人気ブログランキング |

8/10 Workshop #02 @大阪府立 江之子島文化芸術創造センター[enoco]  演劇公演「ジャンクション」の関連WSで志人がファシリテーターを務めます。

Kyoto experiment 2016 「POTAL」作:林慎一郎 演出:維新派 松本雄吉 で林慎一郎氏作品に出演した志人が

林慎一郎氏作・演出の新作演劇「ジャンクション」の関連ワークショップ#02

"客人(まろうど)オンザロード〜The Stranger’s lyricism 〜 ​"  にて

ファシリテーターを務めます。


d0158942_19255451.png



d0158942_19163713.jpg

8/10  
Workshop #02 @大阪府立 江之子島文化芸術創造センター[enoco]  
"客人(まろうど)オンザロード〜The Stranger’s lyricism 〜 ​"  

ファシリテーター:志人

アシスタント:林慎一郎・金子仁司(kondaba

詳細は:https://taikutsu.wixsite.com/junction


内のWorkShopの項目にて

2019/11/21-24 江之子島文化芸術創造センターに行います新作公演、 極東退屈道場#010「ジャンクション」。

公演に先駆けて、8/3(土)と8/10(土)の2回に渡って​「ジャンクション」創作のための関連ワークショップを開催します。

今回作品の舞台となる江之子島は、かつて大阪の玄関口でした。
その江之子島の現在の風景を訪れる人々の言葉からを語り起こす試みです。
2回目には「PORTAL」(2016/演出:松本雄吉)で林作品に出演し、その唯一無二の世界観で言葉を紡ぐ詩人、志人(sibitt)を迎え、語る言葉を“詩”に練り上げてみます。

〈「ジャンクション」公演サイト〉
https://taikutsu.wixsite.com/junction

詳細は、お申し込みは上記サイト「WORKSHOP」をご覧ください。ご興味ある方は是非ご参加ください!

======


Workshop #01(ワークショップフェスティバル・ドアーズ13th 参加)

『あなたの見た風景をセリフにする「道案内」演劇』

ファシリテーター:林慎一郎
​アシスタント:金子仁司(kondaba)

道すがら、いつも見ている風景や感じていることを言葉にしてみましょう。
それを「同行者」に伝えながら、演じてみましょう。
現代を生きる人たちの「道行(みちゆき)」を作る試みです。

日時:2019/8/3(土)15:30−17:00(1.5H)
​定員:20名
​参加費:500円
対象:高校生以上
会場:江之子島文化芸術創造センター/enoco 4階
​持ち物:動きやすい服装、筆記用具
共催:大阪府立江之子島文化芸術創造センター〈enoco〉

※以下のワークショップフェスティバル・ドアーズページよりお申し込みください。
https://www.iwf.jp/13osaka/item_826.html

=====
Workshop #02
 
『客人(まろうど)オンザロード
〜The Stranger’s lyricism-ザ・ストレンジャーズ・リリシズム-〜』


ファシリテーター:志人
​アシスタント:林慎一郎・金子仁司(kondaba)

その土地の地理的情報に関して詳しくない"客人(まろうど)/ストレンジャー"がどの様にその土地の道案内をするのか?
更にはその道案内に独自のリリシズムを見出し、それを声に出した時にどの様な響きとなるのか?道案内を自作の詩にしてみましょう。



日時:2019/8/10(土)14:00−17:00(3H)
​定員:10名
​参加費:500円
対象:高校生以上
会場:江之子島文化芸術創造センター/enoco 4階
​持ち物:動きやすい服装、筆記用具
​共催:大阪府立江之子島文化芸術創造センター〈enoco〉

​※1回目を受講の上、参加していただくのが望ましいです。 ただし、どうしても2回目のみの受講しか難しい方は一度お問い合わせください。


お申し込みはこちら
https://taikutsu.wixsite.com/…/ev…/jankushon-kanrenws-zeroni




作品紹介

ジャンクション

Junction
2019.11.21-24
​@enoco
d0158942_19163713.jpg

大阪はかつて海だった。川が運ぶ土砂が数々の島をつくり難波八十島と呼ばれ、今でも島の名のつく地名が多い。そのうちの一つ、江之子島。安治川と木津川が交わり、かつては大阪の玄関口/中心地として大阪府庁があり江之子島政府と称された。今は上空を阿波座ジャンクションと呼ばれ西日本を代表するインダストリアルデザインがとぐろを巻き、その下を地下鉄中央線が地上へ顔を出すと、埋め立てで作られた人工島を目指す。本作品はこの地に建つ江之子島文化創造センターで上演する。数少ない戦前期のモダニズム建築だ。様々な交通の結節点/ジャンクションである立地にならい、観客は館内の4つの空間を別々にツアーしながら物語の終着を目指す。観客は市内をくぐり抜け海へ向かう者、川を上りやってきた者、上空を車で走る者として回遊する。別々の物語を体験したツアーは、この館を七年に渡り居住権を主張し占拠していた者の物語に終着する。かつての大阪の入り口から、観客は現在の大阪を多面的に透かし見る体験する。

作・演出

林慎一郎


日時

2019年11月21日(木)〜24日(日)

11月21日(木) 19:00

11月22日(金) 14:00 / 19:00

11月23日(土) 14:00 / 18:00

11月24日(日) 14:00

料金

一般前売:3200円

一般当日:3500円

ペア:5500円

ユース割引(22歳以下):2000円

​2回目以降の観劇:0円

まもなく発売




大阪府立 江之子島文化芸術創造センター[enoco]


〒550-0006 大阪府大阪市西区江之子島2丁目1−34

06-6441-8050

http://www.enokojima-art.jp

​休館日:月曜日






by sibitt | 2019-07-18 19:26 | 志人 LIVE情報 | Comments(0)
←menuへ