カテゴリ:志人 LIVE情報( 186 )

『音で観るダンスのワークインプログレス』

 音声ガイドを選んで観る上演&トーク 


視覚に障害のある人たちが芸術を楽しむために、音により視覚情報を補助する「音声ガイド」。音声ガイドは、視覚情報を音で置き換えることで、鑑賞する人の頭の中にさまざまなイメージを浮かび上がらせる手法です。そんな音声ガイドをダンスという身体表現につけるとしたら、どんなダンスの“見方”が生まれるのでしょうか。

それは、より多くの人が身体表現を楽しめるようになる状況をつくるだけでなく、視覚の有無を超えて、ダンスの見方の多様性を共有することにもつながるのではないか、というのがこのプロジェクトの試みです。

本上演では、3種の音声ガイドから好きなものを選んで聞きながら、ダンスを鑑賞していただきます。併せて、今回の取り組みや開発のプロセスを紹介しながら、視覚に障害のある人との舞台芸術の楽しみ方について語ります。

本年度は以下の3つの音声ガイドとともに上演致します。

・音声ガイド1
 テキスト:岡田利規(演劇作家、小説家)
 朗読:川﨑麻里子(女優)

・音声ガイド2
 テキスト:本プロジェクト研究会

・音声ガイド3
 テキスト・朗読:志人(語り部)

日時:2018年9月17日(月・祝)14:00-16:00

会場:KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

定員:150名(先着順、要事前予約)

参加費:無料

ダンス出演:捩子ぴじん(ダンサー)

トーク出演:捩子ぴじん、田中みゆき(キュレーター、本プロジェクト企画)、本プロジェクト研究会メンバー(岡野宏治、金子聡、難波創太)、細馬宏通(滋賀県立大学人間文化学部教授、人間行動学者)

モデレーター:木村覚(日本女子大学准教授、ダンス研究者・批評家、BONUSディレクター)

☆上演前にタッチツアーを開催!

視覚に障害のある方を優先に、開演前に今回のダンスのコンセプトを体で感じたり、ダンサーとコミュニケーションがとれる「タッチツアー」を開催致します。

30分程度、計2回、定員10名(先着順、①と②は同じ内容です。)

①12:00開始 ②13:00開始

*メールにて要事前予約

【参加方法】

8/16(木)10:00より、メールにて受付いたします。(1通につき1名まで。介助者有の場合はご本人+介助者 計2名まで。)

oubo★kanagawa-af.org(★を@に変えてください)に件名を「音声ガイド上演申し込み」として以下をご記入の上、お送りください。

1. 氏名(フリガナ) 

2. 年齢 

3. 性別 

4. メールアドレス(oubo@kanagawa-af.orgからのメールを受信できるように設定ください)

5. 電話番号(携帯番号でも可) 

6. 住所(市区町村まで)

7. 視覚障害の有無

8. 介助者の同伴の有無

9. タッチツアー参加の希望有無、参加希望の回(①または②)

10. その他主催者へのご要望やご質問があればお知らせください。

*定員(150名)になり次第、締切させていただきます。

*個人情報は本事業に関するご連絡および今後の催事のご案内以外には使用いたしません。

問い合わせ先:KAAT神奈川芸術劇場

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町281

TEL. 045-633-6500(代表)FAX.045-681-1691

http://www.kaat.jp/













[PR]
d0158942_18473942.jpg

大阪・十三で開催される『しょんべんフェス』に志人が出演決定

イベント詳細は:




同イベントはインディーレーベルDonut Recordsによる十三初のサーキットイベントとなっており、十三FANDANGO、十三GABU、十三246Lスタジオ、十三club waterの4会場が使用される。


志人の出演会場は

246ライブハウスGABU / スタジオ246十三Lスタ
大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティビル4F

です。









[PR]


d0158942_14125113.jpg




会場:
東京都 / スターパインズカフェ

武蔵野市吉祥寺本町 1-20-16


出演:

志人・スガダイロー

国府達矢バンド(仮)

折坂悠太(合奏)

中山晃子[VJ]






チケットINFO:


https://t.livepocket.jp/event/search?word=%E5%BF%97%E4%BA%BA



イベント概要

INFORMATION

出演者

日 程

2018/10/1(月)

開場日時 18:30  開演日時 19:00 

会 場

販売元


[PR]

記録映像:

DJ KRUSH & SIBITT live Moscow 2018


DJ KRUSHと志人によるロシア,モスクワでの"結-YUI-"のLIVE映像がVisual Art "stain"により公開されました。

Moscowでは、巨大スクリーンにstainのVisual Artとロシア語翻訳された志人のリリックが映し出されています。

翻訳をして下さった Ilya Rasskazovさん、

そして素晴らしい映像をこの日のために用意してくれたstain、
Yota Arenaのstuff team, 当日ご来場いただきましたロシアの皆様、この様な光栄な機会を我に与えて下さったDJ KRUSHさん,
サポート諸々大変お世話になったTOYOさん、
「翻訳した歌詞を会場の皆へ」とご提案頂きました浅野様。
この場をお借り致しまして心からの感謝を申し上げます。

-志人/sibitt

stain : http://stain.ws/

結-YUI-.
World actual themes in the song by Sibitt and DJ Krush!
With subtitles in Russian translated from Japanese.

Moscow live presentation of Kiseki and Cosmic Yard albums by DJ Krush.
Visuals by stain.ws.
Special thanks to Ilya Rasskazov for curating this concert and Yota Arena team.
Camera: Alexey Shcherbina

Moscow, 2018

























[PR]

オッス!編集。 第3回【ゲスト : 川﨑仁美さん(盆栽研究家) / 志人(詩人/作家/作詩家)】ロフトワーク×京都造形芸術大学ウルトラファクトリー BYEDIT による「編集」を考えるプロジェクト
d0158942_20261625.jpg

MTRL KYOTOより

本イベントはMTRL KYOTOを運営する株式会社ロフトワークと、京都造形芸術大学ウルトラファクトリー BYEDITの共同企画プロジェクト「オッス!編集。」の第三回目となるイベントです。

編集者による編集者でない人たちとのプロジェクト

オッス!編集。」は、編集という業/術/技とカジュアルに向かい合って、編集の正体を紐解こうという企画です。京都造形芸術大学 ウルトラファクトリーのプロジェクト「BYEDIT」*と、MTRL KYOTOを運営するロフトワークがタッグを組んで、過去2回開催してきました。第3回もまったく異分野のゲストをお迎えしての開催が決定しました。

*BYEDITは、「造形技術支援工房」と位置づけられるウルトラファクトリーにあって、モノはつくらず、学生たちと出来事やメディアを作り出している編集プロジェクト。2人の編集者、多田智美(MUESUM)と竹内厚(Re:S)がディレクターを務める。
ウルトラファクトリー公式Webサイトより引用)




企画詳細: 下記URLより企画の詳細がご覧頂けます。

https://mtrl.com/kyoto/events/180422_ossuheushu_vol03/

https://www.facebook.com/events/571970269837710/?ti=icl




Messages from 竹内厚(Re:S)/多田智美(MUESUM)

編集業には散らかす側面と整理する側面とが同居していると思うのですが、「オッス!編集。」は散らかり気味かもしれません。もちろん、話したいことゲストにお聞きしたいことはたくさんあるのですが、それだけでもなく、これまではその場でスケッチ、作曲、デザインしていただいたり、学生たちにもささやかな仕掛けを用意してもらったりして、いわばたくさんの副音声とともににぎやかに進行してきました。
今回は、私たち2人が気になるゲストをそれぞれ招いてのクロストーク。副音声は料理! 編集者としても編集を再考する機会になればと考えています。


▼タイムテーブル
16:30 受付
17:00 – 17:15 オッス!編集。とBYEDITの紹介
17:15 – 17:55 トーク第1部 : 川﨑仁美(盆栽研究家) × 竹内厚
18:00 – 18:40 トーク第2部 : 志人(詩人/作家/作詩家) × 多田智美
18:45 – 19:30 全員集合トーク
19:30 –    その場打ち上げ(自由参加): 即興クッキング:松村貴樹[IN/SECTS 編集長]

こんな人におすすめ

  • 編集がもつ可能性を探求したい方
  • 普段と違う角度から物事を見る力を身に着けたい方
  • 異分野の仕事において編集の考えがどう活かされているか知りたい方
  • 編集に興味がある、編集を仕事にしている人とつながりたい方

ゲストプロフィール

志人(降神/TempleATS)(詩人/作家/作詩家)
sibitt_photo
独自の日本語表現の探求により-言葉-に秘められた全く新しい可能性を示す -言葉の職人-
日本国内の表現活動のみならず、海外においてはカナダ・モントリオールの芸術家達と制作したアルバム「発酵人間~Zymolytic Human~」では、KID KOALA(CA)やDJ Q-BERT(USA)等が参加し、世界中から注目を受ける。
日本free jazz界の重鎮、スガダイローとの七番勝負では壮絶なバトルを繰り広げ、後に合作「詩種」を発表。京都国際舞台芸術祭 2016 では松本雄吉(維新派・演出)内橋和久(音楽・演奏)『PORTAL』の舞台にて主演を担う。
国境を越える芸術家達が集うTempleATSの一員として、数多くの作品を世に残し、表現活動は多岐に渡る。
音楽表現のみならず舞台芸術、古典芸能の分野でも活躍する国内外から注目を集める表現者。
2018年3月よりEUツアーを始動。
<過去の主な共演者(順不同)>
DJ KRUSH、スガダイロートリオ、谷川俊太郎、KID KOALA、DJ Q-BERT、
こだま和文、DJ KENSEI、DUBMASTER X、鈴木勲、詩人・長沢哲夫、近藤等則(敬称略) 他数々の表現者との共演を経験。
■ official bog : Where`s sibitt?

川崎 仁美(盆栽研究家)
hitomi_kawasaki
1980年京都生まれ。高校3年生から盆栽雑誌のナビゲーターを務める。
その後独学し、2002年より「現代盆栽」を主宰。国内外で盆栽の解説・キュレーションを行う。
2009年より「日本盆栽大観展」(11月、京都)の広報・解説ツアーの企画担当。
10年間のフィールドワークを経て京都工芸繊維大学大学院に入学、2012年修士課程修了(工学修士)。
2013年学芸員資格取得。2017年博士課程単位取得満期退学。
2014-2015年、米国 エドワード・C・ジョンソン財団(フィデリティ証券)の奨学金を得て
アメリカ、イギリスに園藝留学。各国の園藝技術・思想・運営を学ぶ。
2017年 京都盆栽大使任命、京都造形芸術大学非常勤講師
横浜 春風社より著書を刊行予定。
(一社)日本盆栽協会・(一社)日本水石協会会員

現代盆栽 Gendaibonsai

ゆかいな仲間たち

松村 貴樹(ローカル・カルチャーマガジン IN/SECTS 編集長)
insects_matsumura
1976年生まれ。21歳で単身渡米、ニューヨークで5年過ごす。帰国後、フリーランスを経てLLC INSECTSを設立。2009年の春、「IN/SECTS Magazine」を創刊。
IN/SECTS

オッス!編集。プロジェクトメンバー

竹内 厚(Re:S)
20170628_ossu_takeuchi
1975年生まれ。編集者。雑誌やフリーペーパー、ウェブマガジンの編集、執筆を手がける。文化施設や企業の広報誌なども担当。UR都市機構のウェブマガジン『OURS. KARIGURASHI MAGAZINE』、書籍『#カリグラシ』編集担当。月刊誌『meets regional』では、アーティスト探訪「けもの道を行け!」連載中。現在、Re:Sに所属。
有限会社りす

多田 智美(MUESUM)
20170628_ossu_tada
1980年生まれ。編集者、株式会社MUESUM代表。“出来事が生まれるところからアーカイブまで”をテーマに、アートやデザイン、福祉、地域にまつわるプロジェクトに携わり、書籍やフリーペーパー、WEB、イベントなどの企画・編集を手がける。DESIGNEAST共同ディレクター。京都造形芸術大学非常勤講師(2008─)。共著に『小豆島にみる日本の未来のつくり方』(誠文堂新光社)。
MUESUM

上ノ薗 正人(ロフトワーク)
20708412_1448779241881952_4287802632924178837_n
大阪生まれ大阪育ち。九州大学芸術工学部環境設計学科卒業。大阪のデザイン事務所grafで丁稚として修行後、再び福岡に移住。福岡の古ビル再生プロジェクト「紺屋2023」の設計、運営を行うno.d+a / TRAVEL FRONTでの勤務を通してデザイン、建築設計からイベント運営、アートプロジェクト等幅広い業務に携わる。
2014年に関西に戻り、グランフロント大阪ナレッジキャピタルの総合プロデュース室に所属。アルスエレクトロニカとの協働プロジェクトや中高生を対象とした学びのプログラムを担当。2017年よりロフトワークに入社。趣味は野球観戦とハイキング。

木下 浩佑(MTRL KYOTO・FabCafe Kyoto マネージャー)
pro_kinoshtia
京都のカフェ「neutron」・東京のアートギャラリー「neutron tokyo」にマネージャーとして勤務したのち、廃校活用施設「IID 世田谷ものづくり学校」ではクリエイターのワークショップや展示、企業や学校・自治体とのコラボレーション、Fabスペースの立ち上げなど館内企画を担当。2015年より株式会社ロフトワークにジョインし、クリエイティブラウンジ「MTRL KYOTO」では立ち上げフェーズから継続して店舗サービスのマネジメントと企画に携わる。2017年6月には、MTRL KYOTO 1階に「FabCafe Kyoto」をオープン。地域や専門領域を超えて交流や創発を促す”媒介”であることをモットーに活動中。
https://mtrl.com/kyoto/
https://fabcafe.com/kyoto/

INFORMATION

オッス!編集。 第3回【ゲスト : 川﨑仁美さん(盆栽研究家) / 志人さん(詩人/作家/作詩家)】ロフトワーク×京都造形芸術大学ウルトラファクトリー BYEDIT による「編集」を考えるプロジェクト





    日 時2018/04/22(日) 17:00〜21:00
    場 所MTRL KYOTO
    参加費2,000円 1drink付
    定 員40名
    企 画株式会社ロフトワーク・京都造形芸術大学ウルトラファクトリーBYEDIT


    MTRL KYOTO
    〒600-8119
    京都府京都市下京区本塩竈町554










    [PR]

    DJSHUN×440×sibittの編成で出演します。

    2018.04.07 SAT@渋谷egg man :MASKED MANSION vol.9 -Tomy Wealth New Album『Prey』Release Party-

    志人 LIVEで参加させていただきます。


    d0158942_02461774.jpg




    2018.04.07 SAT@渋谷egg man :MASKED MANSION vol.9 -Tomy Wealth New Album『Prey』Release Party-

    Cast : Tomy Wealth (Prey Special Set) / 志人 / 里アンナ × 佐々木俊之

    Opening Guest : Fried Dough (from Canada)

    Food : マンゴスチン (Curry)


    詳細は:

    http://eggman.jp/schedule/schedule-7677/















    [PR]

    d0158942_12285298.png


    https://www.mixcloud.com/…/headzfm-episode-134-sibitt-%E5%…/

    Headz FMにて 志人のinterview、
    志人のソロ楽曲及び降神の楽曲、
    志人×Suga Dairoの楽曲が放送されました。

    interviewはロシアの方面の方用に訳されておりまして、日本語の志人の解答部分は、少し聴こえづらいので、後に質問内容及び回答内容をご報告する機会を設けようと思っております。
    しばしお待ち下さいませ。

    DJ KRUSH氏の最新作"Cosmic Yard"からの楽曲や、旧作からの選曲、そして、志人関連の作品は、

    志人"蘇り" produced by KIDKOALA Cuts by DJ Q-bert
    志人"満月" produced by Sally Paradise
    降神 "夢幻" produced by Tarzan (TempleATS)
    志人×スガダイロー  Alcaloide アルカロイド -雑木林は愛の詩-

    が放送されました。



    Focus on Japan - we have Sibitt for a chat about his music & poetry, also new music from DJ KRUSH and his upcoming album «Cosmic Yard».

    DJ KRUSH + special guest Sibitt
    23.03 Санкт-Петербург| Эрарта
    http://bit.ly/2GIkyIj

    24.03 Москва | Yota Arena
    https://vk.com/djkrush2018

    music played:
    DJ KRUSH feat. Toshinori Kondo & Morita Shuzan - Law Of Harmony (Es.U.Es)
    SIBITT 志人 - Yomigaeri feat. Kid Koala & Qbert (Granma Music)
    DJ KRUSH & DJ Shadow - Duality (Mo’wax)
    Sibitt - Mangetsu - Chuuyou (Granma Music)
    Origami - Mugen (TempleATS)
    DJ KRUSH - Dust Trail (Es.U.Es)
    DJ KRUSH feat. Sibitt - Yui (Es.U.Es)
    DJ KRUSH - Ignition (Es.U.Es)
    SIbitt & Sugadairo - Alcaloide アルカロイド -雑木林は愛の詩-
    Tadao Hayashi - My Favorite Things (Jazzman)
    DJ Krush & Mos Def - Shinjiro (Mo’Wax)









    [PR]
    d0158942_19304732.jpg



    3/23 ロシアSt.Peterburg DJ KRUSH公演@エラルタ現代美術館 ERARTA STAGE  にて 志人出演いたします。

    Токийская легенда DJ Krush возвращается в Петербург с новым альбомом, который выйдет в свет в начале марта. В прошлом году Краш выпустил “Kiseki” — свой первый альбом, полностью посвященный японскому рэпу. Теперь на очереди новая инструментальная работа, которая пока остаются тайной. В музее Эрарта Краш будет презентовать оба альбома, и в этот раз это будет не просто диджей-сет от мастера…




    2018年3月23日(金) 20:30 - 23:00 UTC+03

    エラルタ現代美術館










    [PR]


    d0158942_10275708.jpg
    d0158942_10272492.jpg

    オーストリア/ウィーンでの公演が決定しました。

    wolkenvorhang & FOMP present:

    Wolkenvorhang 37 - Sibitt / theclosing / Ignacio Perini@ Rhiz Vienna



    3/27の主催は

    オーストリア/ウィーンのレーベルwolkenvorhang と
    ウィーンのPoetry Slamシーンを支える" FOMP" presentsです。

    イベントページ:
    https://www.facebook.com/events/982286855256758/


    wolkenvorhang の関わっているARTISTがなかなか面白いメンツなのでcheckしてみてください。↓



    オーストリアのPoetry slamシーンを支える
    FOMP


    Wolkenvorhang 37 - Sibitt / theclosing / Ignacio Perini

    @ Rhiz Vienna

    wolkenvorhang & FOMP present:

    live (22:00-0:00)
    SIBITT (Triune Gods / TempleATS / JP)
    THECLOSING (Wolkenvorhang / FilthyBroke Recordings / Circle Into Square / AT)

    spoken word performance (21:40)
    IGNACIO PERINI (AR)

    djs (21:00-2:00)
    TSI (Duzz Down San / AT) (0:00)
    AAS DER BASIS (AT) (21:00)

    entry: pay as you wish!

    www.wolkenvorhang.net
    www.fomp.eu
    www.rhiz.org

    -

    SIBITT
    (Triune Gods / TempleATS / JP)

    Sibitt is an ‘Artisan of Japanese spoken word’ who is exploring new possibilities in Japanese language expression. Utilizing a rhyme flow that constantly changes with every situation, he is a one of a kind artist, overturning the status of the current Japanese art scene, a traveller who overcomes the boundaries of genres and ventures into different musical dimensions. Words pour out from the depths of innerspace and into the brains of the listeners. He imprints visuals similar to a film:
    Even for listeners who don’t speak Japanese Sibitt’s rhymes and sensibilities shine through. Language is not a barrier – you can feel the meaning through his unbelievable flow and unique character throughout his music. At times his calm and focused delivery is almost like a mantra.

    He has a wide range of activities. Sibitt and Dairo Suga (Free Jazz pianist) did improvisation that transformed into a horrific battlefield. After this battle they made a collaborative album named ‘Utatane’. The song ‘KAMUTONARU’ on the album was played by Gilles Peterson on his radio show (BBC Radio6 MUSIC and Worldwide FM). In 2016, he performed the theatrical show ‘PORTAL’ at the Kyoto International Performing Arts Festival as the lead performer. (Produced by Yukichi Matsumoto/Ishinha, Music by Kazuhisa Uchihashi). However, he is not only active in Japan, but also overseas, making his solo album ‘Zymolytic Human’ in Montreal together with Montreal based artists. The album also features Kid Koala and DJ Q-Bert.

    He is active in the music scene, performing arts scene, Japanese traditional arts scene; a storyteller of folklore …

    In 2017 he recorded a song with DJ KRUSH for the 25th anniversary album ‘Kiseki’. The song ‘YUI’ is the last number on the album that fascinates through its depth.

    He founded the record label ‘TempleATS’ that consists of poets, beat makers, and painters, and is a member of the poet collective ‘Origami’ (Sibitt and Nanorunamonai), delivering his spirited production all over the world.

    PAST COLLABORATIONS:
    DJ KRUSH, Diaro Suga, Shuntaro Tanikawa, Kid Koala, DJ Q-Bert, Kazufumi Kodama, DJ Kensei, Shingo2, Dubmater X; Isao Suzuki, Tetsuo Nagasawa, Toshinori Kondo, et al...

    TempleATS
    www.templeats.net

    sibittʼ s blog: Whereʼ s sibitt
    http://sibitt.exblog.jp/

    sibittʼ s official Facebook page
    https://www.facebook.com/265605563454322

    -

    THECLOSING
    (Wolkenvorhang / FilthyBroke Recordings / Circle Into Square / AT)

    theclosing is a Vienna-based music and art duo that consists of Daniela Palma Caetano Auer and Alexander Hengl. Lukas Lehner / TSI was their third member until 2015. They have been working towards the goal of making beguiling and original electronic music by mixing analog and digital sources that evades easy genre classification since 2004.

    Their first official EP "the way to M" and their self-titled debut album were released on the American independent labels Circle Into Square and Fake Four Inc. Lately their sound became more influenced by ambient and noise elements, which you can hear on their album “Live at Beatmaker Sessions”.

    They have played support shows for artists like Dälek, Zavoloka, Open Mike Eagle and Serengeti and collaborated with K-The-I???, Audio88, Babelfishh, Bleubird or Cars & Trains among others. Ever since 2013 they also organize the concert series Wolkenvorhang in their hometown Vienna, together with rapper and producer Parkwaechter Harlekin.

    At their upcoming shows they will present yet unreleased material and tracks from their recent album out on FilthyBroke Recordings (www.FilthyBroke.com).

    www.theclosing.net
    https://theclosing.bandcamp.com/
    https://soundcloud.com/theclosing
    https://www.youtube.com/user/theclosing
    https://www.facebook.com/theclosing

    -

    IGNACIO PERINI (AR)

    Ignacio Perini (Buenos Aires, 1984) is an argentinan poet, journalist and cultural producer. He was the Argentina representative at the 11th Coupe du Monde de Poesie, held in Paris, May 2017. He has two books published: "Dos historias de amor contadas con el diario del lunes" (Subpoesía, 2016) and "Loser" (Author's edition, 2018). He's also the editor of Revista B, a magazine dedicated to oral literature and performance poetry. Also, he runs the Virtual Bardo, a poetry competition that uses the platforms of Facebook and YouTube to generate a live, worldwide exchange of poetry in real time.

    https://www.youtube.com/watch?v=bJTpG4ksL_o

    -
















    [PR]
    カナダ・Montrealの音楽レーベル Jeunesse Cosmiqueより 
    志人が参加した楽曲慟哭 - Lamentation (Exploiter le sens de la création de l'esprit)がリリースされました。

    Jeunesse Cosmiqueは 志人のsoloアルバム”発酵人間”(Granma Mussic Entertainment)や
    「微生物ep」にも収録された「満月〜La pleine lune〜」のtrackを手掛けたSallyParadaise の所属するレーベルです。

    彼らは今年の6月に来日予定です。





    志人/Sibitt. poésie terrestre, chant
    Yetis Dei. percussions, synthé libérateur, bol tibétain
    Eddie Wagner. envolée de flûtes
    Masahiro Takahashi. collage d’étincelles
    Hazy Montagne Mystique. bruit d'étincelles

    enregistré à Tokyo, chez Yetis Dei et au chalet en triangle
    mixage réalisé à Tokyo
    mastering à Nantes.

    クレジット

    2018年3月7日リリース
    Hazy Montagne Mystique_tu ne te retourneras pas.
    2018

    Jeunesse Cosmique


















    [PR]
    ←menuへ