カテゴリ:志人 LIVE情報( 183 )

Opening Sesame

Opening Sesame [5min.19sec.]

d0158942_08472772.jpg

井上幸次郎

Kojiro INOUE

精神世界での三者の葛藤と成長の話。

監督:井上幸次郎/声:志人/音楽:マーティ・ヒックス/音響:松本日向子、森本一貴


Opening sesameが
2018年のFICAM(メクネス国際アニメーション映画祭)の短編を対象とした第10回の国際競争部門という所で上映されることになりました。

ホームページは
www.ficam.ma.
です。

上映予定は3月17日(土)21時です。

Sélection officielle des courts métrages en lice pour la Compétition Internationale du Court-métrage d’animation de Meknès - Courts Compét’ 2018

La 10ème compétition internationale de courts-métrages d’animation

Chaque année, le FICAM® met en avant un ensemble de courts-métrages soulignant la diversité de la production mondiale. A travers quatre programmes, le public pourra savourer la grande diversité d’expression du court-métrage d’animation. Cette compétition est aussi l’occasion de soutenir et d’encourager cette production mondiale avec les prix suivants:

· Grand prix du jury, le meilleur film de la sélection, prix doté de 3000 €.
· Meilleur court-métrage africain, le prix qui valorise la production africaine.
· Mention spéciale du jury, le coup de cœur du jury.
· Meilleur film étudiant, un encouragement pour la nouvelle génération.
· Prix du jury junior, le point de vue d’un jeune jury.
· Prix du public, le choix des spectateurs exprimé après chaque séance.

Pour cette 10ème édition, le jury de pré-sélection est composé de :

· Marie-Pauline Mollaret, journaliste et critique de films.
· Olesya Shchukina, illustratrice dans le cinéma d’animation.
· Ghita Zine, journaliste et présidente de l’Association des rencontres méditerranéennes du cinéma et des droits de l’Homme (ARMCDH).

Ci-dessous les films présélectionnés pour la 10ème édition de la compétition

Programme 1

Airport
Réalisatrice : Michaela Müller
Suisse/Croatie, 10min35s

A forest fairy tale
Réalistateur : Franko Dujmić
Croatie, 6min29s

Rubans
Réalisatrice : Torill Kove
Canada, 8min47s

Cerulia
Réalisatrice : Sofía Carrillo
Mexique, 12min

Coups de pompe
Réalisatrice : Marion Ichard
France, 4min14s

Tapettes
Réalisateur : Alexis Vandersmissen
Belgique, 5min40s

Le marcheur
Réalisateur : Frédéric Hainaut
Belgique, 11min18s

Opening Sesame
Réalisateur : Kojiro Inoue
Japon, 5min19s

La Mort, Père & Fils
Réalisateurs : Denis Walgenwitz et Winshluss
France, 13min32s

Programme 2

Torre
Réalisatrice : Nádia Mangolini
Brésil, 18min

Megatrick
Réalisatrice : Anne Isensee
Allemagne, 1min41s

Ayam
Réalisatrice : Sofia El Khyari
Maroc/Royaume-Uni, 3min38s

Past in growing
Réalisatrice : Dea Jagic
Croatie, 8min15s

Mémo
Réalisateurs : Julien Becquer, Éléna Dupressoir, Jules Durand, Viviane Guimarães, Inès Scheiber
France, 4min40s

Intimity
Réalisatrice : Elodie Dermange
Suisse, 5min

(Fool Time) JOB
Réalisateur : Gilles Cuvelier
France, 16min31s

Oculus Malus
Réalisateurs : Félix Benicourt, Maxime Blin, Mathieu Bouzard, Camille Bullet, Valentin Chotel, Adrien Kottelat, Quentin Masingarbe, Dorian Mouty
France, 5min16s

Manivald
Réalisatrice : Chintis Lundgren
Canada, 12min55s

Programme 3

The Last Quest
Réalisateur : Božidar Trkulja
Croatie, 15min 57s

Microdistrict
Réalisatrice : Ivelina Ivanova
Bulgarie/Royaume Uni, 4min

Cécil
Réalisateur : Antoine Fleury
France, 5min15s

Retouch
Réalisatrice : Yi-Shan Wang
Taiwan, R.O.C, 4min15s

Simbiosis Carnal
Réalisatrice : Rocío Álvarez
Belgique, 10min11s

Nocturne
Réalisatrice : Anne Breymann
Allemagne, 5min19s

Quand même !
Réalisateur : Axel Defois
France, 2min25s

La chasse
Réalisateur : Alexey Alekseev
France, 5min36s

Reruns
Réalisateur : Rosto
Pays-Bas/France/Belgique, 14min15s

Dolly.Zero
Réalisateur : Ugo Bienvenu
France, 3min57s

Negative Space
Réalisateurs : Max Porter & Ru Kuwahata
France, 5min30s

Programme 4

Tesla: Lumière mondiale
Réalisateur : Matthew Rankin
Canada, 8min17s

L'arbre à Palimpseste
Réalisatrice : Ingrid Agbo
France/Nigéria/Togo, 5min58s

Aérobie
Réalisateur : Bastien Dupriez
France, 3min52s

La Maison du hérisson
Réalisatrice : Eva Cvijanović
Canada, 10min

Nothing happens
Réalisateurs : Uri et Michelle Kranot
France/Danemark, 11min50s

"The Stranger" in my head
Réalisatrice : Katrin Novaković
Croatie, 4min27s

Chromosome Sweetheart
Réalisatrice : Honami Yano
Japon, 4min55s

Quand j'ai remplacé Camille
Réalisateurs : Rémy Clarke, Leïla Courtillon, Nathan Otaño
France, 6min47s

La pureté de l'enfance
Réalisatrice : Zviane
Canada, 3min33s

59 Secondes
Réalisateur : Mauro Carraro
Suisse/France, 15min50s






[PR]


d0158942_06372583.jpg

3/24 @ Yota Arena / ロシア/モスクワ  DJ KRUSH× Sibitt 志人 公演決定です。 

24 марта в Москву возвращается DJ Krush, который представит на площадке клуба Yota Arena сразу два своих новых альбома — прошлогодний проект «Kiseki», полностью посвященный японскому рэпу, и новую инструментальную работу «Cosmic Yard», которая выйдет в середине марта и детали которой по-прежнему покрыты завесой тайны. Выступление японского ветерана на этот раз не ограничится диджейским сетом от Краша: на сцене Yota Arena к нему присоединится один из героев прошлогоднего альбома «Kiseki» японский поэт, рэппер и музыкант Sibitt, один из главных героев современной японской spoken word сцены. На счету Sibitt баттлы с японскими джазовыми музыкантами, совместная работа с Kid Koala и Qbert, а его музыку играет Джайлс Питерсон. В Москве он окажется впервые, а то что они готовят для московской публики вместе с Крашем — пока не знает никто. http://yotaarena.com/

Уроженец Токио, в конце 80-х Краш увидел посвященный диджейскому мастерству фильм “Wild Style”, вдохновился, приобрел вертушки — и после этого шел только вперед и вверх. Начав с хип-хопа и джаза, Краш быстро перестал довольствоваться простым коктейлем из битов и сэмплов и придумал собственный, ни на что не похожий стиль. В 90-х его причислили к трип-хопу — глубокие, фантастически красивые композиции Краша и правда чем-то были похожи на творения бристольских новаторов, — но время показало, что его музыка шире любых жанровых обозначений. Хип-хоп, даб, IDM, электро, этника — Краш никогда не замыкался в себе, экспериментировал и с удовольствием работал с рэперами, музыкантами и певцами со всего мира; в списке его партнеров — DJ Shadow, The Roots, ямайские корифеи Sly & Robbie, афроевропейцы Zap Mama и еще десятки не менее славных имен. В музыке Краша есть и нежность, и жесткость, и плавность, и быстрота; она похожа на монастырскую дзен-практику — когда ты подолгу медитируешь на сад камней, но в любой момент может подкрасться учитель и врезать бамбуковой палкой по голове. Краш, не изменяя себе, прошел проверку временем и продолжает развивать свой уникальный звук в новом веке; его дзен-хоповое мироощущение, его гулкая, философическая музыка по-прежнему загадочны и непостижимы.













[PR]
音で世界を旅しよう!「ほくさい音楽博」(2/18(日)開催) ※詩作体験 講師として志人が参加いたします。
d0158942_06255472.png
昨年の様子です:

ほくさい音楽博2017




詳細はこちらへどうぞ:

 

開催概要■日時 2018年2月18日(日)12:30開場/13:00開演(17:00~閉会式)

■会場 回向院 [東京都墨田区両国2-8-10]、
-両国- 江戸NOREN [東京都墨田区横網1-3-20]、
ギャラリーX(カイ)[東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコアLIFE’VIT 2F


]■申込不要、入場無料チラシはこちらから※一部体験会は整理券配布。
11:00より回向院内受付で整理券配布※一部体験会・飲食は有料※雨天決行。荒天中止。中止の場合は当日10時までに本ページで告知します。


「いままで出会ったこのとのない楽器や音楽に触れ、子供たちの小さな好奇心を花開かせてほしい!」と始めた子供たちのための体験型世界音楽博覧会「ほくさい音楽博」は今年で4回目の開催を迎え、回向院ほか周辺会場にエリアを拡大して開催します。公募プログラムの参加小学生による発表会のほか、さまざまな体験会・ゲスト出演者や講師によるライブなど多彩なプログラムを企画しています。子供はもちろん、大人も楽しめるプログラムとなっています。ぜひ、みなさまお越しください。


タイムテーブル:
d0158942_06201158.png

アクセス:

d0158942_06202923.png

ほくさい音楽博とは

ほくさい音楽博は、世界に名を轟かせた葛飾北斎への敬意を込めて、北斎の生誕地でもある墨田区周辺地域の子供たちに、世界中の響きの美しい音楽に触れてもらい、その歴史を学び、練習を重ね、発表会を行なっていくプログラムです。
小さいうちから世界中の音楽や楽器の響きに直に触れ、彼の地を想像すること。子供たちが小さな好奇心を持ち続けて、いつしか葛飾北斎のように世界に羽ばたき、世界に影響を与える存在になっていって欲しいと願っています。

主催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、特定非営利活動法人トッピングイースト
協賛:東京東信用金庫、回向院、J:COMすみだ・台東、-両国- 江戸NOREN、国技館通り商店会
後援:墨田区教育委員会、一般社団法人 墨田区観光協会
協力:陸奥部屋、すみだトリフォニーホール、株式会社ルネサンス

問い合わせ
特定非営利活動法人トッピングイースト
メール: info@toppingeast.com
電話:080-9671-7507(不定休)
住所:東京都墨田区本所2-10-7 1階



[PR]
"志人"live at at. Love & Death

d0158942_17330515.jpg
d0158942_17332137.jpg

Day: 2017/12/09
Open: 20:00

In Advance: ¥2,500
On The Door: ¥3,000

Guest Live:
志人

Live:
Sahnya
TATANE

DJ:
ao
oneloop
Yoko





[PR]
10/15「マツゑツタヱ」公演にて、「音郷響門閃闇立日  著者・志人」(辛夷出版部/ 自費出版・初版本)を発表致します。

本日完成作品が到着致しました。

d0158942_20030177.jpg

d0158942_20024130.jpg


本読本は著者の膨大な数の小説原案及び詩集原稿の中においても、特に実体験に基づいた怪異譚となりうるものを中心に纏め、加筆され、
推敲された短編により編成されている。
又、本作品を纏めるにあたるきっかけとなったのは、島根県松江市において二千十七年十月十五日に開催される「怪談/奇談 マツゑツタヱ」なる企画において、
著者の文学作品を纏めて貰いたいという主催者側の御意向により実現されたものである。

著者の著者無き文面を改めて製本する機会を与えて下さった「マツゑツタヱ」の主催者の皆さんと、
我の荒れてさばけた筆を整え、編集作業を共にして下さった辛夷出版部の皆様の多大なるご支援、御厚情に感謝致します。

著者



※本作品、「音郷響門閃闇立日  著者・志人」(辛夷出版部/ 自費出版・初版本)は、10/15島根県松江市「マツゑツタヱ」公演会場にて先行発表され、 
後に限定部数のみ一般公開される予定でございます。 一般公開の予定が立ちましたら、改めてご報告させて頂ければと思います。  辛夷出版部より



下記、「マツゑツタヱ」公演詳細です。↓



怪談/奇談 マツゑツタヱ
語部:志人 回師:次元

本企画の第一部では志人による実体験を元にした怪談/奇談を語る斬新な試みが予定されている。
語部としての志人の新たな部分が引き出されるきっかけとなるのが、
此の地「松江」である。
語部の背景となる摩訶不思議な音像を司るのは、降神や志人のアートワークでもその良い知れぬ世界観を表現する画家、
戸田真樹こと「回師:次元」が担当する。
小泉八雲の縁の地、「松江」にて現代の語部と回師による特別企画、「怪談/奇談 マツゑツタヱ」を皮切りに、
志人の語り部としての表現活動が改めて歩み始める。
本企画第二部では志人によるライブパフォーマンスも予定されている。

此の謎めいた一日に足を踏み入れてみては如何だろうか?
当日イベント会場NUでは、
志人による書き下ろしの読物や次元による秘蔵音源なども置かれる予定である。

d0158942_17555746.jpg
d0158942_17570047.jpg

怪談/奇談 マツゑツタヱ
語部:志人 回師:次元

「神々のまち」出雲と「妖怪のまち」境港の間に位置する、「怪談のまち」松江。
オープン・マインドの精神で越境を重ね、明治日本の自然と人々の音と声に耳を澄ました作家・
小泉八雲が魅了されたこの地で、現代を越境する二人の表現者が新たな言葉と音の世界を
拓く。
舞台は、夕日の景色で知られる宍道湖に架かり、今でも人柱伝説が残る松江大橋の袂。
演者は、木こりであり詩人の志人と、画家でありDJ/トラックメイカーの次元。
境界の象徴たる橋を望みながら、言葉と音の職人が奇怪な時空間を創り上げる。
今回のイベントは二部構成。第一部では奇妙奇天烈な怪談を含めた語りが披露され、高密
度のDJタイムを挟んだ後、第二部では圧巻のライブパフォーマンスが繰り広げられる。
見る者と聴く者の感情と感覚と思考を揺さぶり続ける二人の表現は、松江の水辺の夕闇で
人々に記憶されることになるだろう。


【日時】
 2017年10月15日(日曜日)
 開場 17:00
 開演 17:30
 閉演 20:00頃(予定)

【会場】
 NU 〒690-0061 松江市白潟本町10番地園山ビル2F

【人数制限】
 30名程度 ※予約が多かった場合、当日入場できない場合がございます。
       直前にお越しの際は、メールにてご連絡下さい。

【料金】
 2500円+1ドリンク

【予約方法】
 メールにて、①名前 ②電話番号 ③人数 をご明記の上、ご予約をお願い致します。
 当日、ご本人様確認の上、現金でお支払い頂きます。
 matsue1015@gmail.com

【お問い合わせ】
 会場に関するお問い合わせ
  NU 050-7126- 8083 http://nurecords.jp
 イベントに関するお問い合わせ
  matsue1015@gmail.com

【twitter にて随時企画情報更新中です】
@matsue1015


NU
d0158942_17530808.jpg
■会場紹介
みなさんは松江大橋の南詰の老舗ジャズバー「ぽえむ」をご存知でしょうか。穏やかな松
江らしい眺望が人気のスポットでしたが2015年末に惜しまれつつ閉店、さらに建物のみな
らずその地域一帯は(大橋川拡幅工事が計画通りに進めば)2018年春頃より取り壊しがは
じまります。
ただ、ここで感傷的な気分に浸るつもりはありません。街の景色はその時代時代の役割に
よって形を変えながら新しく生まれ変わっていくものです。
そこで、余命2年のこの場所を「いつかはなくなる場所」のひとつと捉え、今ある景色と
、これから先の景色が交差する媒体として利用できないかと、この”NU”をスタートさせる
ことにしました。毎月、様々なジャンルの音楽イベントの他、毎週土曜日にはBar営業も
開始しましたので、ぜひ一度足をお運びください!(2年以内に、、)
また、音楽ライブやイベント、打ち上げや二次会などでの利用など、さまざまな使い方を
随時募集しています。
“NU”─ あれ?そういえば10年ほど前の松江京店界隈に、この名を冠したレコードショップ
があったようななかったような、、
ともあれ、短い期間ではありますが松江のNUスポットとなれば幸いです。
(NUウェブサイトより)



《志人による「語り部」表現の側面》

下記、リンクにて 古事変奏第三番『三猿富士踊』にて行われた 志人による「庚申講」についての語りがご覧頂けます。

古事変奏第三番『三猿富士踊』(2/3) kojihenso no.3 the Fuji-dance of three monkies #2

志人による「庚申講」についての語りの一部





2:36辺り〜はじまります



●歌・語り
志人(語り、歌)
田中悠美子(三味線)
福原千鶴 (鼓、締太鼓)








[PR]

2017年10月17日 火曜日
一夜限りのスペシャル企画
発酵人間 志人+ 発光人間 健人


d0158942_09234461.jpg


詩人 志人(降神)と 尾道在住美術家 小金沢健人の

全国初のコラボライブ!!
DJは ペインターとしても活躍中のON TODA。
摩訶不思議な夜になる事 必至!!
乞うご期待!!!!

開場午後7時 開演午後7時半
前売り2500 当日3000 +ワンドリンクオーダー
予約 paraiso_onomichi@yahoo.co.jpまで


画像に含まれている可能性があるもの:テキスト










詩人 志人(降神)と 尾道在住美術家 小金沢健人の

全国初のコラボライブ!!
DJは ペインターとしても活躍中のON TODA。
摩訶不思議な夜になる事 必至!!
乞うご期待!!!!

開場午後7時 開演午後7時半
前売り2500 当日3000 +ワンドリンクオーダー
予約 paraiso_onomichi@yahoo.co.jpまで




Highlights info row image
広島県尾道市
広島県尾道市 東御所3−13 2階



[PR]

Gilles Peterson さんがBBC Radio6 MUSICと
Dimensions Festival in Croatia(クロアチア)にて
「KAMUTONARU」 志人×Masatsugu Hattori を再びPLAYして下さいました。


Gilles Peterson played @BBC Radio6 MUSIC&Dimensions Festival in Croatia 「KAMUTONARU」 志人×Masatsugu Hattori again


YOU CAN LISTEN HERE :around 1:13:30〜
Moses Sumney and International Anthem








[PR]
d0158942_18381308.jpg
d0158942_18380470.jpg
イベント名:DOPE HOLE

日程:11/12(日)
場所:
開場:18:00~

●特別出演
志人
ontoda a.k.a 戸田真樹
DJ KOR-ONE

●LIVE
切刃
銀天団
カクマクシャカ
MAVEL

●DJ
TAKAYA(COLORS)
RIN

etc....


詳細は後日発表致します。














[PR]

怪談/奇談 マツゑツタヱ
語部:志人 回師:次元

本企画の第一部では志人による実体験を元にした怪談/奇談を語る斬新な試みが予定されている。
語部としての志人の新たな部分が引き出されるきっかけとなるのが、
此の地「松江」である。
語部の背景となる摩訶不思議な音像を司るのは、降神や志人のアートワークでもその良い知れぬ世界観を表現する画家、
戸田真樹こと「回師:次元」が担当する。
小泉八雲の縁の地、「松江」にて現代の語部と回師による特別企画、「怪談/奇談 マツゑツタヱ」を皮切りに、
志人の語り部としての表現活動が改めて歩み始める。

本企画第二部では志人によるライブパフォーマンスも予定されている。

此の謎めいた一日に足を踏み入れてみては如何だろうか?
当日イベント会場NUでは、
志人による書き下ろしの読物や次元による秘蔵音源なども置かれる予定である。


d0158942_17555746.jpg
d0158942_17570047.jpg

怪談/奇談 マツゑツタヱ
語部:志人 回師:次元

「神々のまち」出雲と「妖怪のまち」境港の間に位置する、「怪談のまち」松江。
オープン・マインドの精神で越境を重ね、明治日本の自然と人々の音と声に耳を澄ました作家・
小泉八雲が魅了されたこの地で、現代を越境する二人の表現者が新たな言葉と音の世界を
拓く。
舞台は、夕日の景色で知られる宍道湖に架かり、今でも人柱伝説が残る松江大橋の袂。
演者は、木こりであり詩人の志人と、画家でありDJ/トラックメイカーの次元。
境界の象徴たる橋を望みながら、言葉と音の職人が奇怪な時空間を創り上げる。
今回のイベントは二部構成。第一部では奇妙奇天烈な怪談を含めた語りが披露され、高密
度のDJタイムを挟んだ後、第二部では圧巻のライブパフォーマンスが繰り広げられる。
見る者と聴く者の感情と感覚と思考を揺さぶり続ける二人の表現は、松江の水辺の夕闇で
人々に記憶されることになるだろう。


【日時】
 2017年10月15日(日曜日)
 開場 17:00
 開演 17:30
 閉演 20:00頃(予定)

【会場】
 NU 〒690-0061 松江市白潟本町10番地園山ビル2F

【人数制限】
 30名程度 ※予約が多かった場合、当日入場できない場合がございます。
       直前にお越しの際は、メールにてご連絡下さい。

【料金】
 2500円+1ドリンク

【予約方法】
 メールにて、①名前 ②電話番号 ③人数 をご明記の上、ご予約をお願い致します。
 当日、ご本人様確認の上、現金でお支払い頂きます。
 matsue1015@gmail.com

【お問い合わせ】
 会場に関するお問い合わせ
  NU 050-7126- 8083 http://nurecords.jp
 イベントに関するお問い合わせ
  matsue1015@gmail.com

【twitter にて随時企画情報更新中です】
@matsue1015


NU
d0158942_17530808.jpg
■会場紹介
みなさんは松江大橋の南詰の老舗ジャズバー「ぽえむ」をご存知でしょうか。穏やかな松
江らしい眺望が人気のスポットでしたが2015年末に惜しまれつつ閉店、さらに建物のみな
らずその地域一帯は(大橋川拡幅工事が計画通りに進めば)2018年春頃より取り壊しがは
じまります。
ただ、ここで感傷的な気分に浸るつもりはありません。街の景色はその時代時代の役割に
よって形を変えながら新しく生まれ変わっていくものです。
そこで、余命2年のこの場所を「いつかはなくなる場所」のひとつと捉え、今ある景色と
、これから先の景色が交差する媒体として利用できないかと、この”NU”をスタートさせる
ことにしました。毎月、様々なジャンルの音楽イベントの他、毎週土曜日にはBar営業も
開始しましたので、ぜひ一度足をお運びください!(2年以内に、、)
また、音楽ライブやイベント、打ち上げや二次会などでの利用など、さまざまな使い方を
随時募集しています。
“NU”─ あれ?そういえば10年ほど前の松江京店界隈に、この名を冠したレコードショップ
があったようななかったような、、
ともあれ、短い期間ではありますが松江のNUスポットとなれば幸いです。
(NUウェブサイトより)



《志人による「語り部」表現の側面》

下記、リンクにて 古事変奏第三番『三猿富士踊』にて行われた 志人による「庚申講」についての語りがご覧頂けます。

古事変奏第三番『三猿富士踊』(2/3) kojihenso no.3 the Fuji-dance of three monkies #2


志人による「庚申講」についての語りの一部

https://youtu.be/cDwQlyq1MzY?t=155


2:36辺り〜はじまります



●歌・語り
志人(語り、歌)
田中悠美子(三味線)
福原千鶴 (鼓、締太鼓)
































[PR]
d0158942_17224667.jpg


d0158942_17242239.jpg

タイトル:Museum × Theater: ミューシアvol.3 よみがえる戦国の宴
内容:益田藤兼・元祥父子が毛利元就をもてなした「祝い膳」を「益田家文書」を元に再現した料理と、
   石見の戦国時代を主題として新作した音楽パフォーマンスを味わう催し。
日時:平成29年10月14日(土)
 第1部「戦国益田の祝い膳を味わう」=17:30~
 第2部「海山のあいだ~石見益田氏の祈り~」=18:30~
会場:グラントワ 大ホールホワイエ
出演:古事変奏プロジェクトfeat.志人
入場料:3,500円〈料理付・40名限定〉/2,000円〈第2部のみ・飲み物付〉


島根県芸術文化センター 「グラントワ」
〒698-0022 島根県益田市有明町5-15[地図
TEL(グラントワ代表): 0856-31-1860 FAX: 0856-31-1884
TEL(総合案内カウンター(チケット対応窓口)): 0856-31-1871
E-mail: zaidan@grandtoit.jp


文化庁

地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業


d0158942_17274743.png


















[PR]
←menuへ