向こう見ずな挑戦と冒険に満ち満ちた人生の醍醐味を我々に思い出させてくれる作品なのである。

アルバムの内容は英詩の壮大なストーリー" FATWOOD/ファットウッド "がアルバム全体の根幹を支え、
時にアナザーワールドへ導かれるようにしてdj aoのBeatミュージックとTerraVerdeの独特な英詩フローと様々な声色が縦横無尽に旅を誘う。
しかし、その世界も根幹の"FAT WOOD/ファットウッド"に飲み込まれ、包み込まれる様にして物語の重要な一場面として絶妙な異次元空間のガイダンス的な役割を構築している。

主人公は誰なのか? 私なのか? 沼地で出会った麻縄を手にした髭もじゃの老人との出会い、 ハイペリオンツリーの木登り体験、
精巣の中の子供の声、樹の声、、母の声、父の声、、、何者でも無い遥かな声、、、

本作品は登場人物の豊かな個性を存分に引き出したTerraVerdeの様々な声色も楽しめる事が出来る。

Special Episodes として志人/玉兎名義とdj aoの新曲「懐胎 解体」(日本語楽曲)や志人自身のピアノ演奏曲も収録されている。
日本語の楽曲は志人節の炸裂した「懐胎/解体」では、命を"頂く"という事は如何なることなのか?を獣達の死を目撃する当事者として切実に物語っているパートにも志人の死生観が現れている。
実生活と人生の体験から生まれた詩の数々と、「いただきます」「こ馳走様でした」と人は命に感謝し、弔い、"生きること"のすぐ傍にある"死すること"を噛み締める。
命を咀嚼する事を我々は今一度本曲を聴いて考えさせられる内容となっている。dj aoの楽曲のアカシックレコードを再生するかの様な美しい楽曲にも心を奪われる。

作品を聴き終えて、今作は志人自身が元来やってみたかった世界観の一つの完成系なのではなかろうかと思えた。
サウンドプロデュースも自らが行うことで、より作者自身の心を読み取ることが可能となり、そのサウンドもジャンル分けし辛い領域に在る。
ますますこの志人と言う表現者の底知れなさを感じずにはいられなくなった。


因みにタイトルの"FAT WOOD/ファットウッド"とは、太い木と言う意味の他、
枯れた松の木の松脂(松ヤニ)を多く含んでいる部分のことで、松脂の油分でよく燃え、天然の着火剤として知られるそうだ。
「本編ファットウッドの物語の中で"松脂の如く凝縮された生き方の哲学"が語られているので、タイトルをこう名付けた」TerraVerdeは語る。
そして、枯れても尚、ファットウッドは腐ることが無いという。
樹々が生きているうちに経験した事が凝縮されているのかも知れない。
それは我々人類にどの様な哲学を齎してくれるのであろうか?

ではお楽しみ頂きたい。

” 向こう見ずな冒険心に火を焚べる天然の着火剤「FATWOOD/ファットウッド」
挑戦する事を怖れるな 体感せよ 
これは耳で聴く 脳で読む 心に沁みる壮大な映画であり 
ひとひらの人生の体験である "

 
                               -------- "FAT WOOD/ファットウッド" レビュー by 穴あきアナライザー




"FatWood" Terra Verde alias sibitt  CD単体注文

◼︎限定生産CD 初回盤 在庫がなくなり次第完売、初回盤お取り扱い終了致します。

◼︎価格:2,300円(税別)

◼︎特典ポストカード付き


収録内容:

"FATWOOD" TerraVerde alias sibitt

1. FATWOOD CHAPTER "Moon Shine" / ファッドウッド 第一章 "月光 / 密造酒"    全編英詩 7min08sec

Story by TerraVerde
Sound Effect / Earthen Flute by sibitt

d0158942_23472057.jpg



2. "Cardiac Pacemaker /心臓ペースメーカー"   全編英詩 3min47sec

lyrics by TerraVerde
produced by dj ao

d0158942_20351911.jpg

3. FATWOOD CHAPTER - "Standing like curious fellow at Billabong " / ファッドウッド 第二章 "干潟に立つ狂兎"   全編英詩 3min15sec

Story by TerraVerde
produced /sound effect by sibitt

d0158942_22145727.jpg


4."Mon Amie- ME WE- /友 -虹を捜す者達-"    全編英詩 3min47sec

lyrics by TerraVerde
produced by dj ao


d0158942_23474971.jpg



5. FATWOOD THE FINAL CHAPTER - "The memories in the womb " / ファッドウッド 最終章 "胎内記憶"   全編英詩 7min59sec

  Story by TerraVerde
produced /piano/sound effect by sibitt

d0158942_20361689.jpg

6."THE LAST HEART BEAT ECHO -最期の鼓動- " 4min45sec

produced /piano/sound effect by sibitt
d0158942_20363384.jpg

7."懐胎 解体" Special Episodes 日本語歌詞 6min21sec

  lyrics by 志人/玉兎 
produced by dj ao


d0158942_20365649.jpg

8. "The memories in the womb "  Piano Instrumental 7min52sec

produced /piano/sound effect by sibitt

d0158942_14492095.jpg




全8曲収録

Total time : about 45min

Art works by TerraVerde &Amako

Mastering by 山口 宜大



◼︎16P フルカラー歌詞カード/日本語対訳付





同時発売:TerraVerde "Fad Wood" Goods
"Inverted Tree-逆立ちの樹-" Tシャツ (限定生産)
Design by TerraVerde alias sibitt

d0158942_20470758.jpg
d0158942_20471100.jpg

◉Tシャツ単体注文定価:3500円     

◉"FatWood" Terraverde alias sibitt CD+ Tシャツ SET販売価格: 5,500円

d0158942_00072834.jpg


d0158942_00065398.jpg







サイズ: Mサイズのみ

身丈:71cm
身幅:50cm
桁丈:45cm


※こちらのTシャツはMサイズのみのお取り扱いとなります。 他のサイズのお取り扱いは現在御座いません。
 イメージと致しましては、通常のMサイズよりもややゆったりとしたサイズ感で、普通のTシャツのLサイズを着用される方でも問題なく着こなせるサイズです。
 普通のTシャツでMサイズを着用される方でもダボダボの大きすぎるというサイズでは御座いません。 小さすぎないMサイズという感じです。
 女性の方はSサイズはご用意がないのですが、腕部分を捲り上げたり、裾をズボン等に入れれば大きすぎず着こなせるのではと思います。  -- Goods 担当より



ボディカラー: BlueJean / Grey 2種類
デザインプリントカラー: White print


d0158942_20474652.jpg
d0158942_20474179.jpg
Design by Terra Verde alias sibitt


Tシャツボディ仕様:

Comfort Colorsの生地を使用。

ABOUT:Comfort Colors

1975年、バーモント州の片田舎で産声を上げたComfort Colors®は創業当時からTシャツの生地感と色合いにこだわりを持ち続けるブランドです。
オープエンドのざっくりとしたTシャツが主流であった当時のアメリカではめずらしくリングスパンコットンを使用したソフトな質感と、独自に磨いた染め技術で、
Comfort Colors®は他に類を見ない色鮮やかな着心地のよい後染めTシャツを世に送り出してきました。
Comfort Colors®のTシャツは着心地と色合いを追求するために、なんと50回ものウォッシュ加工を経て完成されるのです。
そんなユニークなアメリカンTシャツブランドとしての地位を確立して約40年、Comfort Colors®

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Comfort ColorsTシャツ注意書き:

Comfort ColorsのTシャツは着心地と色合いを追求するために、50回のウォッシュ加工を経て作られる後染めTシャツです。
そのため若干の生地のよれ、ほつれ、染具合の個体差が生じることがございますが商品自体に問題はございません。
他種のTシャツボディと比べて、とても味のある質感です。
通常のTシャツよりもかなり手の込んだウォッシュ加工と後染め加工の制作工程を経ているため、
若干の生地のよれ、ほつれに関しましては返品対象外でございますので、ご理解頂けますと幸いです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




"FATWOOD" Terra Verde alias sibitt   2019年6月24日発表予定

本日よりTempleATS STOREにて予約開始しております。

予約ページ:



d0158942_20523106.jpg
































































d0158942_15461374.jpg
"Terra Verde" lettering by sibitt
d0158942_15442063.jpg

TempleATSより志人の変名「TerraVerde」名義による全編英詩の楽曲を収録した
Fat Wood/ファットウッド」 Coming Soon...

























KAAT KANAGAWA ARTS THEATRE 芸術監督:白井晃
小金沢健人 裸の劇場
d0158942_12052698.jpg

劇場が提案する美術とパフォーミングアーツの新たな交差点「KAAT EXHIBITION」。

4回目となる2019年度は『Naked Theatre』というテーマのもと、作家・小金沢健人の個展を主軸に、多彩なプログラムを展開します。

特設サイトはこちら→https://kaat-seasons.com/exhibition2019/

1999 年にベルリンへ渡り18年あまりを海外で生活した小金沢健人は、物の存在や意識の構造に着目し、世界各国で意欲的に制作・発表活動を重ねてきました。

『Naked Theatre』。それは「裸の劇場」だと小金沢は語ります。

劇場というブラックボックスは通常何かしらの演目で埋め尽くされており、役者や台本、照明や音響設備は、演目を象るためそれぞれの使命を帯びています。小金沢は、KAATが保有する舞台用の照明や音響設備、スモークマシーンなどを身体器官のようなものとして捉え、「演目」ではなく、むき出しになった劇場を顕在化することに着目しました。

たくさんの機材とそれを動かすスタッフ、また舞台セットの搬出・搬入や会場の下見、電気工事から本番前の稽古まで、公演の裏側で日々起こっていることを取材しながらつくられた『Naked Theatre』。小金沢のインスタレーションを通して、KAATは、劇場空間のオルタナティヴな在り方について積極的な問いかけをします。

詳細は:

https://kaat-seasons.com/exhibition2019/


志人の出演日は:


パフォーマンス
志人(詩人・作家・作詩家)小金沢健人
5月3日(金・祝)14:00〜16:00〜
※各回25分程
パフォーマンス
スガダイロー志人小金沢健人
5月4日(土・祝)14:00〜15:00〜16:00〜
※各回20分程

を予定しております。



KAAT神奈川芸術劇場 3F中スタジオ

開館時間:10:00 - 18:00(入場は閉場の30分前まで)会期中無休
入場料:一般700円 学生・65歳以上500円高校生以下無料
障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料/10名以上の団体は100円引き

MAGCUL マグカル

主催:KAAT神奈川芸術劇場
助成:公益財団法人花王芸術・科学財団
協力:rin art association、三光ネオン電気

お問い合わせ:チケットかながわTEL.0570-015-415(10:00 - 18:00)








フライングポストマンプレス内の企画『POSTMAN×POSTMAN』にて
俳優の東出昌大さんから志人に渡った手紙リレーバトンが、次にジャズサックス奏者の坂田明さんへ繋がりました。


d0158942_08550292.jpg


“仲良しのあの人”や“憧れのあの人”に手紙を届ける人気リレー連載『POSTMAN×POSTMAN』。

音楽家の志人が次に手紙を書いたのは、日本を代表するジャズサックス奏者、坂田明。

d0158942_08570763.jpg











CINRAさんにて:寺院やクラブなど複数会場で開催された、カッティングエッジなフェスティバル 『MAZEUM』のレポートが掲載されております。






2018年冬、世界から熱い注目を集める日本のアンダーグラウンド音楽シーンから、 最もカッティング・エッジな音楽とアートのフェスティバルが初開催された。 ワールドクラスの鬼才たちが京都に結集し、3つの寺を含む6つの会場でパフォーマンスを繰り広げた2日間、〈MAZEUM -メイジアム-〉の記録。


MAZEUM is a new festival with a focus on Japan’s most cutting-edge music and related arts from its underground scenes which took place in winter 2018 in multiple venues in the heart of beautiful Kyoto, including three temples over the course of two days and nights. This is a short documentation of the first edition of the festival that showcased truly unique talents from Japan and beyond.

Official Site http://mazeum.jp



Act byDJ NOBU/KILLER-BONG/スガダイロー[Dairo Suga]/Moor Mother (US)/山川冬樹 [Fuyuki Yamakawa]/Goat/空間現代[Kukangendai]/Sarah Davachi (CA/ US)/ZVIZMO (Tentenko + Atsuhiro Ito) × contact Gonzo/志人[Sibitt] (降神)/佐藤薫[Kaoru Sato] + EP-4[fn.ψ]/行松陽介[Yousuke Yukimatsu]/ENDON/ANTIBODIES Collective/Halptribe/マヒトゥ・ザ・ピーポー [MahiToThePeople]/BLACKSMOKERS/Nazira (KZ)/DJ YAZI/BIM (THE OTOGIBANASHI'S)/食品まつり a.k.a FOODMAN/テンテンコ[Tentenko]/小松千倫[Kazumichi Komatsu]/7FO/KOPY/Ken FURUDATE/Torei/PODD/HIDENKA/Koki Emura (EM Records)/ふちがみとふなと[FuchigamiToFunato]/マドナシ[Madonasi](キツネの嫁入り)/YOTTU/DJ SOYBEANS/GAJIROH & RACY/Bomb birds ya!/杉本戦車[Sensya Sugimoto]/ VJ ROKAPENIS/VJ HASHIM

Music byDairo SugaGoat Recorded at MAZEUM 2018


Audio Support by Pioneer Pro Audio
Filmed by Kim Song GiYoshitaka ShimadaIppei NakamuraTatsuki KatayamaToshiaki Nakatani
Edited by Kim Song GiTechnical Support bywebjin Inc.

Suppprted by adidas Originals






KOR-ONE/WIND NOISE 12/12発売 +特典付き 再入荷致しました。

TempleATS ONLINE STOREでは、これが最後の入荷になる予定です。
未だこの素晴らしいアルバムを未聴の方は、是非このタイミングでお手にお取り下さいませ!!





TempleATSのビートメイカー、

KOR-ONEの1st ALBUMが遂に完成!!

12/12本日発売日です。

TempleATS ON LINE STOREでもお取り扱い中です。




d0158942_20181773.jpg

TempleATSのビートメイカー、KOR-ONEの1st ALBUMが遂に完成!!

様々な風を集めたような楽曲群は、加工されたローズピアノとレコードサンプルによって作り上げられ、沖縄の海風にインスパイアされたエフェクトが随所に施されている。それによる揺らぎや変調を伴って進行していくオリジナリティ溢れるスタイルは、ヒップホップとその周辺を行き来し、聴くものをWIND NOISEの中に包み込んでいく。

スペシャルゲストには、これまでも何度も楽曲やライブで共演してきたシンガーChiyori、なのるなもないの1st Albumに収録された”まわらないで地球”以来のコラボレーションとなるtoto、大阪からはNICKELMANとFROGMANから成るビートユニットFREEMANS PRODUCTION、そして沖縄から、沖縄民謡とダブをミックスしたアルバム”島DUB”のアンダーグラウンドヒットで知られるダブクリエイターHarikuyamakuが参加し、アルバムに彩りを添えている。

マスタリングエンジニアには葛西敏彦を迎え、絶妙なバランスで心地良い歪みが加えられている。ジャケットデザインはblack sheepのアートワークを担当するデザイナー/イラストレーターsinc©︎が手掛けている。

かねてより親交のある仲間たちに支えられたタイムレスな逸品が遂に陽の目を見る。


All Tracks Produced by KOR-ONE

except Track 3
Produced by KOR-ONE & Harikuyamaku,
and Track 5
Produced by KOR-ONE & FREEMANZ PRODUCTION

Bass on Track 2 by Hideyuki (Gintendan)
Vocal on Track 2 by Chiyori, and Track 8 by toto

Beats, Bass and Dubwise on Track 3 by Harikuyamaku

Beats, Bass and Synth on Track 5 by FREEMANZ PRODUCTION

KOR-ONE Plays:
ASR-10R, MPC2000XL, Rhodes Mark 1, Volca Keys, Kalimba, Djembe, NI Maschine, And Some Plugin Synths

All Tracks Mixed by KOR-ONE
except Track 3 Mixed by Harikuyamaku

Mastered by Toshihiko Kasai

Artwork by Harutaka
Designed by sinc©︎

【KOR-ONE】
TempleATSのビートメイカー。2000年頃より活動し、志人、なのるなもない、chiyoriにトラック提供、その後はMPC奏者/beatmakerとしてMemoryStormでアルバムをリリース、同時期に降神のライブDJでも各地を廻る。2012年から沖縄に居を移し、新たな空気感を感じながら音楽を続けている。

KOR-ONE / WIND NOISE
1 Onshore
2 First Wind feat. Chiyori
3 Summer Madness feat. Harikuyamaku
4 Cosmos
5 Enigma feat. FREEMANZ PRODUCTION
6 Immigrants
7 Alone
8 ブリキノクジラ feat. toto
9 Melt
10 Harbor
WIND NOISE RECORDS 2018

フォーマット: CD
価格: 2,160円(税込)
発売日: 12/12


http://templeats.net/store/

【ご購入特典】


d0158942_12234005.jpg

志人×ON TODA 最新作12inch Vinyl「意図的迷子」+ CD「凹凸凹 -BOKODEKOBOKO-」 + 別冊 歌詞BOOK 独想哲学詩漫画 「さいなら まったいら」及びKOR-ONE”WIND NOISE”並びに現在お取り扱い中のTempleATS 関連作品をご注文頂きました方々へは”特典”が付きます。

特典内容は、”戸田真樹×吉本昌行 ザ・談 web版” / ”KOR-ONE 「WIND NOISE」Specialインタビュー記事” を読むことが出来るURLリンクの記載されたポストカードを封入。
“ザ・談”では、2018年、数々の作品を世に送り出した志人×ON TODAの生みの親である両者の本年の総括を”昭和〜平成時代”を振り返りながら 、制作秘話や今想うことなど、様々な話題に触れた”ザ・談 “が繰り広げられています。又、同URL内で1stアルバムをリリースしたKOR-ONEへアルバム制作秘話やその想いを探る取材を試みましたスペシャルインタビュー記事を読むことが出来ます。
是非お楽しみ下さいませ。
尚、”KOR-ONE 「WIND NOISE」”を流通店舗様で既に御予約中のお客様へも本特典が付属致します。





音楽と映画のフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS 内の企画にて 

“仲良しのあの人”や“憧れのあの人”に手紙を届ける人気リレー連載『POSTMAN×POSTMAN』。
俳優の東出昌大が次に手紙を書いたのは、音楽家の志人




d0158942_10133695.jpg










「映世観-うつせみ-」志人/玉兎,「位相空間EP」志人×ON TODA
国内・世界配信/ストリーミング開始されました。


★「映世観-うつせみ-」志人/玉兎   
配信先/ストリーミング先 一覧

※ 配信及びストリーミングサービスでは、CD版に収録のinstrumentalや特別バージョンは収録されておりません。
  全内容をお聴きになりたい方は、フィジカルのCD版をお勧め致します。
「位相空間EP」志人×ON TODA   
配信先/ストリーミング先 一覧

※ 配信及びストリーミングサービスでは、CD版に収録のinstrumentalは収録されておりません。
  全内容をお聴きになりたい方は、フィジカルのCD版をお勧め致します。

リトミック位相幾何学詩 〈Eurhythmics of topological poem〉 single



宇宙の外側 - O.O.O -〈Outside Of Outer space〉 single




ある日 目覚めたら To be Botanist or ... 〉 single





昨年より下記タイトルも配信開始されております。↓

★「Eu haere ia oe? / てけてんすくてれすくてんすくす」 ep
- JEMAPUR × 志人/玉兎 × ONTODA -

◉ Eu haere ia oe? 志人/玉兎 ×JEMAPUR  single




てけてんすくてれすくてんすくす  志人/玉兎 × ONTODA single



CD版のフィジカルをお聴きになりたい方は、
下記URL:TempleATS ON LINE STORE 及び全国流通先店舗様にてご注文が可能です。


TempleATS STAFFより













昨年は大変お世話になりました。
御挨拶が大変遅くなりましたが、
2019年、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

d0158942_19441453.jpg

ANATATOME SPECIAL ページに"戸田真樹×吉本昌行 ザ・談 WEB  「ア・キ・チ」編 " 司会進行:穴あきアナライザーがUPされました!

Anatatome Special ページとは、

KOR-ONE「WIND NOISE」/「意図的迷子」12inch 志人×ON TODA /「凹凸凹-BOKODEKOBOKO-」CD 志人×ON TODA/「さいならまったいら」歌本 志人

をお買い上げ頂きました方々へ特典としてお付けしている「特典ポストカード」の裏面に記された特設ページ"Anatatome Special"ページのURLへ飛んで頂き、
ポストカードに記載されているLOG INパスを入力すると、

KOR-ONE『WIND NOISE』Special インタビュー

POST2  戸田真樹×吉本昌行 ザ・談 WEB  「ア・キ・チ」編
司会進行:穴あきアナライザー

をご覧頂く事が出来る様になっております。



又、昨年発表された「映世観-うつせみ-」志人/玉兎 をご購入いただきました方々へ特典としてお付けいたしました「映世観 特典ポストカード」内には、




本Anatatome ページ内にて



・-POST01-『位相空間EP』から『映世観』を
脇道逸れながら鋭杉ながら学者肌が解き明かす 編


をご覧頂く事が出来る様になっております。



今後も、このAnatatome Specialページ/Anatatome ページでは、
ここでしか読むことの出来ない色々なインタビューや未公開音源の視聴などを公開して行きます。

更新されましたら、随時ご報告させて頂ければと思います。

お楽しみ頂けましたら幸いです。


TempleATS Anatatome 担当 STAFFより












d0158942_18574927.png
-TempleATS for WORLD HEADZ STORE OPEN!-  
海外発送のみに対応しております。

近年、海外の方々より「TempleATSの作品を手に入れたいのだけれど、どうやったら手に入れることが出来るのか?」というお問い合わせを数多く頂いておりまして、海外にお住いの方でもTempleATS作品やLabel mate/Friends作品をご注文出来るサイトをOPEN致しました。随時、お取り扱い作品を更新して参ります。

※現在、海外仕様の価格調整中です。
年明けには正式なOPENとなります。



Welcome to TempleATS for WORLD HEADZ STORE.
This STORE is mainly for Overseas Customers.
Our shop accept PayPal payment only.
We will send stuffs to you via EMS.
Recently, We think they can deliver it to the U.S. within a week or 10 Days.
We will do our best to get it deliver to you as soon as possible.

If you have any question,Please send a e-mail to this address: shop@templeats.net


当STOREは、海外の方向けのTempleATSオフィシャルSTOREです。大変申し訳御座いませんが、国内への発送は対応しておりません。
海外への発送のみに対応しております。

日本国内にお住いの方は、オフィシャルホームページ内のTempleATS STOREをご利用いただけます様宜しくお願い致します。 
 http://templeats.net/store/

尚、当STOREはPayPal決済のみ対応しております。


随時お取り扱い作品を追加更新して参ります。

海外へお住いのご友人様やご興味のある方々へ当サイトをご紹介頂けますと幸いです。

https://templeatsworldheadz.stores.jp/














TempleATSのビートメイカー、

KOR-ONEの1st ALBUMが遂に完成!!

12/12本日発売日です。

TempleATS ON LINE STOREでもお取り扱い中です。




d0158942_20181773.jpg

TempleATSのビートメイカー、KOR-ONEの1st ALBUMが遂に完成!!

様々な風を集めたような楽曲群は、加工されたローズピアノとレコードサンプルによって作り上げられ、沖縄の海風にインスパイアされたエフェクトが随所に施されている。それによる揺らぎや変調を伴って進行していくオリジナリティ溢れるスタイルは、ヒップホップとその周辺を行き来し、聴くものをWIND NOISEの中に包み込んでいく。

スペシャルゲストには、これまでも何度も楽曲やライブで共演してきたシンガーChiyori、なのるなもないの1st Albumに収録された”まわらないで地球”以来のコラボレーションとなるtoto、大阪からはNICKELMANとFROGMANから成るビートユニットFREEMANS PRODUCTION、そして沖縄から、沖縄民謡とダブをミックスしたアルバム”島DUB”のアンダーグラウンドヒットで知られるダブクリエイターHarikuyamakuが参加し、アルバムに彩りを添えている。

マスタリングエンジニアには葛西敏彦を迎え、絶妙なバランスで心地良い歪みが加えられている。ジャケットデザインはblack sheepのアートワークを担当するデザイナー/イラストレーターsinc©︎が手掛けている。

かねてより親交のある仲間たちに支えられたタイムレスな逸品が遂に陽の目を見る。


All Tracks Produced by KOR-ONE

except Track 3
Produced by KOR-ONE & Harikuyamaku,
and Track 5
Produced by KOR-ONE & FREEMANZ PRODUCTION

Bass on Track 2 by Hideyuki (Gintendan)
Vocal on Track 2 by Chiyori, and Track 8 by toto

Beats, Bass and Dubwise on Track 3 by Harikuyamaku

Beats, Bass and Synth on Track 5 by FREEMANZ PRODUCTION

KOR-ONE Plays:
ASR-10R, MPC2000XL, Rhodes Mark 1, Volca Keys, Kalimba, Djembe, NI Maschine, And Some Plugin Synths

All Tracks Mixed by KOR-ONE
except Track 3 Mixed by Harikuyamaku

Mastered by Toshihiko Kasai

Artwork by Harutaka
Designed by sinc©︎

【KOR-ONE】
TempleATSのビートメイカー。2000年頃より活動し、志人、なのるなもない、chiyoriにトラック提供、その後はMPC奏者/beatmakerとしてMemoryStormでアルバムをリリース、同時期に降神のライブDJでも各地を廻る。2012年から沖縄に居を移し、新たな空気感を感じながら音楽を続けている。

KOR-ONE / WIND NOISE
1 Onshore
2 First Wind feat. Chiyori
3 Summer Madness feat. Harikuyamaku
4 Cosmos
5 Enigma feat. FREEMANZ PRODUCTION
6 Immigrants
7 Alone
8 ブリキノクジラ feat. toto
9 Melt
10 Harbor
WIND NOISE RECORDS 2018

フォーマット: CD
価格: 2,160円(税込)
発売日: 12/12


http://templeats.net/store/

【ご購入特典】


d0158942_12234005.jpg

志人×ON TODA 最新作12inch Vinyl「意図的迷子」+ CD「凹凸凹 -BOKODEKOBOKO-」 + 別冊 歌詞BOOK 独想哲学詩漫画 「さいなら まったいら」及びKOR-ONE”WIND NOISE”並びに現在お取り扱い中のTempleATS 関連作品をご注文頂きました方々へは”特典”が付きます。

特典内容は、”戸田真樹×吉本昌行 ザ・談 web版” / ”KOR-ONE 「WIND NOISE」Specialインタビュー記事” を読むことが出来るURLリンクの記載されたポストカードを封入。
“ザ・談”では、2018年、数々の作品を世に送り出した志人×ON TODAの生みの親である両者の本年の総括を”昭和〜平成時代”を振り返りながら 、制作秘話や今想うことなど、様々な話題に触れた”ザ・談 “が繰り広げられています。又、同URL内で1stアルバムをリリースしたKOR-ONEへアルバム制作秘話やその想いを探る取材を試みましたスペシャルインタビュー記事を読むことが出来ます。
是非お楽しみ下さいませ。
尚、”KOR-ONE 「WIND NOISE」”を流通店舗様で既に御予約中のお客様へも本特典が付属致します。















d0158942_12030223.jpg

志人×ON TODA 12inch LP「意図的迷子」吽面1曲目/「凹凸凹」-BOKODEKOBOKO-」CDの2曲目に収録されている
"ズラカリ"狂暴徒化スト運動 "Go Berserk!" -金感情癇癪尺貫法ノ変-
の視聴用Sample がsound cloudにUp Loadされました。

本編は10分以上ある曲ですが、曲が佳境を迎える前までが視聴可能となっております。

作品詳細は:
templeats.net/store/

or

sibitt.exblog.jp/27215875/

TempleATS 2018






d0158942_12045859.jpg

「凹凸凹-BOKODEKOBOKO-」志人×ON TODA
/ 別冊歌本「さいなら まったいら」正規版のジャケットが発表されました!

尚、【12inch Vinyl】「意図的迷子」志人×ON TODA
TempleATS ON LINE STOREでは予約完売致しました。

※予約キャンセルが出ましたら、キャンセル分のみ再度お取り扱い予定です。
現時点では、本作品お取り扱い全店舗様とのバランスを考えてオフィシャルでは売り切れとなっておりますが、
随時、放出可能な状況となりましたら、再度お取り扱いを開始する可能性がございます。

沢山のご予約誠に有難うございました。以降は公演会場のみでの販売となります。
引き続き最新作CD「凸凹-BOKODEKOBOKO-」/「さいなら まったいら」歌本は、
下記TempleATS ON LINE STOREにてご予約承り中です。

【12inch Vinyl】「意図的迷子」志人×ON TODAは下記店舗様にてご予約受付中です。

現在、12/25発表3タイトルの御取扱店舗様にてご予約を受付中です。
12inch Vinyl】意図的迷子」志人×ON TODAは、在庫がなくなり次第完売です。


お取り扱い店舗様情報(順不同)


WENOD様
https://www.wenod.com/?mode=cate&cbid=1136778&csid=38&sort=n

Shabby Sic ポエトリー様
http://shop.shabbysicpoetry.jp/

Disk Union様
https://diskunion.net/portal/ct/list/0/80893724

ONE LOOPレコード様
https://twitter.com/onelooprecords


TROOP RECORDS様
http://www.trooprecords.net/?pid=136972206

JET SET様

https://www.jetsetrecords.net/s/志人/1/artist/partial/


CASTLE RECORDS様

http://www.castle-records.net/products/list.php?mode=search&category_id=6&name=志人&search.x=32&search.y=14


ロータリー松葉様
店舗内にて




現在、上記店舗様にてご予約を開始しております。
お取り扱い店舗様情報は随時更新して参ります。






2018年、元号平成最後!?の冬に、TempleATSが贈る最新作
12inch Vinyl】意図的迷子」志人×ON TODA /「凹凸凹-BOKODEKOBOKO-」志人×ON TODA【CD】
/ 別冊歌本「さいなら まったいら」【BOOK】

3タイトル同時リリース!!2018年12/25発売予定です。 御予約ご購入特典付きです。
本日より予約を開始致します。
d0158942_23450349.jpg
d0158942_12022708.jpg


d0158942_12030223.jpg







12inch Vinyl】意図的迷子」志人×ON TODA

d0158942_23450349.jpg

◉タイトル: 【12inch Vinyl】 「意図的迷子」  志人×ON TODA   日本盤

◉フォーマット: 12inch Vinyl レコード

◉Limited 300 press

◉販売価格: 3,500円(税別)



◉収録内容

-位相空間 -  side 阿


01 リトミック位相幾何学詩  〈Eurhythmics of topological poem〉 3:29 

         lyrics by 志人/sibitt produced by ON TODA

02 宇宙の外側 – O.O.O -〈Outside Of Outer space〉 8:14

       lyrics by 志人/sibitt produced by ON TODA

03  ある日目覚めたら 〈To be Botanist or … 〉 4:32

  lyrics by 志人/sibitt produced by ON TODA

04 微憶 〈VIOKU〉  2:46

           produced by ON TODA 


- 意図的迷子 -  side 吽


01 狂暴徒化スト運動 "Go Berserk!" -金感情癇癪尺貫法ノ変-    10:17

lyrics by 志人/sibitt produced by ON TODA

02 KATA KALA KUVI 1:56 produced by ON TODA

03 TV GAME LIFE 2:46 produced by ON TODA

04 HAKKULI STORM 2:17 produced by ON TODA

limited 300press



志人×ON TODA 最新作12inch Vinyl「意図的迷子」

d0158942_23452639.jpg




2018年平成最後!?の冬にTempleATSが贈る志人×ON TODA 2018作品集大成を12inch Vinyl 化!

A面改め阿(あ)面では「位相空間EP」志人×ON TODAから「リトミック位相幾何学詩」/「宇宙の外側」/「ある日目覚めたら」を収録。

そして、「微億創刊号」発表を記念して、「微億」のタイトルの元となったON TODAの幻の音源「微憶-VIOKU-」を収録。

B面改め吽(うん)面では、志人の降神1st/2nd時期のスタイルを彷彿とさせる狂烈な発禁覚悟の新曲「狂暴徒化スト運動 -金感情癇癪尺貫法ノ変-」を皮切りに、ON TODA節炸裂の「KATA KALA KUVI 」「TV GAME LIFE」「HAKKULI STORM」はそのネーミングセンスもさることながら、ジャンル分け不能な強いて言えばジャンルON TODAといった実験的でいて挑戦的な楽曲が集結。

正に「意図的迷子」と言うタイトルに相応しい、聴く者を意図的に迷子にさせてしまう抽象の極みを想わせる音源が大集結している。

まるで息をする様に作品を産み出し続けている志人とON TODAの阿吽の呼吸をご堪能下さい。


limited 300press   

完売必至です。

在庫がなくなり次第、お取り扱い終了となります。

再販の予定は今の所御座いません。

お早めのご予約をお勧めいたします。


「凹凸凹」 -BOKODEKOBOKO- 志人×ON TODA 最新作 CD

d0158942_12022708.jpg
d0158942_12024388.jpg




自主盤 CD


◉CDタイトル:「凹凸凹」-BOKODEKOBOKO-

◉フォーマット: CD

◉アーティスト名: 志人×ON TODA

◉販売価格:2000円 

◉品番:TATS-026


収録曲:

1. HITOMISHIRI produced by ON TODA


2."ズラカリ" 凶暴徒化スト運動 -金感情癇癪尺貫法ノ変-

               lyrics by 志人/sibitt produced by ON TODA


3. HAKKULI STORM produced by ON TODA


4. 乙女山公園 2003 lyrics by 志人/sibitt produced by ON TODA


5. 近代配列サンバ produced by ON TODA


6. 八角形の蓋   produced by ON TODA


7. 十角形の迷路  produced by ON TODA

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


「凹凸凹」  -BOKODEKOBOKO-


平成最後の年と謳われる2018年の締めくくりに超絶DOPEな作品が日の目をみることになった...。

昭和から平成の移り変わりをその身でその足で、その目でその耳で、脳で心で体感してきた志人とON TODAの凹凸凹コンビが影の世界から浮世に投げかける光る円盤。

それは闘争であり、アジテーションであり、アンビエントな鎮撫とは程遠いマイノリティーからマジョリティーへの前のめりな逆襲である。

最早音楽という概念すらBOKODEKOBOKOに撃ち砕く挑戦的楽曲集。

この光る円盤を聴いて、「本当の意味での草分け」とは誰なのか再確認して頂きたい。

狂烈な発禁覚悟の問題作「"ズラカリ" 狂暴徒化スト運動"Go Berserk!" -金感情癇癪尺貫法ノ変-」では、降神1st/2nd時期のスタイルを彷彿とさせる志人のフロー/リリック世界はノンストップ怒涛の10分17秒にも及ぶ長編怪作。

ON TODAの意図的迷子にさせる摩訶不思議な音像の上で狂暴徒化し怒り狂う志人。こんなぶっ飛んだスタイル待っていました!というリスナーも多いのではなかろうか。

放送コードもなんのその、昭和から平成への移り変わりを体感痛感してきた者のみが伝え得る方法で、世の中をアジりまくる反逆バースの応酬。

狂わされたのは誰のせいか?金か?親か?政治家か? 果たして,,,。 

人間の感情を数値化し平均化し凸凹をなめし、人間らしく生きることから遠ざけてくる何某に対するBOKODEKOBOKO逆襲音源。

10分間、貴方は迷わずに正気を保っていられましょうか?

現代巷で流行り廃れている日本語ラップやJapanese Hip Hopとジャンル分けされている枠組みの中のプレーヤーやヘッズ達にも言葉の向かう先や筆の矛先を改めて考えさせられる一曲なのではなかろうか?


「この軽はずみな狂言も言霊の一つ そのアヤを殺めもっと心の深い処に行くぞ  

こんな俺を理解してくれる奴なんて居ないだろう 心の底では俺の事を笑ってるんだろう?」


温故知新、もうひとつの幻が日の目をみる。

志人×ON TODA 幻の音源「乙女山公園」では、

2003年降神「望~月を亡くした王様~」収録当時にお蔵入りした完全未公開音源のアーカイブを実現。

2003年の志人と2018年の志人の詩世界がブレンドされて15年越しに思いを遂げた。

Masaki Todaの「室内sound」を思い出させる様なON TODAの色褪せることの無い音像の上に2003年当初の志人の肉声が乗れば、次元が歪み出し、15年前の記憶がふと蘇る。

2003年当時のボーカルはonimasの505スタジオでRECされ、2018年のボーカルは志人のスタジオKURAでRECされた。

どこか「降神」のMusic is my Dialyを彷彿とさせるビートレスホームレス散文詩。

ON TODA節の炸裂した音源は、意図的迷路に迷いこませる実験的であり挑発的音源の数々。

方位磁針も迷子になるレベルである。

あらゆるジャンルの音楽家や表現者の観念をことごとく超越するON TODAの戦慄旋律は正に耳からウロコの出る作品です。

平成最後の?冬に突如現れた光る円盤、凹凸凹-BOKODEKOBOKO-!!  「さあ 自ら進んではぐれてみましょう」


※本作品には歌詞カードは付属致しません。凶暴徒化スト運動"Go Berserk!" -金感情癇癪尺貫法ノ変- の歌詞を読みたい方へは、別冊歌本 「さいなら まったいら」の同時注文をお勧めいたします。




別冊歌本「さいなら まったいら」  

詩:志人  風刺画:志人  挿絵/写像:尼子

d0158942_12031449.jpg




◉タイトル: 別冊歌本「さいなら まったいら」 

◉著者等:  詩/風刺画:志人  挿絵/写像:尼子

◉フォーマット: BOOK/書籍

◉Limited 400

◉品番:KOBUSHI-004



◉内容:

・"ズラカリ" 凶暴徒化スト運動 -金感情癇癪尺貫法ノ変-  

                             詩:志人  風刺画:志人

・" 宇宙の外側 – O.O.O -〈Outside Of Outer space〉"  

                             詩:志人   絵/写像:尼子

あとがき 分析/レビュー文等

穴あきアナライザー 他

全約80P


Jacket 風刺画 by 志人/sibitt


limited 400



別冊歌本「さいなら まったいら」 

レビュー:

d0158942_12030223.jpg

「さいなら まったいら」と命名された別冊歌本は、元号平成最後とされる2018年に制作された”独想哲学詩漫画”である。

従来の漫画とは異なる形態をとり、志人の独想的な哲学の世界が鑑賞する者達を脳内ミクロコスモスと広大無辺のマクロコスモスへ迷い込ませる怪作である。

詩人の心象風景を見事に可視化することに成功した挿絵も実に捻くれ、真っ当ではないが故に紙面から断片的に取りこぼされた未解決事件の如き異物感を漂わせている。

志人自身による現代社会を痛烈に風刺した作画の数々は、非常に短期間の内に描かれた膨大な風刺画の中から選び抜かれた絵達だそうだ。

その部分においてこの実験的な試みは、志人の表現におけるインプロビゼーションの可能性の延長にあり、彼自身が詩に込めたエネルギーを端的に表し偶然を装った確信犯的な産物でもある様に想われる。

正に意図的に迷子になっている近代国家の縮図を物の見事に捉えた風刺画達だ。

"ズラカリ" 凶暴徒化スト運動”Go Berserk!” -金感情癇癪尺貫法ノ変- の項に載っている志人の詩の内容や危険度の高い風刺画も含め、

一見して有害図書扱いされる事も想像されよう。

がしかしだ、昭和が産んだ表現者である志人がその眼で、その身で、心で、脳で、痛烈に感じてきた現代社会/近代国家の移りゆく風景を絶妙に「画」に落とし込んでいるのが私は手に取るように分かる。

それは、焼け跡世代を経てドロップアウトピープルと高度経済成長を支えたビジネスライク戦士達とで枝分かれした団塊の世代、或いは第一次ベビーブーム世代が1980年代に産んだ子供達へ抱いた”未来への過大な期待感”を見事に裏切り続けてきた結果訪れた将来設計の大誤算とも言わしかねない常人が無意味だとする無謀な愚行へ真摯に人生を捧げた者のみが味わってきたストレスであり、生きるということの摩擦であろう。

昭和の畦道のいなたさの名残を惜しみながら「まったいら」にアスファルト舗装されてゆく都市計画の図面の中を宛てもなく彷徨い続けて来た青い春の後遺症であり、

彼自身が現実と夢との間で生きあぐね、一生こじらせ続けている不治の病とも言えよう。

舗装道路に敷かれた白線の上を整列して歩く者の中に、けんけんぱーをしながら列を乱してゆく様なその「真っ当でなさ」に対し、

「どちらが真っ当か?」「全うか?」と投げ掛ける疑問、「Who am I」であり「Wonder why?」それこそが彼の抱える独想的な哲学の根本にある様に思えてならない。

向こう見ずに見えて、実は向こう側から観ていると言えば良いのだろうか、その着眼点は置き去りにされた真実の心を読み解くアナリスト的であり、

ジャーナリズムには収まりきらない新解釈を編み出す草分け的な「ものの見方」が伺える。

又、志人は新たに作品を生み出す毎に、自身の哲学の新機軸を常に更新して行っている様にも思える。

現在では深山幽谷の地で人間とほぼ会話する時を過ごさず生きている志人だそうだが、この「さいなら まったいら」を読むにあたり、

なぜ彼が「都市」における人間の生態を対象風景として強く描くのかという根本はやはり、幼少期から生まれ育った「新宿」と「昭和の風景」をまぶた裏に色濃く残しているからではなかろうか?

都市整備の中淘汰されていく狭き公園の中のジャングルジムから見上げた高層ビル群の巨塔

イスラエリーのたむろする大久保の道に落ちた偽造テレフォンカード

担任の先生同士が消えてゆくラブホテル街….

そんな目に毒を注ぐ様な景色が満載の「新宿」が幾度も彼の中でフラッシュバックされている様に思える。 

何処へ居を移そうが上書きされて行かない記憶というものさえも私には美しく思えてしまう。 

一度愛想を尽かした「都市」だとしても、いつまでも心に巣を作りストーキングしてくる影の様な存在、それが彼の故郷であり、

….(中略)….

これまた膨大な情報量の詩世界を展開する”宇宙の外側-O.O.O-“

挿絵を担当したのは、志人の初刊行物「音郷響門閃闇日立」のジャケットアートワークや文中の挿絵全般を担当した尼子が今作にも謎の挿絵を提供している。

志人の作画とは対照的でいて共通項が垣間見える尼子の作画はDNAシークエンシングを想起させる様な幾何学的であり、理系的。

部分集合の内部、外部、境界/点の近傍/点列の収束/連結性/位相空間から位相空間への写像の連続性/開集合、閉集合、閉包

位相空間的な画風である一方、定規などを使用せずフリーハンドで緻密に描かれた絵画は、脳内に浮かんだ目視出来ぬ疑問符を可視化したかの様な異物感を醸し出している。

“宇宙の外側-O.O.O-“の誠に壮大で難解な哲学詩世界を紐解くきっかけになるか、一層にこんがらがってゆくか、、それは読み手次第であろう。

私は一層にこんがらがり、その「こんがらがり」を心地よくさえ思った。 久々に飲み物ではなく、読み物で酔った感じである。 

….(中略)….

物書きとしてはご法度の脇道に逸れる筆先、「さいなら まったいら」に面食らって、フラフラしてきた。

しばし夢遊病者の如くろれつの回らぬ様な持論を展開する事にはなるが、

私自身も昭和に生まれた者である。そして「世代」や「時代」などという区切り目の言葉には微塵も魅力を感じないし、

何の変哲のない日常の繰り返しに彩りを与えてやるためにマスコミが当て付けた単なる名称にしか思っていない。

つまり、その言葉を使えど世間一般的な共通認識というものは、浅はかなTV情報やWEB情報内で処理されるだけのことである。

明確なのは、進化はせど深化せず、退化の過程の中に見落とした深化があり、人並み外れた集中力と情熱がそれを拾う。一方、分散した集中力と冷めた諦めがそれを見捨てる。

だのに人間は過剰情報の渦に思考停止を強いられ、進化したソフトを駆使せど進化せず、退化の一途を辿っている。

私自身の誠に極端な持論を展開するが、この状況は非常に好ましいと言えよう。 

一般的には、「好ましくない、一刻も早くこの状況から逃れなければ人間は危うい」と言えば迎合するものも多数いるだろう。 真逆だ。好機である。

これは一度裏を返せば、退化中に深化を探るきっかけが溢れていることになるのである。

ああ、気付けば私は全くもって見事に「さいなら まったいら」にアジられてしまい、行く宛てのない怒りを顕にして文字起こしをしてしまっているではないか。

触発されるというのはこの事なのだろうか? いてもたってもいられなくなってしまった。

「触れたら最後感」これにいつも気付かされ、心動かされるのは志人であり、ON TODAのとめどなく溢れる表現活動である。

彼らの近年の表現に見られるのは、まるで死に瀕しているのではなかろうか?と想わせる程の過剰なまでの集中力である。

それは、最新型ソフトが構築し得る新たな技法の中で切磋琢磨する技術者に成り下がった表現者達への挑戦状を叩きつけている姿にも見える。

どうやらこの集中力と瞬発力こそが、退化の一途を辿るか、深化の一石を磨くかの分かれ道の様だ。

彼らは作品を手懸ける喜びを胸に、明らかに戦っている。 そして何よりも楽しそうなのである。

もしかしたら彼らは自身の手掛けた作品を自分の部屋の棚に飾ったりなどはせず、墓に埋葬する様な感じで、生み出しては封じ込め、振り返りもせず、

次なる”死”へ向かってまっしぐらになっているのではなかろうか。

彼らは従来より息をする様に作品を作り続けている。 

この瞬発力と集中力を保持する彼らが、今後も作品を眠らせることなく、世に、我々の耳元に、目に、心に、脳に、後の世に、残し続けてくれることを切に願っている。

この私の様にけんけんぱーをして脇道に逸れていってしまう人間に対して志人は「素晴らしい ズラカリ」と言ってのける。

道から逸れれば、自分が元居た道を見つめ直す事に繋がる。 元居た列に戻るか、ズラカリ姿をくらますか、、物書きの根底の信念をも揺がし覆そうとしてくる。 

同時期に発表された”意図的迷路”12inchも”凹凸凹”も、「自ら進んで はぐれなさい」と言っている様な作品達だ。

思えば遠く、私は既にどの様にしてこの文章を書き進めようとしていたかの魂胆すら行方不明になりつつある。 と言うか、完全にはぐれてしまった。自分で作った迷路だったはずなのに。。

(以下省略)

                         ー ライター 穴あきアナライザー - 「さいなら まったいら」 レビュー より抜粋




【ご購入特典】


d0158942_12234005.jpg


志人×ON TODA 最新作12inch Vinyl「意図的迷子」+ CD「凹凸凹 -BOKODEKOBOKO-」+ 別冊 歌本「さいなら まったいら」及びKOR-ONE”WIND NOISE”並びに現在お取り扱い中のTempleATS 関連作品をご注文頂きました方々へは”特典”が付きます。

特典内容は、”戸田真樹×吉本昌行 ザ・談 web版” / ”KOR-ONE 「WIND NOISE」Specialインタビュー記事” を読むことが出来るURLリンクの記載されたポストカードを封入。
“ザ・談”では、2018年、数々の作品を世に送り出した志人×ON TODAの生みの親である両者の本年の総括を”昭和〜平成時代”を振り返りながら 、制作秘話や今想うことなど、様々な話題に触れた”ザ・談 “が繰り広げられています。又、同URL内で1stアルバムをリリースしたKOR-ONEへアルバム制作秘話やその想いを探る取材を試みましたスペシャルインタビュー記事を読むことが出来ます。
是非お楽しみ下さいませ。
尚、”KOR-ONE 「WIND NOISE」”を流通店舗様で既に御予約中のお客様へも本特典が付属致します。



【発送に関する注意点】

"KOR-ONE 「WIND NOISE」"の発売日は12/12を予定しております。
TempleATS ONLINE STOREにて"KOR-ONE 「WIND NOISE」"を単品でご注文のお客様へ発送日は12/12を予定しております。
尚、志人×ON TODA「意図的迷子」12inch Vinyl/志人×ON TODA「凹凸凹」-BOKODEKOBOKO- CD/別冊歌本「さいなら まったいら」と同時に"KOR-ONE 「WIND NOISE」"や他作品を御予約ご注文のお客様へは、
12/25に発送予定となりますのでご了承下さいませ。





d0158942_12045859.jpg





















































11月30日、12月1日の2日間にわたり、京都の街で音楽フェス「MAZEUM」(メイジアム)

d0158942_01285627.jpg

チケットご購入は:
http://mazeum.jp/program/

http://mazeum.jp

今、世界から熱い注目を集める日本のアンダーグラウンド音楽シーンから、最もカッティング・エッジな音楽とアートのフェスティバルが立ち上がる。ワールドクラスの鬼才たちが京都に結集し、3つの寺を含む6つの会場でパフォーマンスを繰り広げる2日間、〈MAZEUM -メイジアム-〉開催。

2018年11月30日(金)京都府 法然院
<出演者>
スガダイロー / サラ・ダバチー

2018年11月30日(金)京都府 METRO
<出演者>
VJ Hashim / halptribe / Nazira / DJ NOBU

2018年12月1日(土)京都府 極楽寺
<出演者>
PODD / 杉本戦車 / ふちがみとふなと / HIDENKA / マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN) / 7FO / Koki Emura / and more

2018年12月1日(土)京都府 誓願寺
<出演者>
山川冬樹 / 志人× スガダイロー

2018年12月1日(土)京都府 UrBANGUILD
<出演者>
テンテコ/ KOPY / DJ SOYBEANS / ZVIZMO(テンテンコ+伊東篤宏) × contact Gonzo / Torei / GOAT / 行松陽介 / and more

2018年12月1日(土)京都府 OCTAVE
<出演者>
VJ ROKAPENIS / 食品まつり a.k.a FOODMAN / Ken FURUDATE / ANTIBODIES Collective / 小松千倫 / 空間現代 feat. THE LEFTY(KILLER-BONG+JUBE) / DJ YAZI / ENDON / GAJIROH & RACY / BLACKSMOKERS / ムーア・マザー / BIM(THE OTOGIBANASHI’S) / YOTTU / and more




「DOMMUNE〜京都で始まる新たなフェスティバルMAZEUMスペシャル〜」
日時:2018年11月28日(水)
19:00〜 トークセッション
w/ DJ NOBU (FUTURE TERROR), JUBE (BLACK SMOKER RECORDS), 浅沼優子/聞き手:Jun Yokoyama
21:00〜 パフォーマンス
DJ: KILLER-BONG (BLACKSMOKER RECORDS), Torei (from Kyoto)
LIVE: Moor Mother (from Philadelphia, US)
会場:DOMMUNE
住所:東京都渋谷区東4-6-5 ヴァビルB1F
入場:¥2,000

http://www.dommune.com/





各会場 タイムテーブル


d0158942_08254072.jpg



d0158942_08291617.jpg

d0158942_08295473.jpg
d0158942_08301884.jpg

d0158942_08345620.jpg































週明けに 志人×ON TODA 12inch Vinyl /最新作CD/BOOK
3タイトル同時リリース!
予約開始致します!! 
全て年内発表予定です! 
衝撃的な新曲/新作が出来上がりました!! 
どうぞお楽しみに!

詳細は週明けに告知致します。



2019年1月6日 愛知県岡崎市 "パンチャスカンダ" @BAR煙-en- 志人 出演決定です。


d0158942_17441850.jpg


d0158942_17441898.jpg





















「映世観-うつせみ-」特典ポストカード内記載の特設ページ:

AnatatomeページPOST2 更新しました。


d0158942_03370106.jpg

今回は、『映世観』に多数の track を提供し、その世界観を支えているトラックメーカーの dj ao氏を迎え、

志人を交えての懇談会を開催。

おなじみの取材陣が司会となり、志人と共に、dj ao の紡ぎ出す音楽の世界の魅力や、

制作における工夫、そして過去から現在進行中のプロジェクトや未来の展望に迫ります。


司会 : 脇道逸れ太郎(ワキミチソレタロウ) / 鋭杉汰郎(スルドスギダロウ) /

学者肌龍之介(ガクシャハダリュウノスケ)



POST1では、『位相空間EP』から『映世観』を、脇道逸れながら鋭杉ながら学者肌が解き明かします。

その謎多き楽曲達を紐解いて行ければと、志人へのロングインタビューを敢行しました。

Anatatomeでしか見られない志人自身の制作に対する姿勢や挑戦が垣間見える内容となりました。


by 脇道逸れ太郎(ワキミチソレタロウ)/鋭杉汰郎(スルドスギダロウ)/学者肌龍之介 (ガクシャハダリュウノスケ)


現在公開中です!



d0158942_18500368.jpg





d0158942_21432822.jpg
d0158942_21441488.jpg

  • 公演期間

    2019/1/5(土)

    会場


    野方区民ホール (東京都)


  • 出演者など

    [出演]志人 / ON TODA / 新野将之 / Crenazm / とらたろう / 石崎元弥 with Friends  / dj ao


    注意事項


    中学生以上高校生以下は要学生証


  • 公演などに関する問い合わせ先

    NADJA運営スタッフ:080-5414-6871


本イベントは以下の3部構成になります。

       1部: LIVE (Crenazm/とらたろう/石崎元弥with Friends/新野将之)

       2部: 講演

       3部: LIVE (ONTODA/志人&dj ao)



・イベント2部の講演テーマ
「文豪たちのラブレター」
SNS社会の現代、言葉を発信する機会は増えました。
しかし、それにより伝える力が向上しているかと考えると疑問です。
伝達の手軽さが増したことで、伝えることについて真剣に考える機会は少なくなってしまったのかもしれません。
今の社会がそんな状況だとすれば、昔はどうだったのでしょうか。
現代人より上手く伝えることができていたのでしょうか。
それを伝えることが最も重要になる媒体の1つである「ラブレター」を通して解明してみようというのが講演のテーマです。
昭和の文豪たちが書いたラブレターを題材に、主催者石崎と高校英語教師有吉俊樹により、
文豪たちが言葉を使いどのように想いを伝えたのかを読み解いていきます。




チケットぴあ:





















d0158942_03370106.jpg

「映世観-うつせみ-」志人/玉兎がAmazon.co.jpにて直接流通が開始されました。 
正式なオーダー可能日は10/24〜を予定しております。 

尚、Amazonさんにおきましては、特典のポストカードは規定によりお付け出来ず、通常盤のお取り扱いとなります。



特典ポストカード付きのご購入をご希望の方は、下記、直接流通店舗様にてご購入頂きました場合は、
特典のポストカードが付属致します。

何卒ご検討下さいませ。


■TempleATS ONLINE STORE
※当サイト限定の"CD+手拭いSET"も予約受付中です。

予約ページ:


「映世観-うつせみ-」志人/玉兎  
お取り扱い中の自主流通店舗様情報です。


※全店舗特典付きです。

(順不同/敬称略)

■WENODさん

■DISK UNIONさん

■Shabby sic ポエトリーさん

■JET SETさん

■TROOP RECORDSさん

■CASTLE RECORDSさん

■Tower Record 限定店舗さん
※お取り扱い店舗は後日発表いたします。

■ロータリー松葉さん

店舗様にて9/12よりお取り扱い開始予定です。

〒501-2105 岐阜県山県市高富1201−3


■ほんとレコードさん

京都府京都市上京区丸太町通河原町西入信富町325−2吉成ビル 4F

■ZAKAIさん

ご予約ページ:


■ HOOD [フッド]さん
385-0053 長野県佐久市野沢262-1 2F

ご予約ページ:


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【TempleATS諸作品のお取り扱いをご検討いただける御店様へ】

TempleATS諸作品のお取り扱いをご検討いただけます御店様を随時募集中でございます。

下記、メールアドレスへ「作品取り扱い希望」を件名にして頂き、メールを頂けましたらSTAFFがご回答いたします。

contact@templeats.net


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



■TempleATS ONLINE STORE
※当サイト限定の"CD+手拭いSET"も予約受付中です。

予約ページ:




その他お取り扱い店舗様情報を随時更新して参ります。


いつも我々の作品をお取り扱い頂きまして誠に有難う御座います。

TempleATS STAFFより









今、世界から熱い注目を浴びる日本のアンダーグラウンド・シーンから、

国内外で活動するアーティストが京都に集結。

寺院やクラブなど6つの会場でパフォーマンスを繰りひろげる音楽とアートのフェスティバル〈MAZEUM -メイジアム-〉が11月30日(金)から12月1日(土)の2日間に渡り開催!

公演スケジュールは11月30日(金)19時より法然院にてコンサート、同日23時からMETROにてクラブ・イベントがオールナイトで行なわれ、翌日12月1日(土)14時より極楽寺、UrBANGUILD、誓願寺、Octaveの4ヵ所を使ったサーキットを開催。同日深夜0時よりOctaveにてオールナイト・イベントが行なわれ、同フェスを締めくくります。

公演の詳細はオフィシャル・サイトをご覧ください。
<http://mazeum.jp/>

===========================
■MAZEUM -メイジアム-
<http://mazeum.jp/>

<日程>
2018年11月30日(金) ~ 12月1日(土) ←2days開催

<開催・京都>
京都 法然院 、METRO、極楽寺、UrBANGUILD、誓願寺、OCTAVE

<出演>
DJ NOBU、KILLER-BONG、スガダイロー、山川冬樹、Sarah Davachi (CA/ US)、DJ Sprinkles、Moor Mother (US)、ZVIZMO (テンテンコ+伊東篤宏) × contact Gonzo、志人(降神)、佐藤薫/ EP-4 [fn.ψ]、行松陽介、ENDON、ANTIBODIES Collective、Goat、空間現代、Halptribe、マヒトゥ・ザ・ピーポー、BLACKSMOKERS ほか 

※全プログラムは近日公開

<料金>
前売券 ・・・本日10/11より発売開始!

●2日通し券(11/30 法然院を除く) 9,000円
●11/30(金) 法然院コンサート 4,500円
●11/30 (金)METROクラブイベント 3,000円
●12/1(土)極楽寺、UrBANGUILD、誓願寺、Octave サーキット 4,500円
●12/1(土) Octaveクラブイベント 3,000円

<企画・制作>
Black Smoker Records
DJ NOBU (FUTURE TERROR/ GONG)
浅沼優子/Yuko Asanuma(音楽ライター、Berlin Atonal日本版ディレクター)
ノイズ中村/中村 賢治 (Kenji Noiz Nakamura)(VELVETSUN PRODUCTS)
井尻 有美 (Yumi Ijiri)(ハイウッド関西)

<協賛>
adidas Originals

<音響機材サポート>
Pioneer Pro Audio

<グラフィック・デザイン>
河村 康輔 (Kosuke Kawamura)

<ロゴ・デザイン>
三重野 龍 (Ryu Mieno)

開催日程

2018年11月30日(金)〜12月1日(土)

開催地・京都

11/30(金)- 法然院METRO
12/1(土)- 極楽寺、UrBANGUILD、誓願寺、OCTAVE

時間

●11/30(金) 法然院コンサート OPEN 18:30/START 19:00
●11/30 (金)METROクラブイベント (All Night) OPEN・START 23:00
●12/1(土)極楽寺、UrBANGUILD、誓願寺、Octave サーキット OPEN・START 14:00
●12/1(土) Octaveクラブイベント (All Night) OPEN・START 0:00

出演

DJ NOBU
KILLER-BONG
スガダイロー
Moor Mother (US)
山川冬樹
Goat
空間現代
Sarah Davachi (CA/ US)
ZVIZMO (テンテンコ+伊東篤宏) × contact Gonzo
志人(降神)
佐藤薫/ EP-4 [fn.ψ]
行松陽介
ENDON
ANTIBODIES Collective
Halptribe
マヒトゥ・ザ・ピーポー
BLACKSMOKERS ほか
※全プログラムは近日公開 

料金

前売券(イープラス、Resident Advisor より10/11(木)発売開始)

●2日通し券(11/30 法然院を除く) 9,000円(ドリンク代別)
イープラス:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002275701P0030001
RA:https://www.residentadvisor.net/events/1171555

●11/30(金) 法然院コンサート 4,500円
イープラス:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002275665P0030001
RA:https://jp.residentadvisor.net/events/1171529

●11/30(金)METROクラブイベント 3,000円(ドリンク代別)
イープラス:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002275674P0030001
RA:https://jp.residentadvisor.net/events/1171506

●12/1(土)極楽寺、UrBANGUILD、誓願寺、OCTAVE サーキット 4,500円(ドリンク代別)
イープラス:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002275709P0030001
RA:https://www.residentadvisor.net/events/1171538

●12/1(土) OCTAVE クラブイベント 3,000円(ドリンク代別)
イープラス:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002275688P0030001
RA:https://www.residentadvisor.net/events/1171545

協賛

adidas Originals

音響機材サポート

Pioneer Pro Audio

STAFF

グラフィック・デザイン

河村康輔

ロゴ・デザイン

三重野龍

写真

井上嘉和

web

SD WEBWORKS

舞台美術

OLEO

舞台監督

尾崎聡

音響

椛島隆(LMD)

照明

藤本隆行(Kinsei R&D)

企画・制作

BLACK SMOKER RECORDS
DJ NOBU (FUTURE TERROR/ GONG)
浅沼優子
ノイズ中村(VELVETSUN PRODUCTS)
井尻有美(ハイウッド関西)





11/18 @FORUM KYOTO Group Exhibition&POP-UP 「gathering」
壁画完成イベント/Mural painting completion partyに志人出演決定です。

※志人の出演は11/18です。 
Group Exhibition&POP-UP 「gathering」 は2018.11.3-11.27の期間で行われています。


d0158942_16374771.jpeg

イベント詳細 facebook page:
https://www.facebook.com/events/761478550861169/
Group Exhibition&POP-UP 「gathering」

Curated By KESHIKI.JP
  

この度、関東、関西のペインターを集めた展覧会「gathering」を開催します。
1970年代にニューヨークで、スプレーやフェルトペンなどを用いて壁や電車などに落書きをすることから始まったとされるグラフィティは日々歴史を刻みながら美術性を高めてきました。現代では、街中のビルの壁などに人知れずペインターたちの絵が更新されていく中、正規での依頼でビジュアルを提供するなど社会に溶けこんで行っている面もあります。
今回は京都の芸術レーベルKESHIKI,JPが関西、関東から集めたペインターと協力しFORUM KYOTO全フロアに大規模な壁画を会期中公開制作するほか、作品を展示、オリジナルグッズの販売も行い現在のグラフィティ文化をアーカイブします。

We will be holding an exhibit entitled [gathering] which will consist of painters from both the Kanto and Kansai areas getting together on this special occasion.
The art of graffiti, which started in the 70’s using spray paint and felt pens on the walls and subways of New York City, and which is inspired by the stories from everyday life, has managed to keep developing its peculiar esthetic. During the current era, while many unknown painters keep updating their art on the walls of cities, some of these painters have taken part in actual companies, receiving regular requests to offer their art.
This time, Kyoto’s art label KESHIKI.JP partnered with these painters from the Kanto and Kansai areas and invites you to an open graffiti session performed on a large-scale wall on all floors of FORUM KYOTO. Their art will also be exhibited at FORUM and original goodies will be available for purchasing. With this event, we hope to make history in contemporary graffiti culture with this creative gathering.


Painter
WHOLE9
るまんるあん/RUMANRUANN
塗壁/NURIKABE
COMIC HEADS
Tim Kojima
zhack

企画 curation
黒田純平/Junpei Kuroda (KESHIKI .JP)



会期:2018.11.3-11.27
場所:FORUM KYOTO http://www.forumkyoto.com/

時間:17:00-25:00 土日15:00-25:00 (月曜定休)

オープニニングレセプション/openingreception
2018.11.3 19:00-25:00
entrancefree
DJ
Tim Kojima
Kai
T.HAC
yaman

壁画完成イベント/Mural painting completion party
2018.11.18 19:00-25:00

entrance 2000円+1drink
act
LIVE
志人/sibitt
Anddy toy store “Dona jeezy”
KZYBOOST

DJ
LADY GAYA
Tim Kojima
YAMAN
IMADEGAWA
Milez












←menuへ